断面円形 に関する公開一覧

断面円形」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「断面円形」の詳細情報や、「断面円形」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「断面円形」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(55,766件中)1/2,789ページ目

  1. 【課題】 フレキシブル管を挿入させやすくしたフレキシブル管用継手を提供する。【解決手段】フレキシブル管用継手2は、継手本体10とシール部材40とを備える。継手本体10には、蛇腹状をなすフレキシブル管1が挿入される接続孔12が形成されている。弾性材からなるシール部材40は、リング状をなして接続孔12内に配置されている。シール部材40によって接続孔12に挿入されたフレキ...

    フレキシブル管用継手

  2. 【課題】車体側の被固定部の寸法誤差に容易に対応可能としたワイヤハーネス用固定部材を提供する。【解決手段】ブラケット10は、第1固定部16、第2固定部23、及び回動可能に設けられた回動部材12を備え、第2固定部23は回動部材12に設けられている。回動部材12の回動軸L1は、第2固定部23の組付方向(X軸方向)、及びブラケット10の高さ方向(Z軸方向)とそれぞれ垂直をなす...

    ワイヤハーネス用固定部材

  3. 【課題】ピストンがオイル誘導部の位置で破損することを未然に防止する。【解決手段】ピストン5は、気筒2(シリンダ)の内壁面に対向する外周面70と、この外周面70に形成されたオイルリング溝73と、このオイルリング溝73に装着されたオイルリング75と、ピストン5の反スラスト側の領域(高圧領域)に設けられるオイル誘導部74とを備える。オイルリング溝73は、内底面73aと、この...

    エンジンのピストン

  4. 【課題】入力軸が停止した位置を保持したまま出力軸を双方向に空転させることができ且つ長寿命のフリータイプ双方向クラッチを提供すること。【解決手段】外周面に凹部52が形成されたカム体48を遊星歯車46と軸方向に並列して固着するとともに、上記カム体48が挿入される空間部32を入力軸4に設ける。入力軸4が回転し、空間部32においてカム体48が所定の姿勢で入力軸4と当接すると遊...

    フリータイプ双方向クラッチ

  5. 【課題】分割構造の磁性体部を容易に組み付けることのできるロータの製造方法、およびロータの製造に用いる磁性体を提供する。【解決手段】ロータは断面円弧状をなす磁性体部40を複数有する。それら磁性体部40はシャフト30の外周面を覆う筒状をなすように同シャフト30の周囲方向に並ぶ態様で設けられる。ロータの製造に際しては、先ず、シャフト30の径方向および軸線L方向に延びるスリッ...

    ロータの製造方法および磁性体

  6. 【課題】移動体が一側に移動される際にシフト体と移動体とが係合すると共にシフト体と移動体との係合を解除する。【解決手段】シフト装置10では、第1ロータカム32が逆方向に回転される際に、第1ロータカム32の凹部32Aと第2ロータカム34の凸部34Bとが係合されて、レバー12が回動された後に、凹部32Aと凸部34Bとの係合が解除される。このため、第1ロータカム32が逆方向に...

    シフト装置

  7. 【課題】 負荷電圧の大きさに応じて、溝の容積を可逆的に変化させる。【解決手段】 トレッド部2aを有するタイヤ2、及び、そのタイヤ2を装着した車両1である。トレッド部2aには、踏面13から凹む溝8が設けられている。溝8は、負荷電圧の大きさに応じて自らの体積が可逆的に変化することで溝8の容積を可逆的に変化させる体積可変物質23が設けられた容積可変溝24を含む。

    タイヤ及び車両

  8. 技術 熱交換器

    【課題】熱交換器において簡素な構成で耐久性を高めて振動が付与された際の損傷を防止する。【解決手段】熱交換器10において、コア部20の上部及び下部にそれぞれ第1及び第2サイドフレーム24、26を設け、第1及び第2ヘッダ12、14の上端部12a、14aには、前記第1サイドフレーム24の幅方向両端に設けられた第1ヘッダ保持部40が外周面を覆うように固定されると共に、第1及び...

    熱交換器

  9. 【課題】 創外固定器の装着を迅速かつ容易に行うことができ、また創外固定器を装着したままの状態でX線撮影も行うことができ、しかも、製造コスト面でも有利な創外固定器を提供することを提供すること。【解決手段】 創外固定器の器具本体1をプラスチック製の棒体から構成し、かつ、この器具本体1の胴部に、長さ方向と直角を成す方向に貫通する挿通孔11・11…を長さ方向に所定ピッチで...

    創外固定器

    • 公開日:2020/10/22
    • 出願人: 新井哲也 、...
    • 発明者: 新井哲也 、...
    • 公開番号:2020-171526号
  10. 【課題】スペースの限られた狭い場所であっても、必要に応じて容易に設置することができ、作業性、安全性ともに向上させることが可能な展張式作業床を提供する。【解決手段】四隅の支柱12a〜12dにより所要の高さに支持された作業床11および手すり14,15および補強部材19,20は共に、作業床11はその折り畳み支持棒11cを支点として、手すり14,15はその折り畳み支持軸14c...

