接着性細胞 に関する公開一覧

接着性細胞」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「接着性細胞」の詳細情報や、「接着性細胞」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「接着性細胞」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,352件中)1/68ページ目

  1. 【課題】凍結作業が容易である凍結保存用治具を提供する。【解決手段】本発明によれば、細胞とは、単一の細胞のみならず、複数の細胞からなる生物の細胞集団を含むものであり、孔径が15nm以下のガラス多孔質構造体を保存液吸収体2として有する細胞又は組織の凍結保存用治具5。本保存用治具は透過型顕微鏡観察下において、細胞又は組織を保存液吸収体上の載置部に滴下付着する作業が良好な視認...

    細胞又は組織の凍結保存用治具

  2. 【課題】検査装置の面内均一性、検査装置間の性能、及び検査施設間の性能を適正に評価することができるデバイスの提供。【解決手段】複数のウェルを有し、増幅可能な試薬を特定コピー数で配した前記ウェルの群であって、前記増幅可能な試薬の特定コピー数を互いに異ならせた前記ウェルの群を2以上有するデバイスである。

    デバイス、検査装置の性能評価プログラム、検査装置の性能評価方法、及び検査装置の性能評価装置

  3. 【課題】遠心力を用いて作製した細胞積層体を、形を崩すことなく容易に回収、移送することができる細胞積層体の作製方法を提供することを目的とする。【解決手段】細胞非接着性であるか、細胞非接着性に変化することが可能である内面101を有する底部10と、底部10に対向する上部20とを有し、上部20が、200cc/m2・day・atm以下の酸素透過度を有し且つ分離可能に構成されてい...

    細胞培養容器及び細胞積層体の作製方法

  4. 【課題】浮遊性を有する生細胞を簡便、強固、且つ無侵襲で、ウェル底面に担持することのできるリアルタイム測定用の測定トレイ、及びそれを備えた測定装置、並びに前記測定トレイを用いるリアルタイム測定方法を提供すること。【解決手段】前記測定トレイは、浮遊性を有する生細胞の代謝をリアルタイム測定する際に使用し、前記生細胞を空隙内に捕捉可能な不織布が底面に配置されたウェルを備える。

    浮遊性細胞のリアルタイム測定トレイと測定装置、ならびにそれを用いた測定方法

  5. 【課題】インクジェット法により吐出された細胞が着弾した際のダメージを軽減し、着弾した細胞の位置の精度が低下することなく、かつ細胞の乾燥を抑制することができる細胞配置プレートの製造方法を提供する。【解決手段】細胞非接着性材料による層に複数の孔部が形成された構造層を基体の平面上に積層する工程と、前記孔部内に、前記孔部から露出する前記基体における前記平面を被覆液で被覆する工...

    細胞配置プレートの製造方法、細胞保持用部材の製造方法、細胞保持用部材、及び細胞配置プレート

  6. 【課題】コラーゲンの濃度が生体組織に近い三次元組織体及びその製造方法、並びに、当該三次元組織体の製造に用いることができる形成剤を提供すること。【解決手段】細胞と、内因性コラーゲンを含むコラーゲンとを含み、上記細胞の少なくとも一部が上記コラーゲンに接着している三次元組織体であって、上記コラーゲンの含有率が、上記三次元組織体を基準として10重量%〜90重量%である、三次元組織体。

    三次元組織体及びその製造方法、並びに、三次元組織体の形成剤

  7. 【課題】 効率よく細胞の培養を行い、洗浄し、回収することが可能な細胞培養容器を提供することを課題とする。【解決手段】 本発明は、長手方向に1以上の貫通孔を有する多孔質体を含む細胞培養容器である。

    細胞培養容器

  8. 【課題】吐出口径が大きくても微小液滴の吐出が可能である液滴形成装置の提供。【解決手段】液体を保持する液体保持部と、前記吐出口が形成され前記液体保持部に保持された前記液体を振動により前記吐出口から液滴として吐出する膜状部材と、前記膜状部材を振動させる振動手段と、前記振動手段を駆動する駆動手段と、前記吐出口内に前記液体の三重線を留めることが可能な圧力まで負圧をかける負圧制...

    液滴形成装置及び液滴形成方法

  9. 【課題】所定数の粒子を繰り返し安定に吐出できる液滴吐出手段の提供。【解決手段】液を保持する液保持部と、前記液保持部に設けられる液滴吐出口と、前記液保持部を振動させる第一の振動部材と、前記第一の振動部材を支持する固定部と、を有し、前記液保持部は、大気開放部を有し、かつ前記液滴吐出口の吐出方向に対して、垂直に切断したときの前記液保持部の内壁で形成される断面が、前記大気開放...

    液滴吐出手段、液滴形成装置及び分注装置

  10. 【課題】細胞数のばらつきが低減されたプレートを生成できるプレートの生成方法、およびプレートの生成装置を提供する。【解決手段】細胞13を含む細胞懸濁液を、マイクロチップ1のオリフィス12を介して液滴として吐出することによりプレートに順次配置させることを含み、オリフィス12が、細胞懸濁液に含まれる細胞13の体積平均粒径をr、オリフィス12の径をRとした場合、次式、R/r≧...

