血圧上昇 に関する公開一覧

血圧上昇」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「血圧上昇」の詳細情報や、「血圧上昇」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「血圧上昇」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,619件中)1/131ページ目

  1. 【課題】肝臓毒性と関連せず、好ましくは、トリグリセリド、LDL−トリグリセリドまたはVLDL−トリグリセリドの最少の増加のみを誘導する(または全く誘導しない)リポタンパク質製剤、ならびに商業規模でこれらのリポタンパク質製剤を確実に作製するのに用いることができる着実な製造方法の提供。【解決手段】それぞれ、脂質画分と、本質的にアポリポタンパク質A−I(「ApoA−I」)か...

    リポタンパク質複合体ならびにその製造および使用

  2. 【課題】 健康リスクを低減可能なリフォームプランを提案する。【解決手段】 建物のリフォームを提案するための方法及びシステムである。この方法は、建物の内部環境に関連する第1情報を測定する工程S1と、コンピュータに、第1情報を入力する工程S2と、コンピュータが、第1情報に基づいて、建物の居住者に想定される健康リスクを計算する工程S3と、健康リスクに基づいて、健康リスク...

    建物のリフォーム提案方法及び建物のリフォーム提案システム

  3. 【課題・解決手段】式(I)の複素芳香族カルボキサミド、(式中、Y、RおよびXは、明細書および特許請求の範囲に定義されている通りである)および薬学的に許容されるその塩は、血漿カリクレインの阻害により影響を受け得る疾患を処置する方法に使用することができる。

    血漿カリクレイン阻害剤としての複素芳香族カルボキサミド誘導体

  4. 【課題・解決手段】本開示は、生きているバイオ治療薬製品、プロバイオティクス、該プロバイオティクスを含む医薬組成物、およびこれらを用いて種々のヒト疾患を処置する方法に関する。いくつかの態様において、本開示は、ロゼブリア・ホミニス(Roseburia hominis)、ユーバクテリウム・エリゲンス(Eubacterium eligens)細菌株を含むそのような組成物、...

    バイオ治療薬としてのロゼブリア・ホミニス(ROSEBURIA  HOMINIS)、ユーバクテリウム・エリゲンス(EUBACTERIUM  ELIGENS)、およびこれらの組み合わせ

  5. 【課題】本発明の目的は、持久力を向上させることができる経口組成物を提供することである。【解決手段】(A)プロアントシアニジンを含む植物抽出物、(B)ブナ科植物抽出物、(C)アルギニン、シトルリン、オルニチン、アスパラギン酸、アスパラギン酸塩及び/又はアスパラギン酸ジペプチドからなる群より選択されるアルギニン源、及び(D)バリン、ロイシン、及びイソロイシンからなる群より...

  6. 【課題】ユーザの健康状態の維持又は改善に効果が期待できる食事情報を提供する食事情報管理装置を提供する。【解決手段】一態様に係る食事情報管理装置は、ユーザの生体情報を取得する生体情報取得部と、前記生体情報取得部により取得された特定の時点における生体情報に基づく基準を満たす食事メニューに関する推奨食事情報を生成する第1の生成部と、前記生成された推奨食事情報を出力する出力部...

    食事情報管理装置、食事情報管理方法、及びプログラム

  7. 【課題】本発明は、レナラーゼに結合し阻害する組成物および方法を提供する。【解決手段】一態様では、レナラーゼ結合性分子がレナラーゼ活性を阻害する。したがって、レナラーゼ活性の低減が有益な疾患や状態において、このような阻害性をもつレナラーゼ結合性分子は治療薬として作用する。

    疾患および障害の処置においてレナラーゼを制御する組成物および方法

  8. 式I化合物又はその薬学的に許容される塩の、副交感神経機能低下症候群の治療薬物を調製するための使用;副交感神経の活性の測定において陽性対照物質としての使用;副交感神経機能低下による高血圧、高血糖、高脂血症、糖尿病、神経性食欲不振症、痛風、甲状腺機能亢進症、消化性潰瘍、過敏性腸症候群、頭痛、てんかん、パーキンソン病、脳卒中、睡眠障害、慢性疲労、肥満症、起立性低血圧、鬱病、...

    アザピロン系化合物の副交感神経の機能向上の使用

  9. 【課題】介護士、看護補助者、看護師及び医師の間で相互に、対象者の医療情報を効率良く把握することができ、精度の高い診断支援が可能なソフトウェア及び診断支援装置を提供する。【解決手段】診断支援装置1において、演算部2は、タブレット端末3の情報入力手段23、情報記録手段24、基準算出手段5、判定処理手段6等を有する。演算部2は、生活支援因子情報の生成、診断寄与候補情報の抽出...

