配策 に関する公開一覧

配策」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「配策」の詳細情報や、「配策」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「配策」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,558件中)1/178ページ目

  1. 【課題】車両運転時における広い視界の確保と、カーテンエアバッグの取付スペースの確保とを両立することができるカーテンエアバッグ装置の搭載構造を得る。【解決手段】カーテンエアバッグ46が、第2柱30に沿って収納されると共に、カーテンエアバッグ46のブラケット54が第2柱30における後方側ガーニッシュ38の下端部38Dに対応した位置に固定されている。後方側ガーニッシュ38の...

    カーテンエアバッグ装置の搭載構造

  2. 技術 ショベル

    【課題】泥土や粉塵などのモータケース内部への侵入を抑制でき、かつ、異物侵入によるカバーやモータケースの変形や固定ボルト破断を抑制できるショベルを提供する。【解決手段】ショベル100は、クローラ式の下部走行体1と、下部走行体1に搭載される上部旋回体3と、下部走行体1の駆動源である走行用油圧モータ16と、走行用油圧モータ16を内部へ収容するモータケース20と、モータケース...

    ショベル

  3. 【課題】導通不良を生じ難く、可動体のデザイン自由度を高めることが可能な可動体用電力伝送構造を提供する。【解決手段】車体11に設けられたレール部と、レール部に沿って摺動可能な摺動部と、電気部品51,55を有するとともに、摺動部に支持され、摺動部がレール部における第1の位置と第2の位置との間を摺動することによりレール部に対して相対的に移動可能な可動体と、を備えた車載装置に...

    可動体用電力伝送構造

  4. 【課題】取り付けが簡単で、しかも、コンパクトに構成できる可動体用給電構造及び余長吸収機構を提供する。【解決手段】余長吸収機構は、外周面がフラットフラット電線Wの巻き取り面81aとされた中心軸81と、中心軸81の外周に配置され、中心軸81を中心として回転自在に支持された回転体80と、回転体80をフラットフラット電線Wの巻き取り方向に付勢する渦巻きバネと、中心軸81に設け...

    可動体用給電構造及び余長吸収機構

  5. 【課題】取り付けが簡単で、しかも、コンパクトに構成できる可動体用給電構造及び余長吸収機構を提供する。【解決手段】余長吸収機構70は、外周面がフラットフラット電線Wの巻き取り面81aとされた中心軸81と、中心軸81の外周に配置され、中心軸81を中心として回転自在に支持された回転体80と、回転体80をフラットフラット電線Wの巻き取り方向に付勢する渦巻きバネ90と、中心軸8...

    可動体用給電構造及び余長吸収機構

  6. 【課題】断面積が大きい電線が車両内に長く配索されるのを抑制し、配索も容易となるワイヤハーネスの配策構造を提供する。【解決手段】車両に搭載された電源2及び負荷301〜307間を1または複数の分配器4A,4B1〜4B5を介して接続するワイヤハーネスW/Hの配策構造であって、電源2から見て最初に接続される分配器4Aが、車両のダッシュボード内またはその背後、あるいはセンターコ...

    ワイヤハーネスの配策構造

  7. 技術 建設機械

    【課題】還元剤ポンプへの熱影響を抑制しながらも、還元剤タンクの必要容量を確保することが可能な建設機械を提供する。【解決手段】エンジン321から排出される排出ガスに尿素水を噴射する噴射装置323と、尿素水タンク4と、尿素水ポンプ5と、尿素水ポンプ5と前記尿素水タンク4とを接続する給排用配管61,62と、尿素水ポンプ5と噴射装置323とを接続する尿素水供給配管60と、を備...

    建設機械

  8. 【課題】バッテリカバーの変形を抑制し、所望の被水防止性能を確保する。【解決手段】バッテリカバー20のカバー上面部21は、カバー取付状態でバッテリの上面の全域及びバッテリ端子を上方から覆う。弾性カバー部材30bは、バッテリカバーに固定され、カバー取付状態でケーブル16aの上方をケーブル16aと交叉して車幅方向に延びる。弾性カバー部材30bのうちカバー取付状態でケーブル1...

    バッテリ端子の被水防止構造

  9. 【課題】ドアの軽量化ないし低コスト化を図りつつも、簡便な構成によりその強度を確保できる斬新な乗物用ドアを提供する。【解決手段】本発明に係る乗物用ドア100は、室外意匠面を構成する樹脂製アウタパネル500と、樹脂製アウタパネル500の室内側に取り付けられ、室内意匠面を構成する樹脂製インナパネル200と、を備え、樹脂製インナパネル200は、室内意匠面を構成する樹脂製本体部...

    乗物用ドア

  10. 【課題】ドアを構成するアウタパネルとインナパネルとを簡便に着脱可能で、別途新たな組付け部材や取外し部材を必要としない、斬新な乗物用ドアを提供する。【解決手段】本発明に係る乗物用ドア100は、アウタパネル500とインナパネル200とを備え、アウタパネル500は第1アウタ側係止部53と第2アウタ側係止部63とを備え、インナパネル200は第1インナ側係止部56と第2インナ側...

