煉瓦屑 に関する公開一覧

煉瓦屑」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「煉瓦屑」の詳細情報や、「煉瓦屑」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「煉瓦屑」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(200件中)1/10ページ目

  1. 【課題】出鋼孔の入側の一部に溶損が存在していたとしても、溶融スラグの炉外への流出をより確実に防止すること。【解決手段】本発明に係る転炉内スラグの流出防止方法は、転炉から溶銑及び/又は溶鋼を取り出す際の転炉内スラグの流出防止方法であって、転炉に設けられた出銑孔及び/又は出鋼孔を閉塞させるスラグカットボールと、平均粒径が50mm以下であり、かつ、融点が1500℃以上である...

    転炉内スラグの流出防止方法

  2. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ後処理の考慮を不要にした反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】CaF2を用いない溶銑脱硫処理であって、質量%で、CaO濃度を35〜60質量%確保し、Al2O3をCaOの0.5〜0.8倍の割合で含有し、かつ、酸化鉄濃度を6質量%以上、SiO2濃度を5質量%以下の精錬スラグを用いて溶銑温度136...

    溶銑脱硫方法

  3. 【課題】水蒸気エージング処理および溶融スラグへの酸素の吹き込みを行うことなく水和膨張を抑制できるスラグの改質方法を提供する。【解決手段】スラグの改質方法であって、鉄含有原料と、乾電池と、CaOを含有する造滓剤とを電気炉で溶解し、溶解して得られた溶鋼の表面に形成される溶融スラグの酸化マンガン濃度を10質量%より高くする。

    スラグの改質方法および路盤材の製造方法

  4. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ高温での溶銑操業を回避した反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】Si濃度が0.3〜1.0質量%の溶銑に対して、CaO濃度が35〜60質量%、(Al2O3+SiO2)/(CaO)が0.5〜0.8、(SiO2)≦0.8×(Al2O3)、酸化鉄濃度が6質量%以上の条件を満たす精錬スラグを用い、溶銑...

    溶銑脱硫方法

  5. 【課題】煉瓦解体前に行う窯口開口部の工事作業者の安全を確保するために、燃焼室煉瓦の崩落を防止する窯口開口部養生の工法を提示する。また、煉瓦解体前の工程ネック「炉蓋撤去」を効率化して工期短縮する工法を提示する。【解決手段】PS側(プッシャーサイド)又はCS側(コークサイド)に解体機を設置し、解体機を設置した反対側に向かって煉瓦解体を進めるコークス炉の解体方法において、煉...

    コークス炉の解体方法

  6. 【課題】鉱物精鉱を凝集できる重合体粒子の担体と、その担体を含む、浸出に大きく耐える、鉱物精鉱から金属価値を回収するのに適切な浸出法を提供する。【解決手段】ポリプロピレン担体及び鉱物精鉱から、鉱物精鉱の薄膜で覆われたポリプロピレン担体で構成された集合体を形成する工程と、集合体を処理する場所に運搬する工程と、集合体を充填床反応器に充填する、又は、集合体の堆積を形成する工程...

  7. 【課題】高P溶銑を脱リンしてリン酸肥料原料を製造する際に、製造条件の制御をより緩和した肥料効果が高いリン酸肥料原料の製造方法を提供する。【解決手段】転炉もしくは取鍋において、C濃度が3.0〜5.0質量%、Si濃度が0.01〜0.40質量%、Mn濃度が0.01〜1.40質量%、P濃度が0.8〜4.0質量%の溶銑に対して、脱燐剤として、酸化マグネシウム、炭酸マグネシウム、...

    リン酸肥料原料の製造方法

  8. 【課題】転炉の操業回数によらず排出孔から流出するスラグ量を抑制できるスラグの流出防止装置を提供する。【解決手段】転炉の出銑又は出鋼時に、溶銑又は溶鋼を排出する排出孔を閉塞するためのヘッド部と、前記ヘッド部を前記排出孔に投入する際に保持されるガイド部とを少なくとも備えた流出防止具の周りに、スラグの粘度又は見かけの粘度を高める物質を付帯する。

    スラグの流出防止装置

  9. 【課題】上底吹き転炉型精錬容器において、ランスを回転させる以外の方法で、吹錬中に連続的に火点を移動させることが可能な上吹きランスおよびそれを用いた転炉吹錬方法を提供する。【解決手段】上吹きランスのノズル部に形成された複数の噴出孔はそれぞれ、ノズルの中心軸に垂直な断面が円形である2つのノズルが合流して共有する噴出孔であり、第1のノズルのねじれ角をα、第2のノズルのねじれ...

    上吹きランス及びそれを用いた転炉吹錬方法

  10. 【課題】高P溶銑を脱リンしてリン酸肥料原料を製造する際に、製造条件の制御をより緩和した肥料効果が高いリン酸肥料原料、ケイ酸リン酸肥料原料、及び、これらの製造方法を提供する。【解決手段】CaO、MgO、SiO2、P2O5、酸化鉄(Fe換算)、Al2O3及びMnOを合計で70質量%以上含有し、MgOが10質量%以上、P2O5が10質量%以上、CaO/MgOが質量比で0.3...

