電気泳動方法 に関する公開一覧

電気泳動方法」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「電気泳動方法」の詳細情報や、「電気泳動方法」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「電気泳動方法」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(502件中)1/26ページ目

  1. 【課題】取扱い性に優れ、かつ高い分離能を有する電気泳動用ゲルを作製するために用いられるゲル添加剤を簡便に得る。【解決手段】本発明のゲル添加剤の製造方法は、グルコマンナン水溶液に活性炭を加えて不純物を除去する工程を含む。

    ゲル添加剤の製造方法およびゲル添加剤の利用

  2. 【課題】高い分離能を有する電気泳動用ゲルを作製するために用いられるゲル分離能向上剤を提供する。【解決手段】下記の(1)および(2)のいずれか一つ以上の精製工程を含む:(1)ガラクトマンナン水溶液から上清を得る固液分離工程と、アルコール沈殿工程とを含む精製工程;(2)上記ガラクトマンナン水溶液に活性炭を加え、不純物を除去する工程を含む精製工程。

    ゲル分離能向上剤の製造方法およびゲル分離能向上剤の利用

  3. 【課題・解決手段】本発明に係る遺伝子伝達用ナノ粒子は、摂取された食事を感知し、生物学的システム内の血糖数値とインスリン分泌を調節できる新たな経口遺伝子伝達システムで経口投与用遺伝子伝達のためのナノ粒子に関し、より詳細には、胆汁酸または胆汁酸誘導体が共有結合したイオン性高分子および遺伝子を含む遺伝子伝達用ナノ粒子およびこれを含む薬学組成物に関する。

    経口投与用遺伝子伝達のためのナノ粒子およびこれを含む薬学組成物

  4. 【課題】真空蒸着により亜鉛で、および良好な表面外観を有する塗料の層でコーティングされた、鋼板を利用可能にする製造方法の提供。【解決手段】亜鉛の少なくとも1つの層、電気泳動により適用された塗料の最上層を有するコーティングを備え、亜鉛の層が、6・10−2ミリバールから2・10−1ミリバールの間の圧力に維持された蒸着室2内でジェット蒸着法によって蒸着された鋼板3、ならびに関...

    亜鉛コーティングを備えた塗装鋼板

  5. 【課題・解決手段】ある態様において、本発明は、細胞反応性コンプスタチン類似体および細胞反応性コンプスタチン類似体を含む組成物を提供する。ある態様において、本発明は、さらに、細胞反応性コンプスタチン類似体の使用方法、例えば、細胞、組織または臓器に対する補体介在損傷を阻害するための、例えば、補体介在障害の処置を提供する。ある態様において、本発明は、長時間作用型コンプスタチ...

    投与レジメン

  6. 【課題・解決手段】本発明は、IL2αβγ選択的アゴニストタンパク質(IL2選択的アゴニスト)とIgG Fcタンパク質の融合タンパク質を提供する。IL2選択的アゴニスト部分は、IL2αβγ型の受容体を選択的に活性化し、それにより、Tregを選択的に刺激することによって治療活性をもたらす。Fc部分は、IL−2またはIL2SAタンパク質の循環半減期と比較して延長された循環...

    自己免疫疾患を治療するために調節性T細胞を選択的に活性化する分子

  7. 【課題・解決手段】酸化チタンベースのスーパーキャパシタ電極材料及びその製造方法であり、前記酸化チタンベースのスーパーキャパシタ電極材料の活物質は導電性酸化チタンであり、前記導電性酸化チタンは、亜酸化チタン、還元状態の二酸化チタン、又は還元状態の二酸化チタンにさらに元素をドープしたドーピング還元状態二酸化チタンであり、前記酸化チタンベースのスーパーキャパシタ電極材料のキ...

    酸化チタンベースのスーパーキャパシタ電極材料及びその製造方法

  8. 【課題・解決手段】本発明は、(i)繊維強化材を、通気口を有さない鋳型を排気することによって圧縮可能なシール部を有する2部品の鋳型に配置する工程と、(ii)反応性熱可塑性プレポリマーから作られる二成分反応系を溶融状態で射出することによって、排気された鋳型を満たし、この射出は、スタティックミキサーで混合した2種類の反応性成分それぞれについて2つの別個の区画を有するデバイス...

  9. 【課題】希土類永久磁石部品の磁石性能と耐腐食性を向上する。【解決手段】焼結及びエイジングを行うことによりネオジム鉄ホウ素希土類永久磁石半製品を形成するステップと、半製品に対して機械加工を行うことによりネオジム鉄ホウ素希土類永久磁石体を形成するステップと、ネオジム鉄ホウ素希土類永久磁石体に対してメッキ工程を行うことにより、ネオジム鉄ホウ素希土類永久磁石部品を形成するステ...

    ネオジム鉄ホウ素希土類永久磁石部品の複合メッキ方法

  10. 【課題・解決手段】本発明の電気泳動装置は、電気泳動によって、キャピラリ内にサンプルを送液し、当該サンプルを光学検出する電気泳動装置において、キャピラリと、キャピラリの先端に設けられたキャピラリヘッドと、電気泳動に用いる、泳動媒体が充填された泳動媒体充填容器と、泳動媒体充填容器の側面を覆うガイド部材と、泳動媒体充填容器に充填された泳動媒体を下方から封止するシール部材と、...

