炭材 に関する公開一覧

炭材」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「炭材」の詳細情報や、「炭材」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「炭材」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,073件中)1/154ページ目

  1. 【課題】焼結鉱の歩留の向上を目的とする。【解決手段】鉄鉱石、石灰石、MgO含有副原料、炭材および返鉱を配合した焼結原料を造粒処理して下方吸引式焼結機のパレットに偏析装入し、焼成する焼結鉱の製造方法において、炭材の平均粒径(MSC)は2.0mmを超え2.8mm以下であり、石灰石の平均粒径(MSL)と炭材の平均粒径(MSC)の比率が、0.94≦MSL/MSC≦1.2である...

    焼結鉱の製造方法

  2. 【課題】焼結鉱の還元粉化性の評価を簡便かつ迅速に行うことが可能な焼結鉱の還元粉化性評価方法を提供する。【解決手段】鉄含有原料、副原料、炭材を含む原料を造粒、焼成して得た焼結鉱を、粉砕して粉末試料とする試料調製工程と、X線回折法によって粉末試料のX線回折パターンを得るX線回折パターン測定工程と、X線回折パターンからカルシウムフェライトの回折ピークを少なくとも3つ以上特定...

    焼結鉱の還元粉化性評価方法

  3. 【課題】還元鉄を製造する際に用いられる酸化物系改質材の添加量を事前に最適化することが可能な還元鉄の製造方法を提供する。【解決手段】酸化鉄を主体とし炭材を含む原料に、SiO2および未燃炭素を含有する酸化物系改質材を添加し、成型、乾燥した後、還元炉に装入し、所定環境下で加熱することで、酸化鉄を還元して還元鉄を製造する方法であって、酸化物系改質材中の未燃炭素の含有量に基づき...

    還元鉄の製造方法

  4. 【課題】焼成パレットに装入された焼結原料の原料層から、実際の充填状態を維持したまま焼結原料の試料をサンプリングすることができ、しかも、サンプリングにあたり発生する機械的負荷や作業負荷を低減できる焼結原料のサンプリング装置、及びこれを用いた焼結原料のサンプリング方法を提供する。【解決手段】下端に開口部1aを有した採取管1と、該採取管内に挿通される杭本体2の先端部近傍に回...

    焼結原料のサンプリング装置、及びこれを用いた焼結原料のサンプリング方法

  5. 【課題】本発明は、酸化鉄と酸化亜鉛を含有する電炉ダストから還元鉄を製造する際に発生する金属亜鉛蒸気を含有する還元処理ガスから効率的にJIS蒸留亜鉛地金1種クラスの高品位亜鉛を安定的に回収することを課題とする。【解決手段】本発明は、酸化鉄と酸化亜鉛を含む電炉ダスト、炭材、バインダーを混合し成型して製造した含炭成型体を、予熱乾燥し、外熱式ロータリーキルン内でさらに加熱して...

    電炉ダストからの鉄および亜鉛の回収方法およびその装置

  6. 【課題】粒径が150μm以下である微粉鉄鉱石を焼結原料として使用する場合において、焼結機での焼結反応を促進し、擬似粒子の崩壊を抑制して、焼結鉱の生産性の低下を抑制できる焼結鉱の製造方法を提供する。【解決手段】焼結機の原料給鉱部で循環移動するパレット上に鉄鉱石と炭材とを含む焼結原料を装入して装入層を形成した後、原料給鉱部の下流側に配設した点火炉で装入層の上表面の炭材に点...

    焼結鉱の製造方法

  7. 【課題】金属材料を溶解して溶鋼を製造するに際し、廃プラスチック粒体を昇熱期における炭材の代替材料として活用して、溶鋼の製造コストの低減を図ることが可能な溶鋼の製造方法を提供する。【解決手段】電気炉10の炉体16内に装入された金属材料を溶解して溶鋼45を生成する溶解期と、溶鋼45の昇熱および成分調整を行う昇熱期と、を経て、炉体16内の溶鋼45を出鋼する溶鋼の製造方法であ...

    溶鋼の製造方法

  8. 【課題】 転炉での溶銑の脱炭精錬において、スロッピングを検知するためのセンサーを、転炉炉内直近に設置する必要がなく、且つ、時間遅れすることなくスロッピングの発生を予知する。【解決手段】 本発明に係る転炉のスロッピング予知方法は、転炉2内の溶銑5に、上吹きランス3から酸化性ガスを吹き付けて、或いは、更に底吹き羽口4から酸化性ガスまたは不活性ガスを吹き込んで、溶銑を脱...

    転炉のスロッピング予知方法、転炉の操業方法及び転炉のスロッピング予知システム

  9. 【課題】粒径が150μm以下である微粉鉄鉱石を焼結原料として使用する場合において、焼結機での焼結反応を促進し、擬似粒子の崩壊を抑制して、焼結鉱の生産性の低下を抑制できる焼結鉱の製造方法を提供する。【解決手段】焼結機の原料給鉱部で循環移動するパレット上に鉄鉱石と炭材とを含む焼結原料を装入して装入層を形成した後、原料給鉱部の下流側に配設した点火炉で装入層の上表面の炭材に点...

