軸受支 に関する公開一覧

軸受支」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「軸受支」の詳細情報や、「軸受支」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「軸受支」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,000件中)1/50ページ目

  1. 【課題】ステアリングホイールの上下方向位置を調整するにあたって、ホイール面の角度が変化しないように考慮されたステアリングコラム装置を提供する。【解決手段】取付ブラケット2を母体とする駆動ユニット1に対し、X字状配置の第1リンク部材4と第2リンク部材5を介して、ステアリングジャケット3を吊り下げ支持する。双方のリンク部材4,5の動きが長穴26,27とピン28により規制さ...

    電動調整式ステアリングコラム装置

  2. 【課題】運転者の意志通りのステアリングホイールの位置調整を可能とした車両用ステアリングコラム装置を提供する。【解決手段】ステアリングホイールの位置調整方向として運転者によりステアリングホイールに加えられた上下方向および前後方向の荷重を、ステアリングジャケットに付帯している上下方向および前後方向の圧力センサ54,56で検出し、調整制御装置66の主演算機能部67に取り込む...

    車両用ステアリングコラム装置

  3. 【課題】極めて簡単な構造によって、人が入りにくい場所であっても、液面高さの管理下限高さ及び管理上限高さの異常の有無を容易に検知することができる液面検知装置を提供すること。【解決手段】液面検知装置1は、管理下限高さW1の位置に羽根22の最下端位置221を合わせた下限用水車2と、管理上限高さW2の位置に羽根32の最下端位置321を合わせた上限用水車3とを有している。液面検...

    液面検知装置

  4. 技術 送風機

    【課題】 放熱効果を向上させ、ケーシングの変形を防止した送風機を提供する。【解決手段】 モータベース部11と、前記モータベース部11の中央部から立設して延在する軸受支持部12と、前記軸受支持部12の周りに設けられるモータ部15と、前記モータ部15の周りに設けられるインペラ31と、前記モータベース部11の周縁部から径方向に延在するスポーク部32と、前記スポーク部32...

    送風機

  5. 【課題】この発明は、冷却水温度が低い場合、エンジン本体内の冷却水の温度上昇を早め、エンジン本体によって奪われる熱損失を防止し、燃費向上することを目的とする。【解決手段】この発明は、車両用ウォータポンプにおいて、軸方向両端部にプーリとインペラとを取り付けた回転軸は、インペラと結合する第1回転軸と、プーリと結合する第2回転軸とを有し、第1回転軸に熱膨張体を収容する温度感知...

    車両用ウォータポンプ

  6. 【課題】本発明は、省エネで、かつ、効率のよいモータの冷却構造を実現することを課題とする。【解決手段】冷媒が封入された密閉ケースと、液体状態の冷媒にステータの電磁振動を伝達する振動伝達手段と、を備え、冷媒は、ステータのコイルからの熱を受けて気化し、所定の放熱部で放熱して液化し、密閉ケース内を循環することを特徴とする。

    モータの冷却構造

  7. 【課題・解決手段】エンジンと第1電動機と第2電動機とを備えた車両用駆動装置であって、良好な車両搭載性を確保し易い車両用駆動装置を提供する。第1軸心の動力を出力する第1出力歯車20の外周歯20aと、その外周歯20aからの動力が入力される第2軸心上の第2入力歯車24の外周歯24aと、第2軸心の動力を出力する第2出力歯車26の外周歯26aと、その外周歯26aからの動力が入力...

    車両用駆動装置

  8. 【課題】振動を抑制できるファンモータを提供する。【解決手段】インペラ12Aは、ステータ20Aの径方向外側に配置され、ロータ30Aとともに回転する。ベースプレート40Aは、ステータ20Aの下方に配置される内周部41Aと、内周部41Aの径方向外側かつインペラ12Aの下方において内周部41Aと間隔を開けて配置される外周部42Aと、内周部41Aと外周部42Aとを接続する接続部...

    ファンモータ

  9. 【課題】磁性流体シールへの異物の侵入を防止して、磁性流体の性能劣化(磁気シール機能の性能劣化)を防止できる磁性流体シール付き軸受を備える魚釣用リール魚釣用リールを提供する。【解決手段】本発明の魚釣用リールは、駆動軸(ピニオン13)を回転可能に支持する磁性流体シール付き軸受30Dを備える。この場合、磁性流体シール付き軸受30Dの軸受本体32の内部への異物の侵入を防止する...

    魚釣用リール

  10. 【課題】揺動スクロールの自転防止機構としてピンを係合させる構成を採用する場合において、ピンの組み付け精度を高めて圧縮機の性能や信頼性を向上させることが可能な電動スクロール圧縮機を提供する。【解決手段】ハウジング部材(モータ収容ハウジング部材6)が、電動モータ4が固定されるモータ固定部6aと、揺動スクロール22の軸方向荷重を支持し、且つ、駆動軸14を回転可能に支持するエ...

