送信周波数 に関する公開一覧

送信周波数」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「送信周波数」の詳細情報や、「送信周波数」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「送信周波数」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(15,744件中)4/788ページ目

  1. 【課題】パノラマ画像を生成する際の超音波プローブの移動操作を支援できる超音波診断装置、超音波診断方法及びプログラムを提供する。【解決手段】超音波診断装置は、超音波プローブによって得られた受信信号から超音波画像を生成する超音波画像生成部と、超音波プローブを移動させながら連続的に取得された複数の前記超音波画像をつなぎ合わせてパノラマ画像を生成するパノラマ画像生成部と、超音...

    超音波診断装置、超音波診断方法及びプログラム

  2. 【課題】 送信信号の周り込みを抑圧して受信NFの劣化を抑えつつ、送信中もレーダ観測を行うことができるようにする。【解決手段】 一実施形態に係るパルス圧縮レーダ装置は、パルス圧縮用の変調を施したパルス信号を周波数変換して出力される送信信号とカップリングして送信カップリング信号を取得し、前記送信信号を送信して観測対象から反射される信号の受信信号とカップリングして受信カ...

    パルス圧縮レーダ装置及びそのレーダ信号処理方法

  3. 【課題】より高画質化できる超音波探触子および当該超音波探触子を有する超音波診断装置を提供すること。【解決手段】超音波を送受信するための圧電素子と、前記圧電素子の被検体側に配置された1層または複数層の音響整合層と、前記圧電素子に電圧を印加するための導体層と、が積層された積層体を有する超音波探触子であって、前記導体層は、前記圧電素子と前記音響整合層との間、または複数層の前...

    超音波探触子および超音波診断装置

  4. 【課題】各地上局が複数の地上局アンテナを使用して複数の周波数で車上局と通信する無線通信システムにおいて、周波数利用効率を向上させる。【解決手段】地上局アンテナ300−1、300−2は送信周波数f1、f2で車上局400と通信できる。車上局400が地上局アンテナ300−1の通信エリアの内部に存在し、地上局アンテナ300−2の通信エリアの内部に存在しない場合に、地上局アンテ...

    地上局、車上局および無線通信システム

  5. 【課題】親局と子局との間で情報を通信するシステムにおいて、通信装置のメモリ消費量を軽減させる。【解決手段】データ収集装置2では、存在情報受信部21が、センサ端末3から存在情報を受信し、接続制御部22が、当該存在情報に基づいてセンサ端末と接続し、センサ端末からのデータ受信タイミングを示す情報を設定し、センサ端末との接続を切断する。そして、データ受信部23は、センサ端末か...

    通信装置および通信システム

  6. 【課題】多様な機器で通信を可能とする送信機を提供する。【解決手段】送信機7046aは、照明板と、その照明板の背面側から光を照射する光源と、その光源の輝度を変化させるマイクロコントローラと、を備え、マイクロコントローラは、光源を輝度変化させることにより、その光源から照明板を介して第1の識別情報を送信し、照明板の前面側に2次元バーコード7046cが配置されており、2次元バ...

    送信機、プログラム、制御方法、および情報通信装置

  7. 【課題】 他の無線アクセスシステムとの共存を達成しつつ、高い周波数利用効率を実現することが可能な基地局装置、端末装置及び通信方法を提供すること。【解決手段】 キャリアセンスによりチャネル占有時間を確保するキャリアセンス部と、前記チャネル占有時間内で1又は複数のサブフレームを送信する送信部と、を備え、前記送信部は、アンライセンスバンドのみで前記端末装置と通信する場合...

    基地局装置、端末装置および通信方法

  8. 【課題】物標に対する追従性を向上させるレーダ装置および物標検出方法を提供すること。【解決手段】実施形態に係るレーダ装置は、検出部と、割り当て部とを備える。検出部は、物標に対して電波を送信し、物標において反射された電波を受信して瞬時データを検出する。割り当て部は、瞬時データを物標の予測データに割り当てて物標の連続性をとる。また、割り当て部は、瞬時データの速度と、予測デー...

    レーダ装置および物標検出方法

  9. 【課題】物標に対する応答性を向上させることができる物標検出装置および物標検出方法を提供すること。【解決手段】物標検出装置1は、生成部32aと、算出部と、推定部323bとを備える。生成部は、送信した電波が物標で反射した複数の反射点それぞれについて、物標の自車両への向きの相対速度を含む瞬時データを生成する。算出部は、生成部によって生成された瞬時データの相対速度と自車両の速...

    物標検出装置および物標検出方法

  10. 【課題】物標データの連続性を適切に保つこと。【解決手段】実施形態に係るレーダ装置は、生成部と、フィルタ処理部とを備える。生成部は、送信波が物標で反射した反射波に基づいて物標に対応する瞬時データを生成する。フィルタ処理部は、生成部によって生成された瞬時データを物標に対応する過去の物標データから予測される予測データへ割り当てる。また、フィルタ処理部は、自車両が走行する路面...

