投与形態 に関する公開一覧

投与形態」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「投与形態」の詳細情報や、「投与形態」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「投与形態」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(33,455件中)1/1,673ページ目

  1. TSP1の機能を阻害することで血管新生を促進することができ、重症下肢虚血などの疾患の治療または予防に有用である化合物の提供。式(I)【化1】 [式中、Aは、連結基A1〜A6から選択され、Xaa1は、脂肪族アミノ酸、芳香族アミノ酸、塩基性アミノ酸、中性アミノ酸、または酸性アミノ酸の残基であるか、あるいは存在せず;Xaa2は、芳香族アミノ酸または中性アミノ酸の残基であり;...

    Thrombospondin  1結合ペプチド

  2. 【課題・解決手段】血管新生疾患の治療又は予防に使用される医薬組成物等を提供すること。下記(i)乃至(v)の特徴を有するモノクローナル抗体もしくはその抗原結合断片、及び、VEGFアンタゴニストの組合せ、又は、該抗体もしくはその抗原結合断片、及び、VEGFアンタゴニストを含む医薬組成物:(i)1×10−8M以下のKd値でROBO4蛋白質に結合する;(ii)配列表の配列番号...

    抗ROBO4抗体と他剤を含む組成物

  3. 【課題・解決手段】インドールアミン2,3−ジオキシゲナーゼ(IDO)の酵素活性を調節または阻害する化合物、該化合物を含む医薬組成物および本発明の化合物を使用して癌などの増殖性障害、ウイルス感染症および/または炎症性障害を処置する方法が開示される。

  4. 【課題・解決手段】本出願は、新規置換されている5,6,7,8−テトラヒドロ[1,2,4]トリアゾロ[4,3−a]ピリジン−3(2H)−オン類及び2,5,6,7−テトラヒドロ−3H−ピロロ[2,1−c][1,2,4]トリアゾール−3−オン類、それらを合成する方法、疾患を治療及び/又は予防するためのそれらの単独での又は組み合わされた使用、並びに、疾患を治療及び/又は予防す...

    置換されている5,6,7,8−テトラヒドロ[1,2,4]トリアゾロ[4,3−a]ピリジン−3(2H)−オン類及び2,5,6,7−テトラヒドロ−3H−ピロロ[2,1−c][1,2,4]トリアゾール−3−オン類、並びに、それらの使用

  5. 【課題・解決手段】本発明は、複素環式アニリド環およびそれらの合成前駆体、R−異性体、ならびに非ヒドロキシル化および/または非キラルプロパンアミドを含むピロール、ピラゾール、イミダゾール、トリアゾール、およびモルホリンベースの選択的アンドロゲン受容体分解剤(SARD)化合物、および前立腺癌、進行前立腺癌、去勢抵抗性前立腺癌、トリプルネガティブ乳癌、アンドロゲン受容体を発...

    選択的アンドロゲン受容体分解剤(SARD)リガンドおよびその使用方法

  6. 【課題・解決手段】本発明は、KSP阻害剤および抗CD123抗体を含む特異的抗体−薬物−コンジュゲート(ADC)、疾患を治療および/または予防するためのこれらのコンジュゲートの使用、ならびに疾患、特に、例えばがん疾患などの過剰増殖性および/または血管新生障害を治療および/または予防するための医薬品を調製するためのこれらのコンジュゲートの使用に関する。このような治療は、単...

    KSP阻害剤および抗CD123抗体を含む特異的抗体−薬物−コンジュゲート(ADC)

  7. 【課題・解決手段】本明細書で提供されるものは、第2の薬剤又はその医薬として許容し得る形態と組み合わせて、ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ阻害剤又はその医薬として許容し得る形態を含む医薬組成物であって、該第2の薬剤が、1)チェックポイントモジュレーター、2)XPO1阻害剤、3)抗CD19抗体、4)TLRアゴニスト、5)STINGアゴニスト、もしくは6)Flt3リガ...

    組合せ療法

  8. 【課題・解決手段】本開示は薬物被覆バルーン、特に微結晶構造を有する薬物被覆バルーンと、薬物の塗布及び保持のために血管透過性を高める技術を対象とする。特定の側面は、例えばバルーンを含む医療デバイスを対象とする。バルーンは外表面と、バルーンの外表面上の薬物被覆層とを有する。薬物被覆層は、不規則で実質的に均一性がない積わら状の配向及び/又は角度で前記バルーンの外表面に配置さ...

    薬物で被覆されたバルーン及び血管透過性を高める技術

  9. 【課題】改良型タンパク質キナーゼB阻害化合物の提供。【解決手段】結晶質形態のN−{(1S)−2−アミノ−1−[(3−フルオロフェニル)メチル]エチル}−5−クロロ−4−(4−クロロ−1−メチル−1H−ピラゾール−5−イル)−2−チオフェンカルボキサミド塩酸塩。該化合物は、AKT活性の阻害剤としておよび、癌および関節炎の治療において有用である。

    結晶質N−{(1S)−2−アミノ−1−[(3−フルオロフェニル)メチル]エチル}−5−クロロ−4−(4−クロロ−1−メチル−1H−ピラゾール−5−イル)−2−チオフェンカルボキサミド塩酸塩

  10. 【課題】高度に侵襲性の手術を伴わず、かつ、受精能を損うこともない子宮類線維腫の治療方法及び子宮類線維腫治療剤の提供。【解決手段】子宮類線維腫を治療するための方法であって、子宮類線維腫の縮小を引き起こすのに有効な量の子宮類線維腫治療剤を含む注射可能または挿入可能な製剤を準備する工程と、前記製剤を前記子宮類線維腫に注射または挿入する工程とを含み、前記子宮類線維腫治療剤が、...

