水素吸収 に関する公開一覧

水素吸収」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「水素吸収」の詳細情報や、「水素吸収」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「水素吸収」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,880件中)1/94ページ目

  1. 【課題】低圧でも水素吸蔵放出を行うことができる水素吸蔵放出材料又は安定性が高く繰り返し使用することができる水素吸蔵放出材料を提供する。【解決手段】水素を吸蔵及び放出することができる水素吸蔵放出材料であって、パラジウムと、パラジウム以外の貴金属とを含むパラジウム含有粒子材料を含有し、粒径が20nm以下の割合が80%以上である、水素吸蔵放出材料。

    水素吸蔵放出材料及びその製造方法、並びに該水素吸蔵放出材料を用いた水素吸蔵放出方法

  2. 【課題】磁気特性に悪影響を及ぼす異相が少ない希土類磁石用焼結体およびその製造方法を提供する。【解決手段】本開示の希土類磁石用焼結体は、例示的な実施形態において、全体の組成が下記の組成式R11−xR2x(Fe1−yCoy)w−zTizCuαOβで表され、R1はY又はYとGdであり、YはR1全体の50mol%以上であり、R2はSm、La、Ce、NdおよびPrからなる群から...

    希土類磁石用焼結体およびその製造方法

  3. 【課題】磁気特性に悪影響を及ぼす異相が少なく、配向が可能な希土類磁石用焼結体の製造方法を提供する。【解決手段】本開示の希土類磁石用焼結体の製造方法は、全体の組成がR11−x1R2x1(Fe1−y1Coy1)w1−z1Tiz1Cuα1Oβ1であらわされ、ThMn12型結晶構造を有する相を主相とする希土類磁石用焼結体の製造方法であって、希土類磁石用合金Mを作製する工程と、...

    希土類磁石用焼結体の製造方法

  4. 技術 粒界工学

    【課題】高い性能を維持し、耐温度性を向上させ、かつ生産コストを低下させつつ、Dy含量を減少させるNd−Fe−B永久磁石の製造方法を提供する。【解決手段】Nd−Fe−B永久磁石の製造方法であって、磁性元素の溶融合金の作製工程;2:14:1相粒を含む鋳造合金薄片形成工程と、該2:14:1相粒のうちの少なくとも一部を維持しつつ、該鋳造合金薄片を粉砕する第1の粉末形成工程と、...

    粒界工学

  5. 【課題】 融点が低く、取り扱いが容易な新規アントラキノン誘導体を含む作動溶液を用いた過酸化水素の製造方法を提供すること。【解決手段】 上記課題は、アントラキノン法による過酸化水素の製造方法であって、下記式(1)で表される2−(1−エチルプロピル)アントラキノンを含む作動溶液を用いる、過酸化水素の製造方法によって解決することができる。化1】。

    新規なアントラキノン誘導体を用いた過酸化水素の製造方法

  6. 【課題・解決手段】本発明は、2個の光学活性リン原子を有するキラル化合物、前記化合物を配位子として含有するキラル遷移金属触媒、P-キラル化合物の製造方法、及びキラル遷移金属触媒を使用する不斉合成の方法に関する。本発明は、詳細には、プロキラルなα,β-不飽和カルボニル化合物を、本発明による光学活性遷移金属触媒の存在下、水素で不斉水素化することによる、光学活性カルボニル化合...

  7. 【課題】様々な特性を向上させるために添加する合金元素の含有量を低減した、安価な熱間圧延用チタン材の提供。【解決手段】工業用純チタンまたはチタン合金からなる母材1bと、母材1bの少なくとも一方の圧延面に形成された母材1bとは異なる化学組成を有する表層部1aと、を備え、表層部1aが、その厚さが2.0〜20.0mm、全厚さに占める割合が片面あたり40%以下であり、表層部1a...

    熱間圧延用チタン材

  8. 【課題】引張およびねじり作動を生成する容積の変化を発生させるために、糸の中に固体ゲスト材料を使用することによって、電解質、カウンター電極、および特別なパッケージ化の必要性を排除したアクチュエータを提供する。【解決手段】ナノファイバー撚紡績糸または撚り挿入したポリマーファイバーを含むアクチュエータ(人工筋肉)は、電気的に、光子的に、化学的に、熱的に、吸収によって、または...

    コイル状および非コイル状ナノファイバー撚糸およびポリマーファイバーのねじりおよび引張アクチュエータ

  9. 【課題】水素貯蔵システムにおいて装置構成を簡略にする。【解決手段】水素吸蔵合金が収容される水素吸蔵合金容器と、水素吸蔵合金容器内に外部から水素を導入する水素導入路と、水素吸蔵合金容器内から外部に水素を移送する水素移送路と、水素吸蔵合金容器に一部が設置され、水素吸蔵合金との伝熱が行われる熱媒体が移動する熱媒体移動路と、熱媒体移動路で移動する熱媒体の温度調整を行う温度調整...

