ベースライン に関する公開一覧

ベースライン」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ベースライン」の詳細情報や、「ベースライン」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ベースライン」の意味・用法はこちら

181〜200件を表示(55,011件中)10/2,751ページ目

  1. 【課題】サイクル特性に優れたリチウムイオン二次電池用負極およびリチウムイオン二次電池を提供する。【解決手段】 負極集電体の主面の少なくとも一方に負極活物質層を備え、前期負極活物質層は、ケイ素、炭素を含む負極活物質粒子を有し、前記負極活物質粒子の断面は、アルゴンレーザーラマンスペクトルにおいて、450±20cm−1にピークAを有し、前記活物質粒子の断面の周辺部は、アル...

    リチウムイオン二次電池用負極およびリチウムイオン二次電池

  2. 技術 トナー

    【課題】高速機においても良好な低温定着性を有し、排紙接着を抑制したトナーを提供することである。【解決手段】結着樹脂及び磁性粒子を含有するトナー粒子を有するトナーであって、(i)回転平板型レオメーターにより、温度50℃から120℃まで2℃/minで昇温させた時の120℃におけるトナーの貯蔵弾性率G’(120↑)が4.00×103Pa以下であり、(ii)ホットディスク法に...

  3. 【課題】結晶性樹脂を用いたトナーにおいて、低温定着性と耐熱保管性の両立を図れ、定着時の線速や温度、圧力に対して画像の光沢の制御が容易である静電荷像現像用トナーを提供する。【解決手段】少なくとも結着樹脂及び離型剤を含有するトナー母体粒子と外添剤とを含有する静電荷像現像用トナーであって、前記結着樹脂が、少なくとも結晶性樹脂を含有し、前記静電荷像現像用トナーが、周波数1Hz...

    静電荷像現像用トナー

  4. 【課題】 本発明は、太陽電池モジュールの封止材の全体の経年による劣化を知ることで寿命予測ができる太陽電池モジュールの寿命予測方法を提供することを課題とする。【解決手段】 本発明は太陽電池モジュールの中の封止材の経年による劣化を詳しく知ることで太陽電池モジュールの寿命の予測ができるようにするため、稼働式ラマン分光器を用いて太陽電池モジュールにラマンプローブを当て得ら...

    太陽電池モジュールの寿命予測方法

  5. 【課題】 本発明は、太陽電池モジュールの封止材の全体の経年による劣化を知ることで寿命予測ができる太陽電池モジュールの寿命予測方法を提供することを課題とする。【解決手段】 本発明は太陽電池モジュールの中の封止材の経年による劣化を詳しく知ることで太陽電池モジュールの寿命の予測ができるようにするため、稼働式ラマン分光器を用いて太陽電池モジュールにラマンプローブを当て得ら...

    太陽電池モジュールの寿命予測方法

  6. 【課題】電解液中のフリー溶媒の濃度を低い値に維持ししつつ、電解液の粘性を低下させることが可能な、新規かつ改良された非水電解質二次電池用電解液及びリチウムイオン二次電池を提供する。【解決手段】上記課題を解決するために、本発明のある観点によれば、0.5M(mol/L)以上3.8M(mol/L)以下の電解質塩と、電解質塩に対する25℃での溶解度が100g以上である第1の溶媒...

    非水電解質二次電池用電解液及び非水電解質二次電池

  7. 【課題】電解液中のフリー溶媒の濃度を低い値に維持しつつ、サイクル寿命を高めることが可能な、新規かつ改良された非水電解質二次電池用電解液及びリチウムイオン二次電池を提供する。【解決手段】上記課題を解決するために、本発明のある観点によれば、2.0M(mol/L)以上5.0M(mol/L)以下の電解質塩と、電解質塩を溶解するベース溶媒と、環状カーボネートとを含む環状カーボネ...

    非水電解質二次電池用電解液及び非水電解質二次電池

  8. 【課題】透明度の高い水分散体を形成するカルボキシメチル化セルロースのナノファイバーを提供する。【解決手段】セルロースI型の結晶化度が60%以上であり、固形分1%(w/v)の水分散体とした際の波長660nmの光の透過率が60%以上であり、固形分1%(w/v)の水分散体とした際の25℃、6rpmにおける粘度を固形分1%(w/v)の水分散体とした際の25℃、60rpmにおけ...

  9. 【課題】引張強度、曲げ弾性率、表面外観性及び耐候変色性が良好な成形品を形成可能なポリアミド組成物を提供する。引張強度、曲げ弾性率、表面外観性及び耐候変色性が良好な成形品を提供する。【解決手段】ポリアミド組成物は、(A)脂肪族ポリアミド、(B)ジアミン単位とジカルボン酸単位とを含有する半芳香族ポリアミド、(C1)ハロゲン元素を含む難燃剤、(C2)難燃助剤、及び、(D)紫...

