支持部材 に関する公開一覧

支持部材」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「支持部材」の詳細情報や、「支持部材」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「支持部材」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(275,913件中)1/13,796ページ目

  1. 【課題】 本発明は、カールの発生を抑制し、ガラス基材の破損を抑制することができるガラス積層体を提供すること。【解決手段】ガラス積層体1は、キャリアフィルム2と、その上側に配置され、厚みが150μm以下であるガラス基材3とを備えるガラス積層体1であって、キャリアフィルム2は、厚みが100μm以下であるプラスチック基材4と、その上側に配置される粘着剤層5とを備え、ガラス...

    ガラス積層体

  2. 【課題】立坑内に人が入ることなく、立坑内の横壁面に横穴を穿孔することが可能な立坑壁面穿孔装置及び立坑壁面穿孔方法を提供すること。【解決手段】立坑壁面穿孔装置100であって、軸線周りに回転されるホールソー50が配置された穿孔ユニット40と、ドレンポンドW内の横壁面の穿孔予定位置と対応する高さ方向位置、前記穿孔予定位置と対応する水平方向位置に前記穿孔ユニット40を配置する...

    立坑壁面穿孔装置及び立坑壁面穿孔方法

  3. 【課題】工数の増加を抑えつつ、クランクシャフトの組付時における軸受の真円度を向上させることができる内燃機関の製造方法を提供する。【解決手段】軸受Xの内面を真円にするべく加工する軸受加工工程と、軸受加工工程の後、ボルトBを外してラダーフレーム20をシリンダブロック11から取り外す取り外し工程と、取り外し工程の後、第1軸受凹部17と第2軸受凹部23との間にクランクシャフト...

    内燃機関の製造方法

  4. 【課題】超音波振動が弱まることを抑制する。【解決手段】圧電振動板24では、高周波電圧を受けて振動して超音波振動を発生するドーム部の周囲にツバ部が設けられ、ツバ部が水溜部19の側壁に支持されている。このため、ドーム部が水溜部19に直接的に接触していないので、ドーム部が水溜部19によって圧迫されにくい。したがって、ドーム部が振動しやすくなっている。さらに、ドーム部が水溜部...

    圧電振動板、超音波水噴射装置および超音波ホーン

  5. 技術 テーブル

    【課題】脚の横断面形状が異なっても、同一の取付金具を用いて、天板に取り付けることができるテーブルを提供する。【解決手段】 脚3を、天板2の下面に取付ける取付金具4を有し、取付金具4の側部に、取付金具4の外側に位置するように脚3を取付ける脚取付部11を形成し、脚3の上部から脚3の内部に挿入する挿入部材7を設け、脚取付部11は、脚3の外面と係合する抑え部11a,11bを...

    テーブル

  6. 【課題】左右に隣接する2つのカーテンウォールユニットのブラケットをファスナーに容易に取り付ける。【解決手段】カーテンウォール1は、2つのカーテンウォールユニット2の縦枠25に固定された2つのブラケット3と、建物10の躯体12に固定されたファスナー4を備えている。2つのブラケット3は、互いの間にファスナー4を収容する収容空間6を形成するとともに、ファスナー4に連結する連...

    カーテンウォール

  7. 【課題】封止部形状を大型化することなく、多数枚の金属箔を封止できて、ランプの大出力化に対応できるようにするとともに、封止部の封止作業も一度の溶融封止作業で済むようにした高圧放電ランプの構造を提供する。【解決手段】封止部マウント10は、電極芯線12に電気的に接続された第1の導電部材16と、外部リード13に電気的に接続された第2の導電部材17が対向配置され、当該導電部材の...

    高圧放電ランプ

  8. 【課題】ケーブルによって吊下した状態で使用される水中センサの回転に伴うケーブルの過剰な捻れを抑制する。【解決手段】ケース1の内側には、水中センサ2が鉛直軸Cを中心に回転自在に支持されている。前記水中センサ2は、例えば、音波を検出する受信器により構成され、また、アクティブ方式の場合は、水中に音波を放射する発振器と、反射した音波を検出する受信器とから構成される。前記ケース...

    水中センサの回転抑制装置、水中センサ、及び水中センサの回転抑制方法

  9. 【課題】ガス絶縁開閉装置において、スパイラル電極による磁気駆動力をアーク電極全体に有効に作用させて遮断性能を確保するとともに、スパイラル電極のアークによる損傷を防止して磁気駆動力を長期間維持する。【解決手段】固定側接触子と、可動側接触子と、を備えたガス絶縁開閉装置であって、固定側接触子及び可動側接触子の少なくともいずれか一方は、ロッドと、アーク電極と、スパイラル電極と...

