音声レベル に関する公開一覧

音声レベル」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「音声レベル」の詳細情報や、「音声レベル」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「音声レベル」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,183件中)1/210ページ目

  1. 【課題】測定対象物の周囲で雑音が発生する環境においても、雑音成分を含まない測定対象音を抽出できる音響特性計測装置を提供する。【解決手段】測定対象物が設置される移動可能なステージを少なくとも二つの向きに向けて移動させる制御信号をステージに送信する計測制御部と、測定対象物から発生する測定対象音を集音するマイクロホンから出力される集音信号を受信する集音信号受信部と、集音信号...

    音響特性計測装置、音響特性計測方法、およびプログラム

  2. 【課題】メディアスタジオを含むメディア処理システムにおいて、ユーザがスタジオを実演中のイベントに持っていくことができるようにする。【解決手段】メディアスタジオは、複数のメディア入力アイテムの同時プレビューなどのプレビュー、複数のメディア入力アイテムに基づくメディア出力アイテムの生成、メディア出力アイテムの共有、および、将来の視聴のためのメディア出力アイテムの格納の全て...

    複数のメディアストリームの処理

  3. 【課題】流体を継続的に通過させる流体ハンドリングカセットを提供する。【解決手段】APDサイクラーデバイスやその他の注液装置と併用できるタイプの流体ハンドリングカセット24であって、カセットは略平坦な本体を備え、本体はその第1側部に凹みとして形成された少なくとも1つのポンプチャンバ181と、チャネルを含む流体用流路とを設けている。患者ラインポートは、患者ラインと接続し、...

    複数の流体ラインを用いて医療治療システムで使用するポンプカセットおよび方法

  4. 【課題】複数の接続方式に対応可能であり、複数の端末種類と接続可能な会議システムにおいて、接続方式や端末種類に影響を受けずに、端末からの発言要求を検出して発言制御を行なうことができるようにする。【解決手段】本発明は、複数の端末の受信したメディア信号を復号し、複数のメディア信号の中から選択した1又は複数のメディア信号を合成し符号化された合成メディア信号を送信する情報処理装...

    情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラム

  5. 【課題】システムが誤った通知を行うことを防止する会話音声レベル通知システムを提供する。【解決手段】会話音声レベル通知システム1において、会話音声レベル通知装置11は、作業者の席或いは作業者が打ち合わせを行う領域毎の在席検知センサ31〜39と、領域毎に配置された音声センサ41〜49と、音声センサで集音された音に、音声が含まれているか判定する判定部と、在席検知センサの出力...

    会話音声レベル通知システム及び会話音声レベル通知方法

  6. 【課題】複数台の撮像装置を連動させる際、簡単に撮像装置を制御できる情報処理装置を提供する。【解決手段】複数の撮像装置から、ユーザによる被写体指定に関する情報、被写体検出に関する情報、ユーザによる撮影レンズのマニュアル操作に関する情報の少なくともいずれか1つを受信する受信工程と、前記受信工程により受信した情報に基づいて、前記複数の撮像装置からメインの撮像装置と、サブの撮...

    情報処理装置とその制御方法

  7. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、特別遊技の実行中、大入賞口へ遊技球が入球することを契機として、遊技者に付与される賞球数の累積値を示す表示である累積賞球数表示を更新表示可能であり、累積賞球数表示を更新表示するに際しては、大入賞口への1個の遊技球の入球に対応して所定時間実行される演出であり、当該入球に基づ...

    ぱちんこ遊技機

  8. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、累積賞球数表示を更新表示するに際しては、大入賞口への1個の遊技球の入球に対応して所定時間実行される演出であり、当該入球に基づき付与される賞球数分だけ累積賞球数表示がカウントアップしていることを示す演出であるカウントアップ演出を実行可能であり、或る特別遊技の実行中において...

    ぱちんこ遊技機

  9. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、特別遊技の実行中、賞球数の累積値が特定値に到達することを契機として、賞球数の累積値が前記特定値に到達したことを示す特定値対応表示を累積賞球数表示とは別個に表示可能であり、或る特定値対応表示が表示されている最中に大入賞口へ遊技球が入球したとしても、当該或る特定値対応表示に...

