核酸分子 に関する公開一覧

核酸分子」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「核酸分子」の詳細情報や、「核酸分子」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「核酸分子」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(26,219件中)1/1,311ページ目

  1. 【課題】 メタン発酵プロセスを担う特定のメタン生成菌を、現場において簡便かつ迅速に測定できるために、核酸分子ならびにそれを利用する検出方法、検出キットおよび検出試薬を提供する。【解決手段】 核酸分子は、(a)配列番号1〜18のいずれかの塩基配列からなるポリヌクレオチド、(b)前記(a)のいずれかの塩基配列に対して、90%以上の同一性を有する塩基配列からなり、特定の...

    メタン生成菌に結合する核酸分子並びに核酸分子を用いたメタン生成菌の検出方法、検出キット及び検出試薬

  2. 【課題】C1代謝微生物を含む追跡可能な餌を摂取した動物を識別または認証する方法を提供すること。【解決手段】上記追跡可能な餌を摂取した動物として試験動物を識別するための方法は、試験サンプル同位体δ 13C値および試験サンプル同位体δ 15N値を含む試験サンプル同位体識別特性を得るために、試験サンプルを分析する工程;上記試験サンプル同位体識別特性と、基準同位体δ 1...

    動物の餌を追跡するための組成物および方法

  3. 【課題】癌治療用の組成物である抗Ly6G6D(リンパ球抗原6複合体、遺伝子座G61)抗体及びそれを使用する方法を提供する。【解決手段】抗リンパ球抗原6ファミリーメンバーG6D(LY6G6D)に結合する単離された抗体であって、ここで、前記抗体は、重鎖ポリペプチド(H1)と軽鎖ポリペプチド(L1)を含むLY6G6D結合ドメインを含み、前記H1及び前記L1は、特定のアミノ酸...

    抗LY6G6D抗体及び使用方法

  4. 【課題・解決手段】ヒトインターフェロンアルファおよびベータ受容体サブユニット1(IFNAR1)タンパク質に対して結合特異性を有する抗体またはそれらの断片が提供される。様々な実施例では、抗体またはそれらの断片としては、本明細書に開示されるVHおよびVL CDR、またはそのバリアントが挙げられる。自己免疫疾患および自己免疫障害を治療するために抗体またはそれらの断片を使用...

    自己免疫疾患を治療するための抗IFNAR1抗体

  5. 【課題・解決手段】本開示は、IgE媒介型アレルギー性疾患の治療のための、IgE EMPDペプチド免疫原構築物及びその製剤に関する。IgE EMPDペプチド免疫原構築物は、病原体タンパク質に由来する異種Tヘルパー細胞(Th)エピトープに任意選択のスペーサーによって結合される、20アミノ酸超、好ましくは環状のB細胞エピトープペプチドを有する。これらのペプチド免疫原構築...

    IgE媒介型アレルギー性疾患治療のための、膜結合型IgEを標的とするペプチド免疫原及びそれらの製剤

  6. 【課題】CDRの生殖細胞系列化および開発クオリティの最適化は複雑で多因子的な課題である。【解決手段】 本明細書において、プログラム細胞死1(PD1)に特異的に結合する抗体分子、ならびにその関連する核酸分子、ベクターおよび宿主細胞が提供される。さらに本明細書において、当該抗体分子の医療用途が提供される。

    PD1結合剤

  7. 【課題】CDRの生殖細胞系列化および開発クオリティの最適化は複雑で多因子的な課題である。【解決手段】 本明細書において、プログラム細胞死1(PD1)に特異的に結合する抗体分子、ならびにその関連する核酸分子、ベクターおよび宿主細胞が提供される。さらに本明細書において、当該抗体分子の医療用途が提供される。

    PD1結合剤

  8. 【課題】CDRの生殖細胞系列化および開発クオリティの最適化は複雑で多因子的な課題である。【解決手段】 本明細書において、ERBB3に特異的に結合する抗体分子、ならびにその関連する核酸分子、ベクターおよび宿主細胞が提供される。さらに本明細書において、当該抗体分子の医療用途が提供される。

    ERBB3結合剤

  9. 【課題・解決手段】本発明は、PD−1へのPD−L2結合が遮断されるようにヒトPD−L2に特異的に結合する、抗ヒトPD−L2抗体、またはその抗原結合部分に関し、好ましくは当該抗体または抗原結合部分は、好ましくはFACS分析によって決定されるように、マウスPD−L2およびヒトPD−L1に結合しないが、カニクイザルPD−L2に結合する。本発明はまた、抗ヒトPD−L2抗体をコ...

