検出目標 に関する公開一覧

検出目標」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「検出目標」の詳細情報や、「検出目標」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「検出目標」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(498件中)1/25ページ目

  1. 【課題】微小電流を検出する技術を提供する。【解決手段】電流検出装置100は、被検出電流を順方向に導通させるダイオードブリッジD1〜D4の中央に抵抗R1が配置された回路網130と、被検出側及び検出側に分極された圧電トランスPZT1と、圧電トランスPZT1の検出側を入力インピーダンスが誘導性となる共振周波数の近傍領域で駆動する発振器110と、圧電トランスPZT1の他方側を...

    電流検出装置

  2. 【課題】より短時間で目標物を検出できるようにした目標検出プログラム、目標検出装置、及び目標検出方法を提供すること。【解決手段】入力画像に対して探索する領域を決定し、決定した前記領域において第1の精度で前記入力画像に含まれる目標物を探索し、前記第1の精度で探索した結果、前記目標物の候補があると判定した場合、前記第1の精度よりも高い第2の精度で、前記目標物の候補を含む領域...

    目標検出プログラム、目標検出装置、及び目標検出方法

  3. 【課題】持点の更新と擬似玉の移動との間に齟齬が生じないようにすることが可能な遊技機を提供する。【解決手段】残高から変換された持点を遊技に使用するためのクレジットに変換する場合に、減算用擬似玉ユニット121内で擬似玉の移動を開始させ、持点の減算数相当の擬似玉が検出されたことを条件にして持点表示を更新し、複数の擬似玉のうちのいずれかの擬似玉の移動が検出されてから次の擬似玉...

    遊技用システム

  4. 【課題】入力側のオフセットが電流センス信号に与える影響を回避するためのトリミングを、トリミング回路の電流源の調整によって、N個のゲイン設定回路について一律に行うことができる電流センスアンプ回路を提供する。【解決手段】電流センスアンプ回路4Aは、抵抗R1に発生する電圧を増幅するオペアンプ41と、抵抗R1に発生する電圧を元にゲインの異なる3個の電流センス信号Vo1〜Vo3...

    電流センスアンプ回路及びスイッチング電源装置

  5. 【課題】駆動輪タイヤの回転速度からホイールトルクに応じて変化するタイヤのスリップの影響をキャンセルすることができる回転速度補正装置を提供する。【解決手段】車両に装着された駆動輪タイヤの回転速度を補正する回転速度補正装置であって、回転速度取得部と、比較値算出部と、トルク取得部と、回転速度算出部とを備える回転速度補正装置が提供される。回転速度取得部は、駆動輪タイヤ及び車両...

    タイヤの回転速度補正装置

  6. 【課題・解決手段】自機のレーダ波を用いるアクティブ誘導方式のレーダ装置であって、目標にレーダ波を照射するアンテナ装置4、目標からの反射波をアンテナ装置4を介して受信する受信機8、および受信機8からの受信信号をコヒーレント積分処理すると共に、コヒーレント積分処理された信号を使用してクラッタレベルを観測し、観測したクラッタレベルと受信機ノイズレベルとが同等になるように、も...

    レーダ装置およびレーダ信号の処理方法

  7. 【課題】目標物体の誤検出および欠落検出率を低下させ、多次元の目標検出情報を生成する方法を提供する。【解決手段】複数の異なる種類のセンサによって車両周辺の目標物体を検出するステップと、異なる種類のセンサによって検出された、同じ目標物体を表す検出目標を空間位置および時間追跡によって決定するステップとを含む、目標検出情報を生成する。目標物体を検出結果とすることによって、生成...

    目標検出情報を生成する方法、装置、および、機器

  8. 【課題】ユーザにとって快適な環境を把握する。【解決手段】室内12の空気調和を行なう室内機13と、室内機13とは別に持ち運び可能に設けられ、ユーザに操作されたときに満足信号を生成するいいねボタン33と、いいねボタン33と共に設けられ、温度及び風速を検出するセンサユニット34と、いいねボタン33と共に設けられ、いいねボタン33が操作されたときに、いいねボタン33の満足信号...

    空気調和機

  9. 【課題】ユーザにとって快適な環境を実現する。【解決手段】室内12の空気調和を行なう室内機13と、室内機13とは別に持ち運び可能に設けられ、ユーザに操作されたときに満足信号を生成するいいねボタン33と、いいねボタン33と共に設けられ、温度及び風速を検出するセンサユニット34と、いいねボタン33と共に設けられ、いいねボタン33が操作されたときに、いいねボタン33の満足信号...

    空気調和機

  10. 【課題】ユーザにとって快適な環境を実現する。【解決手段】室内12の空気調和を行なう室内機13と、室内機13とは別に設けられ、室内12の温度及び風速を検出するセンサユニット34と、センサユニット34と共に設けられ、センサユニット34で検出した温度情報及び風速情報を、室内機13に送信する送信部37と、を備える。室内機13は、暖房運転時に、センサユニット34で検出する風速の...

