燃料電池発電機 に関する公開一覧

燃料電池発電機」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「燃料電池発電機」の詳細情報や、「燃料電池発電機」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「燃料電池発電機」の意味・用法はこちら

21〜40件を表示(101件中)2/6ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明はスタック(5)として積み重ねられ、電気負荷(6)に供給するように構成された複数の燃料電池を備え、スタック(5)に供給されるガス燃料を発生させる手段(2)と、前記ガス燃料の消費の結果、前記スタック(5)内に発生した熱流の少なくとも一部を除去する手段(7、10)とを備える発電機(1)であって、ガス燃料を発生させる前記手段(2)を所定の温度範囲内に...

    燃料電池発電機およびその管理方法

  2. 【課題・解決手段】水素から電力、および、電力から水素を生成するためのシステム(1)であって、貯蔵された水素から電力を生成する燃料電池(7)と、電力から水素を生成する電界槽スタック(9)とを備える可逆式電力−水素変換ステージ(2)と、可逆式電力−水素変換ステージ(2)に供給され、またはそこから生成される水素の圧力を変更する水素圧力変更ステージ(3)と、可逆式電力−水素変...

    水素から電力および電力から水素を生成するためのシステムの作動の管理

  3. 【課題】今まで静電気は、やっかいな存在としてだけ捕らえられて来ていた。【解決手段】 静電気装置の先にミクロの網を取り付けて静電気を放電した超ミクロのプラス波静電気と超ミクロのマイナス波静電気方法と電気抵抗の含まない電気の陽電子電気及び陰電子電気の何れかを、使用した体のコリと腫瘍を超ミクロ静電気治療によって生き物の細胞を、電気分解してほぐす装置の著作権原本。

    地方経営の医療施設の技術向上と国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の圧電素子陽電子静電気及び圧電素子陰電子静電気細胞蘇生リバビリテイション装置著作権原本(北海道知事著作権郵便物受理書付)

  4. 【課題】従来の、特許庁方針と経済産業省方針では、明治時代の共産党時代から続く国宝財産とする弱者国民意見の門前払いとした国の税収不足の対応と国民個人の知的所有財産では、日本国経済の安定の為の技術手助けの技術発明と考案の発想立案は、弱者国民に有りえない為、国の借金全額返済が、第一前提の提案でも特許提出の無料化など必要無い事と国の借金返済は、特許庁と経済産業省公務で無い為と...

    地方の売電利益を、上げる為と海外水力と火力と原子力発電の高出力ダイナモの増量発電技術の海外売電契約の国と都道府県市町村の全額借金返済の為の決定的な電力不足を、補う為の一般に知られて入る半永久の水力ダムの高出力ダイナモ積載の増幅発電型の半永久型の水循環増幅発電システム。

  5. 【課題】従来の農業及び漁業及び林業及び中小企業は、知的所有財産の特許権等が無かった為、大企業の下請け仕事の大企業の経費処理作業の為、大企業が、取り決めている商品の値段に基づく生活管理社会の為、日本の国の全額借金返済生活から抜け出せない国税と言う借金放棄出来ない事実を抱えていた。【解決手段】農業及び漁業及び林業及び中小企業の日本の過去から海外と異なった技術で作り上げて来...

    国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済後に対して自給自足型の農業及び漁業及び林業及び中小企業が世界トップの日本円銀行団体と世界最高銀行団体に成る為の完全自給自足物流通システムに対しての知的所有財産を使った財団経営の未来的農業漁業林業一体型中小工企業体システム。

  6. 【課題・解決手段】回転電気機械は、開放スロット構成と、各々周囲にコイルが位置づけられた複数の固定子極とを有する固定子を備える。各コイルは、ワイヤグループを画定する複数の導電性ワイヤを有し、ワイヤグループは、固定子極の周囲を全般的に周回させられて複数の巻回を画定している。ワイヤグループの少なくとも一部は捩られており、ワイヤグループのその一部は、巻回毎に約1〜5つの捩れを...

