高炉溶銑 に関する公開一覧

高炉溶銑」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「高炉溶銑」の詳細情報や、「高炉溶銑」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「高炉溶銑」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(377件中)1/19ページ目

  1. 【課題】低コストでかつ高効率な溶銑脱燐方法を提供する。【解決手段】溶銑鍋内の溶銑にフリーボードを挿入し、前記フリーボード内に精錬剤を添加してインペラーによる機械撹拌を行いながら前記溶銑と前記精錬剤とを反応させ、前記フリーボード内において、前記精錬剤と前記溶銑との接触面よりも上部に設けられた排滓口からフォーミング状態の脱燐スラグの排滓を行うことにより簡易で効率良く排滓を...

    溶銑脱燐方法

  2. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ高温での溶銑操業を回避した反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】Si濃度が0.3〜1.0質量%の溶銑に対して、CaO濃度が35〜60質量%、(Al2O3+SiO2)/(CaO)が0.5〜0.8、(SiO2)≦0.8×(Al2O3)、酸化鉄濃度が6質量%以上の条件を満たす精錬スラグを用い、溶銑...

    溶銑脱硫方法

  3. 【課題】溶銑段階の処理で、バーナーの加熱により溶銑界面の温度を高位に維持しつつ、安価にかつ高効率に脱硫処理を実施できる溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】溶銑段階でCaO系の精錬剤を添加して脱硫処理を行う溶銑脱硫方法であって、前記脱硫処理を実行している間は溶銑中Si濃度を0.2質量%以上に維持し、溶銑表面の上部からのバーナー燃焼ガスの噴流で生成した溶銑表面の火点におい...

    溶銑脱硫方法

  4. 【課題】転炉から排滓鍋へスラグを排出する際に、排滓鍋内におけるスラグのフォーミングを効率的に抑制し、排滓量を向上させる。【解決手段】転炉1の下方に設置した排滓鍋2へ炉口からスラグを排出する際に、排滓開始前に硫化鉱物6を排滓鍋2に投入し、硫化鉱物6の排滓前投入量は排滓開始1分後のスラグのS濃度が0.1〜0.4%となるように定め、排滓開始後は、スラグのS濃度が0.1〜0....

    スラグのフォーミング抑制方法および転炉精錬方法

  5. 【課題】MnS及び低融点酸化物の生成を抑制し、靭性及び耐食性に優れた継目無鋼管用鋼材を提供する。【解決手段】C、Si、Mn、Al、Ti、Cr、Mo、Ca、REMを所定の範囲で含有し、残部が鉄及び不純物からなり、前記不純物のうちP,S,O,Nを所定値以下に制限し、鋼中の各成分元素Mの質量比を[M]で表示した場合に、[REM]を以下の(1)式で示す第1閾値[REM_1]、...

    継目無鋼管用鋼材

  6. 技術 鋼板

    【課題】加工時や使用時に破壊と起点となり得る介在物の個数が少なく、清浄度に優れており、高強度が要求される用途でも好適に使用可能な鋼板を提供する。【解決手段】C、Si、Mn、Al、Ti、Cr、Ca、REMを所定の範囲で含有し、残部が鉄及び不純物からなり、前記不純物のうちP,S.O,Nを所定値以下に制限し、鋼中の各成分元素Mの質量比を[M]で表示した場合に、[REM]を以...

    鋼板

  7. 【課題】配管内に微粉炭が強固に付着する前に、比較的短時間のパージで微粉炭の付着を除去し、高炉円周方向の熱バランスを良好に維持し、高炉への安定的な微粉炭吹込みを可能とする方法を提案する。【解決手段】高炉内に吹込む微粉炭を、複数の微粉炭吹込みラインを使って気送し、それぞれの微粉炭吹込みラインの末端部の羽口に配置された微粉炭吹込みランスを通じて炉内へ吹き込む高炉への微粉炭吹...

    高炉への微粉炭吹込み方法

  8. 【課題】転炉から排滓鍋へスラグを排出するプロセスにおいて、排滓鍋内におけるスラグのフォーミングを効率的に抑制し、排滓量を向上させる方法を提供することを目的とする。【解決手段】転炉の下方に設置した排滓鍋へ炉口からスラグを排出する際に、排滓開始前に硫化鉱物を排滓鍋に投入し、硫化鉱物の排滓前投入量は排滓開始1分後のスラグのS濃度が0.1%以上となるように定め、排滓開始後は、...

    スラグのフォーミング抑制方法および転炉精錬方法

  9. 【課題・解決手段】転炉スラグを、溶銑予備処理用の精錬剤としてリサイクルする溶銑予備処理方法であって、前記転炉スラグの粒径が3mm以上25mm未満の範囲となり、前記転炉スラグのうち、粒径20mm以上25mm未満の転炉スラグの比率が前記転炉スラグの全量に対して10質量%以上15質量%未満となるように前記転炉スラグを整粒する第1の工程と;整粒後の前記転炉スラグを溶銑予備処理...

