検者 に関する公開一覧

検者」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「検者」の詳細情報や、「検者」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「検者」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(4,994件中)5/250ページ目

  1. 【課題】 撮影状態や撮影方法によらず高精度な眼底追尾を維持することにより、撮影効率向上によって検者および被験者の負担を軽減させる。【解決手段】 OCT測定光を被検眼に照射し、前記被検眼からのOCT戻り光と参照光との干渉光を受光して断層画像を取得するOCT光学系と、SLO測定光を前記被検眼に照射し、前記被検眼からのSLO戻り光を受光して平面画像を取得するSLO光学系...

    眼底撮影装置およびその制御方法

  2. 【課題】 OCTとSLOの複合装置におけるフォーカス調整で、両方のフォーカスが同時に調整できるモードと一方のフォーカスを調整できるモードとの判別が容易な眼底撮影装置を提供する。【解決手段】 OCT測定光を用いて被検眼の断層情報を取得するOCT光学系と、SLO測定光を用いて被検眼の眼底情報を取得するSLO光学系と、OCT測定光のフォーカスを調整する第1のフォーカス調...

    眼底撮影装置およびその制御方法

  3. 【課題】健康診断において被検眼を診断する際の診断効率を向上させる。【解決手段】眼科情報処理方法において、眼科装置により被検眼の撮影画像等検査データを得る工程と、撮影画像を解析して解析データを得る工程と、検査データ、解析データと、一部を表示手段に表示する際のテンプレートと、テンプレートに従って表示手段に表示する検査データと解析データとの一部を抽出する抽出条件と、を記憶す...

    眼科情報処理システムおよび眼科情報処理方法

  4. 【課題】 被検体の詳細な構造を観察する際の操作性、並びに視認性を向上させる画像処理装置を提供する。【解決手段】 被検体の断層データに基づいて被検体の正面画像を生成する生成部と、正面画像を生成するための深さ範囲を画定する境界の位置を変更するときに、所定の層境界の位置及び境界の位置に基づいて、境界の位置の変更を規制する制御部とを備える、画像処理装置。

    画像処理装置、画像処理方法及びプログラム

  5. 【課題】 被検体の詳細な構造を観察する際の操作性、並びに視認性を向上させる画像処理装置を提供する。【解決手段】 被検体の第1の層と前記第1の層とは異なる第2の層との層境界を含む正面画像を取得する画像取得部と、正面画像と層境界を示す画像とを、正面画像に対して層境界を示す画像を重畳した状態で表示部に表示させる表示制御部とを備える画像処理装置。

    画像処理装置、画像処理方法及びプログラム

  6. 【課題】従来では計測できなかった速い血流速度も計測することできる光干渉断層撮像装置を提供する。【解決手段】出射する光の波長を掃引する光源と、光を用いて被検体を光断層撮像することにより得た断層データを取得する取得部と、断層データを用いて、血管の像の伸長情報を算出する伸長情報算出部と、断層データを用いて、血管を通る血流の向きと光の血管への入射方向との間の角度情報を算出する...

    光干渉断層撮像装置、血流速度計測装置、血流速度計測方法、及びプログラム

  7. 技術 眼科装置

    【課題】他覚的により正確に測定した結果に基づいて被検眼の測定モードを選択することが可能な眼科装置を提供する。【解決手段】眼科装置は、干渉光学系と、第1光スキャナと、第2光スキャナと、制御部とを含む。干渉光学系は、光源からの光を参照光と測定光とに分割し、測定光を被検眼に照射し、その戻り光と参照光との干渉光を生成し、生成された干渉光を検出する。第1光スキャナは、被検眼と干...

    眼科装置

  8. 技術 眼科装置

    【課題】測定ヘッドとこれを操作するためのユーザインターフェイス部とを一体化した場合でも、測定ヘッドに対してユーザインターフェイス部を自由に配置させつつ操作性の低下を防ぐ技術を提供する。【解決手段】実施形態に係る眼科装置は、本体ユニットと、サブユニットと、第1操作部と、第2操作部と、制御部とを含む。本体ユニットには、被検眼を光学的に検査するための光学系が収容される。サブ...

    眼科装置

  9. 【課題】 被検眼の撮影画像を効率良く取得するとともに、被検者への負担を軽減させることができる眼科撮影装置及び眼科撮影プログラムを提供する。【解決手段】 被検眼に照射された測定光と参照光による干渉信号を検出するOCT光学系を有し、干渉信号を処理することで被検眼のOCTデータを取得する眼科撮影装置であって、被検眼上の走査ラインにて測定光を走査するための走査部と、走査ラ...

    眼科撮影装置及び眼科撮影プログラム

  10. 【課題】療養担当者に情報を提供することができ、かつ、個人情報保護の法的要件をシステムの運用そのものにより満たすことができ、また、情報漏洩の可能性をより低減させられるようにする。【解決手段】情報提供システムが、保険者から一時的に取得した被保険者のレセプト情報に基づく匿名の情報と、レセプト情報を識別する匿名のレセプト識別情報とが対応付けられた提供用情報を生成する提供用情報...