    回転電気機械のコイル及び固定子アセンブリ

  7. 【課題】気流中に混合された粉体を旋回気流から分離し捕集するサイクロン装置に関し、サブミクロンサイズの微粉体の捕集効率を高める。【解決手段】気流導入セクション12は、コニカルセクション13に向かって漸次拡径した球面部112Aと、球面部112Aに設けられ粉体混合気流を接線方向から導入する気流導入部14とを有するものであり、コニカルセクション13が、球面部112Aに接続し、...

    サイクロン装置

  8. 【課題】本発明の課題は、永久磁石の反発力を利用した低コスト高効率発電装置を提供することにある。【解決手段】前記回転円盤Aの円周上に前記貫通穴Aに回転軸と同方向の磁性を有する永久磁石AをN極・S極何れか一方の方向に揃えて挿入・固定し、前記回転円盤Aの両側には前記回転円盤Aと同じ円周上に前記回転円盤Aと同じ等間隔の貫通穴を有する固定円盤B及びCを前記回転円盤Aと対向する位...

    低コスト高効率型発電装置

  9. 【課題】本発明の課題は、永久磁石の反発力を利用した低コスト高効率発電装置を提供することにある。【解決手段】前記回転円盤Aの円周上に前記貫通穴Aに回転軸と同方向の磁性を有する永久磁石AをN極・S極何れか一方の方向に揃えてn個挿入・固定し、前記回転円盤Aの両側には前記回転円盤Aと同じ円周上に前記回転円盤Aと同じ等間隔の貫通穴を有する固定円盤B及びCを前記回転円盤Aと対向す...

    低コスト高効率型発電装置

  10. 【課題】災害等が発生して、逆潮流させる要望が生じた際に、需要者にて逆潮流させるか否かを電力供給元が管理しつつ、分散型電源システムからの余剰電力を電力系統に逆潮流させることができる化石燃料を用いて発電させる分散型電源システムを提供する。【解決手段】制御切替判定手段は、電力供給元から通信装置を介して受信した逆潮流を許容する旨の情報に基づき、逆潮流禁止制御から逆潮流許可制御...

    分散型電源システム

  11. 技術 電気機器

    【課題】ユーザが電力の使用状態を容易に把握できるようにする。【解決手段】電気機器(1)に、電力供給源を商用電源(2)、自家発電装置(3)、および蓄電装置(4)のうちのいずれかに切り替える電源切替部(12)と、音声出力部(20)と、電源切替部(12)が選択している電力供給源と当該電気機器(1)の動作状態とに対応する音声情報を音声出力部(20)に出力させる制御部(11)とを設ける。

    電気機器

  12. 【課題】永久機関に対して、電気連続増幅発電機関の更なる発展と全自動ロボット家電の更なる発展。【解決手段】全自動ロボット家電のロボットタイムトラフイックマシンコンピューター全自動音声認識とジェスチャーカメラ認識と指絵文字ジェスチャー認識と非常事態緊急救護連絡家電装置の全自動インプット型の人の全自動音声認識とジェスチャーカメラ認識と指絵文字ジェスチャー認識と非常事態緊急救...

    国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産のもし石炭石油天然ガス水素が無くなった場合の世界像と対処の有り方対処の為の全自動ロボット家電システム装置の著作権原本。

  13. 【課題】従来の、カメラ及びコピー機では、手書き文書図を、全て読み込んで、ワード及びエクセルの様な、一般に使う文字と絵の文書化が出来なかった装置。【解決手段】手書き文字のを、複数カメラの6種形状文字読み込み認識データー収録装置によって、文字の種類によって、それぞれのカメラが、一度に文字種ごとに読み見込んで、理解して専用の文字と図線に全自動変換出来るカラーライトラインカメ...

