非調質鋼 に関する公開一覧

非調質鋼」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「非調質鋼」の詳細情報や、「非調質鋼」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「非調質鋼」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(662件中)1/34ページ目

  1. 【課題】低コストで高成形性の1180MPa級冷間圧延焼鈍二相鋼板およびその製造方法の提供。【解決手段】質量%で、化学成分が、C:0.1%〜0.125%、Si:0.4%〜0.8%、Mn:2.6%〜2.9%、Al:0.01%〜0.05%、Nb:0.01〜0.03%、Ti:0.01〜0.03%であり、残部がFeおよび不可避的不純物である低コストで高成形性の1180MPa級冷...

  2. 【課題】高周波焼入れにおける加熱温度が1250℃以上となっても、溶融割れの発生を抑制できる鋼を提供する。【解決手段】高周波焼入れ用非調質鋼は、質量%でC:0.50超〜0.70%、Si:0.01〜0.30%未満、Mn:0.85〜1.50%、P:0.030%以下、S:0.010超〜0.095%、Cr:0.05〜0.30%、N:0.0040〜0.0200%、B:0.0005...

    高周波焼入れ用非調質鋼

  3. 【課題】高周波焼入れにおける加熱温度が1250℃以上となる場合があっても、溶融割れの発生を抑制できる鋼を提供する。【解決手段】高周波焼入れ用非調質鋼は、質量%で、C:0.55〜0.70%、Si:0.01〜0.30%未満、Mn:0.85〜1.50%、P:0.030%以下、S:0.010超〜0.095%、Cr:0.05〜0.30%、N:0.0040〜0.0200%、O:0...

    高周波焼入れ用非調質鋼

  4. 【課題・解決手段】熱間鍛造用圧延棒鋼は、質量%で、C:0.39〜0.55%、Si:0.10〜1.0%、Mn:0.50〜1.50%、Cr:0.05〜0.50%、Mo:0.01〜0.10%、V:0.05〜0.40%、Ti:0.150〜0.250%、Al:0.005〜0.050%、N:0.0020〜0.020%を含有し、式(1)及び(2)を満たし、ポリゴナルフェライト及びパ...

    熱間鍛造用圧延棒鋼

  5. 技術 低合金鋼

    【課題】耐水素脆化特性に優れた低合金鋼の提供【解決手段】 質量%で、C:0.01%以下、Si:0.05〜10.0%およびAl:0.01〜10.0%の両方またはいずれか一方、P:0.025%以下、S:0.010%以下、O:0.005%以下、N:0.008%以下、Mn:0〜1.0%、B:0〜0.003%、Cr:0〜5.0%、Mo:0〜5.0%、V:0〜5.0%、W:0〜...

  6. 【課題】V及びTiを実質的に含有せず、降伏強度を440MPa以上とし、衝撃値を35J/cm2以上とすることが可能な熱間鍛造用非調質鋼を提供する。【解決手段】熱間鍛造用非調質鋼は、Cを0.10〜0.30質量%含有し、Siを0.01〜1.00質量%含有し、Mnを2.0〜4.0質量%含有し、Sを0.005〜0.100質量%含有し、Pを0.035質量%以下含有し、Crを0.2...

    熱間鍛造用非調質鋼

  7. 【課題・解決手段】軟窒化処理後の軟窒化部品が曲げ疲労強度及び曲げ矯正性に優れる、軟窒化用非調質鋼を提供する。本発明による軟窒化用非調質鋼は、質量%で、C:0.20〜0.40%、Si:0.10〜0.80%、Mn:1.20%超〜1.60%、S:0.100%以下、Al:0.005〜0.030%、Ti:0.001〜0.020%、及びN:0.008〜0.025%を含有し、残部は...

    軟窒化用非調質鋼、軟窒化部品、及び、軟窒化部品の製造方法

  8. 技術 鍛造部品

    【課題】耐焼付き性に優れた鍛造部品を提供する。【解決手段】鍛造部品は、化学組成が、質量%で、C:0.35〜0.65%、Si:0.50%未満、Mn:0.10%以上0.80%未満、P:0.01%を超え0.1%以下、S:0.06%以下、Cr:0.2〜1.5%、Al:0.005〜0.05%、N:0.001〜0.02%、V:0〜0.2%、残部:Fe及び不純物であり、前記化学組成...

    鍛造部品

  9. 【課題】部材変形性能に優れた、降伏強さ385MPa以上、引張強さ550MPa以上、降伏比80%以下の低降伏比を有する非調質低降伏比高張力厚鋼板およびその製造方法ならびに優れた耐震性を有する形鋼および構造体を提供することを目的とする。【解決手段】質量%で、C:0.05〜0.16%、Si:0.05〜0.45%、Mn:1.2〜1.8%、P:0.020%以下、S:0.005%...

    非調質低降伏比高張力厚鋼板およびその製造方法ならびに形鋼および構造体

  10. 技術 高強度鋼

    【課題】疲労特性に優れる高強度鋼を提供する。【解決手段】本発明の高強度鋼は、Cが0.38質量%以上0.48質量%以下、Siが1.6質量%以上2.4質量%以下、Mnが0.1質量%以上0.4質量%以下、Crが0.8質量%以上1.2質量%以下、Cuが0.1質量%以上0.6質量%以下、Niが0.1質量%以上0.6質量%以下、Pが0質量%超0.020質量%以下、Sが0質量%超0...