    展張式作業床

  11. 【課題】トルクチューブと軸とを連結しているロックピンが遠心力によって抜け出ることを防止する。【解決手段】等速自在継手のトルクチューブ20に対して軸60を接続する等速自在継手の軸接続構造において、トルクチューブ20の軸心に沿って接続孔28が形成され、軸60は接続孔28内に嵌合し、トルクチューブ20に形成されたピン孔27と軸60に形成されたピン孔61にロックピン50が挿通...

    等速自在継手の軸接続構造

  12. 【課題】シール部材による容器本体とキャップ本体の間の密閉性を高めると共に、このシール部材の耐久性を向上させることを可能としたキャップ付き容器を提供する。【解決手段】上部が開口した容器本体2と、容器本体2に着脱自在に取り付けられるキャップユニット3Aとを備え、容器本体2の上部開口部2dの周囲に平坦部8が設けられ、キャップユニット3Aは、容器本体2の上部開口部2dを覆った...

    キャップ付き容器

  13. 【課題】被冷却体の温度上昇の抑制と、コストアップの抑制と、を実現することが可能な冷却ユニット及び画像形成装置を提供する。【解決手段】冷却ユニット50は、循環チューブ51と、ラジエーター53と、ファン531と、ポンプ55と、単一の駆動モーター61と、を備え、被冷却体である現像装置40を冷却する。循環チューブ51は、現像装置40に接触するように配置されて現像装置40から受...

    冷却ユニット及び画像形成装置

  14. 【課題】現像装置の温度上昇の抑制と、感光体ドラムの温度の下がり過ぎの抑制と、を実現することが可能な画像形成装置を提供する。【解決手段】画像形成装置は、像担持体と、現像装置40と、冷却ユニット50と、を備える。像担持体は、静電潜像が形成される。現像装置40は、静電潜像をトナー像に現像する。冷却ユニット50は、現像装置40を冷却する。冷却ユニット50は、循環経路と、放熱部...

    画像形成装置

  15. 技術 接合方法

    【課題】硬度が高い金属部材同士を好適に接合することができる接合方法を提供することを課題とする。【解決手段】回転する回転ツールFを補助部材10の表面10a側のみから挿入するとともに、攪拌ピンF2のみを補助部材10に接触させ攪拌ピンF2の基端側を露出させつつ、攪拌ピンF2の外周面を第一金属部材1及び第二金属部材2に僅かに接触させた状態で、突合せ部J1,J2に沿って回転ツー...

    接合方法

  16. 【課題】トルクヒンジなどの角度位置保持装置に過負荷防止機構であるトルクリミッタを組み合わせ、小型でコンパクトな回転伝達用装置を提供すること。【解決手段】ハウジング2内に外輪部材4を設置し、その外周面にコイルばね10を装着すると共に、外輪部材4の内部には円形断面の内部空間53を形成して、内輪部材6を外輪部材4と同心の状態で設置する。外輪部材4と内輪部材6との間の環状の空...

    過負荷防止機構付き角度位置保持装置

  17. 【課題】電線との間における電気抵抗を十分に低減できる端子等を提供する。【解決手段】端子10は、相手接続部11と、相手接続部11に固定され、多数の素線からなる芯線1が外部に露出された電線Wの一端側が挿入された筒部20と、相手接続部11に固定され、筒部20内に突出する針状棒30と、筒部20に設けられ、芯線1を針状棒30の外周面に押圧する方向に加締め変形された加締め部25と...

    端子、及び、端子の製造方法

  18. 技術 回転電機

    【課題】冷却効率の向上を図ることのできる回転電機を提供する。【解決手段】電動機は、金属板23が積層されてなるステータコア20と、同ステータコア20に巻回されたステータコイル21とを有する。金属板23におけるステータコイル21が巻回される部分は、回転軸方向に曲がった形状をなしている。ステータコイル21の形成材料の線膨張係数は、ステータコア20の形成材料の線膨張係数よりも...

    回転電機

  19. 【課題】手動操作のためのハンドルとバルブの弁体を回転させるためのステムとの連動を解除することを可能にするバルブ用手動操作機構を提供する。【解決手段】バルブ用手動操作機構11は、互いと隣接して配置される第1のシャフト15及び第2のシャフト17と、第1のシャフト15及び第2のシャフト17の互いに面する端部の外周部にそれぞれ設けられた第1の切欠部27及び第2の切欠部29と、...

    バルブ用手動操作機構及びこれを備えるバルブ

  20. 【課題】回転機構を採用することなく、流体を周方向に噴霧又は噴射するのに有用な多孔ノズル及び噴霧方法を提供する。【解決手段】多孔ノズルは、ノズル本体1の先端部が閉じられ;ノズル本体1の周壁に形成され、流体を噴射するための複数のスリット状噴射口(又は噴霧孔、吐出孔)3a〜3fと;前記ノズル本体1に形成され、これらの噴射口にそれぞれ流体を供給するための複数の供給路2a〜2f...

    多孔ノズル及び噴霧方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2789