日差し に関する公開一覧

日差し」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「日差し」の詳細情報や、「日差し」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「日差し」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,879件中)1/194ページ目

  1. 技術 車両

    【課題】ラジエータ等の熱交換器に対して必要に応じて日光を照射する。【解決手段】車両10は、温度調節が必要な温調対象物である電池パック16と、電池パック16との間で熱媒体が循環する熱交換器であるラジエータ40と、ラジエータ40を覆い、車体11の上面を形成すると共に、透明度を可変に構成されたカバー部材66と、日射を検出する日射検出部と、日射検出部の検出結果に基づいてカバー...

    車両

  2. 【課題】判定対象領域がどのような状態であっても、降積雪を精度良く判定することが可能な、画像による降積雪判定方法を提供する。【解決手段】本方法においては、赤外光の反射光に基づいて生成された判定対象領域の画像について、画像内に存在する物体の種類数を判定し、画像内に複数の種類の物体が存在すると判定された場合には、画像内の画素を輝度に応じて複数のグループに分けて、輝度の高いグ...

    降積雪判定方法、降積雪判定装置及び降積雪判定コンピュータ・プログラム

  3. 【課題・解決手段】木材プラスチック・無垢材共押出用フィーダであって、フレーム(10)を備え、前記フレーム(10)には、少なくとも1組の歯型搬送ユニット(6)、無垢材ブランクの外面に歯跡をフライス加工するための歯跡フライス加工ユニット(8)、及び無垢材共押出型(9)が順次配置されており、各前記歯型搬送ユニット(6)は、第1固定軸受け台に取り付けられる下歯型プレスローラ(...

    木材プラスチック被覆無垢材複合材の製造装置及び方法

  4. 【課題】連続グルコース・モニタリングのための光センサ、システム及び方法に関する技術を提供する。【解決手段】この光センサは、最終的なセンサを形成するために複数のシートを重ね合わせることにより形成されることが可能である。いくつかの実施形態において、センサ先端部は、酸素導管1812、酵素層、及び検知層を備える。センサは、酸素検知ポリマー1904のような、標的材料へ光を指向、...

    光−酵素検体センサを使用する連続ヘルス・モニタリングのためのシステム及び方法

  5. 【課題】医療施設が設けられた医療施設用敷地に隣接する集合住宅に入居し、暗く沈んでいる入居者の気持ちを、穏やかな気持ちに効果的に切り替えることができるようにする。【解決手段】集合住宅用敷地1は、集合住宅2と植栽が設けられた緑道3とを備え、緑道3を通じて医療施設用敷地4との間の往来が可能となっており、集合住宅2は、外周壁と共用空間28と植栽が設けられた中庭16と当該中庭1...

    集合住宅用敷地

  6. 【課題】 夏場の温度上昇を抑制できる生ごみ処理装置を提供すること。【解決手段】 生ごみ処理装置1は、生ごみを収容可能とし収容された生ごみをミミズにより堆肥化して処理する本体2と、本体2の上方に設けられ植物31を用いて本体2に対する日差しを遮蔽する日射遮蔽体3とを備え、夏場において本体2に対する日差しを遮蔽して本体2の温度上昇を抑制し、冬場において日射遮蔽体3の遮蔽...

    生ごみ処理装置

  7. 【課題】日差しの量を容易に調整できるとともに、建物の壁からの張り出し長さを短くしても、日差しを確実に防ぐことができ、かつ、外部からの視線も防ぐことができる日除け装置を提供することを目的としている。【解決手段】対となる2つの側フレーム2の天部21を後端側から前端側に向かって下り勾配とするとともに、天部21の下端と、前支柱部23の上端が、下り勾配が徐々に大きくなる湾曲部2...

    日除け装置

  8. 【課題】主に、屋根延長部材を屋根とは異なる勾配にする方法を提供する。【解決手段】下り勾配に傾斜された屋根4の軒部5における、玄関2の上側に位置する部分に、屋根延長部材6を取付けて成る玄関ポーチ3に関する。屋根延長部材6は、屋根4よりも緩い勾配を有して屋根4の軒部5に接続されている。屋根4の軒部5と屋根延長部材6との接続部分は、上面側が突当状態とされ、下面側が離間状態と...

    玄関ポーチ

  9. 【課題】対象部位を高精度に認識することが可能な情報処理装置、情報処理方法、及びプログラムを提供すること。【解決手段】上記目的を達成するため、本技術の一形態に係る情報処理装置は、選択部を具備する。上記選択部は、身体に含まれる対象部位に対して測距センサにより検出される第1の位置情報と、前記対象部位に対して機械学習により推定される第2の位置情報との差分に基づいて、前記第1の...

    情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム

  10. 【課題】主に、ジョイナーに、雨水に対するシール機能を持たせることなどができるようにする。【解決手段】ポーチ屋根2は、玄関の上側に張出すように設置されたポーチ本体4と、ポーチ本体4の周縁部を縁取る化粧材5とを有している。化粧材5は、ジョイナー29によって繋ぎ合わされている。ジョイナー29は、化粧材5の内面に沿った形状とされる。ポーチ本体4は、周縁部の下部に防水シート51...