    プレートの生成方法、プレートの生成装置、及びオリフィスの径可変プログラム

  11. 【課題】吐出曲がりを抑制することができる液滴形成装置の提供。【解決手段】液体を保持する液体保持部と、前記液体保持部内を大気に開放する大気開放部と、前記液体を振動により吐出口から液滴として吐出する膜状部材と、前記膜状部材を振動させる振動手段と、を有し、前記振動手段にて、前記吐出口のメニスカスを励振させてから、前記液滴を吐出する液滴形成装置である。

    液滴形成装置及び液滴形成方法

  12. 【課題】少ない撹拌流量で、粒子の分散及び沈降防止を実現することができる液滴吐出手段の提供。【解決手段】吐出口と、前記吐出口を有する液保持部と、前記液保持部内の液を吸引及び排出する吸引排出部材と、を有し、前記吸引排出部材の排出速度を変化させて吸引排出動作を行う液滴吐出手段である。

    液滴吐出手段、液滴形成装置、撹拌装置、及び分注装置

  13. 【課題】液保持部内の液面高さを一定に維持することができる液滴吐出手段の提供。【解決手段】吐出口と、前記吐出口を有する液保持部と、前記液保持部内の液を吸引及び排出する第一及び第二の吸引排出部材と、前記液保持部と前記第一の吸引排出部材とを繋ぐ第一の流路と、前記液保持部と前記第二の吸引排出部材とを繋ぐ第二の流路と、前記第一及び第二の吸引排出部材における吸引動作及び排出動作を...

    液滴吐出手段、液滴形成装置、撹拌装置、及び分注装置

  14. 【課題】液滴吐出手段における液保持部内の粒子を含む液体の粒子濃度を一定に維持することができると共に、連続供給することで液保持部内の懸濁液量も一定に維持でき、長時間吐出しても吐出液滴内の粒子数を一定に維持することができる液滴吐出手段の提供。【解決手段】吐出口と、前記吐出口を有する液保持部と、前記液保持部内の液を吸引及び排出する第一及び第二の吸引排出部材と、前記液保持部と...

    液滴吐出手段、液滴形成装置、撹拌装置、及び分注装置

  15. 【課題】液保持部内の液面高さを一定に維持することができる液滴吐出手段の提供。【解決手段】吐出口と、前記吐出口を有する液保持部と、前記液保持部内の液を吸引及び排出する第一及び第二の吸引排出部材と、前記液保持部と前記第一の吸引排出部材とを繋ぐ第一の流路と、前記液保持部と前記第二の吸引排出部材とを繋ぐ第二の流路と、前記第一及び第二の吸引排出部材における吸引動作及び排出動作を...

    液滴吐出手段、液滴形成装置、撹拌装置、及び分注装置

  16. 【課題】テロメアおよびテロメアの一本鎖突出部の短縮を効果的に抑制することができるアンチエイジング剤を提供する。【解決手段】幹細胞培養上清を有効成分として含有し、テロメアおよびテロメアの一本鎖突出部であるGテールの少なくとも一方の長さの短縮を抑制するアンチエイジング剤を調製する。上記幹細胞培養上清液は、歯髄幹細胞から調製されることが好ましく、上記歯髄幹細胞は、乳歯歯髄幹...

    アンチエイジング剤

  17. 【課題】in vivo治療目的のmRNAの作製に極めて好適な改善されたRNA転写ベクターの提供。【解決手段】転写可能な核酸配列、5'翻訳エンハンサー(TE)配列、及び3'核内係留要素(ENE)を含む、RNA転写ベクター。前記翻訳エンハンサー(TE)配列が5'UTR(非翻訳領域)のTOP(末端オリゴピリミジントラクト;Terminal OligoPyrimidine t...

    RNA転写ベクター及びその使用

  18. 【課題】分化を開始した多能性幹細胞を植え継ぎの際に効率的に排除する。【解決手段】容器20の有する凹部21に多能性幹細胞を播種する。凹部21は、樹脂からなるとともにチャンバー30a−cからなるマイクロパターン25の設けられている内底面22を備える。チャンバー30a−cの内側には改質により親水化された樹脂の表面が露出している。多能性幹細胞をチャンバー30a−c内で成育する...

    多能性幹細胞の継代培養方法

  19. 【課題】液滴吐出手段における液保持部内の粒子を含む液体の粒子濃度を一定に維持することができる液滴吐出手段の提供。【解決手段】液滴吐出口と、前記液滴吐出口を有する液保持部と、前記液保持部に連通して配置される2本の管と、前記2本の管のそれぞれに接続される第一及び第二の液吸引排出部材と、を有する液滴吐出手段であって、前記第一の液吸引排出部材が吸引又は排出中は、前記第二の液吸...

    液滴吐出手段、液滴形成装置、及び撹拌装置

  20. 【課題】吐出対象の種類を変更する際に液吸引排出部材の洗浄又は交換が不要である液滴吐出手段の提供。【解決手段】液滴吐出口と、前記液滴吐出口を有する液保持部と、前記液保持部内の液を吸引及び排出する第一及び第二の液吸引排出部材と、前記液保持部と前記第一の液吸引排出部材とを繋ぐ第一の管と、前記液保持部と前記第二の液吸引排出部材とを繋ぐ第二の管と、を有する液滴吐出手段であって、...

    液滴吐出手段、液滴形成装置、及び撹拌装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 68