熱可塑性 に関する公開一覧

熱可塑性」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「熱可塑性」の詳細情報や、「熱可塑性」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「熱可塑性」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(5,504件中)1/276ページ目

  1. 【課題】直接染料を使用して改善された色強度及び色持続性をケラチン繊維にもたらすことができる、毛髪等のケラチン繊維を着色するための新たな方法を提供すること。【解決手段】本発明は、ケラチン繊維、好ましくは毛髪を着色するための方法であって、(i)(a)アルキルアミノスルホン酸並びに式(I)及び(II)のものから選択される少なくとも1種の化合物、(b)少なくとも1種の直接染料...

  2. 【課題】肌対向面側に設けられた凹部により、軟便の拡散を安定して抑える。【解決手段】吸収性物品の積層体10の肌対向面側には、溝状の凹部70が格子状に延設されている。着用者の肛門が対向する肛門対向部11を中心とするように規定された直径100mmの円形領域10Aに含まれる凹部70の容積は、1.5cm3以上、15cm3以下である。また、積層体10の長手方向に延びるともに肛門対...

    吸収性物品

  3. 【課題】製造工程における搬送手段に対するブロッキングを抑制し、かつ、屈曲性に優れた粘着シート基材及びその製造方法、並びに、前記粘着シート基材を備えた粘着シートの提供。【解決手段】粘着シート基材用材料Aを用いてシート状に成形した成形物の少なくとも一方の表面に、表面の算術平均粗さ(Ra)が1.5μm〜20μmである転写部材を当接させ剥離させることにより、表面のクルトシス(...

    粘着シート基材及びその製造方法、並びに、粘着シート

  4. 【課題】複合材用のドライプリフォームの賦形後において繊維の配向をより良好な配向にできるようにすることである。【解決手段】実施形態に係るプリフォーム賦形方法は、シート状の繊維を積層することによって複数の繊維層を有する繊維の積層体を製作するステップと、積層後又は積層中にシート状の繊維を折曲げることによって少なくとも一方が曲面である第1の面と第2の面を連結した形状を有するプ...

    プリフォーム賦形方法及び複合材成形方法

  5. 【課題】第一に、金属ないしは合金からなる物質で覆われた熱可塑性エラストマーの原料の集まりを製造する。第二に、前記原料の集まりを、安価な原料を用い、極めて簡単な処理で製造する。第三に、熱融解し、圧縮変形した原料を、金属ないしは合金からなる物質が、継続して覆い続ける。第四に、隣り合う圧縮変形した原料を覆う金属ないしは合金からなる物質が互いに金属結合し、隣り合う圧縮変形した...

    金属ないしは合金の性質と自己発火せず着火しない不燃性を兼備する熱可塑性エラストマーからなる成形体の成形方法

    • 公開日:2020/03/26
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2020-045393号
  6. 【課題】燃料低透過性に一層優れる成形体を得ることができるフッ素ゴム組成物を提供すること。【解決手段】フッ素ゴムおよび充填材を含有するフッ素ゴム組成物であって、前記フッ素ゴムのフッ素含有率が、65〜73質量%であり、前記充填材が、膨張化黒鉛、板状アルミナおよび板状窒化ホウ素からなる群より選択される少なくとも1種であり、前記充填材の含有量が、前記フッ素ゴム100質量部に対...

  7. 【課題】回転軸を軸心で位置決めして支持するとともに、異音の発生を抑制することができる軸受取付構造及び画像形成装置を提供する。【解決手段】回転軸の軸受を回転軸を保持する保持部の取付孔に取り付ける軸受取付構造であって、軸受は取付孔に取り付けられた際に保持部と接触する鍔部を有し、鍔部と保持部との間に鍔部よりも弾性率が低い接触体を挟んだ状態で取付孔に取り付けられ、接触体は、鍔...

    軸受取付構造及び画像形成装置

  8. 【課題】ケーブルに紙などが付着しないように構成する複合ケーブルなどを提供する。【解決手段】導体線21aの周囲を絶縁体21bで被覆したブレーキ線21を有し、車輪の回転を抑える制動機構300に接続する電気ブレーキ用ケーブル20と、導体線31aの周囲を絶縁体31bで被覆した複数の信号線31および複数の信号線31を被覆したWSSジャケット32を有し、車輪の回転速度計測に用いる...

    複合ケーブルおよびワイヤハーネス

  9. 【課題】軽量でありながら、異物の接触に対する良好な耐久性、及び、良好な吸音性を有する車両用アンダーカバーを提供する。【解決手段】一体的に成形された車両用アンダーカバー1は、基材層10、外層20、及び、合成樹脂層30を含む。基材層10は、無機繊維11、及び、固化した熱可塑性バインダー12を含んでいる。外層20は、合成樹脂繊維21、及び、固化した熱可塑性バインダー22を含...

    車両用アンダーカバー

  10. 【課題】柔軟性と耐熱性が両立されたタイヤ用インナーライナーシートを提供する。【解決手段】タイヤ用インナーライナーシートは、(A)アミド結合含有樹脂を含む樹脂組成物からなり、JISK7161により測定される特性が、以下の条件(i)、(ii)を満たす。(i)23℃、MD(方向)における降伏点応力が、1MPa以上15MPa以下。(ii)23℃、MD(方向)における破断強度が...

