整相回路 に関する公開一覧

整相回路」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「整相回路」の詳細情報や、「整相回路」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「整相回路」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(216件中)6/11ページ目

  1. 【目的】並列入力される複数の超音波信号を周波数軸上で圧縮し、同じ信号部分の複数回利用を考慮して復調するようにした超音波信号処理装置【構成】超音波受信信号群を標本化するアナログ−ディジタル変換器群と、第一の複素ディジタル参照信号群による周波数移動を行う乗算器群と、信号帯域を制限する第一の低周波通過フィルタと、第二の複素ディジタル参照信号群による周波数移動を行う第一の複素...

    超音波信号処理装置

  2. 【目的】血流存在部位以外の部位において呼吸や心臓の拍動に伴う生体臓器の動きによって生じたドプラアーチファクト像を表示しないようにする。【構成】A/D変換器4の出力側に設けられた臓器運動速度演算回路11により上記A/D変換器4からのドプラ信号を用いて生体臓器の運動速度情報を演算し、この臓器運動速度演算回路11の出力側に設けられた臓器運動有無判別回路12で血流速度演算回路...

    超音波ドプラ血流計

  3. 【目的】超音波診断装置において、ダイナミックフォーカスを可能とすると共に小形化しかつコスト低減を図る。【構成】整相回路4内の各チャンネル毎の遅延回路71〜7nには外部から分圧比が制御可能な分圧器171〜17nをそれぞれ並列に設け、この分圧器171〜17nを介して上記各遅延回路71〜7nの遅延時間の制御信号Ec1〜Ecpをそれぞれの制御端子に印加すると共に、その制御信号...

    超音波診断装置

  4. 【目的】高電圧の高周波信号の切換速度を高速化するアナログスイッチのスイッチ回路を得る。【構成】電界効果トランジスタ7a、7bをオン状態にする発光ダイオード8の電流を、初期一定時一定状態に保ち、一定時後オン状態に維持するための各スイッチング素子15、16と上記動作のためのアナログスイッチ駆動回路141〜mを有する。

    スイッチ回路とそれを用いた超音波診断装置

  5. 【目的】三次元画像表示の超音波診断装置において、撮像中でも画像再生中でも探触子の傾角度の変化に応じて三次元画像表示の視点位置を連動して変化可能とする。【構成】複数の振動子素子11〜1nが配列され被検体に超音波を送受信して三次元情報を収集することができる探触子1に該探触子1の傾角度を検出する傾角度検出器9を取り付け、この傾角度検出器9で検出された傾角度信号に基づいて投影...

    超音波診断装置

  6. 【目的】探知航走体に代えて、曵航式パッシブソナーを装備し、水中航走体の内部で空中を移動する航空機等の移動音源の探知や追尾を可能にする空中移動物体の水中からの探知・追尾方法を提供する。【構成】航空機11の放射雑音のうち、水中に透過した音を水中航走体12に接続される曵航式パッシブソナー13で受信し、その受信信号を分析して航空機11の機種を識別し、その航空機11の機種に応じ...

    空中移動物体の水中からの探知・追尾方法

  7. 【目的】スイッチ回路において、信号切換時のオン・オフの切換速度を向上する。【構成】二つの電界効果トランジスタ8a,8bを逆直列接続してスイッチング素子として用い、上記二つの電界効果トランジスタのソース・ゲート間の電圧egを光結合回路(9,10)で制御し、対象回路の接続の切り換えを行う高耐圧アナログスイッチ41′〜4n′を有すると共に、この高耐圧アナログスイッチと同様の...

    スイッチ回路及びそれを用いた超音波診断装置

  8. 【目的】3次元画像表示が可能な超音波診断装置において、診断部位中の関心領域を把握しやすくすると共に3次元画像の表示速度を上げる。【構成】表示装置1を、診断部位全体の3次元画像20の表示部10及びその全体画像中の一部の関心領域の3次元画像30の表示部11を少なくとも1つずつ備えて構成し、かつそれら全体画像と関心領域画像とを同時表示可能に構成する。そして、この時、全体画像...

    超音波診断装置

  9. 【目的】臨界角を可変にして測定可能とすることで漏洩弾性表面波、疑似縦波等の任意の波を分離して測定する。【構成】複数の超音波振動子がアレイ状に列設されたアレイ式超音波探触子20と、試料30に弾性表面波等の所定の波が励起されるようにアレイ式超音波探触子20を励振して所定の波に対応する臨界角θをもって試料30の表面に超音波送信ビームを入射させる送信制御回路TCと、試料30表...

