既知化合物 に関する公開一覧

既知化合物」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「既知化合物」の詳細情報や、「既知化合物」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「既知化合物」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,178件中)1/159ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)の化合物[Q、V、T、W、Y、X及びAは、明細書中で言及のように定義される。]、並びにそれの製造方法及び害虫の防除のためのそれの使用に関するものである。化1】。

    有害生物防除剤(pesticides)としての置換された2−複素環イミダゾリル−カルボキサミド類

  2. 【課題・解決手段】本発明は、MSなどの脱髄症状を治療する髄鞘再生剤の投与を含む。髄鞘再生、乏突起膠細胞分化、およびMSなどの脱髄症状の治療を促進する様々な髄鞘再生組成物が開示される。一つの態様では、髄鞘再生組成物は髄鞘再生特性を有する選択的エストロゲン受容体調節剤である。一つの態様では、髄鞘再生組成物は、髄鞘再生のエフェクターとして過去に特定されていないGタンパク質結...

    髄鞘再生療法

  3. 【課題・解決手段】本開示は、生体アミン輸送体活性を有するが、5-HT2受容体サブタイプにおいて実質的な活性を欠くモノアミン神経伝達物質放出剤および/またはモノアミン取り込み阻害剤化合物を提供する。本開示のフェネチルアミンまたはビニローグフェネチルアミン化合物は、1つ以上のモノアミン神経伝達物質の活性によって媒介される疾患、病状および/または障害の治療に有用である。

  4. 【課題】ライブラリサーチの同定精度の低下を回避する。【解決手段】本発明の一態様は、全イオン電流クロマトグラムにおけるピークの頂点部の保持時間が基準ピーククロマトグラムのサチュレーションしている区間に該当する場合には、全イオン電流クロマトグラムにおけるマススペクトルの抽出位置を、基準ピーククロマトグラムのサチュレーションしていない区間内の所定の条件を満たす位置に補正する...

    質量分析データ処理装置及び質量分析データ処理方法

  5. 【課題】優れた新規分子標的抗がん剤として期待される、デプシペプチド類化合物の重要中間体である光学活性アミドカルボン酸誘導体の工業的に有利な製造方法、並びにその製造中間体及びその製造方法を提供する。【解決手段】下記式(I)【化1】(式中、R1、R2、*、†及びTrSは明細書中に記載のとおりである。)で示される光学活性アミドカルボン酸エステル誘導体。

  6. 【課題】機械学習を利用した未知スペクトルの分類方法であって、単独のニューラルネットワーク(NN)を用いても適切に分類でき、かつ、実用的な化合物グループへの分類が可能な方法を提供すること。【解決手段】この分類方法は、(1)経験則に従って、複数の化合物グループを設定するとともに、化合物グループの各々に属する複数の既知化合物のスペクトルデータを既知スペクトルとして準備するス...

    機械学習を用いた未知化合物の分類方法

  7. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)で表されるフルオレン類多官能光開始剤、それを含有する感光性樹脂組成物、その製造及び両者の使用を提供する。当該化合物は、合成が簡単であり、コストが低く、溶解性が良く、光硬化組成物における応用効果が優れ、従来の小分子光開始剤に比べて、光開始活性に優れるのみならず、低いマイグレーション性、低臭性、耐黄変等の利点を有している。当該組成物...

    フルオレン類多官能光開始剤およびその製造ならびに使用、フルオレン類光開始剤含有感光性樹脂組成物およびその使用

  8. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)〔式中、Q、V、T、W、X、Y及びAは、本明細書中で与えられている意味を有する〕で表される化合物、及び、害虫を防除するためのそれらの使用に関する。化1】。

    有害生物防除剤としての置換2−オキシイミダゾリル−カルボキサミド類

  9. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)〔式中、Q、V、T、W、X、Y及びAは、本明細書中で与えられている意味を有する〕で表される化合物、及び、害虫を防除するためのそれらの使用に関する。化1】。

    有害生物防除剤としての置換2−(ヘタ)アリール−イミダゾリル−カルボキサミド類

  10. 【課題】精度及び信頼性が高く、且つその評価が容易な予測結果が得られる化合物毒性予測手段を提供することを課題とする。【解決手段】(1)使用者が入力した供試化合物の構造情報を受信するステップと、(2)受信した前記構造情報に基づき、構造が最適化された3次元分子構造を生成するステップと、(3)前記3次元分子構造を用い、3次元分子記述子、4次元分子記述子及び量子化学分子記述子か...

