組織制御 に関する公開一覧

組織制御」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「組織制御」の詳細情報や、「組織制御」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「組織制御」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(943件中)5/48ページ目

  1. 技術 鋼板

    【課題・解決手段】この鋼板は、質量%で、C:0.05〜0.30%、Si:0.2〜2.0%、Mn:2.0〜4.0%、Al:0.001〜2.000%、P:0.100%以下、S:0.010%以下、N:0.010%以下、Ti:0〜0.100%、Nb:0〜0.100%、V:0〜0.100%、Cu:0〜1.00%、Ni:0〜1.00%、Mo:0〜1.00%、Cr:0〜1.00%、...

  2. 【課題・解決手段】母材および溶接熱影響部の低温靭性に優れた高Mn鋼において、さらに優れた延性を与えるための方途について提案する。C:0.10%以上0.70%以下、Si:0.05%以上1.00%以下、Mn:15.0%以上30.0%以下、P:0.030%以下、S:0.0070%以下、Al:0.01%以上0.07%以下、Cr:2.5%以上7.0%以下、N:0.0050%以上...

    高Mn鋼およびその製造方法

  3. 【課題・解決手段】抵抗スポット溶接方法の提供を目的とする。本発明は、2枚以上の鋼板を重ね合わせた板組を、一対の電極で狭持し、加圧しながら通電して接合する抵抗スポット溶接方法であって、電流値Iw(kA)で通電する主通電工程を行い、その後、焼き戻し後熱処理工程として、式(1)に示す冷却時間tct(ms)で冷却した後、式(2)に示す電流値It(kA)で、式(3)に示す通電時...

    抵抗スポット溶接方法、抵抗スポット溶接継手の製造方法

  4. 【課題・解決手段】本開示は、微細共晶型組織を有するアルミニウム合金製品、およびその製造方法の様々な実施形態に関する。微細共晶型組織を有するアルミニウム合金製品を製造する方法は、付加製造供給原料の少なくとも一部を付加製造供給原料の液相線温度より高い温度に選択的に加熱することを含み、それにより溶融池を形成し、溶融池を冷却し、それにより凝固した塊を形成する。

    微細共晶型組織を有するアルミニウム合金製品、およびその製造方法

  5. 【課題・解決手段】本発明の課題は、機械強度及び導電率を両立できる、銅合金から構成される積層造形用銅合金粉末、積層造形物の製造方法及び積層造形物を提供することである。本発明の一側面は、銅に対する固溶量が0.2at%未満である添加元素を含有する積層造形用銅合金粉末である。

  6. 【課題・解決手段】素材や製造に要するコストを抑えることのできる、低温靱性に優れた高Mn鋼について提供する。質量%で、C:0.100%以上0.700%以下、Si:0.05%以上1.00%以下、Mn:20.0%以上35.0%以下、P:0.030%以下、S:0.0070%以下、Al:0.01%以上0.07%以下、Cr:0.5%以上7.0%以下、N:0.0050%以上0.05...

    高Mn鋼およびその製造方法

  7. 【課題】新たな成分設計の指針に基づいて、大入熱溶接用高強度鋼板を提供する。【解決手段】質量%で、C:0.040%〜0.200%、Mn:0.30%〜1.60%、Ni:1.00%以上、2.50%未満、Al:0.03%〜0.10%を含有し、Si、P、S、Ti、N、Oの含有量を制限し、Mn/Niが0.80以下であり、残部がFe及び不純物からなり、下記(1)式で計算される炭素当...

    大入熱溶接用高強度鋼板

  8. 【課題】表面性状が改善された無変態組織を有する鋼板のためのスラブを製造する方法を提供する。【解決手段】無変態組織を有する鋼板のためのスラブの製造方法であって、150超〜400mmの厚さを有するスラブを連続鋳造する鋳造工程、及び鋳造されたスラブを切断することなしに、前記スラブの板厚中心温度が1000℃以上の条件下で圧延を実施して動的再結晶を発現させる圧延工程を含むことを...

    スラブの製造方法

  9. 【課題】新規な構成により、TSCRプロセスを利用して表面性状が改善された無変態組織を有する熱延鋼板を製造するための方法を提供する。【解決手段】連続鋳造と熱間圧延が直結された連続鋳造−直送圧延設備を用いた無変態組織を有する熱延鋼板の製造方法であって、50〜150mmの厚さを有するスラブを連続鋳造する鋳造工程、及び鋳造されたスラブを切断することなしに粗圧延し、次いで仕上げ...

    熱延鋼板の製造方法

  10. 【課題】ターゲット内部の磁性分布の偏りが小さいNi系スパッタリングターゲット、及び、これを用いて形成されたシード層を有する磁気記録媒体を提供する。【解決手段】Ni系スパッタリングターゲット及び磁気記録媒体のシード層が、添加元素Mと、Fe及びCoのうちの少なくとも1種の元素とを含有し、残部がNi及び不可避的不純物からなるFe−Ni−Co−M系合金からなる。Fe−Ni−C...

