車室フロア に関する公開一覧

車室フロア」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「車室フロア」の詳細情報や、「車室フロア」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「車室フロア」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(854件中)1/43ページ目

  1. 技術 車両

    【課題】電力により発生する回転動力を駆動輪に伝達して走行する車両であって、車室フロアの低床化やフラット化を図るうえで有効な構成を備えたものの提供を目的とした。【解決手段】車両1は、電力により発生する回転動力を前輪31L,31Rに伝達して走行するものであって、回転動力を前輪31L,31Rに伝達する駆動装置20と、駆動装置20への電力供給、及び蓄電を行うバッテリー35と、...

    車両

  2. 【課題】見栄えがよく、また、乗物用シートとカバー部材との位置を精度よく合わせることができる乗物用シートの下部構造を提供する。【解決手段】乗物用シート20の下部構造は、シートクッション30の下方に下側空間23を有する。シートクッション30は、着座面31Aを有するクッション本体部31と、クッション本体部31の前部においてシート幅方向における一部から乗物フロア11側に延びる...

    乗物用シートの下部構造

  3. 【課題】リヤサイドフレームの下方に配設されたリヤサブフレームを備えた車両において、後突時に車体後部に配置される補機を保護すると共に車室内の乗員の安全性を向上させる。【解決手段】リヤサイドフレーム2の下方に配設されたリヤサブフレーム50は、車体前方側が車体前方側且つ車体上方側に延びる上側分岐フレーム部121と車体前方側且つ車体下方側に延びる下側分岐フレーム部122とに分...

    車両の後部車体構造

  4. 【課題】リヤサイドフレームとリヤサブフレームとを備えた車両において、後突時に車体後部に配置される補機を保護すると共に車室内の乗員の安全性を向上させる。【解決手段】リヤサイドフレーム2及びリヤサブフレーム50はそれぞれ、車体後部に配置された補機40より車体後方側にサイドフレーム側荷重吸収部6及びサブフレーム側荷重吸収部54を備え、サイドフレーム側荷重吸収部6とサブフレー...

    車両の後部車体構造

  5. 【課題】バッテリパックの上下振動を従来よりも抑制可能とする。【解決手段】バッテリパックの前端は、フロアクロスメンバ240に固定される。フロアクロスメンバ240は、クロスメンバアッパ250及びクロスメンバロア260を備える。クロスメンバアッパ250及びクロスメンバロア260の一方の、前方フランジ254,264には、当該前方フランジ264,254の前端から屈曲されつつ前方...

    車両下部構造

  6. 【課題】後部座席下にバッテリパックが配置される車両の下部構造において、重量部品であるバッテリモジュールに起因する振動を従来よりも抑制可能とする。【解決手段】バッテリパック100は、バッテリモジュール110、バッテリモジュール110に冷却風を送り込む冷却ファン120A,120B、及びバッテリモジュール110の電力管理を行う制御ユニット130、を備える。バッテリモジュール...

    車両下部構造

  7. 【課題】軽量で使用時に亀裂等の破損発生を抑制したビーズ発泡成形部材を提供する。【解決手段】乗物シートのクッション材であるクッションパッド1の表面部11と反対側に層状に一体化されるビーズ発泡成形部材20である。表面部11と反対側の面である裏側部22から表面部11の方向に延びる有底の略筒状の軽減孔20eが設けられている。軽減孔20eの表面部11の側の底面部である球状面部2...

    乗物シート用ビーズ発泡成形部材

  8. 【課題】車両衝突時にフロアパネルのフランジ部のエッジが燃料タンクに当接しないようにする。【解決手段】燃料タンク30を床部20の下側に備える車両の床部構造であって、床部20は、第1フロアパネル27の端縁のフランジ部27fと、第2フロアパネル28の端縁のフランジ部28fとが上下に重ねられて接合されることにより構成されており、第2フロアパネル28の端縁には、突条28bが形成...

    車両の床部構造

  9. 【課題】シートバックが後傾状態である場合の乗員拘束性能を向上させる。【解決手段】車両用乗員保護装置10は、シートベルト14と、ショルダベルト部14Bの引き出しをロック又はロック解除するロック機構(電気ロック部)52と、シートバック42の車両後方側への傾斜角度を検出する傾斜センサ54と、シートバック42に設けられ、シートバック42と乗員24の上体24Bとの間に展開される...

    車両用乗員保護装置

  10. 【課題】スイッチを入れる手間や煩わしさを低減でき、搭乗者の見たい方向の先を照らすことができる車室内照明装置の提供。【解決手段】搭乗者の目線および/または顔の方向を検知する検知手段20と、検知手段20からの検知結果に基づいて室内灯30をオンさせる制御手段40を有するため、搭乗者がスイッチを操作することなく室内灯30をオンさせることができる。また、制御手段40が、搭乗者の...

