酸素ポテンシャル に関する公開一覧

酸素ポテンシャル」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「酸素ポテンシャル」の詳細情報や、「酸素ポテンシャル」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「酸素ポテンシャル」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,343件中)1/68ページ目

  1. 【課題】ニオブ酸リチウム(LN)単結晶内に存在するマイクロボイドに起因したリング状色ムラの発生が抑制されて体積抵抗率の面内分布にバラツキの少ないLN基板を製造する方法を提供すること。【解決手段】チョクラルスキー法で育成されたLN単結晶を基板形状に加工し、基板状LN単結晶を、Al−Al2O3粉末に埋め込んだ状態で、300℃以上500℃未満の条件で還元処理してLN基板を製...

    ニオブ酸リチウム基板の製造方法

  2. 【課題】Al含有量が高い、高Al含有鋼を溶製するに際し、鋼中窒素含有量の低い高Al含有鋼の溶製方法を提供する。【解決手段】質量%で0.05%以上のAlおよび0.1%以上のSiを目標含有量とする鋼を、精錬炉で溶製し取鍋に出鋼するにあたり、取鍋内にフラックスを添加し、取鍋内フラックスの添加時期は出鋼前または出鋼中であって、取鍋内フラックスの配合は質量%で、 20%≦...

  3. 【課題】より純度の高い電解製錬を行うことが可能な電解製錬システムを提供する。【解決手段】電解製錬システム100は、溶融鉱石Wmが導入される炉本体10、炉本体10内の底部10Bに設けられた陰極基板11、及び、炉本体10内の陰極基板11の上方に設けられた陽極基板12を有する電解製錬炉1と、電解製錬炉1内に供給した不活性ガスを酸素とともに回収して、不活性ガスを再度溶融鉱石W...

    電解製錬システム

  4. 【課題】復硫を抑制することができる、溶銑の脱硫処理方法を提供すること。【解決手段】本発明の一態様に係る溶銑の脱硫処理方法は、攪拌羽根で溶銑鍋内の溶銑を攪拌しながら脱硫処理を行う、機械攪拌式脱硫装置1を用いた溶銑の脱硫処理方法であって、CaOを少なくとも含む脱硫剤を溶銑に投入し、溶銑を攪拌する脱硫工程(T2〜T3)と、脱硫工程の後、Al2O3を少なくとも含む凝集剤を溶銑...

    溶銑の脱硫処理方法

  5. 【課題】高温の熱延板焼鈍を施すことなくまたは熱延板焼鈍を施すことなく、磁気特性に優れかつリジング発生のない高級無方向性電磁鋼板の製造方法を提案する。【解決手段】C:0.0050%以下、Si:2.0〜5.0%、Mn:3.0%以下、P:0.20%以下、S:0.0050%以下、Al:3.0%以下、N:0.0050%以下およびO:0.010%以下を含有するスラブを熱間圧延し、...

    無方向性電磁鋼板の製造方法

  6. 【課題】希土類元素や合金元素の添加に依存することなく、長期の高温酸化環境下において、酸化皮膜の電気導電性と耐クリープ強さを兼備したフェライト系ステンレス鋼と、耐クリープ強さと加工性を兼備したフェライト系ステンレス鋼板を提供する。【解決手段】質量%にて、C:0.03%以下、Si:1%以下、Mn:1%以下、P:0.045%以下、S:0.003%以下、Cr:20〜25%、M...

    フェライト系ステンレス鋼と、その鋼板及びそれらの製造方法

  7. 【課題】溶銑予備処理段階や転炉吹錬段階で重負荷をかけることなく、さらには予め大量のエネルギーや操業コストを抑え、RH工程においてCaO系脱燐スラグによる効率的な、高炭素濃度を有する溶鋼の脱燐処理方法を提供する。【解決手段】RH型精錬設備の真空槽内の高炭素溶鋼に対して、上吹きランスから噴流衝突流速15m/s以上で酸素源を供給して内部脱炭による強撹拌条件を確保し、真空槽内...

    溶鋼の脱燐処理方法

  8. 【課題】Si含有量が3.30%以上であっても、磁気時効の発生を抑制でき、優れた鉄損特性が得られる、方向性電磁鋼板の製造方法を提供する。【解決手段】本製造方法は、質量%で、C:0.020〜0.100%、Si:3.30〜3.75%、Mn:0.010〜0.300%、S及び/又はSe:合計で0.001〜0.050%、sol.Al:0.010〜0.065%、N:0.002〜0....

    方向性電磁鋼板の製造方法

  9. 【課題】優れた磁気特性と優れた被膜密着性とを両立可能な方向性電磁鋼板の製造方法を提供する。【解決手段】本製造方法は、質量%で、C:0.020〜0.100%、Si:3.30〜3.75%、Mn:0.010〜0.300%、S及び/又はSe:合計で0.001〜0.050%、sol.Al:0.010〜0.065%、N:0.002〜0.015%、残部:Fe及び不純物、からなるスラ...

    方向性電磁鋼板の製造方法

  10. 【課題】板厚が0.17〜0.22mmであり、磁気特性に優れた方向性電磁鋼板の生産性を高めることが可能な方向性電磁鋼板の製造方法を提供する。【解決手段】本製造方法は、質量%で、C:0.020〜0.100%、Si:3.20〜3.70%、Mn:0.010〜0.300%、S及び/又はSe:合計で0.001〜0.050%、sol.Al:0.020〜0.028%、N:0.002〜...

