漏電電流 に関する公開一覧

漏電電流」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「漏電電流」の詳細情報や、「漏電電流」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「漏電電流」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,263件中)1/64ページ目

  1. 【課題】漏電検出機能の動作試験に要する手間を軽減すること。【解決手段】電力変換システム100は、漏電計測部7と、電流供給部8と、制御部10と、を備える。漏電計測部7は、自立系統SY2を流れる漏電電流を計測する。自立系統SY2は、電力系統SY1とは独立して分散型電源からの電力を出力する。電流供給部8は、自立系統SY2以外の外部電源P1から漏電計測部7に試験電流I1を供給...

    電力変換システム、試験方法、及びプログラム

  2. 【課題】直流電圧源および電力系統の双方から制御装置に電力を供給できるようにしたパワーコンディショナを提供する。【解決手段】インバータ24の出力端子は、インダクタL1,L2およびU相自立運転用配線LinuおよびW相自立運転用配線Linwを介して負荷16に接続されている。W相自立運転用配線Linwは、リレーRL5を介して接地されている。制御装置60は、インバータ24のスイ...

    パワーコンディショナ

  3. 【課題】不必要動作(貰い動作)防止の目的で自線地絡方向を判別して漏電警報動作をする地絡方向継電装置には、高感度な感度電流に整定した場合、感度電流整定値を超えても零相電圧不足で動作出来ない「電圧待ち不動作」の現象を起こすという問題がある。又、直接接地方式電路では零相電圧が零又は微少であり使用出来ない。本発明は、高感度動作領域の漏電検出動作を阻害することなく貰い動作を防止...

    汎用漏電検出装置

  4. 【課題】漏れ電流値を測定できない電路が存在する場合でも漏電発生箇所を確実かつ容易に特定可能とする。【解決手段】漏電発生箇所の特定作業を支援する支援処理を実行する処理部14が、基幹電路Lmおよび分岐電路Lb1〜Lb3のうちの例えば電路Lb3についての漏れ電流値を測定できない検査対象Xについての支援処理において、電路Lmについての漏れ電流値、電路Lm,Lb1〜Lb3のうち...

    支援装置、検査システムおよび支援処理用プログラム

  5. 【課題】 間欠漏電が発生したときの、より正確な漏電発生のタイミングを知ることができる電流測定装置および電流測定方法を提供する。【解決手段】 記憶手段は、取得した電流値があらかじめ設定されたしきい値を下回って、前に取得した電流値より低い場合に、当該低い方の電流値とそのタイミング情報とを記憶し、電流値がしきい値を上回った場合には、前に取得した電流値を上回った電...

    電流測定装置および電流測定方法

  6. 【課題】漏電検出機能に要する部品の実装面積あるいは実装体積の増加を抑制する。【解決手段】交流電力が所定の接続線を介して一対の電源端子に給電される負荷装置に備えられる漏電検出装置であって、一対の電源端子と接地点との間にそれぞれ設けられ、所定のインピーダンスを有する一対の回路素子と、接続線が地絡した際に一対の回路素子と接地点との間に流れる漏電電流を検出する電流検出素子と、...

    漏電検出装置

  7. 【課題】バイアス電圧を出力する電源回路の故障及び当該電源回路の負荷の異常を切り分けて判定する技術を提供する。【解決手段】電源装置は、バイアス電圧を生成し、負荷に前記バイアス電圧を出力する電源回路であって、前記バイアス電圧に応じた電圧値を閾値と比較した結果を表す二値の判定信号と、前記バイアス電圧を前記負荷に出力することに応じて前記電源回路と前記負荷との間で流れる負荷電流...

    電源装置及び画像形成装置

  8. 【課題】監視信号が混触を起こすような場合でも、所定周波数の抵抗成分電流を確実に抽出して監視精度を向上させた絶縁監視装置及び絶縁監視システムを提供する。【解決手段】電力系統に接続された変圧器1A,1Bの接地線30A,30Bに系統周波数とは異なる所定周波数の監視信号を注入する注入ユニット10A,10Bと、接地線30A,30Bから対地絶縁抵抗を介して還流する所定周波数の漏れ...

    絶縁監視装置及び絶縁監視システム

  9. 【課題】 大掛かりな通信機器を不要にし、外部通信網の利用に伴う通信料が発生することなく、設備を管理することを可能にする設備管理システムを提供する。【解決手段】 電力量を計測すると共に無線通信機能を持つスマートメータ31〜35を利用した設備管理システムである。設備管理システムは、柱上変圧器2の状態を計測するために設けられたセンサ11と、センサ11からの計測信号を受け...

    設備管理システム

  10. 【課題】瞬間地絡事故の時には、漏電遮断器が作動しないようにし、リーク電流が基準値を超えると、漏電警報信号を出して、漏電火災を予防する漏電遮断器を提供する。【解決手段】漏電遮断器は、ZCTで検出した合成リーク電流瞬時値から抵抗成分リーク電流と合成リーク電流とを算定する部分(1、2、3、4及び5)と、人体感電保護のため、抵抗成分リーク電流が許容値を超えると、漏電遮断器を作...