    高強度鋼

  11. 技術 高強度鋼

    【課題】疲労特性に優れる高強度鋼を提供する。【解決手段】本発明の高強度鋼は、Cが0.38質量%以上0.48質量%以下、Siが1.6質量%以上2.4質量%以下、Mnが0.1質量%以上0.4質量%以下、Crが0.8質量%以上1.2質量%以下、Cuが0.1質量%以上0.6質量%以下、Niが0.1質量%以上0.6質量%以下、Pが0質量%超0.020質量%以下、Sが0質量%超0...

    高強度鋼

  12. 【課題】本発明は、高強度熱間鍛造非調質鋼部品の提供を目的とする。【解決手段】本発明の高強度熱間鍛造非調質鋼部品は、化学成分が、単位質量%で、C:0.50〜0.65%、Si:0.60〜1.20%、Mn:0.60〜1.00%、P:0.040〜0.060%、S:0.060〜0.100%、Cr:0.05〜0.20%、V:0.25〜0.40%、N:0.0020〜0.0080%を...

    高強度熱間鍛造非調質鋼部品

  13. 【課題】本発明は、破断分離性に優れた熱間鍛造用非調質鋼の提供を目的とする。【解決手段】本発明の破断分離性に優れた熱間鍛造用非調質鋼は、化学成分が、単位質量%で、C:0.10〜0.25%、Si:0.60〜1.20%、Mn:0.60〜1.00%、P:0.040〜0.060%、S:0.060〜0.100%、Cr:0.05〜0.20%、N:0.0020〜0.0150%、Bi:...

    破断分離性に優れた熱間鍛造用非調質鋼

  14. 【課題】破断分離時の破断面近傍変形量を小さくし、かつ破断面の凹凸を大きくして嵌合性を高める一方で、破断面の欠けを抑制した鋼材を提供する。【解決手段】C:0.35−0.45mass%、Si:0.6−1.0mass%、Mn:0.60−0.90mass%、P:0.010−0.035mass%、S:0.06−0.10mass%、Cr:0.25mass%以下、V:0.20−0....

    破断分離後の破断面同士の嵌合性および被削性に優れた鋼部品用の熱間圧延鋼材および鋼部品

  15. 【課題】破断分離時の破断面近傍変形量を小さくし、かつ、破断面の凹凸を大きくして嵌合性を高める一方で、破断面の欠けを抑制した鋼材を提供する。【解決手段】C:0.35−0.45mass%、Si:0.6−1.0mass%、Mn:0.60−0.90mass%、P:0.010−0.035mass%、S:0.06−0.10mass%、Cr:0.25mass%以下、V:0.20−0...

    破断分離後の破断面同士の嵌合性および被削性に優れた鋼部品用の熱間圧延鋼材および鋼部品

  16. 【課題】本発明は、高強度熱間鍛造非調質鋼部品の提供を目的とする。【解決手段】本発明の高強度熱間鍛造非調質鋼部品は、化学成分が、単位質量%で、C:0.50〜0.65%、Si:0.60〜1.20%、Mn:0.60〜1.00%、P:0.040〜0.060%、S:0.060〜0.100%、Cr:0.05〜0.20%、V:0.25〜0.40%、N:0.0020〜0.0080%、...

    高強度熱間鍛造非調質鋼部品

  17. 【課題・解決手段】Vによる製造コストの上昇を抑え、かつ、熱間鍛造後においても高い強度と、優れた常温靭性及び低温靭性とを有する熱間鍛造用鋼材を提供する。本実施形態による熱間鍛造用鋼は、質量%で、C:0.30超〜0.40%未満、Si:0.30〜1.00%、Mn:1.00〜2.00%、Ti:0.002〜0.020%、P:0.035%以下、S:0.050〜0.100%、Al:...

    熱間鍛造用鋼材

  18. 技術 高強度鋼

    【課題】疲労特性に優れる高強度鋼を提供する。【解決手段】本発明の高強度鋼は、Cが0.15質量%以上0.30質量%以下、Siが1.2質量%以上2.4質量%以下、Mnが1.2質量%以上2.0質量%以下、Crが0.8質量%以上1.2質量%以下、Moが0.1質量%以上0.3質量%以下、P及びSが0質量%超0.020質量%以下、Alが0質量%超0.040質量%以下、Tiが0.0...

    高強度鋼

  19. 【課題】強度(特に疲労強度)と製造性(特に曲げ矯正性)とが共に優れ、部品形状に成形した後、軟窒化処理等の高強度化処理を行い矯正することで、クランクシャフト等の自動車用部品として用いることができる鋼材の提供。【解決手段】C、Si、Mn、Cu、Ni、S、Cr、Mo、s−Al、Ti、N、Ca、Oを特定範囲で含有し、残部はFeおよび不可避的不純物からなり、式1=C+0.07×...

    鋼材、クランクシャフトおよび自動車用部品

  20. 【課題・解決手段】この機械構造用圧延棒鋼は、所定の化学組成を有し、K1=C+Si/7+Mn/5+1.54×Vで求められるK1が0.95〜1.05であり、K2=139−28.6×Si+105×Mn−833×S−13420×Nで求められるK2が35超であり、Mn及びSの含有量が、Mn/S≧8.0を満足し、表層全脱炭深さが500μm以下である。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 34