養生条件 に関する公開一覧

養生条件」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「養生条件」の詳細情報や、「養生条件」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「養生条件」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,502件中)1/76ページ目

  1. 【課題】機械特性(強度、伸び)に優れる弾性舗装材を、作業性よく得ることができる弾性舗装材の製造方法を提供すること。【解決手段】ポリエーテルアミンを含む前処理剤と、骨材とを第1混合し、第1組成物を調製し(第1混合工程)、その第1組成物と、イソシアネート基末端ウレタンプレポリマーを含むバインダーとを第2混合し、第2組成物を調製し(第2混合工程)、その後、得られた第2組成物...

  2. 【課題】硬化性ペースト施工例えば小〜中規模のアンカー素子定着工事や広範囲のひび割れ補修施工などに適用でき、水硬性組成物と水とを簡便な手法で短時間にて均一に混合及び混練することにより、常に同じ品質の硬化性ペーストを調製でき、その硬化性ペーストによりアンカー素子を削孔に固定したり広範囲のひび割れ補修施工などを施したりする水硬性組成物、及びそれを用いた硬化性ペースト施工方法...

    水硬性組成物、並びにそれを用いた硬化性ペースト施工方法及びキット

  3. 【課題】 本発明は、溶融金属用容器における溶融物接触ライニング(すなわち、ワークライニング)として使用中に耐酸化バリア特性を発揮する耐火組成物を得ることを目的とする。【解決手段】 溶融金属用容器内にワークライニングを形成するための耐火組成物は、粗粒耐火物粒子画分および微粒耐火物粒子画分、または少なくとも0.25%の酸化カルシウム添加剤、もしくは少なくとも0.25%...

    耐火組成物および使用中に形成される耐酸化バリア層

  4. 【課題・解決手段】本発明は、石炭ボトムアッシュを用いるジオポリマーの製造方法に関するものである。本発明は、石炭ボトムアッシュとアルカリ活性化剤の混合物がゲル状態にならないように、従来技術よりも相対的に少ない量のアルカリ活性化剤を使用し、オーブン養生の後に、ジオポリマー試験片のマイクロウェーブ照射過程をさらに有することを特徴とする石炭ボトムアッシュを用いた高強度ジオポリ...

    石炭ボトムアッシュを用いた速成高強度ジオポリマーの製造方法

  5. 【課題】コンクリートの劣化の診断または予測をすることができる予測モデルの作成方法を提供する。【解決手段】(A)学習用サンプルとしてコンクリート試験体を作製する工程、(B)試験体の表面の初期画像を取得する工程、(C)表面ひずみが顕在化した試験体の表面の表面ひずみ画像を取得する工程、(D)デジタル画像相関法を用いて、初期画像及び表面ひずみ画像から、試験体表面のひずみ分布の...

    コンクリートの劣化の診断または予測方法

  6. 【課題】粘着剤層を有していても優れた鉛筆硬度を有するとともに、繰り返し屈曲に耐えられる屈曲性を有するハードコートフィルムおよびこれを用いたフレキシブルディスプレイを提供する。【解決手段】フレキシブルディスプレイの表面に配置されるフレキシブルディスプレイ用のハードコートフィルムであって、基材フィルム12と、基材フィルム12の一方面上に形成されたハードコート層14と、基材...

    ハードコートフィルムおよびこれを用いたフレキシブルディスプレイ

  7. 【課題】塩化ビニル等の樹脂材料との接着性、耐水性および糸引き性に優れる硬化性組成物を提供する。【解決手段】イソシアヌレート環を有しないイソシアネート基含有ウレタンプレポリマーとイソシアヌレート環を有するイソシアネート基含有ウレタンプレポリマーを含有する硬化性組成物である。

  8. 【課題】フライアッシュ等のようなポゾラン反応性物質を原料の一部として用いて、優れた圧壊強度を有する高炉用非焼成塊成鉱を製造する方法を提供する。【解決手段】微粉状鉄含有原料、微粉状炭材、及びバインダーを含む配合原料を水分調整した後に塊成物に成形し、所定の期間で養生して高炉用非焼成塊成鉱を製造する方法であって、前記バインダーとして、セメント及びポゾラン反応性物質を用いて、...

    高炉用非焼成塊成鉱の製造方法

  9. 【課題】高強度コンクリート硬化体の硬化時の熱変形による膨張及び収縮、内部乾燥による収縮などに起因するひび割れが抑制されたコンクリート組成物、コンクリート構造体の製造方法及びコンクリート構造体を提供する。【解決手段】結合材、水、細骨材、粗骨材及び混和剤を含み、結合材は、ポルトランドセメント及びシリカフュームを含み、全結合材に対するシリカフュームの含有量が5質量%以上25...

    コンクリート組成物、コンクリート構造体の製造方法及びコンクリート構造体

  10. 【課題】硬化前の流動性が高いジオポリマー組成物の製造方法を提供する。【解決手段】ジオポリマー組成物の製造方法は、未燃カーボンを含有する原料を水に分散させ、スラリー化した被処理液を浮遊選鉱し、未燃カーボンの含有率が2%以下のフライアッシュを生成するフライアッシュ生成工程と、フライアッシュ、高炉スラグ微粉末及びアルカリシリカ溶液を含む原料を混練したジオポリマー混練物を生成...