    電気泳動装置および電気泳動方法

  11. 【課題・解決手段】本発明の電気泳動チップ1は、電気泳動用ゲルを収容する電気泳動管100と、電気泳動管の下端側にプラス電位を加えるプラス電極300と、電気泳動管100の上端側にマイナス電位を加えるマイナス電極400と、電気泳動管100及び両電極300及び400を一体的に保持するホルダ200とを備える。

    電気泳動チップ、電気泳動装置、及び電気泳動システム

  12. 【課題】ヒト新生児Fc受容体(FcRn)結合が無効となった抗ヒトインスリン様成長因子1受容体(IGF−1R)抗体及び血管性眼疾患の処置のために同抗体を使用する方法の提供。【解決手段】眼においてIGF−1Rを阻害することにおける使用のための抗IGF−1R抗体。

    FcRn結合が無効となった抗IGF−1R抗体及び血管性眼疾患の処置におけるそれらの使用

  13. 【課題・解決手段】処理溶液を送達するための方法は、バイオプロセス容器の中に濃縮処理溶液を提供するステップを含み、濃縮処理溶液は第1のサイトで製造される。また、方法は、濃縮処理溶液と、第1のサイトとは異なる第2のサイトのバイオリアクタ内で製造された生体高分子含有溶液とを結合するステップを同じく含む。いくつかの実施例では、処理溶液は、バイオリアクタ内で培養された細胞の産物...

    緩衝剤溶液を提供するための方法及びシステム

  14. 【課題・解決手段】眼疾患に関連する、標的に特異的に結合する第1の結合部位と、眼中での保持に影響を及ぼす、標的に特異的に結合する第2の結合部位との組み合わせにより、単一特異性結合剤と比較して改善された硝子体内保持が提供される。第2の結合部位は、硝子体液/網膜中の細胞外マトリックス(ECM)中に見出される化合物/分子に特異的に結合する。細胞外マトリックスのこの化合物は、十...

    増加した眼球保持を伴う眼科用融合タンパク質

  15. 【課題】細胞、組織または臓器に対する補体介在損傷を阻害するための方法、例えば、補体介在障害の処置方法の提供。【解決手段】細胞反応性コンプスタチン類似体および細胞反応性コンプスタチン類似体を含む組成物。長時間作用型コンプスタチン類似体および長時間作用型コンプスタチン類似体を含む組成物。2個のコンプスタチン類似体部分に結合したクリアランス低減部分を含む長時間作用型コンプス...

    細胞反応性、長時間作用型または標的化コンプスタチン類似体ならびに関係する組成物および方法

  16. 【課題】簡易な構造により、複数の成分を互いに分離することができる電気泳動装置を提供する。【解決手段】電気泳動装置(100)は、試料(80)を展開するための展開面(11)を有する基板(10)と、基板(10)に配置された1対の主電極(20)と、1対の主電極(20)の間において展開面(11)に配置され、1対の主電極(20)によって形成される電界の方向(X)に沿って並べられて...

    電気泳動装置、電気泳動システム及び電気泳動方法

  17. 【課題・解決手段】がんの治療におけるCXCR4アンタゴニストペプチドおよび免疫チェックポイントレギュレーターの使用が提供される。したがって、がんの治療を必要とする対象においてがんを治療する方法であって、治療有効量の配列番号1に記載のアミノ酸配列を有するペプチドまたはその類似体もしくは誘導体と、治療有効量のPD1アンタゴニスト、PDL−1アンタゴニスト、CTLA−4アン...

  18. 【課題・解決手段】本発明は、光電気的触媒作用のための電極(10)に関する。この電極(10)は、支持層(1)を含み、支持層(1)の上に触媒層(2)が配置され、触媒層(2)は、第一の半導体材料の粒子(3)を含む。また本発明は、前記電極を製造するための方法、及び前記電極を備える太陽電池に関する。触媒層(2)は、マトリクス(4)をさらに有する。マトリクス(4)は、第二の半導体...

    光電気的触媒作用のための電極、太陽電池、及び前記電極を製造するための方法

  19. 【課題・解決手段】本明細書において、ポリペプチドであって、 第1のポリペプチド及び第2のポリペプチドを含み、前記第1のポリペプチド及び第2のポリペプチドは各々、N末端からC末端の方向に、1個以上のシステイン残基を含む、免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部、免疫グロブリンCH2ドメイン及び免疫グロブリンCH3ドメインを含み、i)前記第1のポリペプチドは、変異I25...

    FcRn結合特性が改変され、プロテインA結合特性が保持されているFc領域変異体

  20. 【課題・解決手段】本明細書において、ポリペプチドであって、 第1のポリペプチド及び第2のポリペプチドを含み、前記第1のポリペプチド及び第2のポリペプチドは各々、N末端からC末端の方向に、1個以上のシステイン残基を含む、免疫グロブリンヒンジ領域の少なくとも一部、免疫グロブリンCH2ドメイン及び免疫グロブリンCH3ドメインを含み、i)前記第1及び第2のポリペプチドは、突...

    FcRn結合特性が改変されているFc領域変異体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 26