    ガス絶縁開閉装置

  10. 【課題】硬化した状態での金属に対する接着性に優れる硬化性樹脂組成物、並びにこれにより封止された素子を備える電子部品装置の提供。【解決手段】硬化性樹脂と、下記一般式(1)で表される化合物と、を含む硬化性樹脂組成物。一般式(1)において、R1〜R3はそれぞれ独立に1価の炭化水素基を表し、R1〜R3のうち1つはエポキシ基を有する。化1】。

  11. 【課題】沈降分離性能の低下を抑制することができる流入部ユニットおよび沈殿槽を提供することである。【解決手段】実施形態の流入部ユニットは、流入管と、収容部と、清掃機構と、を持つ。流入管は、沈殿槽の掻寄板を回転させる回転シャフトの周囲に配置される。収容部は、流入管の外側に配置され、流入管の第1方向の第1端部を取り囲む。収容部は、第1端部から流入管の内側に流入する被処理水を...

    流入部ユニットおよび沈殿槽

  12. 【課題】配管システムの曲管部を有する継手から音が伝わるのを抑制することが可能な遮音部材および継手構造を提供すること。【解決手段】第1配管が連結される第1端部51と、第2配管が連結される第2端部52と、前記第1端部51と前記第2端部52とを接続する曲管部53とを有する脚部継手50に適用される遮音部材60であって、内部に前記脚部継手50の曲管部53が配置される箱状筐体61...

    遮音部材および継手構造

  13. 【課題】アームレストの高さを容易に調整することが可能な肘掛装置を提供する。【解決手段】肘掛装置100は、アームレスト111を有する肘掛ユニット110と、肘掛ユニット110の支柱部材115を上下方向に移動自在および左右方向に回動自在に保持可能な保持管150と、手動操作されて、肘掛ユニット110を保持管150に対し固定することおよび固定を解除することが可能に作動するクラン...

    作業用車両の肘掛装置

  14. 【課題】シャッターボックスのサイズを小さく抑えつつも施工性に優れた電動シャッターを提供する。【解決手段】建物に取り付けられるシャッター枠と、前記シャッター枠に取り付けられるシャッターボックスと、前記シャッターボックスよりも前記建物側に設けられた壁部材と、を有し、前記壁部材は、前記シャッターボックスから出ているケーブルが収容されるケーブル収容部を有する。

    電動シャッター

  15. 【課題】着脱自在かつ小型で簡易な構成の装置で乗客コンベアのステップの浮上りを検出する。【解決手段】乗客コンベアのステップ106の踏面111の浮上りを検出するステップ浮上り検査装置200であって、踏面111の上に配置され、ステップ106の幅方向の第一端部から水平な検出波を所定の高さで、第二端部に向けて照射する照射装置210と、踏面111の上に配置され、照射装置210から...

    ステップ浮上り検査装置

  16. 技術 脱穀装置

    【課題】揺動選別機構に供給される選別風の風量の低下を抑制する。【解決手段】脱穀装置は、選別対象物を移送しながら篩い選別する揺動選別機構13と、揺動選別機構13の前下方に設けられ、揺動選別機構13に選別風を供給する送風部Aとを備える。送風部Aの送風ファン15aを覆うカバー15bの上部と、揺動選別機構13の前部の下端部との間に、送風部Aから供給される選別風がカバー15bと...

    脱穀装置

  17. 【課題】外部からの荷重の入力が発生した場合であっても、燃料ガス系デバイスの破損を防止できる燃料電池モジュールを提供する。【解決手段】燃料電池車両に搭載される燃料電池モジュール10であって、燃料電池スタックの側部に設けられた補機ケース72内には、水素ガスの供給及び循環を行う水素系補機71と、酸化剤ガスの供給及び排出を行う酸化剤系補機40とが収められている。酸化剤系補機4...

    燃料電池モジュール

  18. 【課題】リヤサスペンションの支持に係る後部車体構造を車幅方向にコンパクトに構成しながらも、ダンパからの入力荷重に対するフレーム部材の変形を抑制可能な車両の後部車体構造を提供する。【解決手段】後部車体構造Vは、前後方向に延びる閉断面に形成されたフレーム部材6を備え、フレーム部材6の前後方向の途中部分には、車幅方向の略中央においてフレーム下壁部62を上方に窪ませることによ...

    後部車体構造

  19. 【課題】ダンパ支持部に入力される荷重を車体後部に効率的に伝達させることによって、車体の動きに対する乗員の一体感を向上させることができる後部車体構造を提供する。【解決手段】後部車体構造Vは、前後方向に延びており、ダンパ支持部65を有する、左右一対のフレーム部材6と、リヤホイルハウス7と、リヤフロアパネル4と、左右一対のフレーム部材6をダンパ支持部65の前方において車幅方...

    後部車体構造

  20. 【課題】ダンパ支持部に入力される荷重を車体後部に効率的に伝達させることによって、車体の動きに対する乗員の一体感を向上させることができる後部車体構造を提供する。【解決手段】後部車体構造Vは、前後方向に延びているフレーム部材6と、リヤホイルハウス7と、リヤサスペンション91に備えたダンパ92が取り付けられるダンパ支持部65と、ダンパ支持部65を補強する補強部材20と、前後...

    後部車体構造

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 11047