次駅 に関する公開一覧

次駅」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「次駅」の詳細情報や、「次駅」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「次駅」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(207件中)1/11ページ目

  1. 【課題】旅客案内表示機能を備えた低コストの鉄道車両用車内表示システムを提供する。【解決手段】車内表示装置21にデジタルカメラ(撮像部)を取り付け、該デジタルカメラでLED表示器24(情報表示器)に表示された駅情報の文字列を撮像する。撮像された駅情報の文字列(撮像データ)をパターン認識し、認識された画像に対応する駅情報をデータテーブルから抽出する。さらに、抽出された駅情...

    鉄道車両用車内表示システム

  2. 【課題】乗降客が多かったり乗降弱者がいたりしても、後続列車に遅延を伝播させず、消費エネルギーの増大を抑制する。【解決手段】列車制御システム100において、列車制御装置12は、自列車の速度と位置を検出する列車速度位置検出部21と、路線情報、車両情報及び運行情報を記憶する記憶部12Bと、自列車の停車予定の駅ホームにおける乗降時間の予測結果が入力され、予測結果と、記憶部に記...

    列車制御装置、列車制御システム及び方法

  3. 【課題】運用変更と運用実績とに齟齬が生じるのを防止しつつ人手による運用変更案の精査作業量を低減することが可能な車両運用業務支援システムを提供する。【解決手段】運行管理システムから運用変更データを受信した場合に計画運用を変更すると共に車両追跡システムから車両の位置データを受信した場合に運用実績データを変更する運用変更反映手段と、計画運用と運用実績データとを比較して齟齬が...

    車両運用業務支援システム

  4. 【課題】駅ホームに車椅子利用者や身体障がい者等の要支援者が存在する場合に、そのような要支援者を効果的に支援できる技術を提供する。【解決手段】B駅において、駅構内サーバ(B)20bがホーム監視カメラ(B)10bの映像を画像認識処理により要支援者が存在すると判断すると、要支援者映像を駅間ネットワーク網8を介して構内装置2の駅構内サーバ(A)20aに送信する。駅構内サーバ(...

    監視システム及び監視方法

  5. 【課題】カモイパネルに表示装置を搭載する場合、カモイパネル自体に剛性が必要となる。また、カモイ部全体を平たんに仕上げるためには、カモイパネルの表面に溶接痕やその痕跡が見えないようにする必要がある。【解決手段】平面部を有する本体パネル部と、 前記本体パネル部の裏面に長手方向に沿って前記本体パネル部と一体的に設けられた溝レールと、 前記平面部に設けられたパネル開口部を...

    カモイパネルおよびそれを搭載する鉄道車両構体

  6. 【課題】遠方の支障物及び広範囲にわたる支障物を確実に検出するとともに、小型化を図った前方監視装置を提供する。【解決手段】支障物衝突回避装置において、列車に搭載された前方監視装置41の速度位置検出部31は、列車の速度及び走行位置を検出し、必須領域設定部52は、速度情報と列車の走行位置に対応する路線情報に基づいて設定された監視領域を立体的に監視する。画角設定部53は、監視...

    前方監視装置、支障物衝突回避装置及び列車制御装置

  7. 【課題】列車遅延を効果的に防止すること及び/又はホーム上の混雑を効果的に緩和することのできる列車制御システムを提供する。【解決手段】列車制御システムは、所定駅に到着した列車の車内混雑度を取得する車内混雑度取得装置13と、前記列車の次停車駅のホーム上の混雑度を取得するホーム混雑度取得装置21と、前記車内混雑度と前記ホーム上の混雑度とに基づいて前記所定駅と前記次停車駅との...

    列車制御システム

  8. 【課題】たとえば運転手に関する情報や車両に関する情報に基づき、隊列を適切に編成することができる隊列走行運用システムを提供する。【解決手段】実施形態によれば、隊列走行運用システムは、複数の車両を連携させて隊列を編成する。隊列走行運用システムは、申請受付処理部と、隊列編成処理部とを具備する。申請受付処理部は、車両の隊列への編入の申請を受け付ける。隊列編成処理部は、前記車両...

    隊列走行運用システムおよび隊列走行運用方法

  9. 【課題】鉄道利用者に、車両のドア毎の混雑状況を表示して、分散乗車などの便宜を図る。【解決手段】鉄道車両の乗客の混雑度を表示する車両情報表示システムであって、車両情報管理サーバは、ドア毎に設置される車重センサによるドア毎の重量に基づき、その車両のそのドアに関する当駅から次駅の運行期間におけるドア毎の乗客数を算出する。また、次駅おけるドア毎の予測降車人数の情報を保持し、ド...

    車両情報表示システム、車両情報表示方法、および、車両情報表示のためのサーバ装置

  10. 【課題】リアルタイムに運転曲線を作成せずに、定時性確保と省エネの両立を実現する。【解決手段】実施形態の列車走行制御装置の運転曲線作成部は、予め運転曲線データベースに格納された所定の駅間の基準運転曲線データに基づいて列車の計画運転曲線を作成し、速度変更設定部は、計画運転曲線に基づいて、制御対象列車が当該制御対象列車に先行して運行される先行列車の走行状態に起因して当該制御...