    水素貯蔵システム、制御プログラムおよびエネルギー供給システム

  10. 【課題】従来の焼結Nd−Fe−B系磁性体と比べてより高い保磁力を備える特定のミクロ組織構造と成分を有する焼結Nd−Fe−B系磁性体を提供する。【解決手段】粒界相内に面心立方格子構造(fcc相)を形成し、三角領域内にAl及びGa元素の含有量が多いアモルファス相を形成し、65%≦Pr+Nd≦88%、10%≦Al+Ga≦25%、O≦10%の関係式(原子百分率)を満たす。

    R−T−B系焼結永久磁石

  11. 【課題】プレス硬化後に非常に高い強度の機械部品の製造用に意図された鋼板およびその製作方法を提供する。【解決手段】化学組成が、重量により表される含量として0.24%≦C≦0.38%、0.40%≦Mn≦3%、0.10%≦Si≦0.70%、0.015%≦Al≦0.070%、0%≦Cr≦2%、0.25%≦Ni≦2%、0.015%≦Ti≦0.10%、0%≦Nb≦0.060%、0...

    プレス硬化用の鋼板を製作するための方法、および当該方法によって得られた部品

  12. 【課題・解決手段】本発明は、無電解化学方法による異なる基板上への金属薄層の析出の方法に関する。本発明の方法において、めっき溶液、すなわち金属析出が行われる溶液の電位は、酸化還元緩衝剤により制御される。適切なめっき溶液もまた開示される。

    準単原子層精度で無電解金属析出を行うための手段

  13. 【課題】流路形成部材に組み付ける場合に、流路形成部材との組み付け部分においてもガスリークの発生しにくい多孔質構造体を提供すること。【解決手段】多孔質支持体11の厚さ方向の中間部分に金属充填層12を備え、少なくとも多孔質支持体11における厚さ方向に沿う流路形成部材に接当する端面に、金属被覆層13を備える。

    多孔質構造体

  14. 【課題・解決手段】本発明はPrとWを複合含有するR−Fe−B系希土類焼結磁石を公開する。前記希土類焼結磁石はR2Fe14B型主相を含有し、Rは少なくともPrを含む希土類元素であり、前記原料成分は2wt%以上のPrと0.0005wt%〜0.03wt%のWを含み、前記希土類焼結磁石は、前記原料成分の溶融液を急冷して急冷合金を製造する工程と、前記急冷合金を微粉に粉砕する工程...

    PrとWを複合含有するR−Fe−B系希土類焼結磁石

  15. 【課題】水素貯蔵合金容器において、安定して高精度に水素量を検知可能とする。【解決手段】水素量検出装置は、水素吸蔵合金が収容された水素貯蔵合金容器内に設置される水素量検出装置であって、センサー用水素吸蔵合金を有し、前記センサー用水素吸蔵合金の体積変化に基づいて水素量を検出する水素量センサーと、前記水素量センサーの周囲を囲って周囲の水素吸蔵合金に対する保護空間を形成する保...

    水素量検出装置および水素貯蔵合金容器

  16. 【課題】熱延鋼板の表面に形成された粒界酸化層を効率よく除去できる高Si高Mn含有熱延鋼板の酸洗方法を提供する。【解決手段】本発明の高Si高Mn含有熱延鋼板の酸洗方法は、質量%で、Si:1.0%以上、Mn:1.5%以上含有する鋼を熱間圧延し、550℃以上の温度で巻き取った熱延鋼板を、2槽以上の酸洗槽の酸洗液に対して順番に浸漬させる工程を含み、熱延鋼板を浸漬させる順番が2...

    高Si高Mn含有熱延鋼板の酸洗方法および高Si高Mn含有鋼板の製造方法

  17. 【課題】ナノファイバーの糸、リボン、およびシートの応用を提供する。【解決手段】弾性的に変形可能なカーボンナノチューブシートは、応力および歪みセンサーとして作動するように構成されており、前記センサーの応答性は、付与された応力または歪みに応じた前記カーボンナノチューブシートの抵抗値変化によってもたらされる。

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  18. 【課題】アントラキノン類を用いた過酸化水素の製造方法において、水素化触媒の活性を最大限引き出す。【解決手段】(A)水素化反応器へ、アントラキノン類と溶媒とを含む作動溶液、及び水素化触媒を供給する工程、(B)水素化反応器において、富水素ガスを供給し、アントラキノン類を還元し、アントラヒドロキノン類を生成させる水素化工程、(C)水素化反応器から、アントラヒドロキノン類と溶...

    過酸化水素の製造方法

  19. 【課題】神経機能障害の進行を抑制し、機能改善効果を有する化合物として知られる、5−フルオロ−3−(4−メトキシフェニル)−8−プロポキシ−1H−キノリン−4−オン及びその塩を工業的に有利に製造する方法の提供。【解決手段】α−(ヒドロキシメチレン)−4−メトキシフェニル酢酸エチルエステルと、5−フルオロ−2−プロポキシアニリンの塩、特にその硫酸塩とを反応させる工程を含む...

  20. 【課題】本発明は、高純度タンタル粉末及びその調製方法に関する。【解決手段】当該タンタル粉末は、GDMSで分析して、99.995%より高い純度を有する。好ましくは、当該タンタル粉末は、1000ppm以下の酸素含量、50ppm以下の窒素含量、20ppm以下の水素含量、及び、5ppm以下のマグネシウム含量、及び25μm未満の粒径D50を有する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 94