音圧値 に関する公開一覧

音圧値」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「音圧値」の詳細情報や、「音圧値」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「音圧値」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(490件中)1/25ページ目

  1. 【課題】ユーザの聴力情報に基づいて補聴機能を提供し、聴力を短時間でより簡単に測定する。【解決手段】実施形態の聴力測定装置は出力部と、制御部と、測定部とを備える。出力部は所定の周波数及び音圧パターンの組み合わせがそれぞれ異なる複数の測定音を出力する。制御部は、複数の前記聴力測定音それぞれの音圧パターンとユーザの反応を誘引する刺激物を同期するように制御する。測定部は、 ...

    聴力測定装置、聴力測定方法及びプログラム

  2. 【課題】 本発明は、画像中の注目位置にターゲット(観察対象)が存在する可能性が高いか低いかを判別しやすくする情報を取得することのできる情報処理装置を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明に係る情報処理装置は、超音波の送受信の態様を異ならせて、被検体への超音波の送受信を複数回行うことにより生成される複数の画像データを取得する画像データ取得手段と、複数回の超音...

    情報処理装置、情報処理方法、プログラム

  3. 【課題】出力装置から出力される音波が表す識別情報を取得する受信装置において、識別情報の検出速度の低下を抑制しつつ、識別情報の誤検出を低減させる。【解決手段】受信装置は、所定の周波数帯に識別情報を表す音波を出力する出力装置から前記音波を受信し、前記識別情報を取得する受信装置であって、前記音波が表す前記識別情報を検出する検出部と、前記音波の音圧を計測する計測部と、前記検出...

    受信装置、プログラム、音波処理システム、及び音波処理方法

  4. 【課題】情報表現音を用いて各種情報を提供する情報提供装置において、多様な音表現を可能とするとともに、情報表現音により通知される情報の種類(緊急度)を利用者が適切に識別し得るようにする。【解決手段】情報表現音を周波数成分(基音と倍音)の組み合わせで生成するとともに、分類周波数範囲R1、R2、R3と情報の緊急度(情報呈示、注意喚起、警報)を対応させ、音圧を重みとした周波数...

    情報提供装置

  5. 【課題】光音響効果によって生じる微弱な音響波を計測することにより、血液中に存在するグルコース、アルブミンなどの成分の濃度を非侵襲で測定することができる。しかし、定量的な分析を行うためには、微弱な音響波が安定して測定できなければならない。【解決手段】光音響計測装置に、被検体に光を照射する光源300と、光の焦点Fから発生する音響波101を検知する音センサ200と、音センサ...

    光音響計測装置および光音響計測方法

  6. 【課題】HDD120が搭載された産業用コンピュータにおいて、HDD120の異常の原因が警報ブザー等による過大な音圧印加によるものか、それ以外の振動等によるものかを区別できるようにする。【解決手段】異常監視対象のHDD120近傍に発生する音圧を音圧センサ130により計測し、音圧計測部10によって音圧値データに変換し、前記音圧値データが閾値を超えた場合、音圧異常発生とみな...

    産業用コンピュータのハードディスクドライブ異常検出装置およびハードディスクドライブ異常検出方法

  7. 【課題】異なる共振周波数の圧電セルを複数有する場合に、圧電セル同士を位相整合させて広帯域特性を得ることができる超音波トランスデューサーおよび超音波診断装置を提供する。【解決手段】複数のpMUTセル(pMUTセル100)が配列された超音波トランスデューサーであって、複数のpMUTセルは、複数の共振周波数を有し、複数のpMUTセルのそれぞれは、厚さ方向である第1方向、また...

    超音波トランスデューサーおよび超音波診断装置

  8. 【課題】打撃部に対して適切な押付力を設定して精度よく打音検査を行うことができる構造物の打音検査装置及び方法を提供することを目的とするものである。【解決手段】打音検査装置は、構造物Mの検査対象表面Sを打撃する打撃部1と、打撃部1の打撃面を検査対象表面Sに押し付ける押付力を調整可能に設定する押付部2と、打撃部1の打撃により発生する打撃音を検出する検出部3と、検出部3からの...

    構造物の打音検査装置及び方法

  9. 【課題】 本発明は、社会インフラ設備、産業機器、生産装置等の加速度等の振動状態を検出し、その運転・故障状態やメンテナンスの必要性を判断するための振動モニタリングシステムを、従来の高価・大型なシステムではなく、安価に、電池駆動で、常時運転できる実用化システムを提供するものである。【解決手段】 本発明は、安価で小型なマイクロホンを用いて微小な振動変位が検出できるように...

    設備・機器の常時振動モニタリングシステム

  10. 【課題・解決手段】搭乗者へ与える不快感を低減した警報音を出力することができる車両近接報知装置を提供する。車両近接報知装置は、第1スピーカおよび第2スピーカと、車両の接近を報知する1つの音に対応する信号を出力する音源と、を有する。そして、車両近接報知装置は、第1スピーカおよび第2スピーカのそれぞれに直列接続され、信号を増幅する第1アンプおよび第2アンプと、第1アンプと直...

