焼き鳥 に関する公開一覧

焼き鳥」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「焼き鳥」の詳細情報や、「焼き鳥」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「焼き鳥」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(1,028件中)3/52ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明のコンピュータシステムは、料理と一緒に飲むワインを提案するコンピュータシステムであり、ユーザによって入力された料理を示す料理情報を受信する手段と、料理情報に基づいて、料理と一緒に飲む少なくとも1種類のワインを提案する手段とを備える。料理と一緒に飲む少なくとも1種類のワインを提案する手段は、料理情報に基づいて、料理の少なくとも2つの特徴を特定する...

    料理と一緒に飲むワインを提案するコンピュータシステム、そのコンピュータシステムにおいて実行される方法およびプログラム

  2. 【課題】1つのハイパーリンクを介してユーザの1または複数のアカウントのいずれかに対してポイントを付与する情報処理装置、情報処理方法及びプログラムを提供する。【解決手段】情報処理装置は、複数のユーザの第1アカウントに関する情報を記憶すると共に、ユーザが第1のアカウントに第2アカウントを連携している場合に第2アカウントに関する情報を第1アカウントと対応付けて記憶する記憶部...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  3. 【課題】切剥する肉の量が増加して歩留まりを向上させると共に、首の先端側にある硬骨を除去することができる鶏のせせり肉切剥機構を提供する。【解決手段】鶏の首ガラ1が載置可能な溝条2aを備えた台盤2に首ガラ1を載置する。台盤2に載置された首ガラ1の付け根部1cを一対の係止針棒8aで上方から突き刺して台盤2に固定する。押圧矯正体6bにより鶏ガラ1の首部を上方から真っ直ぐ矯正し...

    鶏のせせり肉切剥機構

  4. 【課題・解決手段】本発明の目的は、肉又は豆の焦げ風味を食品に付与できる組成物、加熱調理香を付与するために好適に用いられる組成物、塩味、スパイス感及び甘味からなる群より選択される少なくとも一つを増強するために好適に用いられる組成物、並びに、不快臭をマスキングするために好適に用いられる組成物等を提供することにある。本発明は、(A)1−フルフリルピロールと、(B1)グアヤコ...

  5. 【課題・解決手段】本発明の目的は、炭様の刺激的な風味を食品に付与できる組成物、加熱調理香を付与するために好適に用いられる組成物、スパイス感及び甘味からなる群より選択される少なくとも一つを増強するために好適に用いられる組成物、並びに、不快臭をマスキングするために好適に用いられる組成物等を提供することにある。本発明は、(A)2−アセチルフランと、(B1)6,7−ジヒドロ−...

  6. 【課題・解決手段】本発明の目的は、焼けた油の風味を食品に付与できる組成物、加熱調理香を付与するために好適に用いられる組成物、油脂感を増強するために好適に用いられる組成物、並びに、不快臭をマスキングするために好適に用いられる組成物等を提供することにある。本発明は、(A1)4−メチルフェノール及び(A2)4−エチルフェノールからなる群より選択される少なくとも一つと、(B1...

  7. 【課題・解決手段】生体内フェノール化合物低減剤及びこれを含んでなる生体内フェノール化合物低減用の飲食物を提供することを課題とすし、下記(A)乃至(C)の特徴を有する分岐α−グルカン混合物を有効成分とする生体内フェノール化合物低減剤及びこれを含んでなる生体内フェノール化合物低減用の飲食物を提供することによって上記課題を解決する:(A)グルコースを構成糖とし、(B)α−1...

  8. 【課題・解決手段】乳化安定性に優れる乳化組成物を提供する。水、油性成分、ガティガム、及びサポニンを含有し、且つ、前記サポニンの含有量が、前記ガティガム100質量部に対し、0.05〜30質量部である、乳化組成物を提供する。

    乳化組成物

  9. 【課題・解決手段】本発明は、抗不安様作用を有するペプチド、その塩、ペプチドコンジュゲートおよびその塩、例えば、(i)アミノ酸配列SYLPPLTT(配列番号1)、(ii)アミノ酸配列YHIEPV(配列番号2)、(iii)アミノ酸配列YLLVK(配列番号3)、(iv)アミノ酸配列SYLPPLT(配列番号4)、(v)アミノ酸配列FLLVK(配列番号5)、および(vi)アミノ...

    治療用ペプチド

  10. 【課題】開始時の甘味、甘味の残味などの糖様の経時的プロファイル及び/又はより糖様の香味プロファイルを有する甘味料組成物を提供する。【解決手段】少なくとも1つのミネラルと、少なくとも1つの高甘味度甘味料と、少なくとも1つの甘味改善組成物と、を含む機能性甘味料組成物。少なくとも1つの高甘味度甘味料が、レバウディオシドA、ステビオサイド、ステビア、又はこれらの組合せである、...

