焼き鳥 に関する公開一覧

焼き鳥」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「焼き鳥」の詳細情報や、「焼き鳥」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「焼き鳥」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(1,028件中)5/52ページ目

  1. 【課題】複数の検索方法を提供する統合的な検索インタフェースにおいて、ユーザ所望の検索方法と異なる検索方法が選択された場合でも顧客満足度を低下させないこと。【解決手段】特定部と制御部を具備する情報処理装置である。上記特定部は、第1の検索方法と、上記第1の検索方法とは異なる第2の検索方法で検索可能なデータに対する検索語句とを特定する。上記制御部は、特定した上記検索語句で上...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  2. 【課題】パンなどの乾熱加熱食品に適した新たな加熱風味増強剤の提供。【解決手段】下記A及びBの要件を満たす豆類抽出物を固形分換算で5質量%以上含む、乾熱加熱食品用風味増強剤。A)該豆類抽出物の原料が、予め加熱処理された豆類であること、B)該豆類抽出物中の炭水化物に対する蛋白質の含量比が、1〜400質量%。該加熱処理された豆類の水溶性窒素指数が15〜77であり、該豆類抽出...

  3. 【課題】畜肉加工品又は水産加工品の、低温への曝露に起因する食感低下、離水、及び/又は外観の悪化を一挙に改善し得る手段の提供。【解決手段】(1)トランスグルタミナーゼ、(2)加工でん粉、及び(3)トレハロース及びマルトシルトレハロースのいずれか又は両方を畜肉原料又は水産原料に作用させることを含む、畜肉加工品又は水産加工品の製造方法。

  4. 技術 調味液

    【課題】誰でも簡単に専門店のような味を再現できる、香ばしい香りと旨味が付与された調味液の提供。【解決手段】焼成した動植物性ガラから抽出された成分を含む醤油系の調味液であって、Brix値が20〜40であり、かつ、pHが4.0〜6.0である、調味液。塩分が8〜15質量%であり、フェニルアラニンの含量が200mg/100ml以上であり、バリンの含量が255mg/100ml以...

    調味液

  5. 【課題】待ち合わせの飲食店に遅れて到着するユーザが所望するメニューと、既に到着しているユーザが注文したメニューを考慮して提供時間を調整する。【解決手段】複数ユーザの会合に利用される飲食店の位置情報及びメニュー情報を含む飲食店情報と、ユーザに関するユーザ情報と、ユーザによる予約時刻を記憶し、予約時刻が到来した場合、飲食店に位置するユーザ端末から受信した位置情報を基に、飲...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  6. 【課題】 長期的視野に立つと共に、経験の浅い者にとっても、容易に発注数量を決定することができる発注支援システムを提供する。【解決手段】 製造工場に設置されたサーバ・コンピュータ2と、店舗に設置されたクライアント・コンピュータ3と、これらを接続するネットワーク4と、から発注支援システム1を構成する。サーバ・コンピュータ2には、コードマスターファイル21と、売上実績デ...

    発注支援システム

  7. 【課題】調理済みの総菜類などの加熱調理食品の作りたての美味しさや食感を維持させることができる方法を提供する。また、油脂組成物を練り込んだ際の成型性、作業性が良く、加熱調理後、冷凍し、再度、解凍・加熱した際にも、ソフトな食感が得られ、さらに自然解凍であっても、ソフト感が維持された調理食品を提供すること。【解決手段】油脂のSFC(固体脂含量)が10℃で5〜20%、20℃で...

  8. 【課題】高甘味度甘味料であるスクラロースの新規用途としての味噌風味増強剤、及び該味噌風味増強剤を使用した味噌食品の提供。【解決手段】スクラロースを含有する味噌風味増強剤。スクラロースを味噌風味の増強に有効な量含有する味噌食品。スクラロースを0.0001〜0.5重量%の割合で含有するすることが好ましい該味噌食品。スクラロースを味噌食品に配合することによる、味噌食品の味噌...

  9. 【課題】従前のU字状またはV字状の切れ込みによる舌片状の開口部を用いた水蒸気の排気に代わる新たな排気構造により良好な水蒸気排気を可能とし、同時に封止性能改善、異物混入抑制を実現し、併せて蓋体部の形状上の制約も少なく、資材コストの軽減にも有利な電子レンジ加熱食品用容器を提供する。【解決手段】容器本体部100と、容器本体部の開口部101と嵌合する蓋体部10とを備え、容器本...

    電子レンジ加熱食品用容器

  10. 【課題】従前のU字状またはV字状の切れ込みによる舌片状の開口部を用いた水蒸気の排気に代わる新たな排気構造により良好な水蒸気排気を可能とし、同時に封止性能改善、異物混入抑制を実現し、併せて蓋体部の形状上の制約も少なく、資材コストの軽減にも有利な電子レンジ加熱食品用容器を提供する。【解決手段】容器本体部100と、容器本体部の開口部101と嵌合する蓋体部10とを備え、容器本...