    リン酸肥料原料、ケイ酸リン酸肥料原料及びこれらの製造方法

  11. 【課題】室炉式コークス炉の特定の炉団を改修するためにコークス炉煉瓦を解体するに際し、解体中の炉団の前を押出機が通行することが可能となる、コークス炉煉瓦の解体方法を提供する。【解決手段】隣接するバックステイ2の上部同士を横梁11で連結し、コークス炉団の炉団長方向34両端に存する擁壁4とバックステイ2の上部との間を連結梁12で連結し、その後にコークス炉煉瓦を解体する。バッ...

    コークス炉煉瓦の解体方法

  12. 【課題】アルミナセメントの風化を抑制することで、不定形耐火物施工時に水と混合した時の流動性の低下や、発熱・硬化の遅延を防ぎ、且つ、充分な強度を確保する。【解決手段】常温で液体であってアルミナセメント表面に強固な結合を形成するシクロアルカノンを処理剤としてアルミナセメントに被覆することにより、長期安定性を有し、施工時に充填不良を起こしにくい、アルミナセメント及びそれを用...

  13. 【課題】外燃式熱風炉や炉頂燃焼式熱風炉などの、蓄熱室の炉体内に燃焼室が併設されない熱風炉でも、作業の簡素化および工期の短縮が図れる熱風炉の解体方法を提供する。【解決手段】蓄熱室10の炉体11の内部に多数のチェッカー煉瓦を積んで形成された煉瓦積層体13を有する熱風炉に適用され、煉瓦積層体13を解体して炉体11の外部へ搬出する熱風炉の解体方法であって、煉瓦積層体13の上面...

    熱風炉の解体方法

  14. 【課題】スラグの破泡と膨張を抑止することによりスラグのフォーミング現象を効率良く速やかに効果的に抑制する。【解決手段】スラグフォーミング抑制材は、バイオマス焼成灰を含む骨材10−80重量%、発熱材50重量%以下(0%を含まない)、物性調製材20重量%以下(0%を含まない)、結合材20重量%以下(0%を含まない)を含む原料を混合、混練した後、混練した原料全体に対して、鉄...

    スラグフォーミング抑制材及びその製造方法

  15. 【課題】ランス中心軸5の周りに4孔のノズル3を有する転炉吹錬用上吹きランス1を用いた転炉精錬において、ダスト低減のみならずスピッティングの発生を抑制して地金ロスの発生を低減することのできる転炉吹錬用上吹きランス1を提供する。【解決手段】転炉吹錬用上吹きランス1は、ランス中心軸5に垂直なランス先端面4とランス中心軸5、ノズル中心軸6との交点をそれぞれランス中心点7、ノズ...

    転炉吹錬用上吹きランス及び転炉吹錬方法

  16. 【課題】耐火物を粉砕後に粒径別に分級せずに再利用しても、転炉における耐火物を溶損させ難い連続鋳造用タンディッシュ耐火物の再利用方法を提供する。【解決手段】Al2O3−SiO2系耐火物12aの表面にMgOの被覆層12bが形成されてなる、連続鋳造用タンディッシュ耐火物12の再利用方法であって、使用済みの連続鋳造用タンディッシュ耐火物12を粒度45mm以下に粉砕し、同時脱燐...

    連続鋳造用タンディッシュ耐火物の再利用方法

  17. 【課題】鉱物精鉱を凝集できる重合体粒子の担体と、その担体を含む、浸出に大きく耐える鉱物精鉱から金属価値を回収するのに適切な浸出法を提供する。【解決手段】3〜20mmの重合体粒子で、無孔性で、比重の値が1以下で、酸性溶解液など強い酸性環境でも安定性を保ち、摩滅に強く、摂氏100度まで無変形である鉱物精鉱用担体に精鉱を安定的に付着させ、集合体を形成し、充填床反応器または堆...

  18. 【課題】溶銑脱りん処理と脱炭処理を同一炉で行う場合でも、1つのランスで高効率脱りんと高効率脱炭を実現可能とすることである。【解決手段】1つの上吹きランスで、溶銑の予備脱りん処理、およびその溶銑の脱炭処理を行う。上吹きランスは複数の同一形状のラバールノズルを有し、その各ノズルは所定範囲の同一のひねり角αおよび傾斜角βを有する。その1つの上吹きランスを用いて、溶銑の予備脱...

    溶銑の精錬方法

  19. 【課題】溶射補修後の溶射施工体の耐用性を向上でき、溶射施工体の炉壁からの剥落と寿命バラツキを抑制する。【解決手段】本発明のコークス炉炭化室の炉壁補修方法は、溶射施工前に、溶射材料が炉壁3に対して溶着して形成される溶射施工体31と炉壁3との間の剪断強さτが、炉壁3を構成する耐火物の強度よりも大きい強度を確保できるように、溶射施工時の溶射ノズル20の移動速度V、溶射材料の...

    コークス炉炭化室の炉壁補修方法

  20. 【課題】 既存のポルトランドセメント用のプレヒーター付きロータリーキルンの基本構造を変更することなく、効率よく水硬率(HM)が0.4以下である焼成物を得る。【解決手段】 プレヒーター最下段のサイクロンとロータリーキルン窯尻の間に設置された窯尻ハウジング内に散水する。これによってプレヒーター内に導入されるガス温度を効率よく低下させることができ、プレヒーターや原料の過...

    焼成物の製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10