解体工法 に関する公開一覧

解体工法」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「解体工法」の詳細情報や、「解体工法」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「解体工法」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(382件中)1/20ページ目

  1. 【課題】マスコンや地下外壁等の切断が可能な非金属構造物の切断装置を提供する。【解決手段】非金属構造物の切断装置11は、非金属構造物12に対して連続的に移動可能な切断トーチ13と、切断トーチを連続的に移動させるためのハンドリング装置14と、切断トーチに接続する供給ホース15と、供給ホースを介して切断トーチの火炎口16側に供給する燃焼ガス、酸素、金属粉及び冷却水と、燃焼ガ...

    非金属構造物の切断装置及び切断方法

  2. 【課題】本開示は、金属シースを有する光ファイバケーブルであっても、金属シースを切り裂くことを容易にすることを目的とする。【解決手段】本開示の光ファイバケーブルは、中心部に配置され、複数本の光ファイバが集合したケーブルコア11と、ケーブルコア11の外周に配置され、ケーブルコア11を被覆する内層シース12と、内層シース12の外周に配置される、内層シース12に巻き回された金...

    光ファイバケーブル

  3. 【課題】橋脚の工期を短縮する。【解決手段】橋脚3を構成する脚柱部3Aは高さ方向に沿って複数の層Lを有している。各層Lには、脚柱部3Aの周方向に沿って2分割されたプレキャスト部材P,Pが設置されている。プレキャスト部材Pは、脚柱部3Aを現場で組み立てるために、工場等で予め成形されたコンクリート製の構成部品である。高さ方向に隣接するプレキャスト部材P,P同士は鉛直継手JV...

    橋脚および橋脚の施工方法

  4. 【課題】安全で工期の短いコークス炉及び石炭塔の解体工法を提供する。【解決手段】北コークス炉解体工程(S1)と、石炭塔解体工程(S2)と、南コークス炉解体工程(S3)と、煙道を撤去する基礎解体工程(S4)と、を備えるコークス炉及び石炭塔の解体工法であって、S1とS3には、(a)両側の区画を除く区画を所定の区画ずつ解体する工程(S52〜S58)と、最後に両側の区画を解体す...

    コークス炉及び石炭塔の解体工法

  5. 【課題】瓦礫の飛散を完全に防止するための瓦礫飛散防止構造及び建物の解体工法とする。また、ネットの張り直しが必要にならない、あるいはネットの張り直しの手間を低減することができる瓦礫飛散防止構造及び建物の解体工法とする。【解決手段】瓦礫飛散防止構造15は、建物31の外部を囲む壁材16と、前記建物31の内部を複数の階に仕切る1又は複数の床材とを有する建物31の瓦礫飛散防止構...

    瓦礫飛散防止構造及び建物の解体工法

  6. 【課題】作業員の安全性と、RPVの切断片の適正な保管、管理を両立させることのできる原子炉圧力容器の解体工法を提供する。【解決手段】トーラス室26内に設置されたサプレッションチェンバ26aを撤去して、トーラス室26内に廃棄物処分容器50を搬入して保管する工程と、炉内構造物18を撤去すると共に、RPV12の下部に、ドライウェル22とトーラス室26との間の搬送手段48を設置...

    原子炉圧力容器の解体工法

  7. 【課題】従来よりもさらに効率的な橋梁の架け替え工法を提供する。【解決手段】橋梁の径間を架け渡す撤去対象の既設桁102を持ち上げる持ち上げ工程と、既設桁102の後端に新設の更新桁70を一列状になるように連結する更新桁連結工程と、既設桁102の先端に先端延長桁50を一列状になるように連結する先端延長桁連結工程と、既設桁102が配置されていた径間に更新桁70が送り出されるよ...

    橋梁の架け替え工法

  8. 【課題】工期を長期化すること無く、且つ、費用を大幅にコストアップさせること無く、高強度コンクリート建造物を解体可能な技術を提供する。【解決手段】内部に鋼材を含むコンクリートにより構成されたコンクリート建造物を解体する解体工法において、内部に鋼材を含むコンクリート表面に接触させてコンクリート内部の鋼材を加熱する接触部と接触部に設けられた鋼材加熱用コイルを有する破砕補助機...

    RC構造・SRC構造用破砕補助機

  9. 【課題】少ない労力でかつ短時間に鉄筋コンクリート躯体の表面からコンクリートを除去して鉄筋を露出させる。【解決手段】鉄筋コンクリート躯体1の表面側鉄筋2aの背部に爆薬5を配置して起爆することにより、表面側鉄筋2aが露出するように表面側コンクリート部分3aを破砕できる。爆薬5を配置するために設けられる装薬孔7は、填塞材8を付着させるための長さを確保するため、除去すべき表面...

    鉄筋コンクリート躯体の表面からコンクリートを除去する方法

  10. 【課題】高層ビルの解体によって生じる解体物が高層ビルから落下する可能性を抑制する。【解決手段】高層ビルBの周囲に多数の副マストを連結してなる複数本のマスト10を立て、マスト10の上端にシート材22を取付ける。シート材22は、高層ビルBの上面を覆う上面シート22Aと高層ビルBの側面を覆う側面シート22Bとを備える。側面シート22Bの下端は高層ビルBの外側面に接続される。...

