表面仕上げ方法 に関する公開一覧

表面仕上げ方法」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「表面仕上げ方法」の詳細情報や、「表面仕上げ方法」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「表面仕上げ方法」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(301件中)1/16ページ目

  1. 【課題】本発明は、所定の移動軌跡を移動する砥石によって表面仕上げを行うにあたり、砥石の交換によって仕上げの状態に差が生じることが防止される金型の表面仕上げ方法を提供することを課題とする。【解決手段】砥石の移動軌跡を導出する導出工程と、移動軌跡を移動する砥石によって仕上げる表面仕上げ工程と、砥石を新しいものに交換する交換工程を有し、移動軌跡は砥石が表面仕上げ対象面を全体...

    金型の表面仕上げ方法

  2. 【課題・解決手段】システムは、格子構造のワークピース(102、104、110)を機械加工するように構成され、システムは、格子構造の電極(902、904、905)、電解質供給部、および電力供給部を含む。電極とワークピースとは互いに絡み合って、かつ、互いに電気的に絶縁されている。電解質供給部は、ワークピースおよび電極の周りに、およびワークピースと電極との間に電解質を循環さ...

    格子構造のワークピースを機械加工するためのシステムおよび方法、ならびにそれから機械加工された物品

  3. 【課題】摩擦ダンパーの摩擦係数を供用初期から安定化させることのできる摩擦ダンパー用の相手材前駆体とその製造方法、摩擦ダンパー用の相手材とその製造方法、及び摩擦ダンパーを提供すること。【解決手段】摩擦ダンパー用の摩擦材の相手材を形成する相手材前駆体2は、鋼板から形成され、移着層3が形成される表面が荒れた表面2aである。相手材9は、相手材前駆体2と、荒れた表面2aに形成さ...

    摩擦ダンパー用の相手材前駆体とその製造方法、摩擦ダンパー用の相手材とその製造方法、及び摩擦ダンパー

  4. 【課題】プレキャストコンクリート製品の洗い出し作業において作業員の負担を軽減することが可能となり、生産性を向上することが可能となるプレキャストコンクリート製品の洗出方法及びプレキャストコンクリート製品の洗出システムを提供する。【解決手段】プレキャストコンクリート製品8の打ち継ぎ面8aを洗出装置10から噴射される高圧の水で洗い出し、骨材を露出させる洗出工程を備え、洗出工...

    プレキャストコンクリート製品の洗出方法及びプレキャストコンクリート製品の洗出システム

  5. 【課題】作業者の熟練を要さないともに、短い時間で光沢性を有する壁面に仕上げることが可能な光沢性壁面用塗材および壁面の表面仕上げ方法を提供する。【解決手段】光沢性壁面用塗材は、40〜60重量%の水酸化アルミニウムと、10〜23重量%の合成樹脂と、増粘剤と、分散剤と、水と、を含有し、水酸化アルミニウムの平均粒径が30μm以下である。光沢性壁面用塗材では、光沢性壁面用塗材の...

  6. 【課題】プレキャストパネル等の基材の強度を維持しつつ、タイル張りの質感の目地状模様を基材の表面に設けることを可能にする。【解決手段】基材の表面に流動状態のセメント系材料を打設して前記表面にセメント系材料層を形成するセメント系材料層形成工程と、前記基材を削らないようにしながら前記セメント系材料層の表面に目地状模様の溝部を刻設する目地状模様刻設工程と、を有する。

    基材の表面仕上げ方法

  7. 【課題】ワークピースの表面がピーニングされ、残留応力および疲労強度を改善し、洗浄され、塗装または使用の準備をすることができる加工方法を提供する。【解決手段】ワークピース36の表面から材料を除去する方法は、複数のキャビテーション気泡を形成するのを促進する圧力および流量でワークピース36に向けて流体のフローを放出することと、研磨媒体40を導入することと、を含む。本方法は、...

    流体キャビテーション研磨表面仕上げのための方法および装置

  8. 【課題】可撓型シート状表装材と目地部材とによる壁面の表面仕上げ方法で、簡単に壁面側に接着材を塗ることができ、効率的に仕上げ作業を行うことが可能で、可撓型シート状表装材の貼り付け後の付着も十分である壁面の仕上げ方法を提供することにある。【解決手段】化粧材部を有する可撓型シート状表装材と一定幅を持つ長尺の目地部材による壁面の表面仕上げ方法において、その目地部材は長手方向の...

    壁面仕上げ方法

  9. 【解決手段】圧延プロセス/表面仕上げプロセスからのアルミニウムで汚染されたオイルを再生するために、汚染されたオイルが水酸化アルカリ金属水溶液とアルミニウムを洗い流すために集中的に混合され、それに続いて水相と浄化オイル相との間の相分離が引き起こされ、その後水相がオイル相から分離され、再び純オイルとして圧延プロセスまたは表面仕上げプロセスで使用されるために最終的にオイル相...

    圧延オイルおよび表面仕上げオイルの洗浄方法

  10. 【課題】高速化された電子写真装置においても感光体の不均一な摩耗を抑制し、且つ、異常放電に起因したポチ状画像及び横スジ画像の発生を抑制した電子写真用部材の提供。【解決手段】電子写真用部材は、導電性基体と表面層としての導電性弾性層を有し、導電性弾性層の表面には、中空形状の樹脂粒子が開口したボウル形状の樹脂粒子の開口のエッジ部が露出され、該エッジ部と樹脂粒子の内壁とで規定さ...

