攪拌機 に関する公開一覧

攪拌機」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「攪拌機」の詳細情報や、「攪拌機」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「攪拌機」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(76,122件中)1/3,807ページ目

  1. 【課題・解決手段】[課題]硬化性に優れ、耐熱衝撃性が高く、ガス透過性が低い硬化物を与える硬化性シリコーン組成物を提供する。また、当該硬化性シリコーン組成物を光半導体装置に適用することにより、耐熱衝撃性に優れ、高い発光効率が持続すると言う利点を有する光半導体装置を提供する。[解決手段]アルキルフェニルビニルシロキサン単位(R2R3R4SiO0.5;式中、R2はメチル基等...

    硬化性シリコーン組成物およびそれを用いた光半導体装置

  2. 【課題】高輝度かつ高色再現性を有し、高品位な有機EL表示装置を提供する。【解決手段】駆動素子が形成されたシリコン基板上に、有機EL層と、カラーフィルタとを有する、有機EL表示装置であって、前記カラーフィルタが、特定の赤色画素と、緑色画素と、青色画素とを含む画素を有し、前記画素が、着色剤(A)と、光重合性単量体(B)と、光重合開始剤(C)と、樹脂(D)とを含有し、前記光...

    有機EL表示装置

  3. 【課題】筆記性が良好で、筆跡の密着性に優れ、筆跡の発色性に優れ、筆記具に用いた際にも筆記具の耐ドライアップ性能を向上した筆記具用水性インキ組成物およびそれを用いた筆記具を提供すること。【解決手段】 顔料と、湿式シリカと、樹脂と、水とを含んでなり、前記樹脂がガラス転移点の異なる樹脂を併用した、筆記具用水性インキ組成物およびそれを用いた筆記具とした。

  4. 【課題】 大きな比容量を有し、高いレート特性および長いサイクル寿命を備えた二次電池のための負極電極、その製造方法およびそれを用いた二次電池を提供すること。【解決手段】 本発明の二次電池用負極電極は、酸化マンガンからなる第1の単層ナノシートとグラフェンからなる第2の単層ナノシートとが交互に積層された超格子構造を含有する。第1の単層ナノシートは、0.5nm以上1.5n...

    二次電池用負極電極、その製造方法およびそれを用いた二次電池

  5. 【課題】 可塑剤と混練した際に、ゾルの粘度経時変化が少なく、低温加工した際の機械的強度に優れるペースト加工用塩化ビニル系樹脂の製造方法、及び、コート剤、特に自動車アンダーボディコート、又は自動車用シーラント等に代表されるその用途を提供する。【解決手段】 乳化剤を含む水媒体中でシードミクロ懸濁重合法によりペースト加工用塩化ビニル重合体を製造するに際し、塩化ビニル単量...

  6. 【課題】放射性セシウムをポルサイトとして安定かつ確実に貯蔵できる放射性セシウムの除去方法を提供すること。【解決手段】モンモリロナイトをアルミとシリコンをモル比で大略1:2で含む原料として使用し、エチレングリコールを溶媒とし、処理したい量のセシウムに応じて適当量の水酸化ナトリウム等のアルカリ塩を追加したうえで、圧力容器内に密閉し、高々300〜400℃程度の加熱を行って、...

    放射性セシウムの安定貯蔵方法

  7. 【課題】耐久性に優れたポリウレタン複合材料及びこれを用いたアンビルカバーを提供する。【解決手段】アンビルカバー112は、回転式カッティング装置100のアンビルシリンダ110の外周面に巻かれるアンビルカバー112である。アンビルカバー112は、ポリウレタン複合材料を用いて形成される。ポリウレタン複合材料は、セルロースナノファイバーの含有量が7質量%〜27質量%である。セ...

    ポリウレタン複合材料及びアンビルカバー

  8. 【課題】優れた低温貼付性及び十分な耐熱性を有し、半導体ウェハを支持体に十分固定することができ、かつ加工後の半導体ウェハ及び支持体から容易に分離することができるフィルム状の仮固定材の形成を可能とする仮固定用の樹脂組成物と樹脂フィルムを提供する。【解決手段】本発明に係る仮固定用樹脂組成物は、半導体ウェハを支持体にフィルム状の仮固定材を介して仮固定する仮固定工程と、仮固定さ...

    仮固定用の樹脂組成物、樹脂フィルム及び樹脂フィルムシート

  9. 【課題】吐出性が良好で、臭気が少なく、硬化性に優れた活性エネルギー線硬化型組成物の提供。【解決手段】重合性モノマー、フェニル基を繰り返し単位に含むポリシラン化合物及び光重合開始剤を含有する活性エネルギー線硬化型組成物。光重合開始剤としてはアシルフォスフィンオキサイド化合物が好ましい。

    活性エネルギー線硬化型組成物、活性エネルギー線硬化型インク、組成物収容容器、2次元又は3次元の像形成装置、硬化物の製造方法及び硬化物

  10. 【課題】強度を保持しつつも、耐摩耗性に優れた全芳香族ポリアミド繊維、それからなるロープを提供することにある。【解決手段】パラ型全芳香族ポリアミド繊維であって、該繊維中にタングステン粒子を20〜70重量%含有し、該繊維の単糸断面積が100〜800μm2であり、該繊維の総断面積が1500〜300000μm2であるパラ型全芳香族ポリアミド繊維、およびそれからなるロープである。

  11. 技術 トナー

    【課題】 転写条件が変化した場合でも転写安定性が良好であり、さらに長期使用した場合においても、画像濃度が高いトナーを提供する。【解決手段】 トナー粒子と、外添剤と、を含有するトナーであって、外添剤は、チタン酸ストロンチウム粒子を含有し、走査型電子顕微鏡を用いた撮影したチタン酸ストロンチウム粒子の投影像において、投影像の重心から投影像の輪郭までの距離の標準偏差をDs...

