浴用化粧料 に関する公開一覧

浴用化粧料」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「浴用化粧料」の詳細情報や、「浴用化粧料」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「浴用化粧料」の意味・用法はこちら

1〜18件を表示(18件中)1/1ページ目

  1. 【課題】電解質濃度に依存せずにインクを吸収可能な吸収性複合体を提供する。【解決手段】吸収性複合体は、ノニオン系架橋重合体とアニオン系架橋重合体とを混合した吸水性樹脂と繊維を含有する繊維基材と、を有する吸収性複合体であって、前記吸収性複合体における前記吸水性樹脂の含有量は、5%以上65%未満である。

    吸収性複合体、インク吸収材料、消臭剤、消臭器、化粧料

  2. 【課題】化粧料用組成物、機能性食品、医薬品用組成物等の原料として好適な卵殻膜タンパク質可溶化物を製造する方法を提供する。【解決手段】卵殻膜タンパク質を含み、pH11以上に調整された懸濁液を得る工程と、 得られた懸濁液にアルカリ性プロテアーゼを添加して、卵殻膜タンパク質の加水分解を進行させる第1の酵素添加工程と、 懸濁液がpH9未満になったのちに、さらにアルカリ性プ...

  3. 【課題】少量の界面活性剤で油中に含有される水性成分の量を増加させることのできる、透明な液状化粧料を提供する。【解決手段】油性化粧料は、(A)成分を45〜85質量%、成分(B)を3〜25質量%、成分(C)を5〜20質量%および成分(D)を3〜30質量%含有し、成分(D)の質量の成分(A)の質量に対する比率((D)/(A))が0.1以上、0.6以下であり、成分(B)の質量...

  4. 【課題・解決手段】極性の低いオルガノシロキサン及びカチオン性界面活性剤を使用しても、長期に渡って安定であり、粒子径の小さいオルガノポリシロキサンエマルジョンを提供する。(A)25℃における粘度が2〜100,000mPa・sであるジオルガノポリシロキサン 100重量部、(B)カチオン性界面活性剤 0.5〜30重量部、(C)ノニオン性界面活性剤 0.1〜10重量部、...

  5. 技術 化粧料

    【課題】 従来の化粧料より、人に対する安全性が高く、肌への密着性に優れる添加剤を含有する化粧料、及び、人に対する安全性が高く、肌への塗布性を良好にすることができる添加剤を含有する化粧料を提供する。【解決手段】 環状N−ビニルラクタムに由来する構造単位を有する環状N−ビニルラクタム系架橋重合体を含む化粧料であって、該環状N−ビニルラクタム系架橋重合体は、下記の条件で...

  6. 【課題】 従来の防腐抗菌剤よりも高い防腐抗菌効果を発揮する化粧料用防腐抗菌剤を提供する。【解決手段】 共重合体を含む化粧料用防腐抗菌剤であって、該共重合体は、アミノ基含有単量体(A)由来の構造単位(a)と疎水性単量体(B)由来の構造単位(b)とを有し、重量平均分子量が4000〜20万であり、該アミノ基含有単量体(A)は、所定の構造である(但し、単量体成分からエチレ...

  7. 【課題】水分との反応性が極めて高く、取扱いや製剤化に不向きであった水素化カルシウムを用いた入浴剤の提供。【解決手段】水素化カルシウムの粒度を平均粒径0.12〜2mmの範囲内としリンゴ酸、コハク酸、フマル酸及びクエン酸等の多価脂肪族カルボン酸を配合して浴中でのゲル化現象を抑制し、さらに油性成分でコーティングした顆粒状、ブリケット状又は錠剤状に成形することで安定性を保つ、...

