推定精度 に関する公開一覧

推定精度」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「推定精度」の詳細情報や、「推定精度」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「推定精度」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(15,168件中)1/759ページ目

  1. 【課題】イベント地点周辺の各道路における渋滞情報を適切に把握することが可能となる配信システム、及び配信プログラムを提供すること。【解決手段】開催されるイベントを特定するイベント情報を格納するイベント情報DB224と、当該イベント情報が特定するイベントに向かう車両を特定し、当該特定した車両の往路を特定する往路情報を取得する取得部231と、取得部231が取得した往路情報に...

    配信システム、及び配信プログラム

  2. 【課題】複数のマーカを備えたデバイスにおいて光源の個数をマーカの個数よりも少なくする。【解決手段】入力デバイス16は、ケース体と、当該ケース体の外部に光を出射する複数のマーカ30とを備える。第1光源32は、1つのマーカ30を点灯するための専用光源であり、第2光源34は、複数のマーカ30を点灯するための共用光源である。第2光源34は、複数のマーカ30と導光管36により接...

    複数のマーカを備えたデバイス

  3. 【課題】周囲の環境の変化に対して安定性のある自己位置推定及び地図作成処理を行うことのできる情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラムを提供する。【解決手段】情報処理装置100は、ランドマークの配置、及び、周囲の地形データを取得する取得部131と、ランドマークの配置を示した地図であるランドマーク地図122に基づいて、自己位置が所在する範囲を推定する第1推定部132...

    情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラム

  4. 【課題】画像中の各座標に映り込んだ実空間上の位置の深度の推定値を適正な深度に補正する「深度算出システム」を提供する。【解決手段】CNN深度推定部12は、予め学習を行わせたCNN(Convolutional Neural Network)を用いて、カメラ11が撮影した画像中の各座標に映り込んだ実空間上の位置の深度を推定する。校正処理部14は、カメラ11が撮影した画像中の...

    深度算出システム

  5. 【課題】騒音や振動を低減可能な汎用性の高いモータ駆動装置を提供する。【解決手段】永久磁石同期モータ101を駆動する電力変換回路103と、電力変換回路を制御する制御部102と、永久磁石同期モータに通電される三相電流を検出する電流センサ104と、を備え、制御部は、電流センサにより検出した三相検出電流をd軸検出電流およびq軸検出電流に変換する三相/dq変換部113と、永久磁...

    モータ駆動装置およびそれを用いた空気調和機の室外機

  6. 【課題】 車両の周囲を撮像したカメラ画像を用いて、車両の周囲の明るさ又は照度を推定する構成に於いて、車両の自動照明制御が多様な運転シーンにてより的確に達成されるように車両の周囲の明るさ又は照度を推定すること。【解決手段】 本発明の装置は、車両の周囲の少なくとも一部の画像と、画像が撮像された時刻と基づいて車両の周囲の照度等を推定する。照度等を推定する手段は、予め撮像...

    車両の照度等推定装置

  7. 【課題】外乱の影響を従来よりも抑制して到来時間差を求める。【解決手段】所定距離を隔てて設けられ、所定の伝搬路から到来した受信波を受信することにより一対の受信信号を各々出力する一対の受信部と、一対の受信信号にノイズ抑圧処理を施すことにより一対の抑圧信号を生成するノイズ抑圧部と、一対の抑圧信号に基づいて受信波の到来時間差を検出する時間差検出部とを備える。

    時間差測定装置及び到来方向推定装置

  8. 【課題】 識別器を使った物体の外観の状態において、異なる環境における推定結果の差を低減する【解決手段】 上記課題を解決する本発明にかかる情報処理装置は、物体の特徴を識別器に入力し、該物体の外観の状態を推定する情報処理装置であって、第1環境における前記物体の第1特徴と、第2環境における前記物体と同種の物体の第2特徴と、を取得する取得手段と、前記第1特徴を前記識別器に...

    情報処理装置、情報処理方法及びプログラム

  9. 【課題】複数の駆動モータの電流情報に基づき、感度よく機器状態の異常の判定をする監視装置および監視方法を提供する。【解決手段】監視装置40は、複数の駆動モータのそれぞれについて、二相の電流情報を検出する電流センサと、電流情報から対応する駆動モータのトルク電流または回転速度を演算するモータ情報演算部42と、複数の駆動モータにおけるトルク電流または回転速度についての特徴量を...

    監視装置、および監視方法

  10. 【課題】1台で複数の対象機器の操作を可能にする遠隔操作端末の操作性を向上させることができる遠隔操作システム、遠隔操作端末、遠隔操作プログラムを提供することである。【解決手段】実施形態の遠隔操作システムは、空間領域の種別を示す領域種別と所定の機器3を一意に示す機器IDとを対応付けて管理する管理部と、所定の空間領域における環境情報を取得する取得部と、取得された環境情報に基...

    遠隔操作システム、遠隔操作端末、遠隔操作プログラム

  11. 【課題】第1の撮像条件下の画像における欠陥座標を用いて第2の撮像条件下の画像における欠陥座標を算出できるようにして、欠陥観察のスループットを向上させる。【解決手段】荷電粒子顕微鏡と、この荷電粒子顕微鏡を制御する制御部と記憶部と演算部とを有するコントローラとを備える欠陥観察装置において、制御部で,荷電粒子顕微鏡を第1の条件で制御して試料の観察対象領域の第1の画像を取得し...