  11. 【課題】本発明は、少なくとも2枚以上の鋼板を接合する両面摩擦撹拌接合方法および両面摩擦撹拌接合装置を提供する。【解決手段】対向する一対の回転ツールを少なくとも2枚以上の鋼板の未接合部の表面側と裏面側にそれぞれ配置し、未接合部に回転ツールを押圧し、回転ツールを互いに逆方向に回転させながら接合方向に移動することにより、鋼板同士を摩擦撹拌接合する両面摩擦撹拌接合方法であって...

    両面摩擦攪拌接合方法および両面摩擦攪拌接合装置

  12. 【課題】ハイエントロピー合金が有する高い耐腐食性を犠牲にすることなく、従来よりも更に高い機械的特性を示す積層造形合金材を製造するための、金属積層造形用混合粉末を提供する。【解決手段】本発明に係る金属積層造形用混合粉末は、前記混合粉末は、合金粉末と酸素原子供給源酸化物の粉末との混合物であり、前記混合粉末の金属組成は、Co、Cr、Fe、Ni、Tiの各元素をそれぞれ5原子%...

    金属積層造形用混合粉末

  13. 【課題】腐食減量が少なくて耐食性に優れると共に、耐力および衝撃強度に優れたAl−Mg−Si系アルミニウム合金押出引抜材を提供する。【解決手段】Si:0.95質量%〜1.25質量%、Mg:0.80質量%〜1.20質量%、Cu:0.30質量%〜0.50質量%、Mn:0.40質量%〜0.60質量%、Fe:0.15質量%〜0.30質量%、Cr:0.09質量%〜0.21質量%、...

    Al−Mg−Si系アルミニウム合金押出引抜材及びその製造方法

  14. 【課題】積層造形後の後熱処理を不要とし、従来と同等以上の強度を有する積層造形体を得ることができる積層造形用粉末、積層造形体および積層造形体の製造方法の提供。【解決手段】Tiを0.1質量%以上6質量%以下、Bを0.2質量%以上2質量%以下含む鉄基合金を有することを特徴とする積層造形用粉末。さらに、Cを0.08質量%以下、Mnを2質量%以下、Niを10質量%以上15質量%...

    積層造形用粉末、積層造形体および積層造形体の製造方法

  15. 【課題】ばねとして用いた際の所要の高い強度を有するとともに、エッチング性が良好であり、へたりが小さく、オートフォーカスカメラモジュール等の電子機器部品に使用される導電性ばね材として好適に用いることのできるチタン銅箔を提供する。【解決手段】本発明のチタン銅箔は、Tiを1.5〜5.0質量%で含有し、残部がCu及び不可避的不純物からなり、圧延方向に平行な断面をSTEM−ED...

    チタン銅箔、伸銅品、電子機器部品及びオートフォーカスカメラモジュール

  16. 【課題】母材および溶接熱影響部の低温靭性に優れた高Mn鋼において、さらに優れた延性を与えるための方途について提案する。【解決手段】C:0.10〜0.70%、Si:0.05〜1.0%、Mn:15〜30%、P:0.030%以下、S:0.0070%以下、Al:0.01〜0.07%、Cr:2.5〜7.0%、N:0.0050〜0.0500%およびO:0.0050%以下を含有し、...

    高Mn鋼およびその製造方法

  17. 【課題】試料の磁気特性を精密かつ容易に高温の状態で測定し、これによって高温の試料における劣化を、試料を測定のために冷却することなく検知する。【解決手段】磁気センサは、コの字形状のヨーク10と、ヨーク10に巻回された励磁コイル21と、励磁コイル21と異なる箇所でヨーク10に巻回された検出コイルを具備する。ヨーク10においては、ヨーク本体11に対して予め測定温度において安...

    磁気センサ及びこれを用いた材料評価方法、磁気センサの製造方法

  18. 【課題】圧延材の先尾端部を含む板幅エッジ部を精度よく検出して圧延材の長手方向に変化する圧延材の先端部の反り量を精度よく、且つ、安価に測定可能な圧延材の反り量測定方法及び反り量測定装置を提供すること。【解決手段】本発明に係る圧延材の反り量測定方法は、熱間圧延ラインの圧延機前後における圧延材の反り量を測定する圧延材の反り量測定方法であって、可視光から近赤外の波長帯の輝度を...

    圧延材の反り量測定方法及び反り量測定装置

  19. 【課題】母相からなるセルの大きさを小さくすると共に高い電気抵抗率を有する物質によって構成されるセル境界相によって個々のセルを電気的に絶縁することにより渦電流損失を十分に低減することができる鉄基軟磁性材料の製造方法を提供する。【解決手段】鉄からなる第1元素と、銅からなる第2元素と、少なくとも硫黄を含むカルコゲンからなる第3元素と、前記第1元素と前記第2元素と前記第3元素...

    鉄基軟磁性材料の製造方法

  20. 【課題】粒界酸化層の除去工程を省略、または粒界酸化層の除去工程における除去量を削減する【解決手段】C:0.25〜1.2質量%、Cr:2.0〜10.0質量%、P≦0.03質量%、およびS≦0.03質量%を含む炭素合金鋼板について、熱間圧延後の酸化スケール除去前に上記炭素合金鋼板を570〜720℃まで昇温し、5〜40時間均熱することにより焼鈍を実施し、室温に冷却する。

    炭素合金鋼板および炭素合金鋼板の製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 48