送信周波数 に関する公開一覧

送信周波数」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「送信周波数」の詳細情報や、「送信周波数」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「送信周波数」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(15,744件中)6/788ページ目

  1. 【課題】信号を二重化するための装置を提供する。【解決手段】二重化装置を用いるワイヤレス通信デバイス100は、インピーダンス設定値と対応するキャリブレーション測定値の参照情報を含む。プロセッサ128は、可変インピーダンス130を第1のインピーダンス設定値に設定し、ハイブリッド回路114の出力ノード116で、第1の信号を測定する。次に、プロセッサ128は、第2のインピーダ...

    信号を二重化するための装置、ワイヤレス通信デバイス、および信号を二重化する方法

  2. 【課題】受信装置におけるチャネル推定の推定精度の向上を図る。【解決手段】第1と第2のベースバンド信号に対して所定の行列Fに応じた重み付け合成を行い、その結果の第1と第2の重み付け合成信号にパワー変更を行い、その結果の第1と第2のパワー変更後の信号の少なくとも一方に位相変更を行い、少なくとも一方に位相変更が行われている第1と第2のパワー変更後の信号は互いに同一の周波数か...

    信号生成方法及び信号生成装置

  3. 【課題】過帯域となるべき周波数において、主としてバルク波を要因とする複数のスプリアスを低減するSAW素子(弾性表面波素子)を提供する。【解決手段】SAW素子1は、圧電基板7と、該圧電基板の下面に貼り合わされている支持基板9からなる貼り合わせ基板3と、圧電基板の上面上に位置しているIDT電極11及び反射器13とを有している。IDT電極を含む共振子5の共振周波数および反共...

    弾性表面波素子

  4. 【課題】超音波診断の操作の位置情報に応じて、超音波診断における操作性を高めることである。【解決手段】超音波診断装置Uは、超音波を送受信する超音波探触子2と、操作入力を受け付けるコントロールパネル101及びタッチパネル107bと、を備え、超音波探触子2により送受信された超音波の受信信号から超音波画像を生成する。超音波診断装置Uは、タッチパネル107bを基準とする超音波探...

    超音波診断装置

  5. 【課題】様々な周波数帯域において、画像生成に寄与しない周波数帯域の駆動信号の強度を抑制することができる超音波診断装置を提供する。【解決手段】超音波の送受信を行う振動子2aに対して駆動信号を送信する超音波診断装置100であって、所定の周波数帯域に含まれる超音波の送信波形を生成する送受信ビームフォーマー117(波形生成部)と、送信波形に基づいて、振動子2aを駆動させる駆動...

    超音波診断装置

  6. 【課題】検出した物体の識別情報を認識するソナー装置を提供する。【解決手段】ソナー装置は、自装置が出力した探信音に対する識別信号音または自装置が出力した質問信号音に対する応答信号音を検出し、前記識別信号音に含まれる識別信号または前記応答信号音に含まれる応答信号に基づいて、前記識別信号音または前記応答信号音を出力した物体を識別する。

    ソナー装置、応答装置、識別システム、識別方法、応答方法及びプログラム

  7. 【課題】小型化を可能とする。【解決手段】第1から第6アンテナ端子と、高周波回路側の複数の端子と、の間で信号の送受信を行う高周波信号送受信回路であって、第1から第6アンテナ端子に夫々接続される第1から第6回路を含み、第1から第6回路の内の1つの回路は、時分割多重通信の信号の送受信だけを行う。

    高周波信号送受信回路

  8. 【課題】小型化を可能とする。【解決手段】第1から第4アンテナ端子に夫々接続される第1から第4回路を含み、第1から第4回路の各々は、TDD及びFDDの信号の送受信を行い、第1から第4回路は、MIMOの信号の送受信を行い、第3回路は、衛星測位システムの信号の受信を行い、第3回路及び第4回路が受信する信号の周波数の下限は、第1回路及び第2回路が受信する信号の周波数の下限よりも高い。

    高周波信号送受信回路

  9. 【課題・解決手段】直流電圧源と抵抗と蓄積容量とが接続された回路部と、回路部により得られた電圧を検出する電圧検出回路と、電圧検出回路が検出した電圧が閾値電圧に達することで、予め設定された識別信号を無線送信する無線送信回路とを備える。そして、直流電圧源の電圧値と、抵抗の抵抗値と、蓄積容量の容量値と、電圧検出回路が検出する閾値との少なくともいずれか1つの値が、検出した物理量...

    無線センサ装置及び無線センサシステム

  10. 【課題・解決手段】行コンダクタと列コンダクタであって、行コンダクタの経路が列コンダクタの経路と交差するように配置された行コンダクタと列コンダクタ、および各行に関連付けられた信号エミッタであって、各行コンダクタ上に初位相および特定周波数を有する信号を送信するのに適した信号エミッタ、および列コンダクタ上に存在する信号を受信するために各列に関連付けられた受信器、を有する周波...