    欠陥観察装置

  12. 【課題】基地局の通信品質を高い精度で改善することを可能にする。【解決手段】学習対象基地局の設定変更前後における基地局パラメータの設定情報と該設定変更前後における該学習対象基地局の通信品質の測定情報とを含む複数の学習用データを作成することと(S11〜S15)、前記複数の学習用データを用いて、推定対象基地局の基地局パラメータの設定情報と通信品質の測定情報とに基づいて前記推...

    推定プログラムの作成方法、学習用データセットの作成方法、推定装置、推定プログラム、推定方法、及び、通信品質改善システム

  13. 【課題】集光光学系を有するレーザ加工機の焦点位置ずれの補正精度を向上させる。【解決手段】機械学習装置10は、データ取得部34と学習部36とを備える。データ取得部34は、レーザ加工機に与えられる集光光学系の焦点位置指令のデータD1と、当該焦点位置指令を含む加工指令に従ってレーザ発振器からレーザ光が出力されたときに検出される光の物理量の検出データD2とを、学習データセット...

    レーザ加工機の焦点位置ずれを学習する機械学習装置及び機械学習方法、並びに焦点位置ずれを補正するレーザ加工システム

  14. 【課題】指定された時間内に、バイアスを抑えて欠損値を補完できる欠損値補完装置、欠損値補完方法及び欠損値補完プログラムを提供する。【解決手段】収集したデータの欠損値を補完する欠損値補完装置1は、補完処理の所要時間をシミュレーションにより計測し、多重代入法により多重化されるデータの多重化数毎に当該所要時間を対応付ける補完処理部12と、補完処理の許容時間が指定されると、対応...

    欠損値補完装置、欠損値補完方法及び欠損値補完プログラム

  15. 【課題】坑井特性の変化を正確に把握して、坑井から噴気する地熱流体の流量を適正にすることのできる地熱発電プラントの坑井特性推定システム、及びその坑井特性推定方法並びに坑井特性推定プログラム、地熱発電プラントを提供することを目的とする。【解決手段】坑井特性推定システムは、少なくとも1つの坑井2から噴気された地熱流体を用いて発電を行う地熱発電プラント1が稼働している場合にお...

    地熱発電プラントの坑井特性推定システム、及びその坑井特性推定方法並びに坑井特性推定プログラム、地熱発電プラント

  16. 【課題】生産計画の全体情報と詳細情報の両方を考慮した生産計画作成技術を提供する。【解決手段】生産計画作成装置において、入力された製造スケジュールを頂点と辺から構成されるグラフに変換するグラフ変換機能と、グラフ特徴量抽出部でグラフの特徴量を抽出し、割付け価値を計算して評価し、割付け価値が最も高い割付けを選択する割付け選択部と、入力された製造スケジュールと割付け選択された...

    生産計画作成装置および生産計画作成方法

  17. 【課題】触媒の下流側に設けられた空燃比センサの検出値を必ずしも利用することなく、酸素吸蔵量を推定できるようにした酸素吸蔵量推定装置を提供する。【解決手段】CPU72は、下流側検出値Afdや吸入空気量Gaと、GPF38の酸素吸蔵量の前回値とをニューラルネットワークの入力変数とし、ニューラルネットワークの出力変数としてのGPF38の酸素吸蔵量を繰り返し算出する。CPU72...

    酸素吸蔵量推定装置、酸素吸蔵量推定システム、内燃機関の制御装置、データ解析装置、および酸素吸蔵量推定方法

  18. 【課題】ローラ矯正中の被矯正材の変形状態を精度よく推定し、被矯正材の変形状態を適正にすることで、ローラレベラによる被矯正材の矯正効果を高める。【解決手段】ローラレベラによる被矯正材の変形状態の推定方法であって、ローラレベラは、上下に千鳥状に配置された複数本のロールを有し、矯正中の被矯正材の変形状態を表現する任意の2つの表現パラメータと、ローラレベラに発生する総矯正荷重...

    被矯正材の変形状態の推定方法及びローラレベラのロール押込量制御方法

  19. 【課題】ローラ矯正中の被矯正材の変形状態及び材料定数を精度よく推定し、被矯正材の変形状態を適正にする。【解決手段】ローラレベラによる被矯正材の変形状態の推定方法であって、ローラレベラは、上下に千鳥状に配置された複数本のロールを有し、被矯正材の材料定数、及び、矯正中の被矯正材の変形状態を表現する任意の2つの表現パラメータと、ローラレベラに発生する入側矯正荷重、出側矯正荷...

    被矯正材の変形状態の推定方法及びローラレベラのロール押込量制御方法

  20. 【課題】信頼性の高いスクロール圧縮機10を提供する。【解決手段】スクロール圧縮機10は、筐体20と、スクロール圧縮機構50と、吐出管24と、第1温度センサ15と、第2温度センサ25とを備える。スクロール圧縮機構50は、筐体20内に配置され、吸入した冷媒を圧縮し、圧縮した冷媒を筐体20の内部空間に形成される冷媒流路R1〜R3に吐出する。吐出管24は、筐体20の内部空間か...

    圧縮機、冷凍サイクル装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 759