Cu相 に関する公開一覧

Cu相」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「Cu相」の詳細情報や、「Cu相」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「Cu相」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(71件中)1/4ページ目

  1. 【課題】従来よりも低い荷重を加えながら低い温度で加熱しても、銅板をセラミックス基板に良好に接合することができる、金属−セラミックス接合基板およびその製造方法を提供する。【解決手段】金属成分として活性金属のみを含む活性金属材12と、金属成分として活性金属以外の金属のみを含み且つPを含むろう材14を用意し、活性金属材12の金属成分とろう材14の金属成分およびPとの合計の質...

    金属−セラミックス接合基板およびその製造方法

  2. 【課題】磁気特性に悪影響を及ぼす異相が少なく密度が高い希土類磁石用焼結体の製造方法を提供する。【解決手段】焼結体の全体組成が下記の組成式R(Fe1−yCoy)w-zMzCuαOβで表され、RはR1及びR1以外の希土類元素の少なくとも1種であり、MはSi、Al、Ti、V、Cr、Nb、Mo、Ta、Wからなる群から選択される少なくとも1種であり、y、z、w、αおよびβはそれ...

  3. 【課題】異なる種類の金属部材を好適に接合することができる接合方法及び複合圧延材の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転する回転ツールFを第一金属部材1の表面1bのみから挿入するとともに、攪拌ピンF2のみを少なくとも第一金属部材1に接触させた状態で突合せ部Jに沿って回転ツールFを相対移動させて第一金属部材1と第二金属部材2とを接合する接合工程と、を含み、接...

    接合方法及び複合圧延材の製造方法

  4. 【課題】強度、熱伝導率、熱膨張量を調整することができる複合金属材料およびその製造方法を提供する。【解決手段】 複合金属材料は、Cuリッチ相と、Feリッチ相とを有する複合金属材料において、Feリッチ相はCuリッチ相の中に独立して分散している複合金属相を有する。Cuリッチ相は、Cuの含有率が85wt%を超えるものであり、Feリッチ相は、Feの含有量が50wt%を超えるものである。

    複合金属材料、その製造方法、および複合金属材料を用いた電子装置

  5. 【課題】化成処理性を向上可能な溶融Al-Si系めっき鋼板及びその製造方法を提供すること。【解決手段】本発明に係る溶融Al-Si系めっき鋼板は、鋼板の表面に形成された、少なくともAl,Si,及びFeを含有する界面合金層と、界面合金層の表面に形成された、少なくともAl,Si,及びCuを含有するめっき層と、を有し、めっき層のSi含有率が原子%濃度で1%以上13%以下の範囲内...

  6. 【課題】化成処理性を向上可能な溶融Al−Zn系めっき鋼板及びその製造方法を提供すること。【解決手段】本発明に係る溶融Al−Zn系めっき鋼板は、鋼板の表面に形成された、少なくともAl,Si,及びFeを含有する合金層と、合金層の表面に形成された、少なくともAl,Zn,Si,及びCuを含有するめっき層と、を有し、めっき層のAl含有率が原子%濃度で40%以上90%以下の範囲内...

  7. 【課題】異なる種類の金属部材を容易に接合することができる接合方法及び複合圧延材の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】端部に垂直面を備えた第一金属部材1と、端部に傾斜面を備え第一金属部材1よりも融点が高く板厚が小さい第二金属部材2と、を準備する準備工程と、第一金属部材1と第二金属部材2の端部同士を突き合わせてV字状の隙間を備えた突合せ部Jを形成する突合せ工程...

    接合方法及び複合圧延材の製造方法

  8. 【課題】二酸化炭素変換反応において、再生利用可能で、長期安定性を有し、且つ所望の生成物を選択的に生成できるナノ触媒の提供。【解決手段】化学結合24を有する前駆体成分22を含有する前駆体ナノ粒子21を準備する工程と、化学結合24を切断する工程と、ナノ触媒ナノ粒子26(例えばCu3N−Cuナノ粒子)を得る工程とを含み、ナノ触媒ナノ粒子26は、主成分23及び副成分25を含有...

    二酸化炭素還元反応に用いられる新規窒素ドープ銅ナノ触媒

  9. 【課題】より高い機械強度および/または電気伝導性・熱伝導性を有する銅合金造形物を製造可能とする積層造形物の熱処理方法を提供する。【解決手段】Cr:1.1〜20質量%、Zr:0〜0.2質量%、残部がCuおよび不可避的不純物からなる銅合金粉末を用いて付加製造された積層造形物の熱処理方法であって、前記積層造形物を500〜800℃の第1熱処理温度で保持する第1熱処理工程と、前...

    積層造形物の熱処理方法および銅合金造形物の製造方法

  10. 【課題】磁気特性および熱安定性が向上した異方性磁粉を高効率に提供する。【解決手段】本開示の希土類磁石用合金は、主相および1種以上の副相を有する希土類磁石用合金であって、合金全体の組成が下記の組成式(1)によって表され、 R(Fe,Co)w-zTizCuαZnβ (1) Rは希土類元素の少なくとも1種...

