応動 に関する公開一覧

応動」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「応動」の詳細情報や、「応動」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「応動」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(20,581件中)1/1,030ページ目

  1. 【課題】既設の錠になんら加工を施すことなく錠操作制御装置を単に組合わせるだけで、不適正な施錠操作を規制する機能を有するロッカー用錠装置を得る。【解決手段】ロッカー用錠装置は第1の筐体20と、第1の筐体20に隣接させる第2の筐体30とを備える。第1の筐体20は施錠機構を内蔵し、前面側に操作機構4、後部側にロックプレート21が設けられる。第2の筐体30は、カード挿入口31...

    ロッカー用錠装置

  2. 【課題】本発明が解決しようとする課題は、テナントの売上情報の店舗への報告を、テナントと店舗にとって負荷とならないようにした、商品販売データ処理装置、情報処理装置およびプログラムを提供することである。【解決手段】実施形態の商品販売データ処理装置は、一取引において決済した商品の取引情報を所定期間累積した累計情報を記憶する累計記憶手段と、所定の操作に基づいて前記累計情報から...

    情報処理装置およびプログラム

  3. 【課題】パーキンソン病の治療に使用するための、LRRK2の強力かつ選択的な阻害薬である化合物又は薬学的に許容できるその塩の提供。【解決手段】5−(1−メチル−1H−ピラゾール−4−イル)−4−(モルホリン−4−イル)−7H−ピロロ[2,3−d]ピリミジンで例示される化合物又は薬学的に許容できるその塩。

  4. 【課題】 交流非消耗電極アーク溶接において、アーク切れの発生を抑制すること。【解決手段】電極マイナス極性期間と電極プラス極性期間とを交互に繰り返し、電極プラス極性期間への切換時に再点弧電圧を印加して溶接する交流非消耗電極アーク溶接制御方法において、平均溶接電流値が100A以上であるときに、電極プラス極性期間中にアーク切れの前兆状態を検出したときは(時刻t8)、電極プ...

    交流非消耗電極アーク溶接制御方法

  5. 【課題】携帯型電子機器の二次電池パックなどに搭載されるブレーカーに衝撃が加えられたときでも、可動片などの損傷を防止すると共に、可動接点が固定接点から離反することに伴う電力供給の瞬断を防止する。【解決手段】固定接点21を有する固定片2と、弾性部32と、弾性部の端部近傍に設けられた可動接点31とを有する可動片3と、第1動作温度で作動し、可動接点31が固定接点21から離反す...

    ブレーカー

  6. 【課題・解決手段】ゲートウェイのスケーリングおよび管理を実行できるシステムおよび方法。一つの実施形態において、方法は、クライアント装置からの要求に応答して、プライベートネットワークへのゲートウェイを実装するコンピュータシステムにより、該クライアント装置と該ゲートウェイとの間にネットワークトンネルを確立することと、該ネットワークトンネルの確立後に、該クライアント装置と、...

    ファイアウォールによる保護ネットワーク装置

  7. 【課題・解決手段】一態様において,プリンタは,コンピュータモデルに基づいて熱溶解積層プロセスにより造形金属材料から物体を製造する。印刷プロセスを改善するため,プリンタには超音波バイブレータが組み込まれている。このバイブレータは,例えば,堆積材料上のパッシベーション層を破壊することにより,層間結合を改善すると共に,ノズル又は他のプリンタ部品に対する造形金属材料の接着を防止する。

    付加製造方法及びシステム

  8. 【課題・解決手段】本発明は、駆動ライン(2)用のトルク制限カップリング(3)に関する。トルク制限カップリング(3)の入力側(4)はパワーユニット(2)に接続可能であり、出力側(5)は負荷(6)に接続可能である。入力側および出力側の回転速度を測定するため、第1センサ(10)がトルク制限カップリング(3)の入力側(4)に対応づけられており、第2センサ(20)がトルク制限カ...

    トルク制限カップリング

  9. 技術 加湿装置

    【課題】加湿装置に使用される給水部において、異音発生を防ぐことを目的とする。【解決手段】ポンプ部14の動作開始時に所定の初期動作時間T1の間ポンプモータ18を回動させるエア抜き準備処理部61と、初期動作時間T1経過後に所定の初期停止時間T2の間ポンプモータ18を停止させるエア抜き処理部62とを備えたことにより、ポンプ17の中に含まれる空気を減少させ、結果として、動作開...

    加湿装置

  10. 技術 加湿装置

    【課題】加湿装置に使用される給水手段において、異音発生を防ぐことを目的とする。【解決手段】制御部51は、加湿処理S3の停止後に所定の終了動作時間T4の間ポンプモータ18を加湿処理S3時よりも低い回転数R4によって回動させるエア混入防止処理部63を設ける構成とすることとする。これにより、加湿処理S3停止後にもポンプ17への空気の混入を防ぐことができ、結果として、再始動時...