    超音波顕微鏡

  10. 【目的】受信信号の2次元相関処理による高精度の整相処理を、小規模な回路で高速に行い、医用超音波診断装置などの性能を向上させる。【構成】超音波の送受信を行う2次元配列の複数の振動子と、振動子の受信信号の増幅等を行なう受信回路と、振動子を選択して受信回路に接続する選択スイッチと、受信回路の出力信号の相関処理を行なう相関処理回路と、相関処理回路の出力に基づき、受信回路の出力...

    超音波信号処理装置

  11. 【目的】超音波診断装置において、従来血流像の表示により消されていた通常の断層像の表示を回復し、血流像及び断層像の双方を良好に表示する。【構成】画像表示装置6の前段に、血流像表示回路系3及び断層像表示回路系4で形成された血流像及び断層像を入力して任意の画素中で断層像の輝度レベルがある所定のしきい値を越えたかどうか判別しそのしきい値を越えているときは当該画素では断層像を血...

    超音波診断装置

  12. 【目的】放送される、或いは記憶されるテレビ・プログラムのモンタージュのビデオ分析システムと、追加製作、取分け、多言語追加製作技術への利用方法を提供する。【構成】本発明は、一連のk画像から構成されるテレビ・プログラムのモンタージュのビデオ分析システムに関するものである。システムは、少なくともkとk−1の二つの連続画像グループについて、放送されるプログラムの画像構成の時間...

    ビデオ分析システムおよびその利用方法

  13. 多重障害時動作可能なフォールトトレラント・クロック

  14. ドプラ音声生成装置および超音波診断装置

  15. 【課題・解決手段】同時カドロップオンデマンド印刷原理を用いて作動し、多くのノズルをシリコンであっても差し支えない1つの単一モノリシック構造に集積する印刷ヘッドについて開示する。多くの 多数のノズルをモノリシックヘッドに同時作成するためには、例えば写真平板印刷技術および化学的エッチングのような半導体処理方法が用いられる。ノズルはシリコン基板を貫いてエッチングされ、色刷...

    モノリシック印刷ヘッド及びその製造工程

  16. 【課題・解決手段】超音波ビームで被検体内を高速で3次元スキャンし、3次元画像を短時間で取得し表示できるようにするために、超音波探触子に内蔵された2次元配列振動子へ選択接続によって複数の小ブロック振動子を形成し、パルス発生回路で発生させた振動子駆動パルス信号を周波数変調回路により変調し、選択形成された各小ブロック振動子へ異なった周波数特性の駆動パルス信号を同時に供給し、...

    超音波診断装置

  17. 【課題・解決手段】本発明は、超音波探触子におけるレンズ層と、被検体の脂肪層及び脂肪層の内部に存在する生体組織のそれぞれの界面で起こる超音波の屈折によって超音波送受信の焦点ずれが生ずることをなくし、良好な超音波画像を得るために、配列振動子と設定された焦点位置との間の超音波伝播媒体による超音波の屈折効果を織り込んで送波または受波のフォーカシングを行う遅延時間を生成し遅延制...

    超音波撮像装置

  18. 【課題】安価な構成で高速に超音波ビームの走査を行い、三次元画像データを作成する。【解決手段】超音波探触子100aに設けられた反射板21は、超音波を反射する反射面を有し、ケース20aにより軸回りに回転可能に保持されている。角度検出器22は、反射板21の反射面の角度を検出する。反射板21はばね25によって常に反射板駆動部材24の外周に押し付けられており、反射板駆動部材24...

    超音波探触子及び超音波診断装置

  19. 【課題】主に画質向上や3次元撮像等を目的として多ビットのADコンバーターを用いたり多数の受信チャンネルを設けても、信号配線数の増加量を少なく抑え、回路設計の複雑化を防ぎ、またディジタルノイズの増加を抑える。【構成】パラレルのディジタル信号をシリアル信号に変換して伝送する手段を一つ以上備える。

    超音波診断装置

  20. 【課題】心臓のような動きの速い人体臓器の正常な拍動及び/叉は不整脈の拍動を3次元動画像で観察できるようにする。【解決手段】心電波形計測回路12の出力信号からR波を検出するとCPU8は送信系2及び受信系を制御して、探触子1によって超音波ビームを被検体の運動臓器をカバーする領域の複数の断面を走査する。1心拍期間にその複数の断面の一つについて拍動の進行と共に繰り返して超音波...

    超音波診断装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11