    希土類磁石用合金

  11. 【課題】接合時に電子部品及び基板に対する密着性に優れ、接合強度が高く、接合後に高温雰囲気に晒されても再溶融せず、また電子部品及び/又は基板が発熱と冷却を反復したときの基板から生じるクラックを電子部品まで進展させない。【解決手段】CuとSnを含むペースト14の塗布圧延層11、12がCu又はAlからなるコアシート13の両面にそれぞれ設けられた接合用シート10である。この接...

    接合用シート、その製造方法、半導体モジュール及びその製造方法

  12. 【課題】プレス加工により打ち抜いて(熱衝撃より高いせん断力を加えて)も、クラックや剥離の発生を防止することができる、クラッド材およびその製造方法を提供する。【解決手段】表面にCu皮膜が形成されたグラファイト粉末を焼結させて得られたCu−グラファイト層12の各々の面に、少なくとも一方の面にCo、Ti、Pd、PtおよびNiからなる群から選ばれる1種の金属からなる金属膜10...

    クラッド材およびその製造方法

  13. 【課題・解決手段】耐ポリチオン酸SCC性に優れ、かつ、クリープ延性にも優れるオーステナイト系ステンレス鋼を提供する。本実施形態によるオーステナイト系ステンレス鋼は、質量%で、C:0.030%以下、Si:0.10〜1.00%、Mn:0.20〜2.00%、P:0.040%以下、S:0.010%以下、Cr:16.0〜25.0%、Ni:10.0〜30.0%、Mo:0.1〜5....

  14. 【課題】 本発明は、フェライト系磁性材料よりも高い飽和磁化を有し、既存の金属系磁性材料よりも電気抵抗率が高いために渦電流損失などの問題点を解決する、高磁化、低保磁力で磁気安定性の高い、新しい磁性材料とその製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】 FM成分(ここでFM成分とは、Feを含み、且つNi及び/又はCoを含む強磁性成分である)とM成分(ここでM成分と...

    磁性材料およびその製造方法

  15. 【課題】耐食性及び機械的強度が向上した磁石接合体を提供する。【解決手段】第1磁石2aと、第2磁石2bと、第1磁石2aと第2磁石2bとを接合する中間層4と、を備える、磁石接合体10おいて、第1磁石2a及び第2磁石2bはともに希土類元素Rと遷移金属元素Tとホウ素Bとを含有する永久磁石である。また、希土類元素Rは少なくともNdを有する軽希土類元素RL及び重希土類元素RHを含...

    磁石接合体

  16. 【課題・解決手段】本発明に係るセラミックス回路基板は、セラミックス基板と、前記セラミックスの一方の面に接合層を介して接合された銅系材料からなる銅回路と、前記セラミックスの他方の面に接合層を介して接合された銅系材料からなる銅放熱板で構成される。この接合層は、Ag等の2種以上の金属からなるろう材成分と所定濃度の活性金属とで構成される。そして、接合層は、ろう材成分からなるろ...

    セラミックス回路基板、及び、セラミックス回路基板の製造方法

  17. 【課題】より高い機械強度および/または電気伝導性・熱伝導性を有する銅合金造形物、およびかかるかかる銅合金造形物を製造可能とする銅合金粉末を提供する。【解決手段】付加製造用の銅合金粉末であって、Cr:1.1〜20質量%、Zr:0〜0.2質量%、残部がCuおよび不可避的不純物からなる銅合金粉末である。また、銅合金の積層構造を有する造形物であって、前記銅合金はCr:0.1〜...

    銅合金粉末、積層造形物の熱処理方法、銅合金造形物の製造方法および銅合金造形物

  18. 【課題】 CoやMoの元素をできるだけ減らしつつ、優れた熱間加工性のフェライト−マルテンサイトの二相組織とした析出硬化型ステンレス鋼を提供する。【解決手段】質量%で、C:0.01〜0.10%、Si:0.30〜2.00%、Mn:0.01〜1.00%、Ni:4.0〜9.0%、Cr10.0〜18.0%、Mo:0.10〜2.00%、Cu:0.60〜4.00%、Ti:0.50...

  19. 【課題・解決手段】種々の実施形態では、超伝導性ワイヤは、ワイヤマトリクス内に埋設された被覆加工された複合フィラメントおよび/または安定化複合フィラメントのアセンブリを特徴とする。本ワイヤは、改良された機械的特質のための1つまたはそれを上回る安定化要素を含んでもよい。本発明の種々の実施形態によると、超伝導性ワイヤおよび/またはその前駆体は、ワイヤマトリクスのものより優れ...

    補強された超電導性ワイヤの製造

  20. 【課題】希土類磁石に0.3 at%〜0.8 at%のCuと適量のCoを複合添加することにより、粒界に三種のCuリッチ相を形成し、この粒界に存在する三種のCuリッチ相の磁気的な効果や粒界におけるB不足問題の修復効果により、磁石の角形比や耐熱性への劇的な改善効果が得られる低Bの希土類磁石を提供すること。【解決手段】本発明は、R2T14B主相を含む希土類磁石であって、下...

    低Bの希土類磁石

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 49