部分縦断正面図 に関する公開一覧

部分縦断正面図」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「部分縦断正面図」の詳細情報や、「部分縦断正面図」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「部分縦断正面図」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(607件中)3/31ページ目

  1. 【課題】 左右両側に配置した一対の脚体で、前後に配置した2つの天板がそれぞれ独立して高さ調節可能に支持された昇降天板付きデスク装置において、天板を高さ調節可能に支持する伸縮脚を備えた脚体の剛性を高めるとともに、構成部品をコンパクトにして部品管理や搬送のコスト低減化を図ることが可能な昇降天板付きデスク装置を提供する。【解決手段】 脚体1は、床面に配置する脚ユニット4...

    昇降天板付きデスク装置

  2. 【課題】天井部の切妻を伝わり流れ落ちる結露水が側壁からの流出を防止することができるオープントップコンテナの天蓋装置を提供する。【解決手段】切妻屋根型ソフトトップの内側に垂れ膜による水切りインナーをソフトトップ開閉方向に沿って設けた。

    オープントップコンテナの天蓋装置

  3. 【課題】 新設若しくは既設の間仕切パネルに限らず、安価で簡単な施工によって耐震性を付与することが可能である間仕切パネルのパネル板脱落防止装置を提供する。【解決手段】 地レールと天レール間に所定間隔毎に複数の支柱を立設し、隣接する支柱間に係止金具を用いてパネル板を係止し、隣接するパネル板間に底部に前記支柱が露出した目地溝を有する間仕切パネルであって、パネル板の面内変...

    間仕切パネルのパネル板脱落防止装置

  4. 【課題】 耐震性能が不足している吊り天井構造体とフロア構造体との間に設置し、地震時における吊り天井構造体の振動を抑制して該吊り天井構造体の損壊を防止する機能を備えた吊り天井構造体の制振装置を提供する。【解決手段】 パネル構造体3は、吊り天井構造体1に取付けた天レール4とフロア構造体2に取付けた地レール5との間に所定間隔を隔てて立設した一対の支柱6間の表裏両面にそれ...

    吊り天井構造体の制振装置及び耐震性間仕切装置

  5. 【課題】ドラムが支持された操作軸を軸線回りに回転させ、前記ドラムに形成された案内溝によってシフトフォーク及びスライダーを軸線方向へ移動させて、前記スライダーを対応する変速ギヤに凹凸係合させることで変速動作を行うドラム型変速機構において、前記操作軸に対する人為変速操作を可及的速やかに完了可能とする。【解決手段】スライダーが第1変速部材に近接する側である軸線方向第1側へド...

    ドラム型変速機構

  6. 【課題】停電の際にも確実に利用でき、門型のスタンド等を不要にして違和感や圧迫感を与えることをなくし、ピット工事を不要にして設置コストを低減できるとともに、製造コストが低くスペース効率が高い段差解消昇降装置を提供する。【解決手段】床面Fに設置される基体2、被昇降体Aが載る平坦部が形成されるとともに、基体2のガイド部材Gに案内されて昇降する昇降部材3、前記平坦部の左右に位...

    段差解消昇降装置

  7. 【課題】 立設した支柱に係止具を用いてパネル板を形成する基本構造はそのままで必要最小限の変更を加えることで、一般的な地震振動は勿論、長周期の地震振動によってもパネル板が支柱から外れることがない耐震性間仕切装置におけるパネル板係止装置を提供する。【解決手段】 所定間隔で立設した支柱6の表面側に形成した係止孔21に係止具8を係止するとともに、パネル板の両側裏板部に形成...

    耐震性間仕切装置におけるパネル板係止装置

  8. 【課題】 所定間隔で立設した支柱の表面側に形成した係止孔に係止具を係止するとともに、パネル板の両側裏板部に形成した係合孔を前記係止具に係合してなる耐震性間仕切装置において、支柱を利用して他の間仕切パネルを直角に連結する構造において、地震時のパネル板の上下変位を許容してパネル板のせり上がりを防止することが可能な耐震性間仕切装置における連結装置を提供する。【解決手段】 ...

    耐震性間仕切装置における連結装置

  9. 【課題】風力利用による発電装置及び蓄圧装置を提供する。【解決手段】円錐面をなす採風板Aの頂点寄りを送風孔としフランジ12を付設し弁蝶着環40を重合し,支柱P上端の直円筒Tに支承台Uを載設し直円筒Tに嵌挿の回動筒Rの側面に透孔11を穿設し,該送風孔17のフランジ12と回動筒Rの透孔11周縁に送風管Y上下端のフランジ12を其々螺着し支承板U1を採風板A下面の風切環A1に近...

    風の充填動力化装置

  10. 【課題】 必要部品をユニット化して移動棚の台車枠に外側から簡単な作業で取付けることができ、また安全バーの動作が安定であるとともに、安全バーが作動した後の復帰が確実であり、更に操作ピンのストロークが短い小型のリミットスイッチを用いてコストダウンを図れる電動式移動棚の安全バー装置を提供する。【解決手段】 隣接する移動棚の間に作業通路を形成し、作業通路に面する移動棚の台...