    抗ヒトPD−L2抗体

  10. 【課題・解決手段】vp1タンパク質の異種集団、vp2タンパク質の異種集団、およびvp3タンパク質の異種集団を有するAAVカプシドを含む組換えアデノ随伴ウイルス(rAAV)ベクター。カプシドは、コード化VP1アミノ酸配列と比較して修飾されたアミノ酸を含み、アスパラギン−グリシン対で高度脱アミド化アスパラギン残基を含み、複数の他のより少ない脱アミド化アスパラギン、および任...

    新規アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター、低減されたカプシド脱アミド化を有するAAVベクター、およびその使用

  11. 【課題・解決手段】本発明は、医学の分野、特に子癇前症の予防及び治療に関する。

  12. 【課題・解決手段】本発明は、生物サンプルから、(ヒストンタンパク質または巻き付いているDNA上で)共有結合により修飾された、バリアント、または変異体ヌクレオソーム(集合的に「修飾ヌクレオソーム」または「ヌクレオソーム修飾」)の定量化のための参照標準物質としての、ヒストンおよび/またはDNA修飾を保有する組み換え型/半合成ヌクレオソームの使用に関する。さらに本発明は、疾...

    化学的に定義された組み換え型ヌクレオソームを使用するヌクレオソーム修飾の定量化

  13. 【課題・解決手段】本発明は、抗PLA2−GIB抗体およびその使用、特に試料中のヒトPLA2−GIBを検出するためのものに関する。

    抗PLA2−GIB抗体およびその使用

  14. 【課題・解決手段】本発明は、PLA2−GIBに結合するヒトまたはヒト化抗体、それらの産生およびそれらの使用に関する。これらの抗体は、特に治療および診断目的のために、有利な特徴を示す。

    治療用抗sPLA2−GIB抗体とその使用

  15. 【課題・解決手段】本開示は、レバウジオシドAを基質として使用することによるステビオール配糖体であるレバウジオシドJ及びレバウジオシドNの製造、並びに様々な1,2RhaT−ラムノシルトランスフェラーゼを含む生合成経路に関する。本開示は、いくつかの実施形態では、RebAからRebJを調製する方法と並んで、RebJの中間体によるRebAからRebNの調製を包含する。いくつか...

    ステビオール配糖体レバウジオシドJ及びレバウジオシドNの生合成による製造

  16. 【課題・解決手段】患者におけるクローン病を治療する方法は、初期静脈内投与量及び以降の皮下投与量で、IL−23特異的抗体、例えば、グセルクマブを投与する。

  17. 【課題・解決手段】本開示は、1つのポリペプチド上の重鎖結合領域と別個のポリペプチド鎖上の軽鎖結合領域とを含む二量体抗原受容体(DAR)構築物を提供する。二量体抗原受容体を構成する2つのポリペプチド鎖は、二量体化して抗原結合ドメインを形成することができる。二量体抗原受容体は標的抗原に特異的に結合するので、二量体抗原受容体は抗体様特性を有する。二量体抗原受容体は、指向性細...

    二量体抗原受容体(DAR)

  18. 【課題・解決手段】本開示は、CD73(例えば、ヒトCD73)に特異的に結合し、CD73機能に拮抗する、抗体を提供する。TGFβ結合性部分またはVEGF結合性部分をさらに含む抗CD73抗体も提供される。本開示は、これらの抗体を含む医薬組成物、これらの抗体をコードする核酸、これらの抗体を作製するための発現ベクターおよび宿主細胞、ならびにこれらの抗体を使用して対象を処置する...

    抗CD73抗体およびそれらの使用方法

  19. 【課題・解決手段】とりわけ、非毒性、生体反応性の非天然アミノ酸およびそれを使用する方法が、本明細書に提供される。

    生体反応性組成物およびそれらの使用方法

  20. 【課題・解決手段】被験者のがんの治療、又は予防の方法に関するもので、がんに罹患している、又は罹患しやすい被験者に、被験者の制御性T細胞(Tregs)を枯渇させる第1薬剤を投与し、次にチェックポイント阻害剤からなる第2薬剤を被験者に投与することからなる。

    制御性T細胞を枯渇する薬剤、及びチェックポイント阻害剤を使用してがんを治療、又は予防する方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1311