    乗物用ドア

  11. 【課題】ドアの軽量化ないし低コスト化を図りつつも、ドアに機能を付加する機能部品やその付随品を適切に設置できる斬新な乗物用ドアを提供する【解決手段】本発明に係る乗物用ドア100は、アウタパネル500と、アウタパネル500の室内側に取り付けられ、当該乗物用ドアの室内意匠面を構成するインナパネル200と、当該乗物用ドアに機能を付加する機能部品30と、機能部品30を駆動するた...

    乗物用ドア

  12. 技術 建設機械

    【課題】SCR装置13を用いた排気ガス浄化装置20を備える建設機械において、メンテナンスの手間を増大させることなく、尿素水タンク25内における尿素水濃度の測定精度の低下を、高い確度で抑える。【解決手段】還元剤を貯留する貯留タンクと、貯留タンク内の還元剤を排気ガスに噴射する噴射器と、噴射器に還元剤を圧送配管を介して圧送するポンプ27と、貯留タンク内に配置されて還元剤の濃...

    建設機械

  13. 【課題】作業者が扱胴の周囲における穀稈の詰まり箇所を視認しながら操作部材を操作可能であり、かつ、手扱ぎ作業時に穀稈詰まりが発生した際に操作部材を容易に操作可能なコンバインが要望されている。【解決手段】コンバインに、扱胴を支持すると共に上下揺動可能な扱胴フレームと、扱胴フレームを上方に揺動させるシリンダと、シリンダを操作する操作スイッチ62と、が備えられている。操作スイ...

    コンバイン

  14. 【課題・解決手段】軽量化した配線モジュールを提供する。配線モジュールは、蓄電装置から電気機器へ電力を供給する扁平な導電体からなる導体板を有する車載用の配線モジュールである。配線モジュールは扁平な導電性の第1導体板と、扁平な導電性の第2導体板と、導電性の第1連結部材とを備える。第1導体板は第1断面積を有する。第2導体板は第1断面積よりも小さい第2断面積を有し、第1導体板...

    配線モジュール

  15. 【課題・解決手段】柔軟性と省スペース性を両立することができる電線導体、およびそのような電線導体を備えた被覆電線ならびにワイヤーハーネスを提供する。複数の素線1を撚り合わせた撚線よりなり、撚線の軸線方向に交差する断面が、扁平形状よりなる扁平部を有する電線導体10とする。扁平部の断面において、素線に占められていない空隙の割合である空隙率を、17%以上とする。また、そのよう...

    電線導体、被覆電線、ワイヤーハーネス

  16. 技術 草刈機

    【課題】操縦ハンドルによる操作性を向上させることができる草刈機を提供すること。【解決手段】草刈機は、機体と、機体幅方向の一方側に配置された第1草刈部と、機体幅方向の他方側に配置された第2草刈部と、前記第1草刈部の後方に配置された後輪と、前記第1草刈部の前方に配置された第1前輪と、前記第2草刈部の前方に配置された第2前輪と、前記第1草刈部の後方に延設された操縦ハンドルと...

    草刈機

  17. 技術 草刈機

    【課題】アクセルレバーが伝達位置にあるときに刈刃クラッチレバーの動きを規制することができる草刈機を提供すること。【解決手段】草刈機は、原動機と、前記原動機の動力により駆動する走行輪と、前記原動機の動力により回転する刈刃と、前記原動機から前記刈刃への動力を伝達又は遮断する刈刃クラッチと、前記刈刃クラッチを伝達状態とする第1位置と遮断状態とする第2位置とに切り換え操作可能...

    草刈機

  18. 技術 草刈機

    【課題】重心位置を適切に配置することにより操作性を向上させることができる草刈機を提供すること。【解決手段】草刈機は、機体と、前記機体に搭載され且つ下向きに延びる出力軸を有する原動機と、機体幅方向の一方側に配置された第1草刈部と、機体幅方向の他方側に配置された第2草刈部と、前記第1草刈部の後方に配置された後輪と、前記第1草刈部の前方に配置された第1前輪と、前記第2草刈部...

    草刈機

  19. 技術 草刈機

    【課題】前輪及び当該前輪の支持機構を改良することによって、部品点数の削減及びメンテナンス性の向上を図ることができる草刈機を提供すること。【解決手段】草刈機は、機体と、機体幅方向の一方側に配置された第1草刈部と、機体幅方向の他方側に配置され且つ前後方向に延びるヒンジ軸心回りに前記第1草刈部に対して揺動可能な第2草刈部と、前記第1草刈部の前方に配置された第1前輪と、前記第...

    草刈機

  20. 技術 草刈機

    【課題】刈刃の回転軸に対する草の巻き付きを防ぎながら、刈刃が石等に当たって後退側に移動したときに他の部材を傷付けることも防止できる草刈機を提供すること。【解決手段】草刈機は、縦軸回りに回転する回転軸と、前記回転軸に取り付けられ且つ前記回転軸の径外方向に延設された支持体と、前記支持体に対して縦軸回りに揺動可能に枢支された基端部と、前記支持体から突出する先端部と、を有する...

    草刈機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 178