    トナー

  12. 【課題】成形性、断熱性、軽量性、機械特性および難燃性に優れる発泡樹脂シート、これに用いる発泡樹脂シート用樹脂組成物を提供する。【解決手段】ポリ塩化ビニル系樹脂(A)100質量部に対して、可塑剤(B)40〜75質量部、錫酸亜鉛(C)5〜20質量部、及び熱膨張性マイクロカプセル(D)1〜20質量部を含有することを特徴とする発泡樹脂シート用樹脂組成物。

    発泡樹脂シート用樹脂組成物、発泡樹脂シート、積層シート、および、発泡樹脂シートの製造方法

  13. 【課題】リワーク性を備えた粘着シートの製造方法を提供する。【解決手段】化粧シート1の製造方法は、液状の樹脂組成物に気泡を含める泡立て工程と、気泡を含んだ樹脂組成物を剥離性基材シート14の一方の面に塗工する塗工工程と、剥離性基材シート14に塗工された樹脂組成物を少なくとも加熱して乾燥させて粘着層13を形成する乾燥工程と、貼り付け後に表面となる表層シートとしての基材11及...

    粘着シートの製造方法

  14. 【課題】特別な表面処理をしなくても硬化樹脂組成物を塗布することができる新たなポリイミドフィルムを提供することにあり、さらに好ましくは、塗れ性(表面張力)、透明性、色調(黄色味)、引張弾性率、線膨張係数に優れ、且つ、溶剤キャスト成形及び押出キャスト成形のいずれでも成形可能であり、且つ溶融熱安定性、二次加工適性に優れたポリイミドフィルムを提供する。【解決手段】所定の式で表...

  15. 【課題】クレイ分散性と、界面活性剤との相溶性とを両立することができる重合体を提供する。【解決手段】ポリカルボン酸系共重合体であって、該共重合体は、不飽和カルボン酸系単量体(A)由来の構造単位(a)と、オキシアルキレン基の平均付加モル数が10〜300であるポリアルキレングリコール系(メタ)アクリレート単量体(B)由来の構造単位(b)とを有し、該構造単位(a)の割合が全構...

  16. 【課題】屈曲させた際にクラックが生じることを抑制可能な硬化物を得ることができる感光性フィルムを提供する。【解決手段】支持フィルム10と、支持フィルム10上に配置された樹脂層20と、を備える転写型の感光性フィルム1であって、樹脂層20が感光性の樹脂層22を有し、感光性フィルム1から90mm×35mmの大きさの試験片を取得し、試験片に750mJ/cm2の紫外線を照射した後...

    感光性フィルム、及び、硬化物の製造方法

  17. 【課題】長時間の連続した溶融押出し成形や、光学用途等の極めて厳密な平滑性が必要とされる製品等にも適用可能な高いプロセス安定性と、透明性及び耐熱性に優れたポリイミド樹脂を含む樹脂組成物を提供することを目的とする。【解決手段】ポリイミド樹脂を含む樹脂組成物であって、ポリイミド樹脂のアミノ基末端がイミド結合及びアミド結合で封止された封止構造を有し、該封止構造のうち、イミド結...

  18. 【課題】本発明の課題は、高い伸び率と耐熱性とを有し、接着性と加工性に優れる立体熱成形に適した接着剤硬化物、並びに該硬化物を用いてなる加飾シート、及び加飾成形体を提供することである。【解決手段】上記課題は、ポリウレタン系接着剤を硬化してなる接着剤硬化物であって、引張伸び率が300%時の伸び応力が、1MPa以上12MPa以下である接着剤硬化物、並びに、該硬化物を用いてなる...

    接着剤硬化物、加飾シート及び加飾成形体

  19. 【課題】電解コンデンサの駆動用などとして有用な電解液を提供する。【解決手段】電解液を、ラクタム単位と、ビニルエステル単位及びビニルアルコール単位から選択された少なくとも1種の単位とを含み、ビニルアルコール単位の割合が65モル%以下の樹脂(A)で構成するか、又はラクタム単位を有する樹脂(A)とラクタム系溶媒とで構成する。

  20. 【課題】解凍後に、身溶けが無く、食感、味が良好な、冷凍ウニを得る。【解決手段】本発明の冷凍ウニの製造方法は、(a)殻から取り出した生ウニを、塩水に浸漬した状態で通電処理する工程、(b)前記生ウニを水切りした後、急速凍結する工程、を有する。そして、前記通電処理時の温度は、35℃以上90℃未満であり、前記急速凍結は、−1℃から−5℃の最大氷結晶生成帯を通過する時間が20分...

    冷凍ウニの製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 3807