鍛造方向 に関する公開一覧

鍛造方向」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「鍛造方向」の詳細情報や、「鍛造方向」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「鍛造方向」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(255件中)1/13ページ目

  1. 【課題】鉄基合金とアルミニウム合金の摩擦撹拌接合時において先端部に高硬度の凝着物が付着しても欠損を抑制する摩擦撹拌接合工具を提供する。【解決手段】小径部およびそれに連続して形成された大径部を備える高速度工具鋼製の摩擦撹拌接合用工具として、小径部から大径部にしたがって硬さを減少させる。また、小径部の硬さは、ロックウェル硬さCスケールで65HRC以上、大径部の硬さをロック...

    摩擦撹拌接合工具

  2. 【課題・解決手段】面内破壊靭性評価のために、標準試験において、構造体の壁で使用されるタイプの材料サンプルを試験する方法。方法は、構造体の壁の厚さ以下の横方向の長さを有するサンプルを取得することと、サンプルを、(a)底面、(b)中央ノッチを有するプロファイルされた上面、(c)中央ノッチの第1の側面上の第1の結合特徴部、および(d)中央ノッチの第2の側面上の第2の結合特徴...

    面内破壊靭性評価のための標準的な試験において材料サンプルを試験するための方法およびデバイス

  3. 【課題】優れたアルマイト性を有し、十分な引張強さを備えるコンプレッサー摺動部品用アルミニウム合金を提供する。【解決手段】Si:8.0質量%〜12.0質量%、Cu:0.6質量%〜1.2質量%、Mg:0.2質量%〜0.8質量%、Mn:0.05質量%〜0.8質量%を含有し、残部がAl及び不可避不純物からなるアルミニウム合金であって、25℃における引張強さが330MPa〜38...

    コンプレッサー摺動部品用アルミニウム合金、コンプレッサー摺動部品鍛造品およびその製造方法

  4. 【課題】プレスパッタ時間を短縮することができ、耐熱性及び耐硫化性に優れたAg合金膜を効率良く成膜することが可能なAg合金スパッタリングターゲットを提供する。【解決手段】InおよびSnのうちの少なくとも1種以上を合計で0.1質量%以上1.5質量%以下の範囲内で含み、残部がAg及び不可避不純物とされた組成を有し、Arガス圧0.1Pa,電流密度1.5W/cm2,積算電力量0...

    Ag合金スパッタリングターゲット、及び、Ag合金スパッタリングターゲットの製造方法

  5. 【課題】引張強度および耐力が向上したアルミニウム合金熱間鍛造品の製造方法を提供する。【解決手段】アルミニウム合金熱間鍛造品の製造方法は、アルミニウム合金材を、加熱温度が540℃以上555℃以下となり、加熱時間が2時間以上となる条件で、加熱する材料加熱工程S1と、加熱された状態のアルミニウム合金材を、第1の方向から鍛造する第1熱間鍛造工程S2と、第1熱間鍛造工程S2後の...

    アルミニウム合金熱間鍛造品の製造方法

  6. 【課題】タングステン材料からなる放電ランプ用電極において、電極の軽量化を図り、併せて電極材料の省資源化をもたらし、かつ、放熱機能に優れた電極構造およびその製造方法を提供するものである。【解決手段】放電ランプ用電極が、タングステンの焼結体からなる先端部と、該先端部に積層されたタングステンの粉末溶融積層体からなる本体部とからなり、前記本体部のタングステンの相対密度を、前記...

    放電ランプ用電極およびその製造方法

  7. 【課題】超高純度マグネシウムを使用して、ボーンプレートとして使用する場合、骨接合時は強度を保持し、骨接合後は生体内消滅してくれる生分解性を有し、すでに汎用されているチタンやチタン合金製のインプラントと強度面で遜色のないインプラントを提供することを課題とする。【解決手段】真空蒸留された超高純度マグネシウムのインゴットを、真空蒸留工程と、昇華、凝縮方向に鍛造を数回行う工程...

    超高純度マグネシウムを用いる医療用インプラント材、及び医療用インプラントの製造方法

  8. 技術 鍛造方法

    【課題・解決手段】鍛造品を高強度化し、且つ、使用環境下での硬さの低下を抑制する鍛造方法を提供することを課題とする。溶体化処理した金属製のワークを温間鍛造する温間鍛造工程(S105)と、温間鍛造工程(S105)の後、製造後における使用環境温度と同等以上の温度でワークを人工的に予め時効させる人工時効工程(S106)と、を含む鍛造方法である。温間鍛造前後における相当塑性歪み...

    鍛造方法

  9. 【課題】製品本体部とブッシュ圧入部と有し、製品本体部を鍛造成形する際の鍛造方向とブッシュ圧入部に対する圧入方向とが異なる(平行でない)アルミ鍛造部材を製造するに当たり、P/Lがブッシュ圧入部の圧入方向に対して傾斜するようにし、もって、耐応力腐食割れ性(耐SCC性)を向上させることのできるアルミ鍛造部材の製造方法を提供する。【解決手段】素材から製品本体部を閉塞鍛造した後...

    アルミ鍛造部材の製造方法

  10. 【課題】耐用期間が向上された自在継手用継手ヨークを提供する。【解決手段】継手ヨーク7は回転軸線Xを中心として回転駆動可能であって、第1の軸受孔13を備えた第1のヨークアームと、第2の軸受孔を備えた第2のヨークアームと、を有していて、第1の軸受孔と第2の軸受孔とは、継手中心Mにおいて回転軸線Xに直角に交わる軸受軸線Yを中心に配置されており、ヨークアームは、回転軸線に対し...