    方向性電磁鋼板の製造方法

  11. 【課題】Crを含有した方向性電磁鋼板において、脱炭性を損なうことなく、より高い磁束密度を得ること。【解決手段】本発明に係る方向性電磁鋼板の製造方法において、脱炭焼鈍工程を、冷延鋼板を、室温から式(1)を満足する温度T1(℃)まで、式(2)を満足する昇温速度H1(℃/秒)で昇温する第一昇温工程と、温度T1(℃)に到達した冷延鋼板を、一旦、式(3)を満足する温度T2(℃)...

    方向性電磁鋼板の製造方法

  12. 【課題】方向性電磁鋼板の表面に、被膜密着性に優れたグラス被膜を磁気特性を損なうことなく形成すること。【解決手段】本発明に係る方向性電磁鋼板の製造方法において、脱炭焼鈍工程を、冷延鋼板を、室温から式(1)を満足する温度T1(℃)まで、式(2)を満足する昇温速度H1(℃/秒)で昇温する第一昇温工程と、温度T1(℃)に到達した前記冷延鋼板を、一旦、式(3)を満足する温度T2...

    方向性電磁鋼板の製造方法

  13. 【課題】インヒビターレスの成分系において、磁気特性に優れ、かつ被膜外観が良好で被膜密着性に優れた珪酸化物被膜をそなえる方向性電磁鋼板を提供する。【解決手段】質量%で、C:0.08%以下,Si:2.0〜8.0%、Mn:0.005〜2.0%およびCu:0.005〜0.3%を含み、かつSn:0.01〜0.20%およびP:0.02〜0.40%の少なくとも1種を含み、さらにAl...

  14. 【課題】高磁束密度かつ低鉄損で、工程生産における磁気特性の劣化が小さい方向性電磁鋼板の製造方法を提案する。【解決手段】mass%で、C:0.002〜0.10%、Si:2.0〜8.0%、Mn:0.005〜1.0%を含有する鋼素材を熱間圧延し、必要に応じて熱延板焼鈍を施した後、冷間圧延して最終板厚の冷延板とし、加熱、均熱および冷却過程からなる、一次再結晶焼鈍を兼ねた脱炭焼...

    方向性電磁鋼板の製造方法

  15. 【課題】ハイテン鋼板の内部酸化の発生を抑制することができ、酸洗の負荷を減らすことができ、生産性を向上させられる方法の提供。【解決手段】質量%で0.5%≦Si≦3.5%, 0.5%≦Mn≦5.0%, 0.5%≦Al≦5.0%,の1種又は2種以上を合計で0.5〜5.0%の範囲であり、さらに0.05〜0.8質量%のCを含有する鋼板を、熱間圧延し600〜900℃の温度範囲...

    コイル状鋼板の冷却方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、X60〜X70級の強度を有する長手方向に内外両面からサブマージアーク溶接された、低温での溶接金属部の靭性に優れた鋼管に関する。本発明の鋼管は、長手方向に内面及び外面が溶接された溶接部を有する管であって、母材の引張強度が480〜620MPaであり、溶接金属が所定の成分組成を有し、%Xが元素Xの溶接金属中の含有量を表すとき、 Pcm=%C+%...

    縦シーム溶接鋼管

  17. 【課題・解決手段】本発明は、X60〜X70級の強度を有する長手方向に内外両面からサブマージアーク溶接された、低温での溶接金属部の靭性に優れた鋼管に関する。本発明の鋼管は、長手方向に内面及び外面が溶接された溶接部を有する管であって、母材の引張強度が480〜620MPaであり、溶接金属が所定の成分組成を有し、%Xが元素Xの溶接金属中の含有量を表すとき、 Pcm=%C+%...

    縦シーム溶接鋼管

  18. 【課題・解決手段】金属を脱酸素化する方法(1300)は、固溶体中でその中に溶在する酸素を有する金属と、金属マグネシウム及び水素化マグネシウムのうち少なくとも1つと、またマグネシウム含有塩との、混合物の形成(1340)を含むことができる。本混合物を水素含有雰囲気下で脱酸素温度にてしばらくの間加熱して、脱酸素金属を形成することができる。次に、脱酸素金属を冷却することができ...

    固溶体中で、その中に溶在する酸素を有する金属を脱酸素化する方法

  19. 【課題】低いレーザパワーでも磁区制御効果を高いレーザー磁区制御用方向性電磁鋼板を提供し、低鉄損と低磁歪を高いレベルで実現した方向性電磁鋼板を実現する。【解決手段】Siを0.8質量%以上7.0質量%以下含有する鋼板と、上記鋼板の両面に設けられたグラス被膜と、両面の上記グラス被膜の表面にそれぞれ設けられた張力コーティングを備え、上記グラス被膜は、結晶質のフォルステライトを...

  20. 【課題】ノズル閉塞の発生を抑制することができる、鋼の溶製方法及び連続鋳造方法を提供すること。【解決手段】脱炭精錬処理を施した溶鋼に対して、取鍋精錬処理を施した後、脱ガス処理を施すことで2次精錬処理を行う鋼の溶製方法であって、取鍋精錬処理では、スラグ中のAl2O3濃度(mass%)に対するCaO濃度(mass%)の比であるCaO/Al2O3が、1.7以上2.3以下となる...

    鋼の溶製方法及び連続鋳造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 68