    精製コラゲナーゼを使用した子宮類線維腫の治療方法および製品

  11. 【課題】抗腫瘍効果と安全性面に優れる、優れた治療効果を有する抗腫瘍薬の提供。【解決手段】次式:で示される抗腫瘍性化合物と抗HER3抗体とを、特定の構造を有するリンカーを介して結合させたことを特徴とする抗体−薬物コンジュゲート。

    抗HER3抗体−薬物コンジュゲート

  12. 【課題】ヒアルロナン合成を阻害する化合物および薬学的に受容可能なキャリアを含む、自己免疫疾患、アレルギー疾患、もしくはアトピー性疾患を処置するための組成物を提供すること。【解決手段】いくつかの実施形態において、上記ヒアルロナン合成を阻害する化合物は、4−メチルウンベリフェロンもしくは4−メチルウンベリフェロンの代謝産物である。自己免疫性糖尿病、多発性硬化症および/もし...

    免疫調節のための4−メチルウンベリフェロン処置

  13. 【課題】 哺乳動物の疼痛を治療、低減、または防止する組成物を提供する。【解決手段】 本組成物は、4‐メチル‐2‐ピペリジン‐1‐イル‐キノリンを含み、Trpc4活性に拮抗して疼痛を緩和するものであり、哺乳動物の内臓痛を治療、低減、または防止するのに使用される。

  14. 【課題・解決手段】本明細書では、β2−アドレナリン受容体アゴニストまたはその薬学的に許容される塩、およびβ3−アドレナリン受容体アゴニストまたはその薬学的に許容される塩を含む、薬学的製剤ならびにキットオブパーツが提供される。この活性物質の併用は、2型糖尿病の治療において特に有用であることが分かる。

    2型糖尿病の治療のためのアドレナリン受容体アゴニストの併用

  15. 【課題・解決手段】本発明はPI3Kを阻害する新規キナゾリノン誘導体、誘導体を調製する方法、および血液新生物や肝疾患を治療する前記キナゾリノン誘導体を含む医薬組成物に関する。ここで、本発明に係る前記新規キナゾリノン誘導体は血液新生物や肝疾患の治療に有益な効果を有するものである。特に、前記キナゾリノン誘導体はPI3Kδを、従来のPI3Kδ阻害剤である抗癌剤と比較して高い選...

    PI3Kを阻害する新規キナゾリノン誘導体とそれを含む医薬組成物

  16. 【課題】AGR2発現促進剤を提供する。【解決手段】ベツリン酸又はその塩を有効成分とするAGR2発現促進剤。

  17. 【課題】肌の質感改善剤の評価又は探索方法、肌の質感を簡便、且つ定量的に評価する方法を提供する。【解決手段】以下の工程(A)〜(C)を含む、肌の質感改善剤の評価又は探索方法。(A)動物に試験物質を摂取又は投与する工程 (B)前記動物から採取された生体試料中のオキシトシン量を測定する工程 (C)前記オキシトシン量を基準値と比較し、オキシトシン量を増加させる試験物質を、...

    肌の質感改善剤の探索方法

  18. 【課題・解決手段】本発明は、修飾された抗体に関する。特に、本発明は、減少したエフェクター機能及び標的抗原による細胞シグナル活性を媒介する改変された能力を有する、キメラ、霊長類化又はヒト化抗体若しくは断片を含む組換えモノクローナル抗体又は断片に関する。更に、本発明は、そのような抗体をコードする核酸分子、並びにそのような核酸分子を含むベクター及び宿主細胞に関する。本発明は...

    低減したADCPを有するオビヌツズマブ及びリツキシマブ変異体

  19. 【課題・解決手段】クリステンセネラ菌(Christensenella intestinihominis)およびその使用、具体的に、肥満およびその関連疾患の治療と予防におけるクリステンセネラ菌(Christensenella intestinihominis)の使用を提供する。また、肥満およびその関連疾患の治療と予防のための、薬品、飲料、食品、または動物飼料組成物などを...

    クリステンセネラ菌(Christensenella  intestinihominis)およびその使用

  20. 【課題・解決手段】グルタチオンを、細胞、ミトコンドリア、および他の細胞小器官などのさまざまな標的部位に標的化するために使用することができる化合物の実施形態が、本明細書に開示される。該化合物を製造および使用するための方法の実施形態も、本明細書に開示される。特定の開示される実施形態では、該化合物を、グルタチオンレベルの低下もしくは減少に関連する疾患または病状、ならびに他の...

    グルタチオンを標的に送達するための化合物ならびにその製造方法および使用方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1673