    ぱちんこ遊技機

  10. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、第2エラーは賞球の払い出しに関するエラーである一方、第1エラーは賞球の払い出しに関するエラーとは異なるエラーであり、特別遊技の実行中、第1エラーが発生している状況で、規定数超過条件を充足した場合は、特定演出の少なくとも一部または全てを実行しない一方、規定数超過条件の充足...

    ぱちんこ遊技機

  11. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、累積賞球数表示は、大入賞口への遊技球の入球だけでなく、所定入賞口への遊技球の入球を契機としても、更新表示され得るよう構成されており、1回の単位遊技で大入賞口へ入球した遊技球の個数が規定数を超過したことを規定数超過条件とし、特別遊技の実行中、規定数超過条件を充足した場合、...

    ぱちんこ遊技機

  12. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、遊技領域のうちの第1遊技領域に設けられて遊技球が入球可能な第1所定入賞口(右一般入賞口)と、遊技領域のうちの第1遊技領域とは異なる第2遊技領域に設けられて遊技球が入球可能な第2所定入賞口(左一般入賞口)とを有し、特別遊技の実行中に第1所定入賞口に遊技球が入球することを契...

    ぱちんこ遊技機

  13. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、第2エラーは賞球の払い出しに関するエラーである一方、第1エラーは賞球の払い出しに関するエラーとは異なるエラーであり、特別遊技の実行中、第1エラーが発生している状況で、一般入賞口に遊技球が入球した場合は、所定演出を実行しない一方、当該入球に基づいた賞球の払い出しを実行可能...

    ぱちんこ遊技機

  14. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、遊技領域に設けられ、遊技球が入球可能な所定入賞口を有し、特別遊技の実行中に所定入賞口に遊技球が入球することを契機として所定演出を実行可能であり、特別遊技の実行中に所定入賞口に遊技球が入球した場合であっても、終了デモ期間中である場合には所定演出が実行されない一方、特別遊技...

    ぱちんこ遊技機

  15. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、特別遊技の実行中に所定入賞口に遊技球が入球することを契機として所定演出を実行可能であり、特別遊技の実行中、規定数超過条件を充足した場合、1回の単位遊技で大入賞口へ入球した遊技球の個数が規定数を超過したことを示唆又は報知する特定演出を実行可能であり、1回の単位遊技における...

    ぱちんこ遊技機

  16. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、外部出力可能な複数種類の外部情報信号の1つとして、賞球に関する外部情報信号である賞球情報信号を有しており、所定入賞口に遊技球が1個入球したことを契機として賞球情報信号が出力される場合、賞球情報信号は当該1個の入球に基づいて1回のみ出力される一方で、大入賞口に遊技球が1個...

    ぱちんこ遊技機

  17. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、1回の単位遊技の実行中において、所定時間のカウントアップ演出が規定数と同じ回数分実行された場合におけるカウントアップ演出の実行時間の合計時間は、終了デモ期間よりも短く設定されており、或る特別遊技の実行中において、大入賞口への或る1個の遊技球の入球に対応した或るカウントア...

    ぱちんこ遊技機

  18. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、特別遊技の実行中、賞球数の累積値が特定値に到達することを契機として、賞球数の累積値が特定値に到達したことを示す特定値対応表示を累積賞球数表示とは別個に表示可能であり、或る特定値対応表示が表示されている最中に大入賞口へ遊技球が入球したとしても、当該或る特定値対応表示にて示...

    ぱちんこ遊技機

  19. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、特別遊技の実行中、賞球数の累積値が特定値に到達することを契機として、賞球数の累積値が特定値に到達したことを示す特定値対応表示を累積賞球数表示とは別個に表示可能であり、或る特定値対応表示が表示されている最中に大入賞口へ遊技球が入球したとしても、当該或る特定値対応表示にて示...

    ぱちんこ遊技機

  20. 【課題】遊技の興趣性の向上を図ることのできるぱちんこ遊技機を提供する。【解決手段】ぱちんこ遊技機は、特定演出を実行するに際しては、1回の単位遊技で大入賞口へ入球した遊技球の個数が規定数を超過したことを示唆又は報知する超過入賞表示の表示および超過入賞音声の出力が可能であり、超過入賞表示と音量調整表示とが同時に表示可能である一方、超過入賞表示と音量調整表示とは重畳表示しな...

    ぱちんこ遊技機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 210