    ソフトウェア及び診断支援装置

  10. 【課題・解決手段】高血圧症の治療が必要なネコの高血圧症の予防又は治療方法を開示する。本方法は、ネコへの治療有効量のアンジオテンシンII受容体1(AT-1)拮抗薬(サルタン)の投与を含み、治療有効量のサルタンは、治療期間にわたって変動する1日の薬用量で投与され、治療期間中の第1の期間のサルタンの1日の薬用量は1.0〜5.0mg/kg(体重)であり、このサルタンの1日の薬...

    ネコの全身性疾患の予防又は治療用アンジオテンシンII受容体拮抗薬

  11. 【課題・解決手段】本発明は、ストレス関連ステロイドホルモンカスケードの均衡を回復させる組成物および方法である。本発明の化合物の共投与により、カスケードに均衡が回復し、主要な心理的ストレス要素を有する障害に罹患している患者に正常な機能が促進される、または回復する。組成物は、選択したイソフラボンの組合せ、アルファリポ酸およびLドーパミンおよびその前駆体を含み、好ましくは、...

    ストレス障害のホルモンカスケードを調節する組成物および方法

  12. 【課題】細胞外組織および血管石灰化、アテローム性動脈硬化症、動脈硬化症ならびに動脈石灰化を治療するための医薬の提供。【解決手段】血液、血漿または血清中のヒト骨シアロタンパク質(BSP)に特異的に結合する受容体分子の有効量を含む医薬であって、受容体分子がヒトモノクローナル抗体またはヒト化モノクローナル抗体またはラットモノクローナル抗体である医薬。

    慢性腎疾患の治療のための医薬および装置

  13. 【課題】ジスルフィラムは、概念的実証としては、コカイン依存の治療に、DBH阻害剤が有望な化合物であることが示されたが、コカイン依存の治療への有用性としては、アルコール及びコカインとの相互作用のために厳しく限定されている。【解決手段】本発明は、少なくとも一つの物質と化合物Aの乱用、依存、又は離脱症状の少なくとも一つの症状に罹り又は罹る可能性のある患者の治療方法を提供する...

    依存症治療方法

  14. 【課題】容易に人体の末梢部における血行情報を測定できるようにする。【解決手段】血行情報算出装置30は、取得部32、算出部34、及び出力部36を有している。取得部32は、指尖部測定装置から指尖脈波情報並びに指尖血流量情報を取得する。血行情報算出装置30は、指尖脈波情報、指尖血流量情報を用いて、血行情報を算出する。取得部32は、上腕部測定装置から被験者の上腕における血圧の...

    血行情報算出装置、血行情報算出方法、及びプログラム

  15. 【課題・解決手段】グルコース依存性インスリン分泌刺激ペプチド(GIP)受容体のアンタゴニストであり、拮抗性を維持しながら半減期を増大させるための少なくとも1つの脂肪酸分子を含む、GIP由来ペプチド類似体GIP5−30およびGIP3−30を開示する。

    長時間作用性GIPペプチド類似体

  16. 【課題・解決手段】本発明は、人間や他の哺乳類の癌などの過剰増殖障害を含む疾患および状態を治療、予防または管理するための、レゴラフェニブまたはその水和物、溶媒和物、代謝物または薬学的に許容される塩またはその多形体およびPD−1/PD−L1(2)阻害剤を含む医薬組成物並びに組み合わせ医薬に関する。

    癌治療のためのレゴラフェニブとPD−1/PD−L1(2)阻害剤の併用

  17. 【課題】僧帽弁逆流を治療するための改良されたデバイスおよび方法を提供する。【解決手段】一の代表的な実施形態において、植込み可能人工デバイスは、心臓の天然弁尖同士の間に配設されるように構成されたスペーサ本体部分と、スペーサ本体部分に対して天然弁尖を固定するように構成されたアンカ部分と、を備え、植込み可能人工デバイスは、スペーサ本体部分が径方向に圧縮されるとともにアンカ部...

    心臓弁封止デバイスおよびその送達デバイス

  18. 【課題】本発明の目的は、摂取したアルコールの代謝を改善する漢方製剤技術を提供することである。【解決手段】五苓散料エキスを含む経口液剤であるアルコール代謝改善剤は、摂取したアルコールの大半が消失するまでのアルコールの呼気排出量の総量を顕著に低下させることができる。

    アルコール代謝改善剤

  19. 【課題】血圧を降下させるための新規組成物の提供。【解決手段】本発明によれば、乳タンパク質酵素分解物を有効成分として含んでなる、血圧を降下させるための組成物であって、前記乳タンパク質酵素分解物が、GTWY(配列番号1)のアミノ酸配列を有するペプチドを含む、組成物が提供される。前記乳タンパク質酵素分解物は、好ましくはホエイタンパク質酵素分解物である。本発明の組成物は、血圧...

    血圧を降下させるための組成物

  20. 【課題】本開示では、哺乳動物被検体の心不全等を治療する方法を提供する。【解決手段】該方法は、芳香族カチオン性ペプチドを必要としている被検体にその有効量を投与することを含む。

    心不全の予防又は処置の方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 131