    電子レンジ加熱食品用容器

  11. 【課題】開始時の甘味、甘味の残味などの糖様の経時的プロファイル及び/又はより糖様の香味プロファイルを有する甘味料組成物を提供する。【解決手段】本発明は、概して、ノンカロリー又は低カロリーの天然及び/又は合成高甘味度甘味料を含む機能性甘味料に、及びその製造及び使用方法に関する。特に、本発明は、少なくとも1つのノンカロリー又は低カロリー天然及び/又は合成高甘味度甘味料、少...

    ミネラルを含む高甘味度甘味料組成物及びこれにより甘味を付与された組成物

  12. 【課題・解決手段】本発明は、幅広く利用可能で容易に製造でき、シャロットの調理感を付与し得る(A)2−メチル−3−メチルチオフラン及びベンズアルデヒドジメチルアセタールから選択される少なくとも1種、又は2−メチル−2−ペンテナール、ジメチルトリスルフィド、2−ペンチルフラン、ジプロピルジスルフィド及び3−ペンテン−2−オンからなる群から選択される少なくとも2種を含み、喫...

  13. 【課題・解決手段】本発明は、水性媒体に対して不溶である固形分及び/又は非混和である液状成分の分散性を向上、又は安定化する効果を奏する分散安定剤を提供すること課題とする。前記課題は、ウェランガムを含有する、分散安定剤によって解決される。

    ウェランガム含有組成物

  14. 【課題・解決手段】本発明の目的は、肉同士が十分に接着され、かつ軟化された接着肉を提供することにある。本発明は、原料肉に対し、(A)プロテアーゼを作用させること、(B)キレート剤及び/又はタンパク質を添加すること、及び(C)トランスグルタミナーゼを作用させることを含み、前記(A)の実施後に前記(C)が実施される、接着肉の製造方法に関する。

  15. 【課題・解決手段】以下の成分(A):油脂加工澱粉および成分(B):液状油を含む、食肉加工用液であって、食肉加工用液中の成分(A)の含有量が、食肉加工用液全体に対して2質量%以上25質量%以下であり、食肉加工用液中の成分(B)の含有量が、食肉加工用液全体に対して5質量%以上60質量%以下である、食肉加工用液。

  16. 【課題】AI判断で化粧のり度合を指数表示で表わす化粧画像機及び計測方法を提供する。【解決手段】AIの時代に入り、AIを化粧のりに活用する手段として、AIで画像処理のソフト又はアプリを搭載した、カメラ機能付きパソコンやスマホ又はタブレットの媒体と、化粧画像機に代わることで、従来の化粧方法に代わりAIの判断で化粧する画像機器へ転換する。

  17. 【課題】コンビニエンスストアの店内にて、人体から採血をした血液・尿・便を検査して,早期に、安価に、簡便に病名を特定することができる方法を提供する。【解決手段】コンビニエンスストアの店内に血液・尿・便を検査することが出来る検査室を設置して、この検査室に血球計数装置、血液検査装置、尿分析装置,免疫測定装置、及び尿中有形成分分析装置を設置することで、採血管を使用して人体から...

    コンビニの店内にて早期に、安価に、簡便に待ち時間が0(ゼロ)にて病名を特定する方法。

  18. 【課題・解決手段】成分(A):冷水膨潤度が1超8未満である澱粉、成分(B):冷水膨潤度が8以上40以下である澱粉、および成分(C):成分(B)以外の澱粉およびデキストリンからなる群から選択される1種または2種以上、を含み、成分(A)のデキストロース当量が、乾物換算で0超0.8未満であり、成分(C)のデキストロース当量が、乾物換算で0.8以上10以下である、食肉加工用液。

  19. 【課題・解決手段】食品の油脂感を増強させることができる食品用油脂感増強剤、及び油脂感が増強された食品を提供する。過酸化物価が20以上400以下であり、乳脂を10質量%以上100質量%以下含む酸化油脂を有効成分とすることを特徴とする食品用油脂感増強剤を提供するものである。食品用油脂感増強剤は、前記酸化油脂を0.001質量%以上100質量%以下含むことが好ましく、前記乳脂...

  20. 【課題・解決手段】従来の糖液よりエキス分中の、糖分以外の可溶性成分量が少なく、エキス分の量が多い糖液として、米とアミラーゼとの反応物又は該反応物から容易に得ることができるものを提供すること。水、及び前記水中における米とαアミラーゼとの反応物からなる糖液であって、該糖液における可溶性タンパク質の量が200μg/ml以下であり、該糖液におけるエキス分の量が糖液全体に対して...

    着色が小さい糖液及びその製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 52