昆布エキス に関する公開一覧

昆布エキス」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「昆布エキス」の詳細情報や、「昆布エキス」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「昆布エキス」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(508件中)1/26ページ目

  1. 【課題】本発明は、麺に練り込む食塩を減量した即席和風麺において、塩味が増強された即席和風麺の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】即席和風麺において、麺に練り込む食塩を減量する際に、食塩の代わりに乳酸カリウムと、グラニュー糖と、クエン酸と、昆布加工品及び/または鰹節加工品と、を添加することで、即席和風麺の塩味を増強でき、食塩を減量しても良好な塩味を有する即席...

  2. 【課題】柑橘果汁含有飲料が香料を含まず且つ低果汁であっても、柑橘果実本来の果汁感を向上させることができる柑橘果汁感向上剤を提供すること。また、香料を含まず且つ低果汁であっても、柑橘果実本来の果汁感を感じることができる柑橘果汁含有飲料及びその製造方法を提供すること。また、柑橘果汁含有飲料が香料を含まず且つ低果汁であっても、柑橘果実本来の果汁感を向上させることができる柑橘...

  3. 【課題】疲労、及び/又は眠気を改善するのに有効な組成物の提供。【解決手段】しょうが、山椒、ナツメ、フェンネル、高麗人参、甘草、カツオエキス、及びコンブエキスを含む組成物。しょうが、山椒、ナツメ、フェンネル、高麗人参、及び甘草がそれらの抽出物である前記組成物。

    スパイス、カツオエキス及びコンブエキスを含む組成物

  4. 【課題】だし風味に特徴を持つ醤油を含有する液体調味料において、加熱殺菌時に生じる醤油由来の加熱劣化臭を酢酸によりマスキングすると酢酸由来の酢酸臭や酸味も生じる。これら酢酸臭や酸味により、だしの風味もマスキングされる課題があった。だし風味をマスキングしない程度に酢酸を使用すると劣化臭をマスキングできない。そのため、劣化臭をマスキングする程度に酢酸を使用しても、充分なだし...

  5. 技術 被覆具材

    【課題】喫食する食品へ固形状で投入し、喫食時の熱により液状オイルとして味わえる油脂に関し、味や物性に悪影響を与える原料を抑え、喫食時のオイルの飛び散りや手の汚れを防ぎ、容易に投入できてロスも抑えられ、かつスープに香り立ちのする油浮きを作ることで視覚的にも味や香りも楽しむことが可能で、包装資材を減らすことでコストダウンでき、ゴミも軽減可能な、被覆具材及びその製造方法、並...

    被覆具材

  6. 【課題】柑橘果汁含有飲料が香料を含まず且つ低果汁であっても、柑橘果実本来の果汁感を向上させることができる柑橘果汁感向上剤の提供。又、香料を含まず且つ低果汁であっても、柑橘果実本来の果汁感を感じることができる柑橘果汁含有飲料の提供。又、柑橘果汁含有飲料が香料を含まず且つ低果汁であっても、柑橘果実本来の果汁感を向上させることができる柑橘果汁感の強化方法の提供。【解決手段】...

  7. 【課題】離水抑制効果に優れ、かつ、具材と絡みやすく、焦げ付きも発生しにくい加熱調理用調味液、食品及びその製造方法を提供する。【解決手段】ウェランガムと、1種又は2種以上の増粘多糖類(但し、ウェランガムは除く)と、加工澱粉とを少なくとも含有し、前記ウェランガム含有量が0.05質量%以上かつ1.5質量%未満であり、ボストウィック粘度計による測定温度25℃、測定時間30秒の...

  8. 【課題】具材であるタマネギの煮込み感と、調味液におけるタマネギの旨味が向上し、調味料全体にタマネギ由来の風味とコクが付与された具材入り液状調味料を提供すること。【解決手段】少なくともタマネギ具材と有機酸を含む原料を加熱処理してなる具材入り液状調味料であって、調味液中で膨潤後のタマネギ具材に対するシクロアリインの含有量が0.30質量%以上で、かつpHが2.5〜4.5であ...

  9. 【課題】従来とは異なる優れた風味を有し、調味料に配合したときにきわめて好適となる昆布だしの製造方法を得る。【解決手段】30℃未満で冷水抽出した昆布だしと、70℃以上で熱水抽出した昆布だしとを混合して用いることで、熱水抽出だしに由来する味の厚みや深いうまみが感じられる一方、冷水抽出だしに由来する昆布のだし感や風味が加わるだけでなく、すっきり感とまろやかさのバランスに優れ...