    ポーチ屋根

  11. 【課題】自動運転可能な車両を改善する。【解決手段】自動運転可能な車両において制御系10は、車両の走行を自動運転と手動運転とで切り替えて制御する自動運転/運転支援ECU14と、自動運転の際に車両の外から視認されるように点灯可能な自動運転表示ランプ5と、自動運転/運転支援ECUが車両の走行を自動運転で制御する自動運転中に、自動運転状態であることを示す自動運転表示ランプを点...

    自動運転可能な車両

  12. 【課題】自動運転可能な車両を改善する。【解決手段】自動運転可能な車両において制御系10は、車両の走行を自動運転と手動運転とで切り替えて制御する自動運転/運転支援ECU14と、自動運転の際に車両の外から視認されるように点灯可能な自動運転表示ランプ5と、自動運転/運転支援ECUが車両の走行を自動運転で制御する自動運転中に、自動運転状態であることを示す自動運転表示ランプを点...

    自動運転可能な車両

  13. 【課題】自動運転可能な車両を改善する。【解決手段】自動運転可能な車両において制御系10は、車両の走行を自動運転と手動運転とで切り替えて制御する自動運転/運転支援ECU14と、自動運転の際に車両の外から視認されるように点灯可能な自動運転表示ランプ5と、自動運転/運転支援ECUが車両の走行を自動運転で制御する自動運転中に自動運転状態であることを示すように自動運転表示ランプ...

    自動運転可能な車両

  14. 【課題】車両の外から自動運転中であることを認識できる車両を提供する。【解決手段】自動運転可能な車両において制御系10は、車両の走行を自動運転と手動運転とで切り替えて制御する自動運転/運転支援ECU14と、自動運転の際に車両の外から視認されるように点灯可能な自動運転表示ランプ5と、自動運転/運転支援ECUが車両の走行を自動運転で制御する自動運転中に自動運転状態であること...

    自動運転可能な車両

  15. 【課題】自動運転可能な車両を改善する。【解決手段】自動運転可能な車両1は、車両1の走行を自動運転と手動運転とで切り替えて制御する走行制御部14と、自動運転の際に車両1の外から視認されるように点灯可能な自動運転表示ランプ5と、走行制御部14が車両1の走行を自動運転で制御する自動運転中に自動運転状態であることを示すように自動運転表示ランプ5を点灯するように制御するランプ制...

    自動運転可能な車両

  16. 【課題】車幅方向中央部における遮光性を確保できかつ乗員の車室外への視認性を確保できるサンバイザを提供する。【解決手段】サンバイザ10を、ルームミラー30が配置された車幅方向中央部に固定され、回転可能な回転軸50Bを備えた固定部材50と、回転軸50Bと連結されると共に全体形状が略平板状に形成され、天井18側とフロントガラス16側とを回転軸50Bを軸中心として回動可能なサ...

    サンバイザ

  17. 【課題】 本発明は、たとえば、大部屋や災害避難所で、個室の形態で、一人だけ眠りたいときに使用できるように、簡単に組み立てができるように凹凸部、溝を備えた3方向の側面板、背面版、側面板と天板、就寝用の就寝シートマット部、遮光用のカーテン部を組み合わせた簡易安眠ハウスを提供する。【解決手段】 凹部、凸部、溝を備えた3方向の側面板、背面版、側面板と天板、就寝用の就寝シー...

    簡易安眠ハウス

  18. 【課題】利用者が、起動情報を送信させるだけで、予め設定されている追従開始位置から、雨、雪、雹、日光、紫外線などの外乱から移動対象物を保護するように指示できる。【解決手段】防御装置と無線接続される外部装置とからなる。防御装置は、移動対象物を所定の外乱から防御するための傘部と、傘部を空中移動させるための空中移動機構と、追従開始位置の情報を追従開始位置を特定するための情報と...

    防御装置及び防御システム並びに防御装置用のプログラム

  19. 【課題】より適切に輝度調整を行うことができる表示制御装置、表示制御方法、およびプログラムを提供すること。【解決手段】実施形態の表示制御装置は、周囲の照度を取得する照度取得部と、前記照度取得部により取得された照度に基づいて表示部に表示される画像の輝度を制御する輝度制御部と、を備え、前記輝度制御部は、第1の輝度変化速度で輝度を変更する第1モードによる輝度制御の実行中に、前...

    表示制御装置、表示制御方法、およびプログラム

  20. 【課題】 屋根があるにも関わらず街中にあっても極力景観の障害とならず、整然と駐輪できる駐輪設備を提供する。【解決手段】 高さが120〜160cm程度で自転車の直上を覆う程度の大きさの屋根に、自転車のハンドルの両側端部近傍に屋根面から垂下して取り付けられた空間仕切部材により垂直に近い状態で駐輪できる。又は、屋根から垂下して屋根と一体化されたサドル受け材にサドルを載せ...

    駐輪設備の構造

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 194