養生条件 に関する公開一覧

養生条件」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「養生条件」の詳細情報や、「養生条件」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「養生条件」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(652件中)3/33ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明のコンクリート構造物用被覆剤は、(A)分子鎖両末端シラノール基封鎖またはケイ素原子結合加水分解性基封鎖ジオルガノポリシロキサン、(B)一分子中にケイ素原子結合加水分解性基を少なくとも2個有するシラン化合物またはその部分加水分解縮合物、(C)硬化触媒、および(D)ヒュームドシリカから少なくともなり、コンクリート構造物に対して付着強度の大きなシリコ...

    コンクリート構造物用被覆剤

  2. 【課題】水硬性石灰を用いた成形体およびその製造方法を提供する。【解決手段】7.5N/mm2以上の曲げ強さを有する、炭酸カルシウム結晶化された水硬性石灰を含む成形体とする。(a)水硬性石灰及び水を含む混合物を5N/mm2以上の圧力でプレス成形する工程、及び(b)(a)で得られたプレス成形体を炭酸ガス養生に供する工程を含む、水硬性石灰を含む成形体の製造方法とする。

    水硬性石灰を用いた成形体およびその製造方法

  3. 【課題】硫酸ナトリウムを主成分とする放射性廃棄物との固化体形成の反応による膨張を防止し、減容化と、長期に亘る強度を維持し、安定な固化体を実現できる、迅速な処理で工程数の少ない放射性廃棄物の固化処理方法を、提供することにある。【解決手段】硫酸ナトリウムを乾燥状態換算で100重量部と、水分を130〜400重量部含有するように水分調整をした放射性廃棄物を32℃以上に加温し、...

    放射性廃棄物の固化処理方法

  4. 【課題】気中養生及び水中養生のいずれにおいても長さ変化が少なく寸法の安定性に優れ、急硬性にも優れた急硬材及びそれを用いた急硬性セメント組成物を提供する。【解決手段】(1)ブレーン比表面積が4000〜8500cm2/gである非晶質カルシウムアルミネートクリンカー粉砕物、ブレーン比表面積が3000〜6500cm2/gであるアルミナセメント、石膏を含有してなり、アルミナセメ...

  5. 【課題】環境に優しく、年間を通して十分な施工性を確保しながら速硬化性および接着性にも優れた、JIS A 6021(建築用塗膜防水材)のウレタンゴム系高伸長形に該当する、ウレタン防水材組成物を提供する。【解決手段】本発明のウレタン防水材組成物は、ポリイソシアナートとポリオールからなるイソシアナート基末端プレポリマーを含む主剤と、芳香族ポリアミンおよび可塑剤を含む硬化...

  6. 【課題】本発明の課題は、芳香機能性接合層を含む芳香シートの製造方法において、芳香持続性および外観が良好な、芳香シートの製造方法を提供することにある。【解決手段】基材シート上に接合剤および液体香料を含有する混合液を塗工する塗工工程と、前記塗工工程により塗工されたシートを乾燥させる乾燥工程とを有する芳香シートの製造方法であって、前記乾燥工程が、前記塗工されたシートを、風速...

    芳香シートの製造方法

  7. 【課題】鉄筋コンクリートなどのセメント硬化物の腐食を抑制する。【解決手段】本発明の混和材料は、還元剤と好気性微生物のいずれか一方又は両方を含有しており、還元剤は還元反応により酸素を消費し、好気性微生物は呼吸により酸素を消費する。従って、この混和材料をセメントに混合して得たセメント硬化物は、還元剤又は好気性微生物により酸素が所費され、カソード反応が抑制されるので、セメン...

    混和材料、セメントの練混ぜ方法、セメント系プレミックス材料、鉄筋コンクリートの腐食防止方法

  8. 【課題】水中不分離性に優れ、既設管内部における施工が容易になるとともに、既設管と更生管との付着力を高めることが可能な管内張りの裏込め材を提供する。【解決手段】少なくともセメント系組成物を含み、既設管と、該既設管の内面側に配置された更生管との間に注入され、硬化することで既設管に更生管を固定する、管内張りの裏込め材であって、セメント系組成物は、少なくとも、水硬性セメント及...

  9. 【課題】硬化直前にレベルダウンが生じるのを防止でき、既設管と更生管との隙間の隅々まで埋め込みながら硬化させることが可能であり、さらに、既設管と更生管との付着力を高めることが可能な管内張りの裏込め材の提供。【解決手段】既設管と、該既設管の内面側に配置された更生管との間に注入され、硬化することで、既設管に更生管を固定する、セメント系組成物からなる管内張りの裏込め材であって...

  10. 【課題】石膏ボード廃材由来の再生無水石膏を原料とし、良好な特性を有する繊維混入石膏板の製造方法の提供。【解決手段】石膏ボード廃材を粉砕した二水石膏粉を600℃〜1200℃で焼成して得られるpH9.5以上12未満の再生無水石膏を主原料とし、無機充填材、補強繊維及び硬化促進剤を含む配合物に水を加えて混合し、抄造法によりシート状にした後加圧成形し、養生硬化させる繊維混入石膏...