    加湿装置

  11. 技術 加湿装置

    【課題】加湿装置に使用される給水手段において、耐久性向上を目的とする。【解決手段】制御部51は、ポンプモータ18を回転数一定制御するモータ制御部65と、回転数一定制御時におけるポンプモータ18への負荷56に基づいてポンプモータ18における脱調状態を検知する脱調検知部64とを備えたことにより、空運転することなくポンプモータ18を停止することができるので、ポンプモータ18...

    加湿装置

  12. 【課題】空気の冷却および加熱を行う空調装置において、充電時の蓄熱量を増加させて一層の省エネルギー化を図る。【解決手段】加熱部12、22で空気を加熱する空気加熱モードと、放熱部12、23、81で冷媒から外気に放熱させて、空気冷却部14で空気を冷却する空気冷却モードとを切り替えるモード切替部18、54、80と、車両の走行用モータに電力を供給し、充電される際に発熱し、熱媒体...

    車両用空調装置

  13. 【課題】防水用パッキン等が不要で、簡単な構造で、雨水等の液体による、装置内部の構成要素への不具合を防止することができる物品回収装置を提供する。【解決手段】投入口から物品を回収する物品回収装置は、投入口からの物品を回収して収納部へ収納する収納経路と、物品回収装置内へ侵入する液体を、収納経路とは異なる経路で物品回収装置外へ排出する排水経路とを有する。また、排水経路は、物品...

    物品回収装置

  14. 【課題】 画像合成によって、鑑賞用途だけでなく画像データ用途としても有用な合成画像を、いずれの用途用であるかを識別可能にする。【解決手段】 画像処理装置は、異なる撮影条件で撮影された複数の撮像画像を取得する画像取得部と、上記複数の撮像画像を用いて合成画像を生成するものであって、上記複数の撮像画像を画面全体で合成して上記合成画像を得る鑑賞性重視モードと上記複数の撮像...

    画像処理装置、画像処理方法、画像処理プログラム及び撮像装置

  15. 【課題】最小容量での運転を回避して圧縮効率の向上を図ることが可能な可変容量型圧縮機を提供する。【解決手段】可変容量型圧縮機10は、圧縮機構12に対して、吐出容量の下限容量を最小容量よりも大きく最大容量よりも小さい中間容量に制限する容量制限部として筒状部材27が設けられている。そして、制御装置100は、運転モードを可変運転モードおよび断続運転モードに切替可能に構成されて...

    可変容量型圧縮機

  16. 【課題・解決手段】可変変速機は、セグメント化されたプーリーと、そのセグメント化されたプーリー内に少なくとも部分的に配置された入れ子状プーリーとを含んでいてもよい。第一のセグメント化されたプーリーの構成要素間の間隔は、そのセグメント化されたプーリーの有効径を変更することによって、その可変変速機の変速比を変更するように変えることができる。また、その入れ子状プーリーも、セグ...

    コンパクトな変速比無限大変速機

  17. 【課題】粉末床溶融積層造形において、金属3次元積層造形体は、造形プレート面の法線方向のみに温度勾配を持ち、この方向に順次冷却されることによって、造形体の結晶組織に、積層方向に依存した異方性が生ずる。また、内部で蓄熱し、過熱による酸化や、ミクロポロシティなどの造形欠陥を発生させる。【解決手段】上記造形プレート面の法線方向の冷却経路に加えて、これに直交する方向の冷却経路を...

    積層造形体の製造装置および製造方法

  18. 【課題】計量機のノズルを顧客自らが操作して行うセルフサービス方式の燃料供給作業に係り、顧客、係員それぞれの効率性の向上をはかった燃料供給システムを提供する。【解決手段】ノズル12を操作して実際の燃料供給を開始するに当たって、設定された燃料供給情報に基づいて、当該供給作業情報に基づく燃料供給作業が、係員による燃料供給作業が不要な、顧客によるセルフサービス方式の燃料供給作...

    燃料供給システム

  19. 【課題】シート状ワークを所定経路に沿って搬送する際に精度良く位置ずれ補正を行う。【解決手段】ワークWの搬送の際にワークWのワーク端を所定経路に沿うようワークWを移動させるワーク端制御装置1において、ワークWを送り方向に搬送する一対のローラ4、9と、前記一対のローラ4、9の少なくとも一方を保持するスプライン軸11bと、スプライン軸11bを回転させてローラ4、9を回転させ...

    ワーク端制御装置及び制御方法

  20. 【課題】操作レバーを回転させる使用者の押圧操作を軽くすると共に、使用者に操作レバーを押切位置まで確実に操作させる。【解決手段】ガス通路に安全弁20、第1弁30、第2弁40を直列に設置して、使用者の押圧操作で初期位置から押切位置まで回転する操作レバー50を、初期位置に向けて付勢部材で付勢する。安全弁は、操作レバーの押切位置で開弁した後は開弁状態に保持される。第1弁および...

    ガス燃焼装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 1030