    車室内照明装置

  11. 【課題】様々な条件下で乗員を適切に拘束することができる車両用乗員保護装置を得ることを目的とする。【解決手段】乗員保護装置10は、シートバック52の上部に収納され、膨張展開状態で着座状態の乗員90の肩部から腰部までを覆うシートエアバッグ12と、シートエアバッグ12の下端14側に一端を連結されたテザー16と、シートエアバッグ12の膨張展開後にテザー16をシート50後方かつ...

    車両用乗員保護装置

  12. 技術 車両

    【課題】ダイブダウンが可能な前席の脚部の下側にエネルギストレージを配置して車室空間を広く確保しつつ、衝突荷重の入力からエネルギストレージを保護することが可能な車両を提供する。【解決手段】前固定部30と後固定部32とを有する脚部28を介して車室フロア12の凸部24の上面に固定されるとともに、凸部24よりも前方且つ低位置に形成される車室フロア12の凹部にダイブダウン可能な...

    車両

  13. 技術 電動車両

    【課題】重量の増加を抑制しつつモータハウジングに取り付けられたカバー部材の取付剛性を向上させる。【解決手段】車輪を駆動させるモータ10が車両前方のモータルーム2内に配置された電動車両は、モータ10が配設されるモータハウジング40と、モータハウジング40の車幅方向一方側に取り付けられるカバー部材60と、動力伝達機構14を含むトランスアクスル15が配設されてモータハウジン...

    電動車両

  14. 【課題】体格が小柄の乗員に対して、シートベルトによる胸部への荷重を小さくすることができる車両用乗員保護装置を提供する。【解決手段】車両用乗員保護装置10は、ショルダベルト12Aと、ショルダアンカ機構20と、衝突検知手段32と、体格検知手段34と、ジョイント移動手段40とを備えている。ショルダベルト12Aはシートに着座状態の乗員を肩から腰にかけて拘束する。ショルダアンカ...

    車両用乗員保護装置

  15. 【課題】感触を向上させた車両用サイレンサーを提供する。【解決手段】車両用の成形されたサイレンサー1は、発泡樹脂製のインサート10、及び、該インサート10と異なる材質の発泡樹脂で形成されて弾性を示す本体部40を有している。インサート10は、サイレンサー1の表面2側の第一面11と、サイレンサー1の内部3側の第二面12と、を有し、サイレンサー1の表面2の一部に現れている。ま...

    車両用サイレンサー、及び、その製造方法

  16. 【課題】コンパクトに構成しつつトランスファ装置側のプロペラシャフトの自在継手の組付性を確保すると共にプロペラシャフトが抜けることを抑制することができる車両のトランスファ装置を提供する。【解決手段】後輪用出力軸11に平行な前輪用出力軸12に自在継手31を有するプロペラシャフト30が連結される車両のトランスファ装置10において、前輪用出力軸12の端部はプロペラシャフト30...

    車両のトランスファ装置

  17. 【課題】冷凍サイクルで用いられる冷媒を導入する電池冷却システムにおいて、適切な冷却状態が得られるように冷媒流量を制御する。【解決手段】冷凍サイクルから導入された気液混合状態の冷媒は、バッテリ40が取り付けられた放熱器120を通過した後、昇熱装置130をさらに通過して、冷凍サイクルへ戻される。冷媒流量は、コントローラ160が電子膨張弁110の開度を増減することによって制...

    電池冷却システム

  18. 【課題】車両側面視で内側に空洞部を有するように展開するエアバッグにおいても内側の空洞部を容易に維持できること。【解決手段】 前席100Fと後席100Rとの相対位置が変更可能に前後方向に少なくとも2列のシート100を有する車両において、少なくとも前席100Fのシートバック100b背面に設けられ、車両側面視で内側に貫通空洞部9を有する環状に後方へ展開するエアバッグ10を...

    エアバッグ装置

  19. 【課題】側面視で中央に空洞を有するエアバッグにおいて、乗員保護性能を維持しつつ後席乗員へ加わる衝撃を低減すること。【解決手段】 前席100Fと後席100Rとの相対位置が変更可能に前後方向に少なくとも2列のシート100を有する車両において、少なくとも前席100Fのシートバック100b背面に設けられ、車両側面視で内側に貫通空洞部9を有する環状に後方へ展開するエアバッグ1...

    エアバッグ装置

  20. 【課題】展開時にベントホールが確実に機能するとともに、エアバッグ内のガスをベントホールから後席乗員に向けてではなく安全に排出すること。【解決手段】 後席100Rに対して前後方向の相対位置が変更可能な前席100Fのシートバック100b背面に備え、車両側面視で内側に貫通空洞部9を有する環状に後方へ展開するエアバッグ10は、その車幅方向に3つ以上のバッグ部11,12,13...

    エアバッグ装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 43