    水素発生入浴剤

  8. 【課題】本発明は、肌質を改善することができる新たな肌質改善剤、及び化粧料を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る肌質改善剤は、トマト由来物を有効成分とすることを特徴とする。また、本発明に係る化粧料は、トマト由来物を有効成分とする肌質改善剤を含有することを特徴とする。

    肌質改善剤、及び化粧料

  9. 【課題・解決手段】従来のグリコシルヘスペレチン含有物に特有の雑味が有意に低減された、新規なグリコシルヘスペレチンとその製造方法並びに用途を提供することを課題とし、フルフラールを実質的に含まず、乾燥固形物当たり、グリコシルヘスペレチンを90質量%以上100質量%未満含有することを特徴とするグリコシルヘスペレチンとその製造方法並びに用途を提供することによって解決する。

  10. 【課題】 インドール−3−酢酸骨格を有する難水溶性化合物を含む液状組成物の製造方法、当該製造方法によって得られる液状又は粉末組成物並びにそれらの用途を提供する。【解決手段】 インドール−3−酢酸骨格を有する難水溶性化合物とプルランを混合する工程;混合物に塩基性の溶液を添加し、pH7以上に調整する工程;及び得られた溶液に酸又は酸性の溶液を添加し、pH3乃至6に調整す...

    液状組成物及びその製造方法並びに用途

  11. 【課題】肌の保湿性を向上させることができる新たな肌質改善組成物、および化粧料を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係る肌質改善組成物は、(A)水溶性高分子と、(B)スフィンゴ糖脂質と、を含むことを特徴とする。

    肌質改善組成物、および化粧料

  12. 【課題・解決手段】調製が簡便であり、なおかつ、生体や環境に対する高い安全性、良好な増粘及びゲル形成能、使用感に優れ、取扱性のよさ等をすべて合わせ持ち、さらに低コストの油性組成物及び増粘又はゲル形成剤を提供する。下記化合物(A)(式(I)中、R1及びR2は同一又は異なって、それぞれアルケニル基、分岐鎖状アルキル基、又は直鎖状アルキル基を示し(但し、R1及びR2が同時に直...

    油性組成物及び増粘又はゲル形成剤

  13. 【課題】入浴中において、浴水自体に良好な感触を付与するとともに、肌に対する浴水の感触をも高めることのできる、従来の自己乳化性を有する浴用剤にはない新感触を呈する自己乳化型浴用剤組成物に関する。【解決手段】次の成分(A)〜(C): (A)炭素数10以上18以下の分岐脂肪酸と炭素数16以上20以下の分岐アルコールとのエステル(a1)、及び炭素数14以上18以下の直鎖脂肪...

  14. 【課題・解決手段】長期間保存しても水素化マグネシウムの機能が安定に発現される粉末浴用化粧料を提供する。水素化マグネシウム及び吸湿用成分を含有する粉末浴用化粧料とする。水素化マグネシウムは、その平均粒径が10〜120μmに微粒子化されたものであることが好ましい。また、更に、チンピ(ミカンの皮)、トウガラシ、高麗ニンジン、生姜、当帰、及びヨモギからなる群から選ばれた少なく...

  15. 【課題】水や油に対する溶解性が著しく低い糖型バイオサーファクタントであるMELを主たる乳化剤として、安定した乳化組成物及びその処方を提供することを目的とする。【解決手段】 (A)糖型バイオサーファクタント、(B)油性成分、(C)水、及び(D)アニオン界面活性剤を含有し、(B)油性成分の配合量が50.0質量%以上であり、(A)糖型バイオサーファクタントと(D)アニオン...

  16. 【課題】水や油に対する溶解性が著しく低い糖型バイオサーファクタントであるMELを主たる乳化剤として、安定した乳化組成物及びその処方を提供することを目的とする。【解決手段】(A)糖型バイオサーファクタント、(B)油性成分、(C)水、及び(D)カチオン界面活性剤を含有し、(B)油性成分の配合量が50.0質量%以上であり、(A)糖型バイオサーファクタントと(D)カチオン界面...

  17. 【課題】水や油に対する溶解性が著しく低い糖型バイオサーファクタントであるMELを主たる乳化剤として、安定した乳化組成物及びその処方を提供することを目的とする。【解決手段】 (A)糖型バイオサーファクタント、(B)油性成分、(C)水、及び(D)両性界面活性剤を含有し、(B)油性成分の配合量が50.0質量%以上であり、(A)糖型バイオサーファクタントと(D)両性界面活性...

  18. 【課題】水素化マグネシウムを含有し、かつ、安定性に優れた固体化粧料組成物を得ることを目的とする。【解決手段】水素化マグネシウム及びマグネシウム塩化合物を含有することを特徴とする固形化粧料組成物。