心拍出量値 に関する公開一覧

心拍出量値」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「心拍出量値」の詳細情報や、「心拍出量値」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「心拍出量値」の意味・用法はこちら

21〜30件を表示(30件中)2/2ページ目

  1. 【課題】患者の心拍出量の一般的トレンドに関するだけではなく、より瞬間的あるいは現在の流量状態に関しての正確なデータを提供する装置。【解決手段】患者の身体の流動部位を通して血液拍出量を評価する方法であって、A)インジケータを、入力信号プロフィールを有するインジケータ入力信号として、その流動部位の上流位置に注入する工程;B)その流動部位の下流位置におけるインジケータの存在...

    心拍出量を評価するためのシステムおよび方法

  2. 【課題・解決手段】患者の血行動態を解析することにより、心疾患の異常をきたす原因を正確に診断することを可能にする心疾患診断システムの提供を目的とする。この心疾患診断システムは、患者の心拍出量値と、左心房圧値及び/又は右心房圧値を入力する入力手段2と、入力された前記心拍出量値及び前記左心房圧値又は右心房圧値から、左心機能値又は右心機能値を算出する第1算出手段31と、前記第...

    心疾患診断システム

  3. 【課題・解決手段】心拍出量モニタリング・システム(10)は、呼吸流量計(14)およびガス分析器(20、22)を含み、各呼吸ガスの各特性を非侵襲的に測定してFickの原理を適用することで呼吸毎に心拍出量を決定し得る。上記ガス分析器は、既知数の可能的成分の呼吸ガス混合物の個別特性を測定することで呼吸毎にリアルタイムで上記呼吸ガス混合物の任意の成分の吸入濃度および呼気終末濃...

    呼吸ガス分析技術および生理学的モデルを使用した非侵襲的な心拍出量および肺機能のモニタリング

  4. 【目的】生体器官の全体機能を表すパラメータと、その生体器官の部分機能を表すパラメータ測定して全体機能を表す値に変換し、両者を比較して生体器官の異常を検査する。【構成】対象とする生体器官の全体機能のパラメータを検出する全体機能入力部1と、生体器官の部分機能のパラメータを検出する部分機能入力部2と、この部分機能入力部2のパラメータから全体機能を表す値に変換して換算値を出力...

    生体信号測定装置

  5. 【課題・解決手段】心臓駆出率(EF)は、心臓を介するインジケータ(熱など)希釈のモデルのパラメータに基づいて推定される。チャンネルモデルは、好適には右心房/右心室に位置付けられる上流インジケータインジェクタ(ヒータなど)と、下流インジケータ濃度センサ(サーミスタなど)とにより規定される。好適なモデルは遅れ通常伝達関数であり、これは、その出力パラメータの1として血液チャ...

    心臓駆出率および最終拡張容積の連続推定および表示のためのシステムおよび方法

  6. 【課題・解決手段】ゴーリン(Gorlin)の式と心臓の隔室内の血圧の測定を考慮して、ボーラス熱希釈法により心臓弁を通る血液の流出を測定し、それから連続的に心拍出量を測定する進歩した装置。

    心拍出量の連続的測定システム

  7. 【課題・解決手段】特定体質をもつ人の心臓血管系の生理学的構造の数学的モデルに基づいて予測増強レベルを分析し、許容可能な増強レベルが予測されるまで、注入プロトコルを更新し、最適スキャン時間を決定し、かつCTスキャナ(10)および造影剤注入器を制御することにより、造影剤の最適注入プロトコルを予測する方法および装置。

    フィードバックによるCTコントラスト増強の予測方法および装置

  8. 【課題】流速測定用センサ部が位置する血管内断面における平均血流速を測定できるようにするとともに、流速センサが血管壁に近接または接触した場合においても、測定精度を悪くすることなく、なおかつ流速に対する感度をも向上させることにより、誤差の小さい測定を可能とする流速測定用センサプローブを提供する。【解決手段】電流により加温されるとともに血流速により冷却されて平衡温度を検出す...

    流速測定用センサプローブ

  9. 【課題・解決手段】心拍出量COは、局所評価器(118)およびトレンド評価器(120)において個別に評価され、CO値を提供する。好ましくは、熱インジケータは、患者の身体の血液が流れる部位における上流位置において、疑似ランダムバイナリシーケンス信号(x(t))プロフィールに従って注入され、下流位置におけるインジケータ(108)出力信号(y(t))として感知されるのが好まし...

    心拍出量を評価するためのシステムおよび方法

  10. 【課題・解決手段】クリティカル・ケア条件下の患者の血液中の酸素濃度を判定するための外部装置と共に使用できるオプティカル・フィラメント(33)とオプティカル・カプラとを備えると共に、連続心拍出量を測定するための第2の外部装置と共に使用できるヒータ・コイル(55)を備えるマルチルーメン多目的カテーテル(10)。カテーテル(10)は、ユーザが熱希釈読取りを行って心拍出量の間...

    多目的多パラメータ心カテーテル

  1. 1
  2. 2