    レーダ装置および物標データ割当方法

  11. 【課題】物標の形状を正しく認識させること。【解決手段】レーダ装置は、生成部33と、フィルタ処理部34と、出力部35とを備える。生成部は、送信波が物標で反射した反射波に基づいて物標に対応する瞬時データを生成する。フィルタ処理部は、生成部によって生成された瞬時データに基づいて物標毎の代表データを生成する。出力部は、フィルタ処理部によって生成された代表データに対して、当該代...

    レーダ装置および物標データ出力方法

  12. 【課題】受信側からフィードバックされる受信状況のモニタリング結果等を用いるリアルタイムフィードバック手法を取らずに、天候に応じた減衰分のマージンを有効に活用して高速大容量のデータ通信を実現すること。【解決手段】通信装置10は、人工衛星に搭載される。通信装置10は、送信方式の制御パラメータである変調方式が可変可能で、無線通信により受信局3にデータを送信する送信部20と、...

    通信装置、通信方法及びプログラム

  13. 【課題】ユーザに被検体の各種の状態を容易に判断させることが可能な情報を生成すること。【解決手段】実施形態の解析装置は、取得部と、解析部とを備える。取得部は、血管に形成された解析対象内の血流が描出された時系列のドプラ画像データを取得する。解析部は、前記時系列のドプラ画像データを解析し、前記解析対象内の前記血流を含む第1関心領域内の第1血流信号強度の時間変化に基づく指標値...

    解析装置及びプログラム

  14. 【課題】摂取可能な識別子。【解決手段】制御デバイスと、制御デバイスに結合されたドライバ回路とを有する電子デバイスが提供される。ドライバ回路はコンダクタンスを変えるように構成される。部分的電源が制御デバイスに結合され、部分的電源が導電性流体と接触している結果として制御デバイスおよびドライバ回路に電位差を提供するように構成される。部分的電源は、制御デバイスに電気的に結合さ...

    摂取可能なイベント・マーカの電磁気的感知および検出

  15. 【課題】操作性を向上させること。【解決手段】本実施形態に係る超音波診断装置1は、入力部と、検知部と、変更部とを有する。前記入力部は、超音波の送受信と超音波画像とのうち少なくとも一つに関するパラメータの調整を、長押し操作により入力する。前記検知部は、前記長押し操作において操作者が所望する反応時間と前記長押し操作における長押しの判定に関する判定時間との乖離を検知する。前記...

    超音波診断装置および判定時間短縮プログラム

  16. 【課題】雲の種類を精度良く判別することができる気象解析装置、気象解析方法、およびプログラムを提供することである。【解決手段】実施形態の気象解析装置は、取得部と、判定部と、提供部とを持つ。取得部は、レーダ装置によって得られた気象観測データを取得する。判定部は、前記気象観測データが入力されると、雲の種類を示す情報を出力するように学習された分類器に対して、前記取得部により取...

    気象解析装置、気象解析方法、およびプログラム

  17. 【課題】第1の画像に基づいて、生成予定の第2の画像を収集するための適切な撮像条件を提供すること。【解決手段】実施形態に係る診断支援装置は、画像取得手段と、決定手段とを備える。画像取得手段は、第1のモダリティ装置によって撮像された被検体の第1の画像を取得する。決定手段は、画像取得手段により取得された第1の画像から、第2のモダリティ装置により被検体の第2の画像を生成するた...

    診断支援装置及び診断支援システム

  18. 【課題】簡便に医用情報を提供することである。【解決手段】実施形態に係る医用システムは、医用装置と、第1端末とを含む。医用装置は、医用情報を保持する。第1端末は、前記医用装置と前記医用情報を送受信可能に通信接続し、アクセスポイントの機能を有し、前記アクセスポイントの識別情報を含む第1コードを表示する。前記第1端末は、前記第1コードを読み取った第2端末と医用情報を送受信可...

    医用システム及び医用情報の転送方法

  19. 【課題】超音波探触子の表面温度を容易かつ精度よく予測することである。【解決手段】PC4は、超音波診断装置100で接続された超音波探触子2を一の画像モードで、且つ非走査状態で駆動した場合の超音波探触子2の表面温度を撮像するサーモカメラ部5から非走査状態の熱画像データを取得する。PC4は、前記画像モードの走査状態での走査幅を取得し、取得された非走査状態の熱画像データから、...

    情報処理装置、超音波探触子温度予測システム、超音波診断装置及び超音波探触子の温度予測方法

  20. 【課題】軌道回路を利用しないでレール破断を検知するレール破断検知装置を提供する。【解決手段】レール破断検知装置100は、複数の送信器110a〜110jと、一つの受信器120とを備えており、送信器110a〜110j及び受信器120はそれぞれ、破断検知対象となるレール1の異なる位置に接続される。各送信器110a〜110jは、それぞれ異なる周波数の信号をレール1に対して送信...

    レール破断検知装置

    • 公開日:2019/12/05
    • 出願人: 中村英夫 、...
    • 発明者: 中村英夫 、...
    • 公開番号:2019-207178号
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 788