    列車走行制御装置、方法及びプログラム

  11. 【課題】列車の乗り心地や省エネ効果を向上させることができる自動運転制御装置を提供する。【解決手段】自動運転制御装置は、作成部104と、算出部101と、制御部105と、を備える。作成部は、所定区間における列車の目標速度を含む走行計画を作成する。算出部は、所定区間の空気抵抗および路線条件の少なくとも一方に基づいて、所定区間における列車の走行速度が目標速度となる列車の加速度...

    自動運転制御装置

  12. 【課題】駅での停車時分の長い走行ダイヤや列車、信号などの故障に伴う運行乱れ時で混雑率予測の大幅変動・精度低下が考えられるケースであっても、混雑率案内の精度を向上させることが可能となる旅客案内システムを提供する。【解決手段】旅客案内システム10は、案内対象列車50が案内対象駅70に到着していない走行状態(案内対象駅70での混雑率確定前)では案内情報として予測混雑率を使用...

    旅客案内システムおよび旅客案内方法

  13. 【課題】移動閉そく下での予測制御を実現可能とする技術を提供すること。【解決手段】先行列車12が予測発時刻に駅を発車してから時間TAが経過した後に、移動閉そく方式による列車間隔条件を満たしながら、先行列車12に対象列車10が最接近するとして、そのときの、対象列車10の位置(最接近位置)PS、速度(最接近速度)VS、及び、時刻(最接近時刻)であるオビ接点24を算出する。次...

    プログラム及び運転曲線作成装置

  14. 【課題】 運転線路変更時に効率を向上させた入力支援システムを提供する。【解決手段】 複数の選択肢を有する運転線路の組み合わせに対し、第一運転線路に隣接する第二運転線路群から一の運転線路の入力を受け付ける第二運転線路入力受付部と、第二運転線路に隣接する第三運転線路群から一の運転線路の入力を受け付ける第三運転線路入力受付部を有し、前記第三運転線路が線形上一意に定まる場...

    複雑なルート選択を可能とする運転線路変更入力支援システム

  15. 【課題】適切なタイミングでノッチ指令変更を行いながら、ノッチ変更時の乗り心地を向上させる。【解決手段】実施形態の列車制御装置の列車位置検出部は、列車の走行位置を検出し、記憶部は、列車に対応する路線情報、車両情報を記憶する。制御指令算出部は、走行位置、路線情報及び車両情報に基づいて、駆動/制動制御装置を制御するための制御指令を算出するに際し、列車の駆動時あるいは制動時に...

    列車制御装置、制御方法及びプログラム

  16. 【課題】省エネルギー性は高く、運転曲線と乖離しない方法を提供する。【解決手段】予め定められた軌道上の区間における位置と速度の関係を表す運転曲線を記憶する運転曲線記憶部と、車両が前記区間の終点へ到着する時刻を定める時刻指定部と、区間の運転曲線を算出し、運転曲線記憶部に記憶させる第一の運転曲線算出部と、区間の運転曲線を、第一の運転曲線算出部よりも精密に計算する第二の運転曲...

    車両制御システム、方法及び車両

  17. 【課題】車両の速度の決定に要する時間を短縮でき、かつ車両の走行に要するエネルギーが少なくなる運転曲線の作成を可能とする。【解決手段】実施形態の運転曲線作成装置は、取得部と、選択部と、算出部と、記憶部と、決定部と、を備える。取得部は、車両の走行状態を取得する。選択部は、第1時刻と当該第1時刻より後の第2時刻間における車両の目標速度を選択する。算出部は、第1時刻の走行状態...

    運転曲線作成装置

  18. 【課題】通過駅を含めて路線上の複数の駅の情報を表形式に配列した時刻表データを利用しつつ、ウェアラブル表示部から運行管理情報を出力して、乗員に列車の運行業務を適切に支援できる運行業務支援装置を提供する。【解決手段】ウェアラブル表示部(32)の表示内容を制御する第1データ処理部(25)と、時刻表データ(11b)を記憶する記憶部(11)と、列車の走行位置を推測する走行位置推...

    運行業務支援装置

  19. 【課題】駅毎に編成両数の情報を持たない時刻表データを利用しつつ、ウェアラブル端末を用いて列車の編成両数に応じた運行業務の支援に十分対応できる運行業務支援装置を提供する。【解決手段】ウェアラブル表示部(32)と、ウェアラブル・データ処理部(25)と、時刻表データ(11b)を記憶する記憶部(11)と、列車の走行位置を推測する走行位置推測部(21)と、走行位置から情報表示の...

    運行業務支援装置

  20. 【課題】後続列車との位置関係について考慮し列車遅れを抑止する走行制御システムを提供する。【解決手段】走行制御システムは、地上制御装置101と、線路上を走行する複数の列車の各々に搭載された車上制御装置と、を備える走行制御システムであって、車上制御装置は、第1の送信部を備え、地上制御装置は、受信部305と、予測部306と、生成部311と、第2の送信部309と、を備える。受...

    走行制御システム、及び走行制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 30