    高層ビルの解体工法

  11. 【課題】クレーン等の揚重設備が不要で且つ、工費を抑えることができる多層建築物の仮囲い装置及び多層建築物の解体方法の提供。【解決手段】多層建築物1の外周部に周方向に間隔をおいて固定された最上階層にまで至る高さの複数の固定建枠3,3...と、各固定建枠3の互いに対向する側面部に支持された昇降ガイド4,4と、互いに対向する一対の昇降ガイド4,4に案内されて上下移動する可動パ...

    多層建築物の仮囲い装置及び多層建築物の解体方法

  12. 【課題】仮設基礎の解体を行う費用を抑制する。【解決手段】仮設基礎はコンクリートできた本体100の中に長手方向に伸びる副筋121を含む補強鉄筋120を備える。副筋121は、本体100の上面、底面、両側面の付近に存在する。本体100の切断されるべき部位の下には第1管200が、その上の下副筋121Uの上には第2管300が配されている。本体100を分割する場合には、第1管20...

    仮設基礎、仮設基礎の構築方法、仮設基礎の解体工法、及びコンクリートブロック

  13. 【課題】建屋内に吊り下げられた大型ボイラーを有するボイラー建屋を安価に解体する技術を提供する。【解決手段】大型ボイラー20の下方に、大型ボイラー20を下方から支持するコンクリート製の下支持体200を配し、また大型ボイラー20の側面を、大型ボイラー20を側方から支持する、その一端が建屋10の柱壁11又は昇降部13に接続された横支持体100の他端と接続する。その状態でボイ...

    ボイラー建屋の解体工法

  14. 【課題】重機を使用した安全で工期の短いタービン施設の解体工法を提供する。【解決手段】発電機の外ケースが、複数の分割片に溶断されると共に、発電機とタービンが設置されるタービンぺデスタルの脚が溶断される先行火入れ工程と、重機が配置され、タービン建屋の側面が撤去され、発電機とタービンの周囲が、中抜きされるタービン建屋の第1次解体工程と、発電機のローターと、外ケース上部の分割...

    タービン施設の解体工法

  15. 【課題】周囲が他の建物と接しているコンクリート建築物の地下構造物の解体作業は地下躯体が崩れないように行う必要があるうえに、コンクリート建築物を再建する際、更地内に重機を入れて穿孔やH鋼打ち等の作業を行う必要があった。【解決手段】周囲の建物と接するコンクリート建築物の地下構造物を解体する際、地下構造物の重量を支える強度と揺さぶりによる沈下に耐える底面積を有する躯体を残し...

    建物に接する地下構造物の解体工法

  16. 【課題】放射性を有する機器の解体手順が複雑になると、作業者の被曝量及び解体作業時間を含む解体計画を適切に評価することができなかった。【解決手段】解体計画支援システム100は、放射性を有する機器の解体手順を解体計画として設定する解体手順設定部1と、解体手順に従って解体される機器の部品が線源として最大露出する状態を代表状態として抽出する代表状態抽出部2と、代表状態に基づい...

    解体計画支援システム及びプログラム

  17. 【課題】既存建物の一部を使用しながら、その使用している部分の上階を解体する既存建物の解体方法を提供すること。【解決手段】既存建物の解体方法は、地上1階の本設床スラブおよび仮設床スラブ47、48上に、上方からの衝撃を緩和する防振床構造40を構築するとともに、防振床構造40の上階の各階の床スラブに開口を設けて、既存建物1の解体対象階から防振床構造40に至るガラ投入路11を...

    既存建物の解体方法

  18. 【課題】削孔形成時の反力に抗して、削孔装置を銑鉄に対し固定して設置することが可能であり、特に、構造が簡単で削孔装置を容易に銑鉄に固定的に設置することが可能であって、これにより削孔装置で安定的にかつ効率良く削孔を銑鉄に形成することができる高炉の銑鉄切断装置及び高炉の銑鉄切断方法を提供する。【解決手段】高炉の炉体内部に残留する銑鉄5をラインカットする高炉の銑鉄切断装置6で...

    高炉の銑鉄切断装置及び高炉の銑鉄切断方法

  19. 【課題】削孔ビットによる貫通孔形成とコアビットによる貫通孔形成とにより、それらビットの特性を活かして貫通孔を連続形成でき、効率的に銑鉄をラインカットすることが可能な高炉の銑鉄切断方法を提供する。【解決手段】高炉1の炉体2内部に残留する銑鉄5を貫通する貫通孔7x,7yを連続的に形成して、当該銑鉄をラインカットする高炉の銑鉄切断方法であって、削孔ビットが先端に設けられた削...

    高炉の銑鉄切断方法

  20. 【課題】コアボーリング機で安定的にかつ効率良く貫通孔を銑鉄に形成することができる高炉における銑鉄切断装置及び銑鉄切断方法を提供する。【解決手段】高炉の炉体内部に残留する銑鉄5をラインカットする高炉における銑鉄切断装置6であって、コアビット32が先端に設けられたコアチューブ39を回転駆動しつつ銑鉄へ向けて前進させて、コアビットで銑鉄を切削して貫通孔7を形成するコアボーリ...

    高炉における銑鉄切断装置及び銑鉄切断方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 20