    車両近接報知装置

  11. 【課題】快適さ、コスト、有効性、容易な使用、および、製造可能性の向上のうちの1つ以上を有する、呼吸器疾患のために使用される医療装置を提供する。【解決手段】患者の気道の入口へ所定量の加圧空気または呼吸可能ガスを送出するための患者インタフェース3000であって、保持構造体と該保持構造体に取り外し不能に接続されるシール形成構造体とを含むクッション部材と、保持構造体に取り付け...

    患者インタフェースおよび該患者インタフェースを形成するための方法

  12. 【課題・解決手段】電子回路(10)は、変換器(MEMS)により供給される、電子回路(10)の電気的入力信号を、前置増幅する入力段(Pre_amp)を備える。更に、電子回路(10)は、前記入力段(Pre_amp)の出力信号を処理することにより、マイクロフォン(2)の出力信号を供給する出力段(T_amp)を備える。電子回路(10)は、前記出力段(T_amp)の動作電流を設...

    マイクロフォン用の電子回路及びそのマイクロフォン

  13. 【課題】撮像画像から無人飛行体の存在及びその位置を容易に判断する。【解決手段】無人飛行体検知システム5では、全方位カメラCAは監視エリア8を撮像する。マイクアレイMAは監視エリアの音声を収音する。監視装置10は、マイクアレイMAにより収音された音声データを用いて、監視エリアに現れる無人飛行体を検知する。監視装置10内の信号処理部は、全方位カメラCAにより撮像された監視...

    監視エリアの音源表示システム及び音源表示方法

  14. 【課題】飛行物体が近づいてきた場合に、回避動作を実施することができる無人飛行装置、無人飛行方法及び無人飛行プログラムの提供すること。【解決手段】無人飛行装置は、外部の音圧を計測する音圧計測手段と、前記音圧の発生源の移動方向を算出する移動方向算出手段と、前記移動方向に基づいて、前記発生源と所定範囲内に近接することを回避するための回避経路を算出する回避経路算出手段と、を有する。

    無人飛行装置、無人飛行方法及び無人飛行プログラム

  15. 【課題】マイクロホンアレイによる音源分離の指向性を改善する音源分離装置および音源分離方法を提供する。【解決手段】音源分離装置10は、複数のマイクロホンがアレイ状に配置されたマイクロホンアレイ1から出力された複数の出力信号各々の音圧の時間波形から音圧情報をサンプリング抽出し、音圧情報を画像情報における色空間の1つまたは複数の要素に対応するデータ値に変換して時空間音圧分布...

    音源分離装置、及び音源分離方法

  16. 【課題】店舗等のモニタリング対象のエリアにおいて、指定された過去の一定期間において、人物がどのくらいの時間、どの程度の音声レベルで来店客に対して接客していたか等を分析し、分析結果を視覚的に示し、モニタリング分析精度を向上する。【解決手段】音声モニタリングシステムにおいて、記録装置70は、映像及び撮像時間と音声とを記録する。音パラメータ算出部71、441は、音声を基に、...

    音声モニタリングシステム及び音声モニタリング方法

  17. 【課題】本発明の主な目的は、水流による管路固有の振動、または機械等の連続振動源の有無によって誤判別が生じるおそれの少ない管路の異常検知方法および管路の異常監視方法を提供することである。【解決手段】管路の異常検知方法は、管路における複数箇所で振動を計測し、異常箇所を特定する管路の異常検知方法であって、第一の時間帯において振動レベルを所定時間に亘って計測する第一計測工程と...

    管路の異常検知方法および管路の異常監視方法

  18. 【課題】構造が簡単でありながら、空中に強力な超音波を発生させることができる集束超音波発生装置を提供する。【解決手段】振動板5は、縞状のモードの各節の間で逆位相のたわみ振動を発生させると共に、各節の間から放射される逆方向の超音波が互いに干渉し合うことで、全体として当該振動板5の主面と直交する方向に伝搬する音場を形成している。第1の反射板8は、振動板5の主面に対向して配置...

    集束超音波発生装置

  19. 【課題】静止画像との重ね合わせであっても騒音源の位置を適切に特定する。【解決手段】本発明に係る騒音源探索システム1の演算処理部22は、c−cマイク12で発生音の音圧を計測し、該音圧値を用いて発生音の到来角度を到来角度算出部33で算出するとともに、発生音ごとのエネルギー値をエネルギー算出部34で算出し、次いで、到来角度及びエネルギー値を用いて微小時間幅Δtにわたる発生音...

    騒音源探索システム

  20. 【課題】周囲の受聴者に不快感を与えることなく、聴取を抑制した音信号に調整するようにする。【解決手段】本発明に係る音信号調整装置は、入力された環境音信号の聴感特性を推定する聴感特性情報推定手段と、環境音の聴感特性に基づいて、入力された音信号の周波数特性を調整する音信号特性調整手段と、環境音信号の聴覚特性に基づく利得を、音信号特性調整手段により調整された音信号の周波数特性...

    音信号調整装置、音信号調整プログラム及び音響装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 25