    溶銑予備処理方法

  10. スラグのフォーミング方法は、転炉の下方に設置された排滓鍋へ転炉の炉口からスラグを排出する際に、スラグの排出開始後式(1)の範囲を満たす速度で水噴流を前記排滓鍋のスラグ落下位置に吹き付ける。【数1】 Vwater:排滓開始から排滓終了までの水噴流の吹き付け速度(kg/分) Vslag:排滓開始から2分間のスラグの排出速度(kg/分)。

    スラグのフォーミング抑制方法および転炉精錬方法

  11. 【課題】本発明は、高炉水砕スラグを用いて製造したケイ酸質肥料であって、特にケイ酸の水溶性が高いケイ酸質肥料等を提供する。【解決手段】本発明は、少なくとも、ブレディジャイト(Ca1.7Mg0.32SiO4)とゲーレナイト(Ca2Al2SiO7)を含むケイ酸質肥料であって、ブレディジャイトの(222)面のX線回折強度/ゲーレナイトの(211)面のX線回折強度の比が0.1以...

    ケイ酸質肥料およびその製造方法

  12. 【課題】製鋼スラグを原料として、ク溶性が高いリン酸及び可溶性の高い珪酸を含有するリン酸質肥料を提供する。【解決手段】製鋼精錬プロセスにおいて発生したリン含有製鋼スラグを、炭素、アルミニウムおよびシリコンのうちから選んだ少なくとも1つを含む還元剤を用いて還元処理し、該製鋼スラグ中の鉄酸化物を還元しリン含有溶融鉄として回収する第一の工程と、 前記第一の工程で得られたリン...

  13. 【課題】製鋼スラグから、リン資源として活用しやすい高リン含有スラグを得る製造方法の提供。【解決手段】製鋼精錬プロセスにおいて発生したリンを含有する製鋼スラグを、還元処理し、該製鋼スラグ中の鉄酸化物を還元しリン含有溶融鉄として回収する第一の工程と、前記第一の工程で得られたリン含有溶融鉄を脱リン処理し、得られた高リンスラグを回収する第二の工程と、前記第二の工程で得られた高...

    高リン含有スラグおよびスラグ系肥料の製造方法ならびにリン酸肥料

  14. 【課題】鉄鋼製造プロセスの副産物である製鋼スラグなどの含リン資材を活用して、栄養塩であるリンや鉄が欠乏した水域環境の改善が可能な水域向けリン供給資材を提案する。【解決手段】製鋼精錬プロセスにおいて発生したリンを含有する製鋼スラグを素材とし、リンをP2O5換算で2質量%以上とトータル鉄を10質量%以上含有する製鋼スラグ:100質量部に対し、窒素化合物および/または結合剤...

  15. 【課題】焼結ダストに含まれるセレンを除去し、焼結ダストを健全化することによって、その再利用を推し進めることを目的とするものである。【解決手段】焼結鉱を製造する工程において発生する焼結ダストを水と混合してスラリーとする混合工程と、該スラリーに薬剤を添加して焼結ダストに含まれるセレンを液相に移行させる脱セレン工程と、前記焼結ダストと薬剤水溶液とを分離する固液分離工程と有す...

    焼結ダストからセレンを除去する方法および装置並びに焼結ダストの再利用方法および再生ダストの製造方法

  16. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ後処理の考慮を不要にした反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】CaF2を用いない溶銑脱硫処理であって、質量%で、CaO濃度を35〜60質量%確保し、Al2O3をCaOの0.5〜0.8倍の割合で含有し、かつ、酸化鉄濃度を6質量%以上、SiO2濃度を5質量%以下の精錬スラグを用いて溶銑温度136...

    溶銑脱硫方法

  17. 【課題】高濃度に燐を含む脱燐スラグから浸出法により燐を効率的に分離し、その浸出液から燐を回収することができる、高濃度に燐を含む脱燐スラグからの燐の分離回収方法を提供する。【解決手段】燐酸(P2O5)を5〜12質量%含み、Na2O及びK2Oの少なくとも一方を2質量%以上含む脱燐スラグを、pHが5.0〜6.5の水溶液に浸漬させて、燐を水溶液中に浸出させた後、残渣を分離除去...

    高濃度に燐を含む脱燐スラグからの燐の分離回収方法

  18. 【課題】 1基の転炉を用いて溶銑から溶鋼を溶製する転炉製鋼方法において、溶製される溶鋼の燐濃度を低くすることができると同時に生産性及び冷鉄源の溶解効率を高める。【解決手段】 本発明に係る転炉製鋼方法は、転炉内に溶銑を装入する第1工程と、転炉内にCaO系媒溶剤を供給して転炉内の溶銑を脱珪処理する第2工程と、第2工程で生成したスラグの少なくとも一部を転炉から排滓する第...

    転炉製鋼方法

  19. 【課題】設備の規模が大きくならないようにして、リン酸肥料の原料に好適なP2O5濃度の高い脱リンスラグとともに、製鋼工程において添加することが可能な溶銑を合理的に製造できる脱リンスラグの製造方法を提供する。【解決手段】第一工程として、製鋼スラグを還元処理することにより、リン酸濃度が0.5〜4質量%のリン含有溶銑を製造し、第二工程として、前記第一工程で得られたリン含有溶銑...

    脱リンスラグの製造方法

  20. 【課題】高いMn歩留を享受できる低炭素フェロマンガンの製造方法を提案する。【解決手段】上吹きランスおよび底吹き羽口を備えた反応容器中で高炭素のフェロマンガンの溶湯浴面上に、上吹きランスから酸化性ガスを吹きつけて脱炭し、低炭素のフェロマンガンを製造するに際し、前記酸化性ガスの浴面到達時流速が70m/s以上150m/s以下となるように吹き付けて、精錬する。また、底吹き羽口...

    低炭素フェロマンガンの製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 19