    電動式移動棚の安全バー装置

  11. 【課題】栓を容器体にねじ込む際、栓パッキンの弾性反発による振動音や、手に伝わる不快な振動の発生を抑える。【解決手段】栓リング4と、栓リング4に着脱される栓本体5と、栓本体5に着脱される栓パッキン6とを備える。栓リング4のねじ山8aを容器体1のねじ山9aにねじ込むことによって栓2が容器体1に取り付けられ、そのねじ込みの間に栓パッキン6が容器体1の口部3内周に押し付けられ...

    栓及び飲食物容器

  12. 【課題】簡単な構成で、充填装置によって押圧される攪拌槽内の混合材の表面を平滑にすることができ、もって、鋳型を精度よく成形することができる装置と方法を提供する。【解決手段】造型装置は、攪拌槽1および攪拌羽根2を備え粒子状骨材と添加材とを攪拌して混合材Mとする攪拌装置3と、混合材Mを所定形状に成形する成形型4と、攪拌槽1内の混合材Mの表面を押圧して成形型4に充填させる充填...

    造型装置および造型方法

  13. 【課題】ベルト式動力伝達装置が密閉空間に配設されている場合において、密閉空間を分解せずに、ベルトの摩耗状態を検出可能とすること。【解決手段】ベルトの摩耗検出装置Aは、密閉空間Rに配設されているベルト式動力伝達装置30にて、ベルト式動力伝達装置30におけるベルト33の摩耗粉を密閉空間R内にて補足する補足手段(受け部41)と、この補足手段により補足される摩耗粉の補足量を検...

    ベルト式動力伝達装置におけるベルトの摩耗検出装置

  14. 技術 アンカー

    【課題】杭本体の下端に連結されるアンカーにおいて、拡翼の構造強度の向上を図るとともに、拡翼の幅方向の寸法および長さ寸法を拡大したアンカーを提供する。【解決手段】アンカーは、円管状の拡翼管2と、拡翼管2に収容される一対の拡翼3・3と、拡翼3を変位操作する拡開構造4とを備える。拡翼管2の対向周面に両拡翼3を地中へ向かって進出案内する一対の開口7・7を形成する。拡翼3の翼本...

    アンカー

  15. 【課題】歯付ベルトのベルト歯底部と歯付プーリのプーリ歯先部との衝突による作動音の低減と、歯付ベルトの引っ張り強度確保の両立を図ること。【解決手段】歯付ベルト33は、ベルト歯部331を備えるとともに、ベルト背部332を備えていて、ベルト背部332のベルト歯部側部位中にベルト長手方向に沿って延びる芯線333,334が埋設されている。芯線333,334は、ベルト歯部側に配設...

    動力伝達用の歯付ベルトおよび動力伝達装置

  16. 技術 安全弁

    【課題】安全弁の作動時におけるメンブレンシートの破裂を防止する。【解決手段】弁体1の下方に張ったメンブレンシート2の中央孔から下方に突き出る取付軸3と、メンブレンシート2を下から支えるように取付軸3に固定されるシート支持部4と、取付軸3に固定される延長部材26とを備える。延長部材26は、取付軸3の外径面に形成された雄ねじ部18にねじ込む袋ナットからなる。延長部材26の...

    安全弁

  17. 【課題】 立設した支柱に係止具を用いてパネル板を形成する通常構造の間仕切パネルにおいて、基本構造はそのままで必要最小限の変更を加えることで、一般的な地震振動は勿論、長周期の地震振動によってもパネル板が支柱から外れることがない耐震性間仕切パネルを提供する。【解決手段】 係止具は、支柱の係止孔に挿入する第1係止片と、パネル板の係合孔に挿入する第2係止片とを備え、これら...

    耐震性間仕切パネル

  18. 【課題】クレーンに対するグラブバケットの着脱作業の手間を省いて、水中捨石基礎の構築作業の迅速化に貢献できるとともに、グラブバケットの載置領域の省スペース化に貢献できる、バケット装着具を提供する。【解決手段】バケット装着具30は、グラブバケット1が載置される載置台31と、載置台31とグラブバケット1との連結を担う連結具32と、載置台31の下端に固定された底板33とを備え...

    バケット装着具

  19. 【課題】座部に取付けた背凭れ杆によって背凭れ部を支持してなる椅子において、背凭れ部を軽量な金属パイプで作製した背凭れ杆の上端部に応力を分散させて強固に取付けることができるとともに、加工工数が少なく、耐久性にも優れ、コスト低減化に寄与する椅子の背凭れ取付装置を提供する。【解決手段】背凭れ杆4は、金属丸パイプで作製し、その立上り部43の先端をプレス成形して偏平な固定板45...

    椅子の背凭れ取付装置

  20. 【課題】 同じ屋根面に共存するケースが多い同じ外装材同士および異なる外装材の組み合わせからなる外装構造における外装材の軒棟方向の接続用にメイン部品として使えて共用可能である外装構築用支持部材を提供する。【解決手段】屋根下地上に取付け可能な固定部1aと、太陽電池モジュールの棟側端部または屋根材等の外装材の棟側を載置可能またはこれらが保持部材を介して取付け可能な載置部1...

    外装構築用支持部材

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 31