    電子写真用部材、その製造方法、プロセスカートリッジ及び電子写真画像形成装置

  11. 【課題】床部のひび割れ等の変形起因で床仕上げ材もひび割れ等の変形が生じてしまうことを緩衝シートによって防止し、床仕上げ材の打設までの間については緩衝シートの上面を歩行可能にし、床仕上げ材と緩衝シートとを強固に固定可能にする。【解決手段】床部と、該床部の上方に流動状態で位置する床仕上げ材との間に配される緩衝シートである。前記緩衝シートは、硬化状態の前記床仕上げ材への前記...

    緩衝シート、床部の表面仕上げ構造、及び、床部の表面仕上げ方法

  12. 【課題】3D印刷された部品/物体の表面仕上げに用いる、複数のコア/シェル粒子を含む粉体コーティングの提供。【解決手段】複数のコア/シェル粒子10の各粒子は、約3ミクロン〜約100ミクロンのサイズを有する。複数のコア/シェル粒子の各粒子は、約150℃未満の融解温度を有する、架橋性結晶性ポリエステル樹脂を含むコア12を有する。複数のコア/シェル粒子の各粒子は、40℃を超え...

    3D印刷された物体の表面仕上げ用低融点粒子

  13. 【課題・解決手段】様々な部品技術、複合材料、および部品形状と適合性を有するべく考え出された表面均一化装置。この装置はソフトウエア、化学反応、研磨材、および媒体と共に機能するもので、媒体および部品を保持するための細長く延びるインプットタンクを有する。インプットタンクはモータマウントに接続され、これは偏心モータに接続されている。モータが作動するとインプットタンクは振動し、...

    表面均一化装置

  14. 【課題】摩擦ストッパーの摩擦係数を供用初期から安定化させることのできる摩擦ストッパー用の相手材前駆体とその製造方法、摩擦ストッパー用の相手材とその製造方法、及び摩擦ストッパーを提供すること。【解決手段】摩擦ストッパー用の摩擦材の相手材を形成する相手材前駆体2は、鋼板から形成され、移着層3が形成される表面が荒れた表面2aである。相手材9は、相手材前駆体2と、荒れた表面2...

    摩擦ストッパー用の相手材前駆体とその製造方法、摩擦ストッパー用の相手材とその製造方法、及び摩擦ストッパー

  15. 【課題・解決手段】本発明は、内燃エンジンで使用するためのシリンダスリーブ(1)に関する。シリンダスリーブ(1)は、少なくとも1つのピストンリングとの内側接触面(4)を有する貫通筒状体を備える。内側面(4)は、丸みを帯びた谷山構造によって規定される皺を伴う仕上げ面を有する。内側面(4)の単位面積あたりの山の数が低減され、流体力学的持上りの増大と、摺動部品に対するシリンダ...

    内燃エンジン用シリンダスリーブ

  16. 技術 光学要素

    【課題・解決手段】本発明は、ユーザの頭部に配置することができてイメージを生成することができる表示デバイス(1)の光学要素に関する。光学要素は、正面(18)及び裏面(15)と、入力部(11)及び当該入力部(11)から離間された出力部(13)と、導光チャネル(12)であって、当該導光チャネル(12)は、光学要素(3)の入力部(11)を介して光学要素(3)内に入力される生成...

    光学要素

  17. 技術 光学要素

    【課題・解決手段】所定の波長範囲を透過すると共に光学的有効構造が組み込まれる、光学要素を製造する方法が提供される。この方法は、a)所定の波長範囲を透過する第1のシェルを提供することであって、当該シェルは上面に一体的な実施形態及び構造部を有する、提供するステップと、b)所定の波長範囲に対して光学的に有効であるコーティングを構造部に塗布するステップであって、それにより、光...

    光学要素

  18. 【課題・解決手段】本発明は、光学有効構造が埋め込まれる、所定の波長範囲で透明な物体を有する光学エレメントを製造する方法に関する。本発明に係る方法は、:a)所定の波長範囲で透明であると共にその上面上に構造化セクションを有する、第1の部分体を提供するステップと;b)構造化セクション上に所定の波長範囲で光学的に有効なコーティングを施すステップと;c)熱可塑性材料及び/又はデ...

    光学エレメントを製造する方法

  19. 【課題】海塩粒子の影響を受けるウォーターフロント環境でも、早期に発銹することのない、耐食性や防眩性に優れたステンレス鋼板及びその製造方法を提供すること。【解決手段】長手一方向の研磨目をフェライト系ステンレス鋼板の表面に有し、孔食電位が0.6V以上であり、60度光沢度が75以下であり、組成が、C:0.020質量%以下、Si:0.40質量%以下、Mn:0.40質量%以下、...

    耐食性に優れたステンレス鋼板

  20. 【課題】 海塩粒子の影響を受けるウォーターフロント環境でも、早期に発銹することのない、耐食性に優れたステンレス鋼板及びその製造方法を提供すること。【解決手段】 研磨目をステンレス鋼板の表面に有し、着色を有する酸化皮膜が該表面上に存在せず、該表面上における5μm以上の金属素地の被さりを含む表面欠陥の平均個数が0.01mm2当たり5個以内に抑制されている、耐食性に優れ...

    耐食性に優れたステンレス鋼板及びその製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 16