    ミネラルを含む高甘味度甘味料組成物及びこれにより甘味を付与された組成物

  11. 【課題】串焼き等の食材を加熱する装置で熱源として炭火を用いる場合であっても、熟練を要することなく串焼き材料を均一に加熱する。【解決手段】食材82を刺した串81の端部を保持する串保持具20と、串保持具20を串保持具案内部材21に沿って周回移動させる搬送機構と、串保持具案内部材21に沿って配置され串焼き材料8を周回移動させる間に加熱する加熱装置3,4と、串保持具20に保持...

    食材加熱装置

    • 公開日:2020/12/17
    • 出願人: 小金肇
    • 発明者: 小金肇
    • 公開番号:2020-198986号
  12. 【課題】飲食品に使用できる成分であって、飲食品に添加することによって何ら異味・異臭を生じることなく、効果的に高甘味度甘味料が有する特有の、後に尾を引く苦味、渋味、えぐ味などの嫌味を抑制し、キレやすっきり感を付与し、砂糖に近い自然な甘味に改善することができる呈味改善剤を提供する。【解決手段】7−ドデセン酸、8−ドデセン酸、9−ドデセン酸または10−ドデセン酸を、高甘味度...

  13. 【課題】焼き鳥などの被調理物の形態に影響を受けることなく、表面温度の推移により内部温度を推定し、被調理物の温度管理を実現する。【解決手段】加熱を停止した被調理物Fの表面温度Tsの時間推移を取得し、該表面温度の時間推移により被調理物Fの内部温度Tiを推定する工程を含む。表面温度Tsの時間推移の取得には加熱の停止後、被調理物からの放熱を抑制する工程、加熱の停止後の放置時間...

    温度推定の方法、システム、プログラムおよび機器

  14. 【課題】リン酸塩不使用の場合であっても、ソーセージなどの肉製品に対して好ましい食感を付与することができ、かつ当該肉製品の他の品質に影響を及ぼさない食感改良剤を提供すること。【解決手段】肉製品の食感改良剤が開示される。この食感改良剤は、キシロースとアルカリ塩とを含み、該アルカリ塩は、非リン酸系のアルカリ金属塩およびアルカリ土類金属塩からなる群から選択される少なくとも1つ...

    肉製品の食感改良剤および食感改良方法

  15. 【課題】キサンタンガム、グァーガム、ローカストビーンガム、タマリンドシードガム、カラギナン、ジェランガム、ペクチン、及び澱粉類からなる群より選択される1種以上に由来する好ましくない食感が改良された液状食品を提供する。【解決手段】以下(A)〜(C)を含有する、液状食品とする。(A)キサンタンガム、グァーガム、ローカストビーンガム、タマリンドシードガム、カラギナン、ジェラ...

  16. 【課題】予約サイトに希望する予約枠の在庫が存在しない場合に、他の予約サイトを介した予約を、ユーザに新たに個人情報を登録させることなく実行する。【解決手段】情報処理装置は、記憶部と通信部と制御部を有する。記憶部は第1の予約サイトにユーザ登録されたユーザ情報と、予約枠の在庫に関する在庫情報とを記憶する。通信部はユーザ端末と、第2の予約サイトを提供するサーバと通信可能である...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  17. 【課題】安全で効率よくかつ自動的に鶏皮の串打ちができる鶏皮串刺装置を提供すること。【解決手段】略平行に対向して配置された上下一対の羽根付上コンベア(3)と羽根付下コンベア(5)とを備え、上コンベアの羽根(上羽根)と下コンベアの羽根(下羽根)の高さの合計が上コンベアと下コンベアの離間距離より大きく、上コンベアと下コンベアが上下等速で間欠的に周回駆動することにより、上羽根...

    鶏皮折畳装置及び鶏皮串刺装置

  18. 【課題・解決手段】細胞培養食品を生産するためのシステムと方法。培養食品は寿司に使用できる品質等級の魚肉、魚のすり身、フォアグラ、および他の食物タイプを含む。様々な細胞型は食品を生産するために利用され、筋肉、脂肪、および/または肝臓細胞を含み得る。培養食品は、毒素および他の好ましくない化学製品へ晒されることなく病原体のない培養条件で育てられる。

    エクスビボでの食肉の生産

  19. 【課題】ブックマーク登録された地点の地図上での一覧性を向上させる。【解決手段】情報処理装置は、記憶部と制御部とを有する。上記記憶部は、複数の地点に関するブックマーク登録情報を記憶する。上記制御部は、上記ブックマーク登録された複数の地点が全て含まれる縮尺を有し、上記複数の地点に対応する複数の標識が配置された地図画像を生成する。

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  20. 【課題】複数の食材を組み合わせて串刺しにするとき、個々の食材の形状・重量が一定でない場合でも、串刺し製品の製品の形状・重量がほぼ一定となるようにする。【解決手段】対象食材に関する画像を取得する取得部2と、上記取得部2が取得した食材画像から上記食材の形状等の情報を判定する食材情報判定部11と、一本の串に刺して供給すべき食材の個数及び縦方向の合計長さ情報等を記憶する記憶部...

    串刺し食品の製造方法、食品の串刺し機に食材を供給するための情報処理装置、制御プログラム及び食材供給システム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 52