耐火組成物 に関する公開一覧

耐火組成物」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「耐火組成物」の詳細情報や、「耐火組成物」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「耐火組成物」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(234件中)1/12ページ目

  1. 【課題】被補修面を目視で確認しながら手元で吐出量を切り換えることができ、逆火の発生がない流量可変バルブおよびそれを用いた耐火材溶射装置。【解決手段】選択的に流量を増減可能な流量可変バルブであって、バルブケース内に回転可能に支持されるボールの回転軸に直交する方向にそれぞれ貫通穿孔される大径孔、小径孔の流路を有し、小径孔の出口径は入口径よりも大とする流量可変バルブである。...

    流量可変バルブ、耐火材溶射装置および耐火材溶射方法

  2. 【課題】本発明の目的は、優れた断熱性能及び強度特性を有する耐火物用骨材とそれを用いた不定形径耐火物を提供することにある。【解決手段】結晶相にCaO・6Al2O3を含み、粒径3mm以上6mm未満に篩分けした粒子のかさ密度が0.60g/cm3以上0.95g/cm3以下であり、0.002質量%以上0.05質量%以下のホウ素が含有されてなることを特徴とする耐火物用骨材であり、...

    耐火物用骨材、その製造方法、及びそれを用いた耐火物

  3. 【課題】急速昇温が可能で、易解体性を有し、耐衝撃性に優れた不定形耐火物の形成に有用な不定形耐火組成物を提供する。【解決手段】骨材と、結合剤と、アルミナ微粉と、有機繊維と、ホウ素系酸化防止剤と、を含む不定形耐火組成物、および、骨材と、結合剤と、アルミナ微粉と、コロイダルシリカと、ホウ素系酸化防止剤と、を含む不定形耐火組成物。上記のように、有機繊維とホウ素系酸化防止剤又は...

  4. 【課題】アルミン酸ナトリウム等の従来の急結剤を使用しなくても同等の付着性、硬化性等を確保することができる、安全で、長期保存性も良好であり、かつ、施工も簡便な操作で行うことができる不定形耐火組成物を提供する。【解決手段】耐火性骨材と、耐火性粉末と、結合剤と、分散剤と、を必須成分として含む不定形耐火組成物であって、分散剤がリン酸系分散剤を含み、さらに、ベントナイト及びリチ...

    不定形耐火組成物

  5. 【課題】本発明の目的は、浸漬ノズルの浸漬部の外側におけるアルミナ付着を抑制し、同時に耐スポーリング性を十分に確保できる鋼の連続鋳造用浸漬ノズル用耐火材料および該耐火材料を用いた浸漬ノズルを提供することにある。【解決手段】本発明の耐火材料は、アルミナ40〜80質量%、シリカ10〜30質量%および黒鉛10〜35質量%からなる耐火骨材100質量%に対して金属アルミニウムまた...

    鋼の連続鋳造用浸漬ノズル用耐火材料および浸漬ノズル

  6. 【課題・解決手段】下記の工程:(a) ふるい分けにより測定して、2mm未満の粒子サイズを有する複合材料粒子を、下記の工程を含むマトリックスカプセル充填方法で製造する工程:(a1)少なくとも下記の出発物質から懸濁液の液滴を製造する工程:(i) 耐火性固体及び耐火性固体の前駆体からなる群から選ばれた一種以上の耐火性物質、(ii)10〜350g/L の範囲のそれぞれの嵩密度...

    耐火複合材料粒子及び鋳造工業用のフィーダー部材の製造方法、相当するフィーダー部材及び使用

  7. 【課題・解決手段】本発明は、ゼオライト微細構造を含む乾式耐火性微粒子組成物、未焼結体およびこれから形成される耐火ライニングならびにその使用に関する。

    ゼオライト微細構造を含むキャスタブル耐火性組成物およびその使用

  8. 【課題】アルミナセメント無添加の流し込み不定形耐火物において、乳酸アルミニウムを用いて硬化させ、養生後の収縮亀裂抑制及び、1000℃焼成後強度の向上を行なう方法の提供。【解決手段】耐火材料100質量%に対し、乳酸アルミニウム0.1〜2.0質量%を外掛けで添加した配合に、養生亀裂抑制材として有機繊維を外掛けで0.05〜0.3質量%添加し、1000℃焼成後強度の向上のため...

  9. 【課題】硬化後の経年変化などによって過度に硬質な状態になり難い反応硬化性耐火組成物、並びに、このような反応硬化性耐火組成物を有する耐火層形成用シートを提供すること。【解決手段】無機水酸化物フィラーと、分子両末端に反応性官能基を有する鎖状シリコーンオイルとを含む反応硬化性耐火組成物を提供する。

    反応硬化性耐火組成物、耐火層形成用シート、及び、耐火構造物

  10. 【課題】付着率が高く、かつ均一な施工体を得ることができる不定形耐火物の湿式吹き付け施工方法の提供。【解決手段】粗粒ないし超微粉に粒度調整された耐火性骨材及び耐火性微粉より構成される耐火性原料およびアルミナセメントからなる耐火組成物並びに分散剤を含有してなるキャスタブル粉末に、所定量の水を混練して得られた流動性を有するキャスタブル混練物を圧送機にて吹付ノズルへ圧送し、吹...