    タイヤ用インナーライナーシートおよびタイヤ

  11. 【課題】熱膨張層の基材からの剥離を抑制した成形シート、成形シートの製造方法、シート及びシートの製造方法を提供する。【解決手段】成形シートは、第1主面22と第1主面の反対側の第2主面とを有する基材と、熱膨張微粒子33b、35bを含み第1主面22の上に積層された、N(Nは2以上の整数)層の熱膨張層32、34と、を備える。M(Mは2以上N以下の整数)層目の熱膨張層34に含ま...

    成形シート、成形シートの製造方法、シート及びシートの製造方法

  12. 【課題】ケーブルに紙などが付着しないように構成する複合ケーブルなどを提供する。【解決手段】導体線21aの周囲を絶縁体21bで被覆したブレーキ線21を有し、車輪の回転を抑える制動機構300に接続する電気ブレーキ用ケーブル20と、導体線31aの周囲を絶縁体31bで被覆した複数の信号線31および複数の信号線31を被覆したWSSジャケット32を有し、車輪の回転速度計測に用いる...

    複合ケーブルおよびワイヤハーネス

  13. 【課題】硬化物の特性として、低誘電特性、高耐熱性、低弾性率及び低吸水率を実現できる、低粘度の熱硬化性樹脂組成物を提供する。【解決手段】(A)熱硬化性樹脂と、ダイマー酸から誘導されたジアミンであるダイマージアミンとマレイン酸無水物とを反応させて得られる、(B)ビスマレイミド樹脂と、(C)重合開始剤及び(D)硬化促進剤の少なくとも一方と、を含有し、(A)熱硬化性樹脂が、ダ...

  14. 【課題】外装体と電極体との短絡を効果的に防止する。【解決手段】蓄電素子1は、電極体5と、絶縁性のカバー7と、外装体2と、タブ6と、を備える。電極体5は、第1方向d1に積層された第1電極10及び第2電極20を有する。カバー7は、第1方向d1に非平行な第2方向d2における一側に位置する電極体5の一側部分5aを第2方向d2における他側に開口した開口部7aから収容する。カバー...

    蓄電素子、蓄電素子の製造方法

  15. 【課題】本発明は、保護層の上から斜め方向に加わるXY軸方向の応力(せん断力)の接地圧分布を算出できる圧力センサーシートを提供することを目的とする。【解決手段】第一電極と第二電極との間に形成される絶縁層が所定の特徴をもつ弾性体で構成されており、タイヤ、靴底、トラックポイントなどの真の接地状態を測定するための装置に使用できるようにした。

    圧力センサーシート

  16. 【課題】本発明は、保護層の上から斜め方向に加わるXY軸方向の応力(せん断力)の接地圧分布を算出できる圧力センサーシートを提供することを目的とする。【解決手段】第一電極と第二電極との間に形成される絶縁層が異なる特性をもつ複数層で構成されている発明であり、タイヤ、靴底、トラックポイントなどの真の接地状態を測定するための装置に使用できるようにした。

    圧力センサーシート

  17. 【課題】 従来の圧力センサーシートでは、斜め方向から加わるせん断力の接地圧分布を測定することはできない。したがって、接地面との真の接地状態を測定することになっておらず、性能等を測定する試験装置としては不十分であるという問題があった。本発明は、その問題を解決できる圧力センサーシートを提供する。【解決手段】 絶縁層に階調を設けることで、ノイズとなる内部応力歪みを減少さ...

    圧力センサーシート

  18. 【課題】従来技術の第1線状電極と第2線状電極とが交差するパターンでは、そのセンシング部の上または下の方向と右または左の直交する二方向に引き回し配線を設けるためのスペースが必要になる。その引き回し配線が形成された領域では圧力値の検出ができないため、タイヤ等の走行方向の圧力測定できる範囲が非常に短い長さの範囲に制限されてしまう問題があった。【解決手段】少なくとも前記第一電...

    圧力センサーシート

  19. 【課題】 プリプレグを構成する樹脂と強化繊維束のカップリングと強化繊維束同士の干渉を考慮し、かつ良好な要素品質の有限要素モデルの作成が可能で、動的陽解法を要する問題にも好適に使用することができるプリプレグの有限要素解析手法を提供する。【解決手段】 樹脂と強化繊維束からなるプリプレグの有限要素解析手法であって、前記樹脂の材料特性と前記強化繊維束の材料特性を決定するス...

    プリプレグの有限要素解析手法

  20. 【課題】プリプレグのマルチスケール解析手法を提供する。【解決手段】プリプレグの材料特性を決定するステップと、前記プリプレグを均一な連続体として扱うマクロスケールモデルを作成し、解析を実行するグローバル解析実行ステップと、前記解析ステップで処理された前記モデルの各要素の変位情報取得ステップと、樹脂と強化繊維束それぞれの材料特性を決定するステップと、樹脂要素と強化繊維束要...

    プリプレグのマルチスケール解析手法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 4690