    昆布だしおよび当該だしを用いた液体調味料

  10. 【課題】加熱調理による噴きこぼれがなく、食べる直前に電子レンジ等で食べるシュチュエーションに合わせて冷凍のまま短時間で炊飯し、味がよく、炊き立ての米飯を提供する冷凍米飯食品および冷凍米飯食品の製造方法を提供する。【解決手段】(A)うるち米の早炊き加工米と、(B)もち米の早炊き加工米とを冷凍して得られる冷凍米飯食品である。(A)うるち米の早炊き加工米と、(B)もち米の早...

    冷凍米飯食品および冷凍米飯食品の製造方法

  11. 【課題】食品にコク味を効果的に付与できる組成物の提供。【解決手段】(A)グルタミルバリルグリシン又はその塩、並びに(B)遊離のアミノ酸又はその塩を含有する組成物。食品における(A)の濃度は0.3〜250重量ppmとなるように食品に添加され、又、食品における(B)の濃度が0.3〜250重量ppmとなるように添加されることが好ましい。組成物における(A)の含有量と(B)の...

  12. 【課題・解決手段】Brix10以上70以下のハクサイエキスを、40℃以上180℃以下の温度で、20分以上15時間以内加熱することを特徴とする、ジメチルトリスルフィドを10ppm以上含有する、食品に適したフレーバーとして使用しうる組成物の製造方法を提供する。

  13. 【課題】生醤油、生野菜おろしおよび酢酸を含有する生タイプの液状調味料において、生原料のフレッシュな風味を残しつつも、酢酸に由来する味のきつさを適度に調整した調味料の提供。【解決手段】少なくとも生醤油、生野菜おろしおよび酢酸を含有し、かつ前記生野菜おろしが、6メッシュサイズのメッシュを通過させたとき、(A)おろし全重量のうち60〜80%(w/w)がメッシュ上に残存する目...

  14. 【課題】本発明は、装置に具材を付着させることなく生地の上に具材を載せることができるとともに、効率良く量産することができる焼成食品の製造方法および焼成食品の製造装置を提供する。【解決手段】本発明の焼成食品の製造方法は、流動性を有する生地を含む被焼成材料を、焼成する焼成食品の製造方法であって、具材を搬送する複数のトレイのそれぞれに前記具材を載せる具材載せ工程と、後の具材載...

    焼成食品の製造方法および焼成食品の製造装置

  15. 【課題】特別な処理が必要となる原料を用いることなく、原料として乳脂を減量し植物油脂を添加することや、トコフェロール、アスコルビン酸のような酸化防止剤を多種類添加することもなく、乳含有飲食品において、風味を損なわず、経時的に発生する不快な臭いを低減させる経時劣化抑制剤を提供する。【解決手段】一般に風味剤として添加される海藻エキスによって、乳含有飲食品の風味を損なうことな...

  16. 【課題】トランス脂肪酸及びラウリン酸の含量が少なくても、良好な口溶け、外観、可塑性及び酸化安定性を有し、耐熱保型性を有するフィリング用油中水型乳化油脂組成物を提供すること。【解決手段】フィリング用油中水型乳化油脂組成物は、油脂を35〜95重量%、水分を4〜64重量%含有し、前記油脂の構成脂肪酸全体中、トランス脂肪酸含量は5重量%以下、ラウリン酸含量は5重量%以下、リノ...

  17. 【課題】本発明は、特有の香ばしさが向上したフェヌグリーク及びそれを含む食品を提供することを目的としている。【解決手段】フェヌグリーク中のジメチルプロピルピラジンの含有量を高めることで、フェヌグリーク特有の香ばしさを向上することができる。

  18. 【課題】具材本来の風味と食感が十分に感じられ、かつ、調味料全体の風味も良好な具材含有液状調味料の提供。【解決手段】調味液中で膨潤後の大きさが3〜60mmである具材を、湿重量で調味料全体の20〜80質量%含有する、密閉容器入り具材含有液状調味料。具材が、タマネギ、キャベツ、白菜、ニンジン、ネギ、セロリ、パプリカから選ばれる一種以上の乾燥野菜であり、さらに、γ−アミノ酪酸...

  19. 【課題】昆布の味質を特徴づける成分の一つであるマンニトールを高含有した昆布様の呈味を持つ調味料を提供する事である。さらには、ユニークな味質の調味料として幅広い食品に使用する事ができる調味料を提供する事である。【解決手段】フルクトースと酵母エキスの培地でロイコノストック属乳酸菌を培養することにより、乳酸菌の発現するマンニトール-2-デヒドロゲナーゼによってフルクトースを...

  20. 【課題】 製造後の時間経過に伴う、穀物加工食品の風味や食感の低下・劣化を抑制し、穀物加工食品の風味や食感の持続性を保持する技術を提供することを目的とし、常温やチルド下で長時間保存しても作り立ての穀物加工食品の風味や食感を保持することのできる技術を提供することを目的とする。【解決手段】 以下の成分(A)と成分(B)とを含有する穀物加工食品用改良剤を提供する。(A)マ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 26