    周波数分割変調タッチシステムにおける信号検知

  11. 【課題】本発明は、乗員の快適性を確保する走行経路を設定することができる移動体制御システムを提供する。【解決手段】本発明の移動体制御システムは、移動体(102)に搭載される撮像手段(208)と、前記移動体(102)を所定の走行経路に沿って誘導する滑らかな仮想線を前記撮像手段(208)による撮像画像に基づいて生成する仮想線生成手段(380)と、前記仮想線に沿って前記移動体...

    移動体制御システム、移動体及び移動体制御方法

  12. 【課題・解決手段】本発明は、いずれか一つのコイルアンテナでは定められた周波数のRF信号を出力し、残りの一つのコイルアンテナでは媒質を通じて伝達される周波数(RF)誘導電流信号を受信して信号の強度差を検出し、この周波数の信号強度を、各周波数別信号の強度を基準として媒質状態によりあらかじめ測定して制御器に保存しておいた各周波数別信号の強度比較表と比較して電気伝導度および不...

    RF信号を利用した非接触方式の電気伝導度および不導体の誘電率特性変化測定装置

  13. 【課題】データを送受信する方法及び装置を提供する。【解決手段】本発明の一実施例による可変周波数帯域を使用するMIMOシステムにおける送信端末が受信端末にデータを送信する方法は、前記データフレームの送信に適用される周波数帯域に応じて繰り返してシグナルフィールドを生成するステップ;前記データを含むデータフィールドを生成するステップ;前記シグナルフィールド及び前記データフィ...

    無線通信方法、無線通信装置、およびステーション用の通信装置

  14. 【課題】超音波プローブを接続する超音波診断装置によらず、超音波プローブのユーザが容易に設定項目を設定することができるよう支援すること。【解決手段】実施形態に係る超音波診断装置は、取得部と、設定部とを備える。取得部は、ユーザに関連付けて設定値により構成されるプリセット情報を記憶した記憶部を有する超音波プローブとデータ送受信可能に接続されると、超音波プローブの記憶部に記憶...

    超音波診断装置および超音波プローブ

  15. 【課題】ドップラシフト量が微小である場合、音の高さの変化を判断できないおそれがある、という問題を解決する信号処理装置、信号処理方法、プログラムを提供する。【解決手段】信号処理装置は、出力した聴音信号に応じた反響音を処理する信号処理装置であって、反響音のドップラシフト量を増大するドップラシフト量増大部を有するという構成をとる。

    信号処理装置、信号処理方法、プログラム

  16. 【課題・解決手段】生産動物及びペットを含む動物を追跡するためのシステム及び方法を開示する。このシステム及び方法は、一般に少なくとも1つの近距離無線通信(NFC)タグを有する、動物に取り付けられるタグシステムを含むことができる。タグシステムは、少なくともNFCタグと無線個体識別(RFID)タグとを含む。NFCタグについては、NFCリーダアプリケーションソフトを実行する携...

    シングル又はデュアルテクノロジー動物タグ及びシステム、並びにその使用方法

  17. 【課題】固有ベクトルを用いた適応型MTIフィルタにより血流情報を映像化した画像の画質を向上させること。【解決手段】実施形態の超音波診断装置は、相関行列計算部と、計算部と、画像生成部と、制御部とを備える。相関行列計算部は、複数の走査線で形成される走査範囲での超音波送受信により時間方向における複数フレームで収集された反射波データに基づいて、前記複数の走査線それぞれにおいて...

    超音波診断装置、画像処理装置及び画像処理方法

  18. 【課題】 超音波センサの測距応答性を速くし、かつ小型の測距用超音波センサを提供すること。【解決手段】 超音波を用いて測定対象物との距離を測定する超音波センサであって、複数の周波数信号を生成させる周波数信号生成部と、前記複数の周波数信号に基づいて複数周波数の超音波を発生させると共に、前記複数周波数の超音波に対応した前記測定対象物からの複数の反射波を受信して、複数の受...

    超音波センサ

  19. 【課題】CFM法において画質を向上させること。【解決手段】実施形態の超音波診断装置は、飽和推定部と、制御部とを備える。飽和推定部は、同一走査線において超音波を送信することで発生した反射波信号を用いた整相加算処理により生成される反射波データの強度に応じて、前記整相加算処理前の反射波信号の飽和を推定し、推定した結果を出力する。制御部は、前記推定した結果に基づくデータを表示...

    超音波診断装置、医用画像処理装置及びそのプログラム

  20. 【課題】CFM法において画質を向上させること。【解決手段】実施形態の超音波診断装置は、飽和推定部と、制御部とを備える。飽和推定部は、同一走査線において超音波を送信することで発生した反射波信号を用いた整相加算処理により生成される反射波データの集合であるデータ列における信号とノイズとの関係から前記整相加算処理前の反射波信号の飽和の度合いを推定し、推定した結果を出力する。制...

    超音波診断装置、医用画像処理装置及びそのプログラム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 788