    国会議員が必ず読んで借金返済対策を決めなければ成らない国と都道府県市町村区の全額借金返済の為の著作権5000図未満の公開文書図と著作権編集機著作権原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって著作権編集機著作権原本商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の新技術の著作権物技術。

  14. 【課題】従来から運転されてきた揚水発電は水のポンプアップと言う無駄なエネルギーを必要とするために効率は70%を超えるのは無理と言われてきた。燃料電池に寄る発電は技術革新が飛躍的に進みこれ以上の効率化は難しいと言われている。【解決手段】本発明は通常の水力発電設備に下部の発電機の近くに電気分解装置或いは炭化水素改質などの水素発生装置を設置し、上部調整池近くには燃料電池を設...

  15. 【課題】コストアップとならずに、発電装置が電力系統から給電されない状態となった際に、電力系統の異常とブレーカの作動のいずれかを判別することができる分散型電源システムを提供する。【解決手段】 発電制御部35は、貯湯制御部62との通信状態が異常であると判定した場合に、電力系統200が異常であると判定する。一方で、発電制御部35が、貯湯制御部62との通信状態が正常であると...

    分散型電源システム

  16. 【課題】例えば貯湯ユニットを大型化させなくても、所望の蓄熱量を確保することができるコジェネレーションシステムを提供すること。【解決手段】燃料電池システム1では、運転制御装置20によって、貯湯ユニット3における蓄熱量の予測値に基づいて電気ヒータ9が制御される。そのため、貯湯ユニット3における蓄熱量の予測値が所望の蓄熱量にならないと判断される場合には、電気ヒータ9によって...

    コジェネレーションシステム

  17. 【課題】従来のハイブリットの、豊田自動車製では、世界最速高速充電装置と世界最速充電バッテリーの重水素量を少なく調整した軽水素ニッケルバッテリー技術などの無いダイナモ発電も、通常のダイナモ発電技術しか無い本田技研のハイブリット技術同様の化石燃料を燃やさなければ、動かないハイブリット技術。【解決手段】水素爆発の少ない軽水素トリチウム内蔵の炭素シリコンソーラーパネルと軽水素...

    パワーアップハイブリッド車

  18. 【課題】インバータの単独運転の検出精度を向上させる。【解決手段】単独運転検出装置では、分散型電源PVが連系する柱上変圧器TRの励磁電流imを推定する際に、高調波推定手段が、分散型電源が連系する系統の柱上変圧器の励磁電圧Vm、前記柱上変圧器の励磁電圧の周波数fとの比であるVm/f比の値を基に、柱上変圧器TRの励磁電流の2成分である磁化電流ImLと鉄損電流Imrのそれぞれ...

    単独運転検出方法、及び単独運転検出装置

  19. 【課題】放射能廃棄物を少なくする発電方法を提供する。【解決手段】原子力廃棄物を少なくする為に、電子熱核燃料核融合臨界温度調整を電子熱制御で行い、圧縮酸素高温圧力装置を使用して蒸気タービン間での距離をスクリュー管使用によって、蒸気スピードを増してタービンを回転させて、圧電素子磁石内蔵のダイナモ装置を回転作動発電出来る原子力発電で有り、放射能線と液体シリコン合成の人工ダイ...

    電子熱核燃料原石核融合発電と放射能廃棄物処理方法。コメント2008年6月19日(木)PM14時17分34秒薄曇りのまま美馬牛市街地先程は見かけぬ客人の鳥が来ていた明日給料日カンキチ原子力処理装置先知的所有財産書き急ぐ事する。

  20. 【課題】変圧器励磁電流を推定することなく、変圧器励磁電流により生じる高調波電流と同期化して能動信号を注入できる、単独運転検出装置及を提供する。【解決手段】分散型電源装置G1は、連系点X1で生じている変圧器励磁電流に起因する高調波電圧Vn1から能動信号の位相を推定する。推定手順は、まず連系点の電圧Vn1からフィルタ処理を行ってk次高調波電圧の振幅と位相を検出する。次に、...

    単独運転検出装置、分散電源装置、同期検出方法、及び系統連系制御方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6