酸素ポテンシャル に関する公開一覧

酸素ポテンシャル」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「酸素ポテンシャル」の詳細情報や、「酸素ポテンシャル」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「酸素ポテンシャル」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,061件中)1/54ページ目

  1. 【課題】本発明の課題は、めっき性及び曲げ性に優れた高強度亜鉛めっき鋼板、高強度部材およびそれらの製造方法を提供することである。【解決手段】本発明の高強度亜鉛めっき鋼板は、所定の成分元素を含有し、鋼中のMn含有量に対するSi含有量の質量比(Si/Mn)が0.2以上であり、残部がFeおよび不可避的不純物からなる成分組成と、表面から板厚1/3位置までの範囲に存在する介在物の...

    高強度亜鉛めっき鋼板および高強度部材

  2. 【課題・解決手段】本発明は、炭化ケイ素からなる複数の結晶粒が互いに密集するように隣接して形成される炭化ケイ素焼結体であって、前記焼結体をなす結晶粒界面と、結晶粒界面同士が互いに会って形成される三重点には、ScおよびY元素が結晶粒の内部に固溶されずにリッチ(rich)相として存在することにより、1950℃以下の温度で焼結が可能であるとともに、EBコーティング工程なしにも...

    耐酸化層が形成された炭化ケイ素焼結体およびその製造方法

  3. 【課題】不めっきの無い美麗な表面外観を有する溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】直火型加熱炉(DFF)を含む加熱帯と、均熱帯とが隣接した焼鈍炉を備える連続溶融亜鉛めっき設備を用いた溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法において、前記直火型加熱炉は空気比1以上で操業されるDFF酸化帯と、空気比1未満で操業されるDFF還元帯とを有し、前記DFF酸化帯...

    溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法

  4. 【課題】 固体添加物の投入を制御することができる銅製錬炉の精鉱バーナ及び銅製錬炉の操業方法を提供する。【解決手段】 銅製錬炉の精鉱バーナは、銅製錬炉の反応シャフト上部に装着され、銅精鉱を含む出発原料を銅製錬炉内に投入する銅製錬炉の精鉱バーナであって、前記出発原料を前記銅製錬炉内へ投入する原料投入部と、前記原料投入部と別個に設けられ、前記出発原料に添加する固体添加物...

    銅製錬炉の精鉱バーナ及び銅製錬炉の操業方法

  5. 【課題】780MPa程度以上のハイテン鋼を連続鋳造して製造するに際し、熱間圧延の加熱炉内で発生する置き割れを防止することのできる、鋳片の置き割れ防止方法を提供する。【解決手段】連続鋳造鋳片を連続鋳造機機端で鋳片切断したのちに、表面温度が350℃以下とならない条件で、鋳片を加熱して厚み圧下を行い、鋼成分から算出されるCEQをx、圧下比をyとし、圧下比yが下記(1)式を満...

    鋳片の置き割れ防止方法

  6. 【課題】 CaOを主成分とする脱硫剤を用いて機械攪拌式脱硫方法で溶銑を脱硫処理するにあたり、CaOの融点降下を担うアルミドロスの代わりに、フッ素を含有しない、または、フッ素の含有量が極めて少ないアルミナ源を用い、且つ、フッ素原料を使用せずに溶銑の脱硫処理を実施する。【解決手段】 本発明に係る溶銑の脱硫処理方法は、機械攪拌式脱硫方法で溶銑3を脱硫処理する溶銑の脱硫処...

    溶銑の脱硫処理方法

  7. 【課題】スナウト内で発生する金属蒸気に起因する不めっきと、スナウト内の溶融金属浴面の酸化膜に起因する不めっきを共に抑制することが可能な連続溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】鋼帯を焼鈍炉で連続的に焼鈍する工程と、溶融金属を収容し溶融金属浴を形成しためっき槽に焼鈍後の前記鋼帯を連続的に供給して、前記鋼帯に亜鉛めっきを施す工程とを有する連続...

    連続溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法

  8. 【課題】磁束密度の低下を抑制して、安定してより高い磁束密度を有する鉄損の低い方向性電磁鋼板を製造すること。【解決手段】本発明に係る方向性電磁鋼板の製造方法では、所定成分の鋼を熱間圧延し、得られた熱延鋼板を焼鈍し、焼鈍後の熱延鋼板を冷間圧延し、得られた冷延鋼板を脱炭焼鈍し、得られた脱炭焼鈍鋼板に仕上げ焼鈍を施す。脱炭焼鈍工程の昇温過程では、平均昇温速度を400〜3000...

    方向性電磁鋼板の製造方法

  9. 【課題】一方向性電磁鋼板の表面に皮膜密着性に優れたグラス皮膜を磁気特性を損なわずに形成することの可能な一方向性電磁鋼板の製造方法を提供する。【解決手段】一方向性電磁鋼板の製造方法は、所定の成分を有する鋼片を1200℃以上1600℃以下の温度で加熱した後に熱間圧延し熱延鋼板を得る熱延工程と、熱延鋼板焼鈍工程と、冷延工程と、脱炭焼鈍工程と、焼鈍分離剤を前記冷延鋼板に塗布し...

  10. 【課題】母材鋼板が化学成分としてSeまたはSbを含有する一方向性電磁鋼板の表面に、皮膜密着性に優れたグラス皮膜を、磁気特性を損なわずに形成することの可能な、新規かつ改良された一方向性電磁鋼板の製造方法を提供する。【解決手段】一方向性電磁鋼板の製造方法は、所定の成分を有する鋼片を1200℃以上1600℃以下の温度で加熱した後に熱間圧延し熱延鋼板を得る熱延工程と、熱延鋼板...