    瞬間地絡停電保護及び漏電警報機能を有する漏電遮断器

  11. 【課題】時間的に変動する信号を扱う機器の接地電位を、より簡単に、より確実に、大地の電位により近づける。【解決手段】一方の端部が交流の商用電源のラインに接続され、他方の端部が機器の電源に接続される第1の配線と、一方の端部が商用電源のニュートラルに接続され、他方の端部が機器の電源に接続される第2の配線と、一方の端部が開放され、他方の端部が機器のアースに接続される第3の配線...

    接地回路および電源用のマルチタップ

  12. 【課題】リミッターが設置されていたスペースを、分電盤の機能の拡張のために用いること。【解決手段】主幹ブレーカ51と、分岐ブレーカ52と、所定の電流値を超えた電流値を検出した際に電路を遮断するリミッター53が設置されていたリミッタースペース54と、を備えた既設の分電盤10に対して、既設の分電盤の機能を拡張する拡張機能を備えた拡張機能付きブレーカ2を、リミッターが設置され...

    分電盤及び分電盤の機能拡張方法

  13. 技術 分電盤

    【課題】利便性の高い分電盤を提供する。【解決手段】分電盤100は、外部の電源から電源が供給されて、通電状態に異常があるときにトリップ動作によりその電路を遮断する主幹開閉器110と、主幹開閉器110の出力側に接続された複数の分岐開閉器130とを備える。分電盤100は、さらに分岐開閉器130の通電状態の異常の有無を検知して分岐通電信号D2を出力する分岐通電検知部140を備...

    分電盤

  14. 技術 分電盤

    【課題】利便性の高い分電盤を提供する。【解決手段】分電盤100は、通電状態に異常があるときにトリップ動作によりその電路を遮断する主幹開閉器110と、主幹開閉器110の出力側に接続された複数の分岐開閉器130と、該分岐開閉器の負荷装置側配線を接続する負荷側コネクタとを備える。分電盤100は、さらに分岐開閉器130の通電状態の異常の有無を検知して分岐通電信号D2を出力する...

    分電盤

  15. 【課題】回路遮断器の大幅な改造の必要なく、かつ遮断時におけるアークガスの影響を受けにくい、端子温度表示機能付回路遮断器を提供すること。【課題を解決するための手段】回路遮断器の端子の温度を表示する端子温度表示機能を備えた回路遮断器を、前記端子は、回路遮断器の外方に延出形成されるとともに、該端子の延出形成部分に一端が固着されて他端が前記熱の変化に応動して変位自在に配設され...

    端子温度表示機能付回路遮断器

  16. 【課題】車両に搭載される直流電源と車両のボディアースとの間の絶縁抵抗の抵抗値が低下しているか否かの漏電検知の精度を向上させる。【解決手段】カップリングコンデンサCcとスイッチSWとからなる絶縁回路2と、発振信号を出力する発振回路3と、絶縁回路2と発振回路3との間に接続される検出抵抗Rdと、スイッチSWを導通させているときに検出抵抗Rdにかかる電圧Vdの波高値V1が閾値...

    漏電検知回路及び漏電検知方法

  17. 【課題】地震による揺れの検知によって電力供給が遮断される回路とは別に、地震による揺れの検知に加えて、他の異常を検知した場合に電力供給が遮断される回路を設けたシステムを提供すること。【解決手段】所定の閾値以上の地震を検知したときに信号を出力する感震装置11を備えた回路遮断システム1であって、地震の揺れとは異なる異常を検出したときに信号を出力する異常検出装置12と、感震装...

    回路遮断システム

  18. 【課題】通常の回路遮断器に対して後付可能で,取付位置が回路遮断器本体や、回路遮断器に接続する電線などの位置の影響を受けない接続不良検出装置を提供する。【課題を解決するための手段】回路遮断器の電源端子に対し、熱伝導および電気伝導可能に接続される接続部と、前記電源端子からの熱伝導を受けて該電源端子の発熱状態に応じて変位する熱動素子と、前記熱動素子の変位を受けて発熱の状態を...

    端子接続不良検出装置

  19. 【課題】通電ケーブルの被覆が破れた場合に、火災が発生する前に漏電遮断器で異常を検出して通電を停止することができる配線構造及びそれを用いた分電盤を提供する。【解決手段】本発明の配線構造は、漏電遮断器14に電気的に接続される複数本の通電ケーブル10と、これらの複数本の通電ケーブル10に隣接配置され、アースと接続される裸電線12と、これらの複数本の通電ケーブル10と裸電線1...

    配線構造及びそれを用いた分電盤

  20. 【課題】 軟磁性体のリング状感知部を用いて太陽光発電設備用直流遮断器の直流電流を検知するものであても、太陽光発電設備用直流遮断器の体格を大きくすることなく、簡便な検知手法により直流電流を検知できること。【解決手段】 本発明の太陽光発電設備用直流電流検知方法は、上記課題を解決するために、1次及び2次巻線を有した軟磁性体リング状感知部を用い、前記1次巻線により前記軟磁...

    太陽光発電設備用直流電流検知方法及びその直流電流検知装置並びに太陽光発電設備用直流遮断器

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 64