    ジオポリマー組成物の製造方法

  11. 【課題】特殊なセメントを適用しなくても、蒸気養生において一般に適用される温度の養生条件で早期に十分な脱型強度を得ることができるとともに、モルタル組成物及びコンクリート組成物の流動性に及ぼす影響が十分に小さく、さらに、アルカリシリカ反応のリスクを低減可能な混和材を提供する。【解決手段】本発明に係るモルタル・コンクリート用混和材は、当該混和材の全質量を基準として、高炉スラ...

  12. 【課題】特殊なセメントを適用しなくても、蒸気養生において一般に適用される温度の養生条件で早期に十分な脱型強度を得ることができるとともに、モルタル組成物及びコンクリート組成物の流動性に及ぼす影響が十分に小さい混和材を提供する。【解決手段】本発明に係るモルタル・コンクリート用混和材は、当該混和材の全質量を基準として、消石灰の含有率が0質量%超80質量%以下であり、石膏の含...

  13. 【課題】被着体を充分に固定できる密着性と、軽剥離性とを両立した粘着テープを提供する。【解決手段】シリコーン化合物を含有する粘着剤層を有する粘着テープであって、前記粘着剤層表面に405nmの紫外線を粘着剤層表面への照射量が2500mJ/cm2となるよう照射した後に、TOF−SIMSを用いて前記粘着剤層表面のSiイオン強度比0(Siイオン強度/全体イオン強度)を測定し、次...

  14. 【課題】被着体を充分に固定できる密着性と、軽剥離性とを両立した粘着テープを提供する。【解決手段】シリコーン化合物を含有する粘着剤層を有する粘着テープであって、前記粘着剤層表面に405nmの紫外線を粘着剤層表面への照射量が2500mJ/cm2となるよう照射した後に、TOF−SIMSを用いて前記粘着剤層表面のSiイオン強度比0(Siイオン強度/全体イオン強度)を測定し、次...

  15. 【課題】吸着特性のバラツキが抑制されたコンクリート構造物の劣化診断ツールを提供する。【解決手段】本発明のコンクリート構造物のおかれた環境に曝露される主面と、コンクリート構造物またはその近傍に存在する構造体に対する貼り付け面となる裏面とを有する、板状のモルタルパネルで構成されるコンクリート構造物の劣化診断ツールであって、モルタルパネルにおいて、水銀圧入法で測定される細孔...

    コンクリート構造物の劣化診断ツール

  16. 【課題】吸着特性および機械的強度のバラツキが抑制されたコンクリート構造物の劣化診断ツールを提供する。【解決手段】本発明のコンクリート構造物のおかれた環境に曝露される主面と、コンクリート構造物またはその近傍に存在する構造体に対する貼り付け面となる裏面とを有する板状のモルタルパネルを、複数有するコンクリート構造物の劣化診断ツールであって、複数のモルタルパネルの厚みの標準偏...

    コンクリート構造物の劣化診断ツール

  17. 【課題】得られる硬化物上に塗料を塗布する場合に、硬化物と塗膜との密着性に優れる、湿気硬化性樹脂組成物およびその硬化物を提供する。【解決手段】湿気硬化性樹脂と、芳香環を側鎖に有する(メタ)アクリル酸エステル系共重合体とを含む湿気硬化性樹脂組成物を使用する。

  18. 【課題】チクソ性、接着性、意匠性に優れるシーリング材組成物の提供。【解決手段】加水分解性シリル基を有する重合体(A)100質量部に対して、水酸基を有するシリコーン系化合物(B)0.1〜10質量部、炭酸カルシウム(C)200〜300質量部、及び二酸化ケイ素(D)0.1〜10質量部を含有する、シーリング材組成物。

  19. 【課題】運搬時や保管時の取扱性に優れる容器を用い、簡便かつ正確に均質な硬化性ペーストを調製できる方法を提供する。【解決手段】硬化性ペースト調製方法は、硬化性組成物C1を収容している袋体11と、外界と袋体11の内空とをそれの上端辺部11a1で連通させているポート12とを有するパック10に、硬化性組成物C1を硬化させる液剤Wをポート12から入れる工程と、硬化性組成物C1及...

    硬化性ペースト調製方法、硬化性ペースト調製セット、及びその使用方法

  20. 【課題】 ゾノトライトの生成率を簡易に測定する定量化方法を提供する。【解決手段】 ケイ酸質原料粉末及び石灰質原料粉末に水を加えて調製したスラリーに金属アルミニウム粉末を添加して発泡及び硬化させ、得られた半硬化体をオートクレーブ養生することで生成するケイ酸カルシウム水和物におけるゾノトライト生成率の定量化方法であって、予め様々なオートクレーブ養生条件で生成した複数の...

    ゾノトライト生成率の熱収縮率による定量化方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 76