    繊維混入石膏板の製造方法

  11. 【課題】原料の事前加温や練り混ぜ中の加温、さらには原料の添加タイミングや添加速度のコントロールを必要とすることなく、簡便性及び汎用性の高い方法で、高強度のジオポリマー硬化体を製造する。【解決手段】無機粉体、水酸化ナトリウム、水及び骨材を含む原料を練り混ぜて混練物を得る工程と、混練物に対して前養生を行った後に蒸気養生を行う工程とを含み、無機粉体はフライアッシュ及び高炉ス...

    ジオポリマー硬化体の製造方法

  12. 【課題】従来、鉄筋コンクリートの構造物の表層部を評価する装置は、構造が複雑で、電源等の重量物があり、建設現場で装置を持ち運ぶ作業者への負担が大きいという問題があった。よって容易に多孔質材料の表層部の物質移動抵抗性を測定できる、簡素な透気試験装置等を用いる透気性測定方法を提供する。【解決手段】円筒形状体と、プランジャと、を含んで構成されている真空形成機構を、多孔質材料に...

    透気性測定方法、および透気性測定装置

  13. 【課題】調製後、17時間程度で硬化体の強度が向上する水硬性組成物の硬化体が得られる、水硬性組成物用早強剤の提供。【解決手段】スクアリン酸又はその塩からなる水硬性組成物用早強剤。スクアリン酸塩が、スクアリン酸のアルカリ金属塩、スクアリン酸のアルカリ土類金属塩、スクアリン酸のアンモニウム塩及びスクアリン酸の有機アンモニウム塩から選ばれる1種以上の塩である、水硬性組成物用早...

  14. 【課題・解決手段】ポリオレフィン系樹脂予備発泡粒子を用いて型内発泡成形法により成形されてなるポリオレフィン系樹脂型内発泡成形体を、金型から取り出した後、70℃以上85℃以下で一次養生にて形状を回復させ、しかる後に35℃以上55℃以下で二次養生することで、ポリオレフィン系樹脂型内発泡成形体の高温養生完了後、発泡成形体を常温下に戻した時に発生する寸法収縮を抑制できる。

    ポリオレフィン系樹脂型内発泡成形体の製造方法

  15. 【課題】環境に優しく、施工性および耐久性にも優れた、JIS A 6021(建築用塗膜防水材)のウレタンゴム系高強度形に該当する、2液型環境対応手塗り用ウレタン防水材組成物を提供する。【解決手段】本発明のウレタン防水材組成物は、ポリイソシアナートとポリオールからなるイソシアナート基末端プレポリマーを含む主剤と、芳香族ポリアミン、可塑剤および無機充填剤を含む硬化剤とか...

  16. 【課題・解決手段】本発明に係るモルタル用水性樹脂分散体は、アルコキシシラン基含有重合性単量体(a)0.1質量%以上5.0質量%以下と、カルボン酸基含有重合性単量体(b)0.5質量%以上3.0質量%以下と、当該(a)成分及び当該(b)成分と共重合する他の重合性単量体(c)と、を重合して得られ、かつ、計算ガラス転移温度が−20℃以上20℃以下である重合体(A)と、ノニオン...

  17. 【課題・解決手段】コンクリートの初期強度の発現が大きく、高性能減水剤を多量に使用しても凝結遅延を起こさないため、早期に蒸気養生が可能となる、高強度セメント混和材およびコンクリート製品の製造方法を提供する。粉末度がブレーン比表面積2500〜9000cm2/gの石膏と、グリセリンと、好ましくは粉末度がブレーン比表面積5000cm2/g以上であり、SiO2を60質量%以上含...

  18. 【課題】養生シートが養生中のコンクリートの表面から不用意に剥がれることなく、養生シートを養生中のコンクリートの表面に長期に亘って密着させることができるとともに、コンクリートの表面にコンクリート構造体に影響を与える残留物が生じない養生シートを用いたコンクリートの養生方法を提供すること。【解決手段】不織布からなる保水部21の表面にフィルムからなる非透水部22を積層してなる...

    養生シートを用いたコンクリートの養生方法

  19. 【課題】水硬性組成物の硬化体の強度を向上できる水硬性組成物用添加剤を提供する。【解決手段】ヒドロキシアセトン、ジヒドロキシアセトン、アセトイン等のヒドロキシ基を有する特定の化合物を含有する水硬性組成物用添加剤。

  20. 【課題】施工後にひび割れ補修が難しい放射線遮蔽用格納容器に適用可能な、止水性能を高めた自己治癒性重量コンクリートを提供する。【解決手段】 自己治癒性重量コンクリートは、セメント、フライアッシュ、及び膨張材を含む粉体と、水と、重量骨材とが配合される。この際、水と粉体との重量比が17〜40%である。また、体積1立方メートルあたり、フライアッシュは120〜200kg、及び...

    自己治癒性重量コンクリート及びプレキャストコンクリート

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 33