血液がん に関する公開一覧

血液がん」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「血液がん」の詳細情報や、「血液がん」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「血液がん」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(458件中)1/23ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)の化合物および薬学的に許容できるその塩[式中、R1、R2、R2A、R2B、R3、R4、R5A、R5B、R6、R7、R8、R9、p、qおよびrは、本明細書で定義されている通りである]、そのような化合物および塩を含む医薬組成物、ならびに、がんを含む異常な細胞成長の治療のためにそのような化合物、塩および組成物を使用する方法に関する。

    ピリドピリミジノンCDK2/4/6阻害剤

  2. 【課題・解決手段】本明細書では、グランザイムBのイメージングに有用な化合物が提示される。本明細書では、ポジトロン断層撮影(PET)イメージング、および/または単一光子放射断層撮影(SPECT)イメージングのための放射性トレーサーとして有用である、例示的な化合物が提示される。グランザイムBをイメージングする方法、組合せ療法、およびグランザイムBのイメージング剤を含むキッ...

    グランザイムBを指向するイメージングおよび治療

  3. 【課題】トリプトファン代謝−キヌレニン経路における新たながん免疫抑制メカニズムを解明すると共に、種々のがんの予防および/または治療に有用な組成物を提供すること。【解決手段】D−サイクロセリン、トリプトファンまたはその塩から選択されるKAT阻害活性を有する化合物を含有する。

    KAT阻害活性を有する化合物を含有するがん治療用組成物

  4. 【課題】標的細胞の存在下での免疫エフェクター細胞の活性化、および/または免疫エフェクター細胞の存在下での標的細胞の死滅を誘発することができる二重特異性Fcを提供する。【解決手段】Fcポリペプチド鎖および免疫グロブリン可変領域を含有する二重特異性分子が開示される。そのような分子を含む薬学的製剤、そのような分子をコードする核酸、そのような核酸を含有する宿主細胞、そのような...

    二重特異性二価scFv−Fc分子

  5. 【課題】がん幹細胞(CSC)に特異的に発現するGD2−O−アセチル化ガングリオシドを標的とし、健康な細胞に対する毒性及び副作用を発現しない新規がん治療薬の提供。【解決手段】急性骨髄性白血病に係るCD34+/CD38−に代表される、特定のがんタイプにおける特定の表現型を有するがん幹細胞(CSC)を含むがんを治療するための、O−アセチル化−GD2ガングリオシドを認識する抗...

    がん幹細胞がんのための新規な治療及び診断ストラテジーとしてのO−アセチル化GD2ガングリオシドのターゲティング

  6. 【課題・解決手段】(a)BRAF阻害剤またはその薬学的に許容される塩、(b)少なくとも1つのマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MEK)阻害剤またはその薬学的に許容される塩、および(c)上皮成長因子受容体(EGFR)阻害剤またはその薬学的に許容される塩、ならびに任意で少なくとも1つの薬学的に許容される担体を含む薬学的組み合わせ、薬学的組み合わせの調製方法、ならびにが...

    薬学的組み合わせ

  7. 【課題・解決手段】本発明は、新規TNFファミリーリガンドトリマー含有抗原結合分子であって、(a)テネイシンC(TnC)と特異的に結合することができる少なくとも1つの抗原結合部分と、(b)ジスルフィド結合により互いに連結されている第1及び第2のポリペプチドとを含み、第1のポリペプチドが、ペプチドリンカーにより互いに接続されているTNFリガンドファミリーメンバーの2つのエ...

    TNFファミリーリガンドトリマーとテネイシン結合部分とを含む抗原結合分子

  8. 【課題・解決手段】ウィルムス腫瘍タンパク質(WT1)抗原を含むリステリアベースの免疫原性組成物ならびに対象においてがんを処置する、及びがんに対してワクチン接種する、及びがんに対する免疫応答を誘導する方法を提供する。ウィルムス腫瘍タンパク質抗原を含む組換え融合ポリペプチドまたはキメラポリペプチド、そのようなキメラポリペプチドまたは融合ポリペプチドをコードする核酸、そのよ...

    ウィルムス腫瘍タンパク質抗原を含むリステリアベースの免疫原性組成物及びその使用方法

  9. 【課題・解決手段】本発明は、化合物、その組成物、およびそれを使用する方法を提供する。本発明は、薬物様小分子による、例えばRNAまたはDNAといった核酸分子のレベルおよび/または活性のモジュレーションのための化合物、およびその使用方法を提供する。本発明はまた、3WJを形成する可能性があるまたは開示した化合物の存在下で3WJを形成する可能性があるシスまたはトランスの配列相...