    電動スクロール圧縮機

  11. 【課題】モータ固定部とエンドプレートとが一体化されているハウジング部材を備え、エンドプレートによって揺動スクロールのスラスト荷重を支持する電動スクロール圧縮機において、エンドプレートの変形を低減する。【解決手段】モータ固定部6aの内周壁に、電動モータのステータと接触するステータ接触部61と、ステータと接触しないステータ非接触部62とが周方向に交互に配設されている電動ス...

    電動スクロール圧縮機

  12. 【課題】 電子スロットルのバルブギアを合成樹脂で製造した場合には、バルブギアの全閉側ギア歯の歯幅を小さく、逆に、バルブギアの全開側ギア歯の歯幅が大きいため、射出成形時の溶融樹脂がバルブギアのギア歯形成部全体に十分に行き渡らず、ギア歯形成部の強度が不足したり、歯車寸法精度が悪化したりするという課題があった。【解決手段】 バルブギア9のギア歯形成部53においては、最初...

    吸気システム

  13. 【課題】風力タービンに適する風車ローターブレーキシステムを提供する。【解決手段】風力タービンは、タワーとタワーにおけるナセルとナセルに取り付けられた風車ローターとを備え、風車ローターは、任意の数の翼と、風車ローターを回転可能にナセルに締結するためのインターフェイスとを備え、風車ローターとナセルとの間のインターフェイスは、ナセルにおいてメインフレーム構造体に接続されかつ...

    風車ローターブレーキシステム

  14. 【課題】製造コストや使用に伴うコストの低減を図ることができ、かつ、駆動部が備えるシャフトの着脱を簡便かつ容易に行うことが可能な利便性に優れる薬液投与装置を提供する。【解決手段】 第1のハウジング10は、第1のネジ部15が形成された回転可能なシャフト13を備える駆動部11を保持しており、第2のハウジング20は、薬液を貯蔵する薬液貯蔵部40と、薬液貯蔵部に流体連通され生...

    薬液投与装置

  15. 【課題】中間支持部材をケースに固定する締結ボルトの配置を工夫することにより、ケースの外径を小さくし、車両用駆動装置の軸方向の長さを短くできる。【解決手段】ケース10は、周壁から回転電機MG1のコイルエンド部45よりも径方向内側まで延びる中間壁12を備え、中間支持部材20は、軸受支持部21とボス部22と径方向外側へ延びるフランジ部23を備え、ボス部22の外周面25が中間...

    ハイブリッド駆動装置

  16. 【課題】高負荷でハンドルを巻き取り操作しても、その回転が重くなることがない魚釣用スピニングリールを提供する。【解決手段】魚釣用スピニングリールは、ハンドル5の回転操作によって回転駆動されるドライブギア7に噛合し、先端にロータ2が固定されたピニオンギア8と、前端側に釣糸が巻回されるスプール3を装着し、ピニオンギア8に挿通されるスプール軸3aと、スプール軸の後端側を支持し...

    魚釣用スピニングリール

  17. 【課題】ハンドル回転操作時にスプール軸をスムーズに前後方向に往復動させる魚釣用スピニングリールを提供する。【解決手段】魚釣用スピニングリールは、ハンドル5の回転操作によって回転駆動されるドライブギア7に噛合し、先端にロータ2が固定されたピニオンギア8と、前端側に釣糸が巻回されるスプールを装着し、ピニオンギア8に挿通されるスプール軸3aと、スプール軸の後端側を支持し、ド...

    魚釣用スピニングリール

  18. 【課題】小型で、効率のよい転がり軸受用の回転試験装置を提供する。【解決手段】回転輪としての外輪11および固定輪としての内輪12を有する転がり軸受10の寿命等を確認する、転がり軸受10用の回転試験装置1であって、外周を前記外輪11の外周11bに接し、前記外輪11を駆動するとともに、前記転がり軸受1に荷重を負荷する駆動ロール30を有し、前記転がり軸受10を支持する2個の軸...

    回転試験装置

  19. 技術 定着装置

    【課題】加熱ユニットが回転体の軸線に対して傾くのを抑えることを目的とする。【解決手段】定着装置100は、発熱体を有する加熱ユニット101と、加熱ユニット101に対向する回転体(加圧ローラ150)と、加熱ユニット101を回転体に向けて付勢する付勢機構500と、回転体の両端部を回転可能に支持する一対の軸受400と、一対の側壁220を有するフレーム200を備える。各側壁22...

    定着装置

  20. 【課題】翼側の部材とディスク側の部材とを線形摩擦接合する際に荷重が加わって翼面が変形するのを抑制する。【解決手段】サブブロック53の開口側コマ53aの収容部53eに、動翼5の保持部5bを保持させ、他のコマ53b〜53dの収容部53f〜53hに動翼5の翼部5dを収容して、サブブロック53をコマ53d側からメインブロック52の凹部52cに挿入する。凹部52cの上方及び下方...

    一体型翼車の線形摩擦接合装置用治具ユニット

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 50