    焼結鉱の製造方法

  10. 【課題】所望の還元材比削減効果を得ることが可能な、新規かつ改良された還元ガスの吹込み量決定方法及び高炉の操業方法を提供する。【解決手段】本発明のある観点によれば、炭素原子と水素原子とのモル比C/Hが0.15以上である還元ガスの高炉への吹込み量を決定する還元ガスの吹込み量決定方法であって、還元ガスの高炉への吹き込みによる炭素消費原単位の削減量Input △Cと還元ガス...

    還元ガスの吹込み量決定方法及び高炉の操業方法

  11. 【課題】曲げた状態でも導通安定性に優れる電気モジュールの提供。【解決手段】光電極支持体12上に光電極導電層14を有する光電極10と、対向電極支持体22上に対向電極導電層24を有する対向電極20との間に、導電粒子51と接着剤52を含みP1方向に延びる導電材50が存在する電気モジュールであって、光電極支持体12の表面に対して垂直な方向から撮像した顕微鏡像において、P1方向...

    電気モジュール及びその製造方法

  12. 【課題】曲げた状態でも導通安定性に優れる電気モジュールの提供。【解決手段】支持体12,22上に導電層14,24を有し、互いに対向する2つの電極10,20と、2つの電極の間に位置する電荷移動体30と、2つの電極の間に位置し、2つの電極を導通可能とする導電粒子及び接着剤を含む導電材50と、2つの電極の間であって、電荷移動体30と導電材50との間に位置して電荷移動体30を封...

    電気モジュール

  13. 【課題】塊成化物の飛散ロスを抑制するように還元炉を制御する方法及び装置を提供する。【解決手段】制御装置10は、回転炉床炉300から排出された塊成化物を順次撮像して撮影画像を生成する撮像装置100と、撮像装置100で生成された撮影画像に基づいて回転炉床炉300を制御する演算処理装置200と、を備える。演算処理装置200は、撮像装置100により生成された撮影画像に画像処理...

    制御方法及び制御装置

  14. 【課題】転炉精錬に際し、加熱効率の高い方法の採用によって媒溶材の滓化と溶融の促進を図り、このことによって脱珪・脱燐処理後の中間排滓処理時のスラグ排出量を高めて脱燐効率の向上とCaO原単位の低減を実現する。【解決手段】転炉で脱珪・脱燐の処理を行うのに当たり、バーナー機能を備える上吹きランスを用いることにより、工業用酸素ガスとともに吹き付けるCaOを含む粉粒体からなる該媒...

    転炉精錬方法

  15. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ高温での溶銑操業を回避した反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】Si濃度が0.3〜1.0質量%の溶銑に対して、CaO濃度が35〜60質量%、(Al2O3+SiO2)/(CaO)が0.5〜0.8、(SiO2)≦0.8×(Al2O3)、酸化鉄濃度が6質量%以上の条件を満たす精錬スラグを用い、溶銑...

    溶銑脱硫方法

  16. 【課題】溶銑段階の処理で、バーナーの加熱により溶銑界面の温度を高位に維持しつつ、安価にかつ高効率に脱硫処理を実施できる溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】溶銑段階でCaO系の精錬剤を添加して脱硫処理を行う溶銑脱硫方法であって、前記脱硫処理を実行している間は溶銑中Si濃度を0.2質量%以上に維持し、溶銑表面の上部からのバーナー燃焼ガスの噴流で生成した溶銑表面の火点におい...

    溶銑脱硫方法

  17. 【課題】ホットスラグを迅速に固化させることが可能なホットスラグリサイクル方法を提供する。【解決手段】本発明の一態様に係るホットスラグリサイクル方法は、スラグの一部を転炉から排出させ、残部を前記転炉内に残存させる工程と、固化材を、前記転炉に残存させた前記スラグに投入する工程と、さらに、不活性ガスを、前記転炉に残存させた前記スラグに吹き付ける工程と、を有し、前記固化材には...

    ホットスラグリサイクル方法

  18. 【課題】 擬似粒子とともに焼結機に装入される成型物として、焼結鉱の成品歩留や生産率を向上させることができる成型物を製造する。【解決手段】 本願発明は、焼結原料を造粒した擬似粒子とともに焼結機(30)に装入される、焼結原料の成型物を製造する方法である。長径が15〜30mmである完全成型物を製造するための圧縮成型機(25)を用いて、50質量%以上の微粉鉱石及び5〜20...

    焼結原料の成型物の製造方法

  19. 【課題】焼結鉱の歩留の向上と生産性向上を目的とする。【解決手段】DL式焼結機による炭材後添加焼結法を適用した焼結鉱の製造方法であって、DL式焼結機は、点火器2と、点火器下流側に離間して設けられ、原料充填層1の上面をフレーム加熱するフレーム加熱装置4を備え、点火器2およびフレーム加熱装置4の間には、大気吸引領域3が形成され、点火器2およびフレーム加熱装置4の間の距離d1...

    焼結鉱の製造方法

  20. 【課題】特許文献2や特許文献3記載の方法を改善することにより、ドラムミキサー出側での残存微粉を低減して更なる生産性の向上を可能とする焼結鉱の製造方法を提供する。【解決手段】粉鉱石及び副原料を配合した配合原料に水を加え、ドラムミキサーで造粒して造粒原料とし、該造粒原料を焼結機に装入する焼結鉱の製造方法であって、ドラムミキサーの全長をLとして、該ドラムミキサーの装入口から...

    焼結鉱の製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 154