    毒性予測方法及びその利用

  11. 【課題】簡便かつ再現性良く薬物の心毒性を包括的に評価できる方法を提供する。【解決手段】表4に示す18種類の遺伝子から選択される1以上の遺伝子の哺乳動物細胞内での発現レベルに基づいて、薬剤の心毒性を評価するための試薬又はキットであって、前記選択された各遺伝子の塩基配列からなるヌクレオチド又はその一部配列を含むヌクレオチドを含む心毒性を評価するための試薬又はキット。

    薬剤の心毒性評価方法及びそのための試薬又はキット

  12. 【課題・解決手段】本発明は、併用療法を用いて癌を処置するための治療合剤及び方法に関する。

    腫瘍を処置するための抗EGFR合剤

  13. 【課題・解決手段】本発明は、併用療法を用いて癌を処置するための治療合剤及び方法に関する。

    腫瘍を処置するための抗CD20合剤

  14. 【課題・解決手段】有効量のHer2/Neu拮抗薬及びヒトの形質細胞用樹状細胞、骨髄樹状細胞、NK細胞、またはそれらの組み合わせを活性化することができる有効量の免疫療法薬を開示する。

    腫瘍を処置するための抗HER2合剤

  15. 【課題・解決手段】本開示は、ポドフィロトキシンの誘導体、その組成物、ならびに対象におけるさまざまなタイプのがんを処置しかつ/または対象におけるさまざまなタイプの腫瘍成長を遅延させもしくは退縮させるためにそれらを使用することに関する。

    ポドフィロトキシン誘導体およびそれらの使用

  16. 【課題】アルケン化合物の不斉酸化反応を触媒可能なピロリジン誘導体の提供。【解決手段】下式でcat.Aと例示されるアリールピロリジンジカルボン酸アミド誘導体。光学純度が50%である不斉酸化触媒。前記化合物を共酸化剤と共にアルケン誘導体と接触させることを含む光学活性エポキシ化合物の製造方法。前記アルケン誘導体が二重結合の3位にN又はOを含む官能基を有する置換アルケン誘導体...

  17. 【課題・解決手段】本発明は、高温で、短い反応時間で、塩化オキサリルを用いてチオフェン類から出発する、チオフェン−2−カルボニルクロリド類の調製方法を開示する。

  18. 【課題】選択イオンモニタリング測定や多重反応モニタリング測定を行うために用いられる、目的成分ごとに測定条件を記載したメソッドファイルを容易にかつ正しく作成することができる質量分析装置を提供する【解決手段】試料に含まれる1乃至複数の目的成分を、それぞれ1乃至複数の測定条件で選択イオンモニタリング測定及び/又は多重反応モニタリング測定する質量分析装置において、複数の成分の...

    質量分析装置

  19. 【課題】オレキシン受容体のアンタゴニストとしてのまたはオレキシン系機能障害の治療のための化学的に関連する化合物の提供。【解決手段】下式の化合物。[Y1、Y2、Y3およびY4:独立して炭素原子または窒素原子、W:置換されたアリール等、X:置換されていてもよいアリール等]。

    オレキシン受容体アンタゴニスト

  20. 【課題】有害な昆虫、及び植物病原性菌類から植物を保護するための殺虫殺菌剤組成物、及びその組成物による有害生物防除方法の提供。【解決手段】下記式で表されるカルタップ塩酸塩又はチオシクラムシュウ酸塩から選択される殺虫剤成分(A)と、殺菌剤成分のヘキサコナゾール(B)を含有する殺虫殺菌剤組成物、及び植物または植物周辺の領域を前記殺虫殺菌剤組成物の有効量で処理する工程を含む植...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 159