  10. 【課題】被処理物に歪みが生じることをより確実に抑制できる熱処理装置および金属部材の製造方法を提供する。【解決手段】熱処理装置1は、静止した被処理物100に向けて所定の流速Vで冷媒を供給する媒体供給部22と、被処理物100の冷却時における所定の第1段階において流速Vを第1流速V1に設定し、且つ、冷却時における第1段階よりも後の第2段階において流速Vを第1流速V1よりも低...

    熱処理装置および金属部材の製造方法

  11. 【課題】熱処理用の媒体が被処理物を通過する際の媒体の流れの分布をより均等にすることのできる熱処理装置を提供する。【解決手段】熱処理装置1は、入口管41と、出口管42と、第1整流部材61と、を有している。出口管42は、入口管41における冷媒の進行方向としての第1方向D1とは異なる第2方向D2に向けて冷媒が進行するように入口管41に接続されるとともに、被処理物100が配置...

    熱処理装置

  12. 【課題】光照射による定着において、画像強度を向上させる手段を提供する。【解決手段】分岐構造を有する前駆体高分子を架橋してなる架橋高分子を含有するトナーであって、前記前駆体高分子は、末端にのみトリフェニルイミダゾール基を有する分岐鎖を少なくとも1つ有し、前記架橋は、前記トリフェニルイミダゾール基同士の結合による分子間の架橋を含み、前記架橋高分子は、紫外線照射によって前記...

    トナーおよび画像形成方法

  13. 【課題】粘着付与剤を使用せずにスチレン系樹脂層およびエチレン・ビニルアルコール共重合体層に対する接着強度の高い、耐油性に優れた接着性樹脂組成物を提供する。【解決手段】ポリアルキレンエーテルグリコールセグメントの含有率が58〜73質量%である飽和ポリエステル系熱可塑性エラストマーを、ラジカル発生剤の存在下、不飽和カルボン酸及び/又はその誘導体により変性処理して得られる変...

  14. 【課題】導電性及び生体適合性に優れ、軽量であり、かつ低コストで製造することができ、水に濡れても乾燥しても導電性が大幅に低下することがない生体電極用の生体接触層を形成できる生体電極組成物、該生体電極組成物で生体接触層を形成した生体電極、及び該生体電極の製造方法を提供する。【解決手段】フルオロスルホン酸の銀塩、フルオロスルホンイミドの銀塩、又はフルオロスルホンアミドの銀塩...

    生体電極組成物、生体電極、及び生体電極の製造方法

  15. 【課題】蛍光測定装置に対する反応容器の設置方向を認識することができるようにする。【解決手段】反応容器は、検体を収容するための複数のウェルを同一平面上又は同一直線上に有する。当該ウェルプレートのウェルのうち点対象の中央となるウェル以外の特定ウェルが蛍光色素の配置された位置判別用ウェルとなっている。当該反応容器は、蛍光色素から発せられる蛍光を利用して位置判別用ウェルの位置...

    反応容器及びその反応容器を用いる蛍光測定装置

  16. 【課題・解決手段】実施形態は、配列ID番号66(IDQQVLSRIKLEIKRCL)に基づく小型神経糸ペプチド系の化合物を含有する組成物および薬学的に許容される担体を使用して、前立腺癌を発症しやすい哺乳動物における前立腺癌の進行を予防または緩和するおよび臨床的に検出される前立腺癌の発生率を低下させることを含む。実施形態は、必要な哺乳動物に対して、これに限定されないが、...

  17. 【課題・解決手段】本発明は、CD137に特異的に結合することができる、B7と示される、第1の結合ドメインと、腫瘍細胞関連抗原に特異的に結合することができる、B2と示される、第2の結合ドメインと、を含む、二重特異性ポリペプチドを提供する。また、かかる二重特異性ポリペプチドの薬学的組成物及び医薬品におけるその使用も提供される。

    CD137に対する新規の二重特異性ポリペプチド

  18. 【課題・解決手段】本明細書では、FcRnへの結合に、及びヒト血清アルブミンへのFcRnの結合のブロックに有用な組換え抗体及びそれらの抗原結合部分が提供される。FcRn結合タンパク質は、急性及び慢性毒性曝露を含む種々の疾患を治療するために使用できる。

    ヒト化親和性成熟抗FCRN抗体

  19. 【課題・解決手段】CD40L−Fc融合タンパク質およびそのCD40L−Fc融合タンパク質またはそのCD40L−Fc融合タンパク質の1つ以上の免疫チェックポイント阻害剤(例えば、抗CTLA4抗体、抗PD−L1抗体)との組合せを投与することを含む、癌の治療においてその融合タンパク質を使用する方法が、本明細書に提供される。

    CD40L−Fc融合ポリペプチドおよびその使用方法

  20. 【課題・解決手段】半減期延長タンパク質、リンカー、及びGDF15タンパク質を含む融合タンパク質について記載する。融合タンパク質をコードする核酸、その組換え細胞、融合タンパク質を含む組成物、及び、代謝性疾患、障害又は状態を治療又は予防するための融合タンパク質の使用方法についても記載する。

    GDF15融合タンパク質及びその使用

  1. 1
  2. ...
  3. 5
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 12
  11. 13
  12. 14
  13. 15
  14. ...
  15. 2751