  11. 【課題】発電性能の高い固体酸化物形燃料電池用セルのセル間接続部材を提供する。【解決手段】セル間接続部材1が、Fe及びCrを主成分とし、Ti,Si,Alを含む合金部材で構成される金属基材11と、金属基材11の表面に形成された、Cr2O3を主成分とし、TiO2を含む酸化物被膜13と、酸化物被膜13上に形成された、Zn,Co,Mnのうちの少なくとも2種類以上を含む導電性セラ...

    セル間接続部材、及び、固体酸化物形燃料電池用セル、及び、固体酸化物形燃料電池、及び、SOFCモノジェネレーションシステム、及び、SOFCコージェネレーションシステム

  12. 【課題】低い密度、高い強度、並びに高いめっき性(platability)及びクラッド層接着性を有する低密度溶融めっき鋼を提供する。【解決手段】低密度溶融めっき鋼は、コアに位置する鋼基板1と、表面上に位置するクラッド層3とを備える。鋼基板1とクラッド層3との間に界面層が配置され、界面層は鉄粒子層4を含み、鉄粒子層4中において、鋼基板1上に分散されて鋼基板1を覆う鉄粒子が...

    低密度溶融亜鉛めっき鋼及びその製造方法

  13. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ後処理の考慮を不要にした反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】CaF2を用いない溶銑脱硫処理であって、質量%で、CaO濃度を35〜60質量%確保し、Al2O3をCaOの0.5〜0.8倍の割合で含有し、かつ、酸化鉄濃度を6質量%以上、SiO2濃度を5質量%以下の精錬スラグを用いて溶銑温度136...

    溶銑脱硫方法

  14. 【課題・解決手段】本開示は、高マンガン鋼ベースメタルを低炭素鋼ベースメタルに接合するための溶接組成物、ならびにそのためのシステムおよび方法に関する。この組成物は、約0.1重量%〜約0.4重量%の範囲の炭素;約15重量%〜約25重量%の範囲のマンガン;約2.0重量%〜約8.0重量%の範囲のクロム;約2.0重量%以下の量のモリブデン;約10重量%以下の量のニッケル;約0....

    強化された耐摩耗性高マンガン鋼のための現場での異種金属溶接技術

  15. 【課題】直火バーナーを使用せずとも、めっき品質に優れた溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】 加熱帯と、均熱帯と、冷却帯とがこの順に配置された焼鈍炉と、前記冷却帯に隣接した溶融亜鉛めっき装置とを有するオールラジアントチューブ方式の連続溶融亜鉛めっき製造設備を用いて、溶融亜鉛めっき鋼板を製造する溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法において、前記加...

    溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法

  16. 【課題】磁気特性に優れるだけでなく、歪取焼鈍後の被膜特性にも優れる方向性電磁鋼板を提供するとともに、その製造方法を提案する。【解決手段】mass%でC:0.03〜0.08%、Si:2.5〜4.5%およびMn:0.03〜0.30%を含有する鋼素材を熱間圧延して熱延板とし、冷間圧延し、一次再結晶焼鈍を兼ねた脱炭焼鈍を施した後、鋼板表面に焼鈍分離剤を塗布し、仕上焼鈍する一連...

    方向性電磁鋼板およびその製造方法

  17. 【課題・解決手段】空気清浄機が、上流側空気流と下流側空気流との間の気体フィルタと、第1の電極と第2の電極とを有する濃度センサと、を有し、第1の電極は、上流側空気流に露出され、第2の電極は、下流側空気流に露出され、濃度センサは、第1の電極及び第2の電極における標的気体の濃度差に基づいて出力信号を供給する。上記出力信号は、気体フィルタの状態に関する情報を決定するために処理される。

    空気清浄機及び空気清浄方法

  18. 【課題】板厚中央部の引張強さが570MPa以上の高強度を有するとともに低温靭性に優れ、鋼板温度が0℃で溶接を行っても低温割れの発生がなく、さらに大入熱溶接を適用してもHAZ靭性が優れる板厚60mm以上の高張力厚鋼板を提供する。【解決手段】C:C:0.05~0.14%,Mn:0.8~1.8%,Cu:0.30~0.50%,Cr:0.30~0.60%,Nb:0.015~0....

    高張力厚鋼板およびその製造方法

  19. 【課題】溶接部靱性および高温多湿環境における溶接性に優れ、予熱フリーで溶接しても溶接割れを生じない水圧鉄管用高張力鋼板を提供する。【解決手段】C:0.04〜0.09%、Si:0.05〜0.6%、Mn:1.0〜2.5%、P:0.02%以下、S:0.001〜0.01%、Nb:0.005%未満、Al:0.003%以下、N:0.001〜0.005%、Ti:0.005〜0.03...

  20. 【課題】鉱山用などの大型産業機械の構成部材として使用される耐摩耗鋼板であっても、低温靭性およびHAZ靭性が優れる耐摩耗鋼板を提供する。【解決手段】化学組成が、質量%で、C:0.15〜0.28%、Nb:0.005〜0.035%を含有し、炭素当量Ceqが0.40〜0.75であり、CNB=[C%]/[Nb%]が6〜32であり、さらに、鋼中にTi酸化物の周囲にMnSが存在する...

    耐摩耗鋼板およびその製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 66