    自在継手用の継手ヨーク及び自在継手

  11. 【課題・解決手段】本発明の一実施形態に係る鋼は、化学成分が、単位質量%で、C:0.15〜0.30%、Si:0.40〜1.30%、Mn:0.50〜1.50%、P:0.035〜0.200%、S:0.010〜0.100%、Cr:0〜1.00%、Nb:0.010〜0.20%、Ti:0〜0.070%、Mo:0〜0.15%、N:0.0010〜0.0060%、V:0〜0.010%、...

    コネクティングロッド用鋼材、機械部品及びコネクティングロッド

  12. 【課題】Dwell疲労特性の良好なチタン合金棒材及びその製造方法を提供する。【解決手段】α相とβ相からなる金属組織を有するチタン合金棒材であって、チタン合金棒材の長軸方向の直交断面において直交断面内の径方向および周方向のそれぞれに対し、α結晶粒を構成する稠密六方晶の(0001)面の法線方向のなす角度が5°以上55°以下の範囲にある円相当直径が20μm超のα結晶粒の面積...

    チタン合金棒材及びその製造方法

  13. 【課題】Dwell疲労特性の良好なチタン合金棒材及びその製造方法を提供する。【解決手段】α相を主相としβ相を第2相とする金属組織を有するチタン合金棒材であって、チタン合金棒材の長軸方向に平行な断面において、円相当直径100μm未満かつアスペクト比3.0未満であるα結晶粒集合体の面積率が60%以上であり、α結晶粒を構成する稠密六方晶の(0001)面の法線方向と、チタン合...

    チタン合金棒材及びその製造方法

  14. 【課題・解決手段】履帯用リンク(30)では、座面形成部(47)は、第1連通部(45)及び第2連通部(46)の履板取付面(41)側に形成される。貫通孔(48)は、履板取付面(41)から座面形成部(47)まで貫通しボルト部材(34b)が配置される。座面形成部(47)は、座面(47s)と、段差部(49)とを有する。座面(47s)は、貫通孔(48)が形成されボルト部材(34b...

    履帯用リンク及び履帯用リンクの製造方法

  15. 【課題】強度および耐食性に優れたアルミニウム合金鍛造材を提供する。【解決手段】Mg:0.6質量%〜1.2質量%と、Si:0.7質量%〜1.5質量%と、Fe:0.01質量%〜0.5質量%と、Mn:0.05質量%〜0.8質量%、Cr:0.01質量%〜0.5質量%およびZr:0.01質量%〜0.2質量%から成る群から選択される一種または二種以上と、を含有し、残部がAlおよび...

  16. 【課題・解決手段】タイロッドエンド(29)は、曲部(51)を有しつつ棒状に延びた胴部(53)と、胴部(53)における一方の端部に設けられたタイロッド(27)との係合部(55)と、胴部(53)における他方の端部に設けられたナックルアーム(31)との連結部(57)と、を備え、車両を操舵する際に用いられる車両用操舵装置(11)の一部を構成する。アルミニウム温間鍛造材よりなる...

    タイロッドエンド

  17. 【課題】鍛造材内部に生じる歪分布を均一化し、低サイクル疲労強度と超音波探傷性を両立させたチタン合金β鍛造材を提供する。【解決手段】α+β型のチタン合金から成り、回転対称で且つ所定の大径薄肉形状で、径方向の外周部が製品部となるチタン合金β鍛造材の製造に供されるチタン合金中間鍛造材100を用いて製造された前記チタン合金β鍛造材であって、チタン合金中間鍛造材100は、最小厚...

    チタン合金β鍛造材、および、超音波探傷検査方法

  18. 【課題・解決手段】時効処理前の切削性に優れ、時効処理後の疲労特性、靭性及び低サイクル疲労特性に優れる時効硬化性鋼を提供する。所定量のC、Si、Mn、S、Cr、Al、V、Nb、Ca及びREMを含有し、P、Ti及びNの含有量を所定量以下に制限し、残部がFe及び不純物からなり、ベイナイト組織の面積率が70%以上であり、更に、C+0.3×Mn+0.25×Crで表されるF1が0...

    時効硬化性鋼及び時効硬化性鋼を用いた部品の製造方法

  19. 【課題】ブッシュ保持部の強度を向上可能なサスペンション部材及びその製造方法を提供すること。【解決手段】サスペンション部材であって、ブッシュ保持部(30)を有し、ブッシュ保持部(30)の外周面には、ブッシュ保持部(30)の軸方向についてブッシュ保持部(30)の一方側の端面から他方側の端面に至るように延びる形状を有する連結パーティングライン(PL0)が形成されており、連結...

    サスペンション部材及びその製造方法

  20. 【課題】室温から作動温度において十分な強度、耐力及び耐疲労特性を有し、特に、羽根部相当部位における組織が微細かつ均質化された高強度のインペラ用冷間鍛造材及びその効率的な製造方法を提供する。【解決手段】Cu及びMgを含有するアルミニウム合金製のインペラ用冷間鍛造材であって、羽根部相当部位における母材結晶粒の平均粒径が250μm以下であり、結晶粒径が700μm以上の粗大粒...

    インペラ用冷間鍛造材及びその製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 13