温度検知部材 に関する公開一覧

温度検知部材」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「温度検知部材」の詳細情報や、「温度検知部材」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「温度検知部材」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(863件中)1/44ページ目

  1. 【課題】カセットヒータが装着されているか否かによって、適切な制御を行う。【解決手段】CPUは、絶対水分量が所定の水分量以上、且つ、給送部に格納された記録材の坪量が所定の坪量未満である場合に、カセットヒータの装着の有無により分離改善制御と通常制御とを決定する。給送部にカセットヒータが装着されている場合には通常制御を実行し、定着装置のヒータの加熱を開始してから1枚目の記録...

    画像形成装置

  2. 【課題】本発明では、定着ベルトの幅方向の温度ムラを抑制することを課題とする。【解決手段】無端状の定着ベルト22と、定着ベルト22を加圧する加圧ローラ23と、定着ベルト22の内側に設けられ、当該定着ベルト22を介して加圧ローラ23に当接して定着ニップNを形成するニップ形成部材32と、定着ベルト22の内側に設けられ、定着ベルト22を加熱するためのハロゲンヒータ31と、ハロ...

    定着装置、画像形成装置

  3. 【課題】 簡易な構成でありながら、温度センサにおける信号線と中継線とを容易かつ確実に接続することができ、装置を移動させた場合においても温度センサに対して機械的ストレスが付与されることがない温度測定装置を提供する。【解決手段】 センサホルダー3は、温度測定用基板Wに形成された凹部90内に配置される温度センサ4を上部から覆った状態で、温度測定用基板Wに対して図示を省略...

    温度測定装置

    • 公開日:2020/07/27
    • 出願人: 亀井謙治 、...
    • 発明者: 亀井謙治 、...
    • 公開番号:2020-112401号
  4. 【課題】 スループットダウンモードでの通紙時に不必要な生産性ダウンが発生する。【解決手段】 スループットダウン復帰時、定着部材の所定時間あたりの温度減少量に応じて、記録材の単位時間あたり枚数(PPM)を復帰させる。記録材に画像を形成する画像形成部と、画像を担持した前記記録材を挟持搬送するニップ部を形成する第1及び第2の定着部材と、ニップ部を加熱するための発熱体と、...

    画像形成装置および定着装置

  5. 【課題】本発明では、定着ベルトの長手方向における温度ムラを抑制することを課題としている。【解決手段】回転可能に設けられた無端状の定着ベルト20と、定着ベルト20を加圧する回転可能な加圧ローラ21と、定着ベルト20に内接し、定着ベルト20を加熱するためのヒータ22と、定着ベルト20に長手方向で部分的に接触するガイド部材26とを備えた定着装置であって、ヒータ22の長手方向...

    定着装置、画像形成装置

  6. 【課題】本発明では、定着ベルトの長手方向における温度ムラを抑制することを課題としている。【解決手段】回転可能に設けられた無端状の定着ベルト20と、定着ベルト20を加圧する加圧ローラ21と、定着ベルト20に内接し、定着ベルト20を加熱するためのヒータ22と、定着ベルト20に内接し、当該定着ベルト20の回転をガイドするガイド部材26と、ヒータ22を保持するヒータホルダ23...

    定着装置、画像形成装置

  7. 【課題】加熱部材を保持するホルダ部材の変形に関わらず、加熱部材に対する温度検知部材の当接状態を安定化し、温度検知部材の検知精度が低下するのを防止する。【解決手段】加熱部材(ヒータ22)を保持するホルダ部材(ヒータホルダ23)と、加熱部材の温度を検知する温度検知部材25と、温度検知部材をホルダ部材に向けて付勢する付勢部材40と、ホルダ部材に設けられた係合部(凸係合部23...

    温度検知手段、加熱装置、定着装置及び画像形成装置

  8. 【課題】加熱部材を保持するホルダ部材の変形に関わらず、加熱部材に対する温度検知部材の当接状態を安定化し、温度検知部材の検知精度が低下するのを防止する。【解決手段】加熱部材(ヒータ22)を保持するホルダ部材(ヒータホルダ23)と、加熱部材の温度を検知する温度検知部材25と、温度検知部材をホルダ部材に向けて付勢する付勢部材40と、ホルダ部材に設けられた係合部(凸係合部23...

    温度検知手段、加熱装置、定着装置及び画像形成装置

  9. 【課題】非通紙部昇温による定着フィルム端部の温度バランスを最適に保ちつつ、定着不良の発生を防止する定着装置及び画像形成装置を提供すること。【解決手段】定着装置は、加熱部材、定着部材、加圧部材、中央部と端部の温度検知手段、端部温度に基づき、一方の端部領域を冷却する第1ファンと、第1ファンとは異なる他方の端部領域を冷却する第2ファンと、第1ファンによる冷却幅を変更する第1...

    定着装置及びこれを備えた画像形成装置

  10. 【課題】 コールド状態から像加熱を行い始めて間もない時とホット状態で像加熱を行った時の双方において定着器は、記録材に均一な熱供給が達成でき、局所的な温度ムラによる定着不良や画像不良の発生を防止することができる。【解決手段】 基板と、基板上に形成された発熱抵抗体と、を有する発熱体と、発熱体の第1面と接触しつつ、発熱体の周りを回転可能とされた無端状のフィルムと、フィル...