  11. 【課題】地震等の外力に起因して長尺体に長手方向への移動力が作用しても、長尺体の外側面と貫通孔の内周面との間の隙間を閉塞する耐火材を施工当初の状態に極力維持して、所期の耐火閉塞機能を発揮する。【解決手段】耐火構造体1側に属する貫通孔1aの内周面とこれに挿通された長尺体3の外側面との間の隙間を粘着性の耐火材Bで閉塞し、この耐火材Bとこれに対応する長尺体3の外側面との間に、...

    貫通孔防火措置構造

  12. 【課題】 火災発生時に加熱により発泡層を形成し、被着材の温度上昇を遅延することができる、曲面を有する被着材へ追従可能な柔軟性を有する耐火シート及び柔軟性を有する積層型耐火シートを提供することを目的とする。【解決手段】本発明に係る柔軟性を有する耐火シートは、(A)アクリル系樹脂と、該(A)アクリル系樹脂100重量部に対して、(B)リン系難燃剤を50〜200重量部、(C...

    柔軟性を有する耐火シート、積層型耐火シート及びこれらの製造方法

  13. 【課題】高温での耐食性を低下させることなく、熱間強度の向上を図ったセメントロータリーキルン等の各種窯炉に用いることができるマグネシア・スピネル質耐火煉瓦の提供。【解決手段】少なくともマグネシア原料及びスピネル原料から構成され、MgO:75〜94質量%、Al2O3:5〜22質量%、ZrO2:2質量%以下(ゼロを含まず)、CaO:3質量%未満(ゼロを含まず)からなり、Ca...

  14. 【課題・解決手段】本発明の耐火組成物は、耐火骨材、1種以上の母材成分、およびケイ酸塩被覆硬化促進剤粒子を含む。ケイ酸塩被覆硬化促進剤粒子は、ケイ酸塩に被覆された水酸化カルシウム、水酸化マグネシウム、塩化カルシウム、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウムおよび硫酸カルシウムのうちの1つ以上を含みうる。適切なケイ酸塩被覆は、ケイ酸ナトリウム、ケイ酸カリウム、ケイ酸リチウムおよび...

    安定化耐火組成物

  15. 【課題】本発明の目的は、マグネシア−カーボン系煉瓦におけるマグネシアとカーボンとの反応を抑制することにより、高温で使用する際の劣化を抑制し、長時間高温環境下に曝されても煉瓦組織が安定である高耐用のマグネシア−カーボン系煉瓦を提供することにある。【解決手段】本発明のマグネシア−カーボン系煉瓦は、マグネシア及びカーボンを含有してなる不焼成煉瓦において、25℃における粘度が...

  16. 【課題】作業環境の悪化、施工性の悪化、現場施工による品質管理の難しさといった問題点を解消することができる熱膨張性耐火組成物を提供することを目的とする。【解決手段】加熱時に膨張する耐火材に用いられる熱膨張性耐火組成物であって、ゴム系樹脂、加熱時に膨張する熱膨張成分及びホウ酸アンモニウムを含有する熱膨張性耐火組成物。

    熱膨張性耐火組成物、シート状耐火材及び耐火構造

  17. 【課題】(UL-94テストでの)全出炎時間が改善された芳香族ビニルポリマーベースの耐火組成物。【解決手段】100重量部の芳香族ビニルポリマーに対して、1〜30重量部の難燃剤、0.1〜2重量部の滴下防止剤、0〜5重量部の添加剤および難燃助剤を含み、上記難燃助剤が五酸化アンチモンだけであり、その使用量が0.5〜15重量部であることを特徴とする耐火組成物。

  18. 【課題】原料粉体と吐出導管との摩擦による発火の発生を防止できるようにする。【解決手段】原料粉体10を貯蔵し当該原料粉体を払い出す払出口21を有する貯蔵手段20と、加圧されたキャリアガスの流れにより払出口21から原料粉体10を吸入し、キャリアガスと原料粉体とを混合し混合物とするエジェクター30と、エジェクター30により生成された前記混合物を噴射する噴射手段40とを備え、...

    溶射装置、溶射方法及び溶射材料

  19. 技術 溶射装置

    【課題】原料粉体とキャリアガスとの混合物の良好な搬送性を確保しつつ、キャリアガス(酸素ガス)不足による原料粉体の燃焼不良の発生を防止できる溶射装置を提供する。【解決手段】原料粉体10を貯蔵し当該原料粉体を払い出す払出口21を有する貯蔵手段20と、加圧されたキャリアガスの流れにより払出口21から原料粉体10を吸入し、キャリアガスと原料粉体とを混合し混合物とするエジェクタ...

    溶射装置

  20. 技術 溶射装置

    【課題】大量噴射を行う場合において、発火の発生を防止できる溶射装置を提供すること。【解決手段】原料紛体を払い出す払出部を複数設け、それぞれの払出部に、当該払出部から払い出された原料粉体と前記キャリアガスとを混合し前記混合物とする混合物生成手段と、当該混合物生成手段により生成された前記混合物を噴射する噴射手段40とを接続し、これらの噴射手段40の噴射口41の中心間距離を...

    溶射装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 12