    RNA機能をモジュレートするための化合物および方法

  10. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、第2の薬剤又はその医薬として許容し得る形態と組み合わせて、ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ阻害剤又はその医薬として許容し得る形態を含む医薬組成物であって、該第2の薬剤が、1)チェックポイントモジュレーター、2)XPO1阻害剤、3)抗CD19抗体、4)TLRアゴニスト、5)STINGアゴニスト、もしくは6)Flt3リガ...

    組合せ療法

  11. 【課題】本発明は、検体中のマイコプラズマの有無を検査するための方法の提供を目的とする。【解決手段】検体中のマイコプラズマの有無を検査するための方法であって、(i)検体を含む組成物から夾雑物を除去するステップ、および(ii)夾雑物が除去された検体から核酸を抽出し、マイコプラズマ由来の核酸配列を増幅することができるプライマーを用いて核酸の増幅を行うステップ、を含む、前記方...

    マイコプラズマの有無の検査方法

  12. 【課題・解決手段】本開示は、少なくとも部分的には、例えば、有核細胞を凍結および/または融解する1回またはそれより多くのサイクル後に、細胞機能、例えば免疫細胞機能を保存するための方法を特徴とする。実施形態では、前記方法は、免疫細胞と、IL−15複合体を含むタンパク質ナノ粒子とを接触させる工程を含む。本開示は、少なくとも部分的には、少なくとも1つの保存された機能を有する(...

    免疫細胞機能を促進するための方法および組成物

  13. 本発明は、線虫の嗅覚に基づく匂い物質に対する走性行動の評価方法、および該評価方法に用いるシャーレおよび行動評価系を提供する。【解決手段】被検試料の匂いに対する線虫の走性行動を評価する方法であって、 a)被検試料が底面に配置されたシャーレであって、被検試料から1cm〜3cm離れた底面の領域または部位に線虫が配置されたシャーレを提供することと、 b)被検試料または線虫...

    線虫の嗅覚に基づく匂い物質に対する走性行動の評価方法、並びに該評価方法に用いるシャーレおよび行動評価系

  14. 【課題・解決手段】優れた標的細胞傷害性を有するキメラ抗原受容体(CAR)発現細胞の作製。ヒト顆粒球-マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)受容体に特異的に結合する標的結合ドメインと、膜貫通ドメインと、細胞内シグナル伝達ドメインとを有するキメラ抗原受容体(CAR)タンパク質をコードするポリヌクレオチドが導入された遺伝子改変細胞を提供する。

    遺伝子改変細胞及びその作製方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、血液悪性疾患を患っている被験体を処置するための方法であって、血液悪性疾患関連抗原を標的化する薬剤を被験体に投与するステップを含み、被験体が低い末梢がん性細胞負荷を有する、方法を提供する。本発明は、血液悪性疾患を患っており、高い末梢がん性細胞負荷を有する被験体を処置するための方法であって、(i)被験体の末梢がん性細胞負荷を医学的に低下させるス...

    血液悪性疾患を処置するための低用量抗体に基づく方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の化合物または薬学的に許容され得るその塩、ならびにプロテアソームインヒビター、腫瘍免疫療法剤もしくは免疫調節剤、シグナル伝達経路インヒビター、BCL2ファミリーのタンパク質を阻害する薬剤、Mcl−1を阻害する薬剤、ポリ(ADP−リボース)ポリメラーゼ(PARP)インヒビター、アロマターゼインヒビター、従来の細胞傷害剤、またはアビラテ...

    ヒストンデアセチラーゼインヒビターを含む組合せ

  17. 【課題・解決手段】対象に早期細胞療法選択肢を提供し、リスクがより高い治療モダリティを回避する潜在的利益を提供するための方法および組成物が提供される。がんまたは他の増殖性障害などの疾患または状態を有するまたは有する疑いのある対象を治療するための方法および組成物が提供される。一部の実施形態では、がんは、B細胞増殖性障害などのリンパ腫もしくは白血病またはCD19+B細胞悪性...

    早期治療選択肢としての養子細胞療法

  18. 【課題・解決手段】本発明は、患者の微生物叢を変更することによって、患者の免疫細胞を調節する方法に関する。本発明はまた、対象の微生物叢を変更することによって、対象生物における処置または治療を調節する方法に関する。本発明はまた、細胞集団、システム、アレイ、細胞、RNA、キットおよび、これをもたらす他の手段にも関する。一例では、誘導型核酸改変を用いたヒト腸内微生物叢中の特定...

    免疫調節のための微生物叢の選択的変更

  19. 【課題・解決手段】本開示は、骨髄増殖性障害の予防及び治療における、新規のT細胞標的としてのCALR及びJAK2に関する。

    CALR及びJAK2ワクチン組成物

  20. 【課題・解決手段】本発明は、がんの予防、進行の遅延又は治療のための方法における使用のための、PPARアゴニストとP38阻害剤とを含む薬学的組み合わせに関する。

    がんを治療するための薬学的組み合わせ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 23