    空気調和機

  11. 【課題】ユーザにとっての快適な環境を把握するという機能を十分に活かす。【解決手段】室内12の空気調和を行なう室内機13と、室内機13とは別に設けられ、ユーザが室内12の空気調和環境に満足しているときに操作する持ち運び可能ないいねボタン33と、いいねボタン33と共に設けられ、いいねボタン33の操作情報を室内機13に送信する送信部37と、室内12の空気調和環境に満足してい...

    空気調和機

  12. 【課題】ユーザにとっての快適な環境を把握するという機能を十分に活かす。【解決手段】室内12の空気調和を行なう室内機13と、室内機13の持ち運び可能なリモコン15に設けられ、ユーザが室内12の空気調和環境に満足しているときに操作するいいねボタン33と、リモコン15の情報を室内機13に送信する送信部37と、室内機13に設けられ、リモートコントローラがユーザの周囲にあるか否...

    空気調和機

  13. 【課題】 データレートを向上させ、初探知を高速化し、追跡ロストを低減する。【解決手段】 実施形態に係るレーダ装置は、送信系統と受信系統を分離したアレイアンテナを備える。送信系統は、送信パルスを、少なくとも時間軸及び振幅軸方向のいずれか一方の軸に対してN個のサブパルスに分割し、前記N個のサブパルスそれぞれの変調信号を変え、同一時間の送信パルスは加算信号の変調信号によ...

    レーダ装置

  14. 【課題・解決手段】本発明に係る表面欠陥検出方法は、鋼材の表面欠陥を光学的に検出する表面欠陥検出方法であって、2つ以上の弁別可能な光源を利用して同一の検査対象部位に異なる方向から照明光を照射する照射ステップと、各照明光の反射光による画像を取得し、取得した画像間で差分処理を行うことによって検査対象部位における表面欠陥を検出する検出ステップと、を含み、検査対象部位に対する各...

    表面欠陥検出方法、表面欠陥検出装置、及び鋼材の製造方法

  15. 【課題】本発明は曲線検出方法と曲線検出装置を提供する。【解決手段】前記曲線検出方法は、目標が含まれる画像に対して2値化を行って2値化画像を獲得するステップと、前記2値化画像に対して予備曲線検出を行って予備曲線検出の結果を得るステップと、前記予備曲線検出の結果に基づいて、前記画像に対して反復シミュレーション検出を行って反復シミュレーション検出の結果を得るステップと、前記...

    曲線検出方法と曲線検出装置

  16. 【課題・解決手段】本発明に係る表面欠陥検出装置は、鋼材の表面欠陥を光学的に検出する表面欠陥検出装置であって、2つ以上の弁別可能な光源を利用して同一の検査対象部位に異なる方向から照明光を照射する照射手段と、各照明光の反射光による画像を取得し、取得した画像間で差分処理を行うことによって検査対象部位における表面欠陥を検出する検出手段と、を備え、光学系が所定の条件を満足してい...

    表面欠陥検出装置、表面欠陥検出方法、及び鋼材の製造方法

  17. 【課題】選択還元型NOx触媒の温度が変化する場合であっても、劣化判定処理を精度良く行えるようにした内燃機関の排気浄化装置を提供する。【解決手段】内燃機関の排気浄化装置は、SCR触媒と、SCR触媒の上流にアンモニアの前駆体又はアンモニアを還元剤として供給する還元剤供給装置と、アンモニアスリップ濃度を検出するセンサと、触媒劣化時にアンモニアスリップが発現する量の還元剤をS...

    内燃機関の排気浄化装置

  18. 【課題】記録媒体が矩形でない場合においても、異常搬送検査を精度良く行う。【解決手段】記録媒体の搬送に対して異常を検査する異常搬送検査を行う異常搬送検査装置において、まず、第1の記録媒体を読み取り、読取画像データを生成し(ステップS1)、読取画像データから第1の記録媒体の外形を検出し(ステップS2)、第1の記録媒体の各頂点における角の形状を抽出し(ステップS4)、第1の...

    異常搬送検査装置及び画像形成装置

  19. 【課題】車両が走行する路面の状態を正確に判定する。【解決手段】判定装置は、第1タイヤの回転速度と第3タイヤの回転速度との第1比較値と、第2タイヤの回転速度と第4タイヤの回転速度との第2比較値とを順次算出する。第1及び第2タイヤは、第3及び第4タイヤよりも大きな駆動力が加えられる。判定装置は、ホイールトルクを順次取得し、ホイールトルクと第1比較値との第1関係、及びホイー...

    路面状態の判定装置、方法及びプログラム

  20. 【課題】スリップ及び荷重移動の影響がキャンセルされたタイヤの回転速度を算出する。【解決手段】補正装置2は、回転速度取得部21、比較値算出部24、横方向加速度取得部23、トルク取得部22、回帰式特定部25、回転速度補正部26を備え、回転速度取得部は、第1タイヤ及び第2タイヤの回転速度を取得し、比較値算出部は、第1タイヤの回転速度と第2タイヤの回転速度との比較値を算出し、...

    タイヤの回転速度補正装置、方法及びプログラム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 25