    情報提供システム、情報提供方法およびプログラム

  11. 【課題】輝点像を抑制しつつ広角な眼底画像を撮影すること。【解決手段】広角アタッチメント4は、ミラー110,121〜123を有する。広角アタッチメント4が撮影光学系に装着された場合に、ミラー110は、撮影光学系の光軸L1上に配置され、且つ、第1射出瞳へ向けて出射された撮影光を、光軸L1と交差する方向に反射する。また、ミラー121〜123は、は、撮影光学系から第1ミラー1...

    広角アタッチメントおよび眼底撮影装置

  12. 【課題】位置合わせが容易であり耐衝撃性に優れた放射線撮影装置の提供を目的とする。【解決手段】本発明の放射線撮影装置100は、入射した放射線を検出して画像信号に変換するセンサパネル101と、センサパネル101を収容し、放射線が入射する入射面とは反対側の背面161と側面162との間に、背面161よりも入射面の方向に退いた形状の面逃げ部163を有する外装部材と、外装部材の側...

    放射線撮影装置

  13. 【課題】自覚検査の結果が改善しない原因を特定するための新たな技術を提供する。【解決手段】眼科装置は、屈折力測定部と、データ収集部と、記憶部と、解析部と、異常度情報生成部と、表示制御部とを含む。屈折力測定部は、被検眼の屈折力の測定値を取得する。データ収集部は、光コヒーレンストモグラフィを用いて被検眼の眼底のデータを収集する。記憶部は、正常眼の眼底における所定の層間距離を...

    眼科装置、及び眼科情報処理プログラム

  14. 【課題】PRLにおいて対象物の像を得るうえで、患者の負担を抑制すること。【解決手段】眼科用情報処理プログラムは、PC100のプロセッサに実行される。これによって、PC100は、患者眼におけるPRLの位置に関するPRL位置情報を取得するPRL位置情報取得ステップと、患者眼が正面視の状態で正面物体像をPRLに結像させるための偏向量情報を、PRL位置情報に基づいて取得する、...

    眼科用情報処理プログラム、眼科装置、および、ウェアラブルデバイス

  15. 【課題】 1つのネットワークモデルで複数のタスクをまとめて処理可能な眼科画像処理装置および眼科画像処理プログラムを提供する。【解決手段】 眼科画像を処理する眼科画像処理装置であって、撮影手段によって撮影された前記眼科画像を取得する画像取得手段と、前記眼科画像を処理する画像処理手段と、を備え、前記画像処理手段は、機械学習アルゴリズムによって訓練された単一ネットワーク...

    眼科画像処理装置、および眼科画像処理プログラム

  16. 【課題】 被検眼に対して超音波を適正に照射できる非接触式超音波眼圧計を提供することを技術課題とする。【解決手段】 超音波を用いて被検眼の眼圧を測定する非接触式超音波眼圧計であって、ランジュバン型振動子を備え、前記ランジュバン型振動子によって前記被検眼に超音波を照射することによって、前記被検眼の眼圧を測定することを特徴とする。これによって、被検眼に対して超音波を適正...

    非接触式超音波眼圧計

  17. 【課題】 被検眼に対して超音波を適正に照射できる非接触式超音波眼圧計を提供することを技術課題とする。【解決手段】 超音波を用いて被検眼の眼圧を測定する非接触式超音波眼圧計であって、超音波を発生させる超音波発生手段と、前記超音波発生手段を支持する支基と、前記超音波発生手段を前記支基に装着するための装着手段を備えることを特徴とする。これによって、被検眼に対して超音波を...

    非接触式超音波眼圧計

  18. 【課題】正確な検眼を行うことができるとともに、光学系のアライメント動作を容易に行うことができる視標呈示装置を提供すること。【解決手段】視標呈示装置2は、筐体3と、筐体3の内部に設けられた視表41と、筐体3の内部に設けられ視表41から放射された光束を筐体3の内部に配置された光学系を介して被検眼Eに呈示する視標呈示光学系5と、被検眼Eを撮影する撮影部6と、を備える。

    視標呈示装置

  19. 【課題】検眼に必要な空間を有効に利用することができるとともに、正確な検眼を行うことができる視標呈示装置を提供すること。【解決手段】視標呈示装置2は、筐体3と、筐体3の内部に設けられた近用検査用の近用視表42と、近用視表42から放射された光束を被検眼Eに呈示する視標呈示光学系5と、視標呈示光学系5の光軸LA2に沿って筐体3の少なくとも一部を移動させる筐体駆動部31と、互...

    視標呈示装置

  20. 【課題】近用眼鏡の実際の使用環境に合わせた近用検査を行うことができる視標呈示装置を提供すること。【解決手段】視標呈示装置2は、外部と内部とを接続する開口部32を有する筐体3と、筐体3の内部に設けられ近用検査用の近用視表42を着脱可能に保持する近用視表保持部43と、を備える。近用視表42は、筐体3の外部から開口部32を通して交換可能とされてなる。

    視標呈示装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 250