    像加熱装置

  11. 【課題】潤滑剤に含まれるオイルがヒータにおける接触部材との接着部に流れることを防止し、電力の過度な供給やカールの発生を抑えることが可能な技術を提供する。【解決手段】像加熱装置は、基板及び前記基板に設けられた発熱体を有するヒータと、その内面が前記ヒータと接触して回転する筒状のフィルムと、前記ヒータと前記フィルムとの間に介在する潤滑剤と、前記フィルムの外面と接触して回転す...

    像加熱装置及び画像形成装置

  12. 【課題】規制ブレード先端の磁力を高磁力に維持し、且つブレードマグネット周辺およびブレード先端での現像剤凝集物の発生を抑制可能な現像装置およびそれを備えた画像形成装置を提供する。【解決手段】現像装置は、筐体と、現像剤担持体と、現像剤担持体上の現像剤層厚を規制する規制部を形成する規制ブレードと、現像剤担持体の内部に配置されS極およびN極を含む複数の磁極を有する磁石部材と、...

    現像装置およびそれを備えた画像形成装置

  13. 【課題】装置本体に対して着脱される液体吐出ヘッドに、温度検知部材を接触させて温度検知を行う場合の検知温度のばらつきを抑える。【解決手段】装置本体に対して液体吐出ヘッド40が着脱自在な液体を吐出する装置であって、装置本体に設けられる温度検知部材50aと液体吐出ヘッドとを線接触させて温度検知を行う温度検知手段を有する。

    液体を吐出する装置

  14. 【課題】発熱層が長手方向で電気的に分割された加熱回転体が、通電遮断素子が設けられる加熱回転体の長手方向の位置で破損した場合にも、通電を遮断することが可能な画像加熱装置を提供する。【解決手段】長手方向に分割された発熱層を備える筒状の回転体と、回転体に対向する対向体と、対向体と共にニップ部を形成するニップ部形成部材と、励磁コイルを備え、回転体の周方向に誘導電流を生じさせる...

    画像加熱装置

  15. 【課題】所望の定着強度を得ることが可能な画像形成装置をえる。【解決手段】画像形成装置は、熱源を有し、かつ熱源によって生じた熱を用いて記録材上の未定着画像を記録材上に定着させる定着装置と、定着装置の動作を制御する制御装置とを備える。制御装置は、記録材の坪量を、記録材の熱伝導率と記録材の厚みとを用いて補正する。制御装置は、補正後の坪量に基づいて定着装置における定着条件を決...

    画像形成装置および制御方法

  16. 【課題】自動両面プリント時に、2面目に発生するカールや2面目の印字精度を改善した画像形成装置を提供すること。【解決手段】記録材の両面に画像を形成する画像形成装置であって、トナー像を担持する像担持体と、像担持体からトナー像を記録材に転写する転写部材と、ヒータを有し、記録材に形成されたトナー像を記録材に加熱定着する定着部と、ヒータへの通電を制御する通電制御部と、定着部の制...

    画像形成装置

  17. 技術 定着装置

    【課題】加熱回転体の発熱層の電極部と給電部材との間に異物が侵入したり記録材が斜行して侵入したりすることを抑制でき、発熱層に安定した給電を行うことができる定着装置を提供すること。【解決手段】記録材搬送方向Xに直交する方向Yにおいて、加熱回転体1の両端部を収納すると共に摺動部材2の両端部を支持する支持部材12L,12Rを有し、前記加熱回転体は前記支持部材の領域内に給電部材...

    定着装置

  18. 【課題】コールドスタート時のクイックスタート性と、連続プリント時における省エネ性を両立することができる技術を提供する。【解決手段】基板201及び基板201上に設けられた発熱体202を有するヒータ20と、内面がヒータ20と接触しつつ回転する筒状のフィルム25と、フィルム25の外面と接触して回転する加圧部材26と、ヒータ20を保持する保持部材21と、ヒータ20と保持部材2...

    像加熱装置及び画像形成装置

  19. 【課題】感熱素子の動作を安定させることで、異常昇温発生時におけるヒータ割れをより効果的に防止することができる像加熱装置を提供する。【解決手段】ヒータ203の温度が所定の異常温度に達したときにヒータ203への電力供給を遮断する感温素子205を支持する第1支持部材208と、第1支持部材208を支持する第2支持部材209と、感温素子205をヒータ203に向けて押圧せしめるべ...

    像加熱装置

  20. 【課題】熱膨張が発生する定着部材を通過する連続媒体の速度を安定させること。【解決手段】像保持体(B)と、像保持体(B)の画像を連続する媒体(S)に転写する転写部材(T2b)と、像保持体(B)に転写された画像を定着させる定着装置(F)と、媒体(S)の搬送方向に対して定着装置(F)の下流側に配置されて、媒体を搬送する搬送部材(Rk)と、を備え、搬送部材(Rk)が媒体(S)...

    画像形成装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 44