後進側 に関する公開一覧

後進側」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「後進側」の詳細情報や、「後進側」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「後進側」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(2,301件中)6/116ページ目

  1. 【課題】充電用の発電機等を備えていない構造のもので、走行停止中にも充電を行えるようにした多目的車両を提供する。【解決手段】走行伝動機構よりも伝動下手側で、走行駆動系における伝動状態を断続可能な伝動状態切換手段30Aを備え、伝動状態切換手段30Aは、エンジンEの駆動力とアシストモータMの駆動力との双方の駆動力が前輪1F及び後輪1Rに伝えられる走行駆動状態と、走行伝動機構...

    多目的車両

  2. 技術 走行装置

    【課題】HSTの変速操作を簡略化し、他の操作を行い易くすること、後進の出力を高めることで、後進しながらの作業を行い易くする。【解決手段】エンジン2の出力をHST3とギア式副変速装置4を介して車輪5に伝動する走行装置1であって、HST変速軸3Tの回動を中立状態から前進側のみに制限する操作機構6を備え、ギア式副変速装置4に前後進切り替えギア4Cを設けた。

    走行装置

  3. 【課題】変速操作の操作性を改善すること、特に、中立位置に戻す際の操作性を高めること、高速走行時の変速操作性を高めることで安全性を確保できるようにする。【解決手段】エンジン2の出力をHST3を介して車輪5に伝動する走行装置1の変速操作装置10であって、HST3の変速操作部材11を所定の変速位置に保持する保持機構20を備え、保持機構20は、支持体21に対して操作方向に移動...

    走行装置の変速操作装置

  4. 技術 作業車両

    【課題】防塵・防泥を図りつつバッテリーを支持するブラケット部材の製作や組立の容易化を図る。【解決手段】ベース部材96と、該ベース部材96に着脱自在に固定するバッテリーブラケット97と、該バッテリーブラケット97に着脱自在に固定するバッテリー95を覆う外装カバー100とを備え、前記外装カバー100に、前記バッテリー95の上面のうち少なくとも機体外側を覆う上面カバー部10...

    作業車両

  5. 技術 収穫機

    【課題】エンジンボンネットや防塵カバーの大型化や重量増加を避け、キャビンとの連結を解除するための煩わしい作業を省略できるようにして、作業性を向上させる。【解決手段】防塵カバー50が、エンジンボンネット40の横外側に位置する吸気位置と、エンジンボンネット40の横外側位置から外れたメンテナンス位置とに、位置変更可能に構成され、キャビン3の横外方側における後部が、防塵カバー...

    収穫機

  6. 【課題】走行レンジ位置へのセレクト操作を行うとき、セレクト操作により締結される摩擦締結要素の締結ラグや締結ショックを低減すること。【解決手段】オイルポンプ70と、マニュアルバルブ77と、フォワードクラッチ31と、リバースブレーキ32と、を備える。マニュアルバルブ77には、フォワードクラッチ31への油をドレーンする前進ドレーン油路721と、リバースブレーキ32への油をド...

    自動変速機の油圧制御装置

  7. 【課題】水田作業機用のディスク型式の車輪において、強度の向上及び軽量化を図る。【解決手段】円盤状のディスク部17と、ディスク部17の外周部21に取り付けられた接地部とを備える。ディスク部17における車軸連結部19と外周部21との間に、ディスク部17の半径方向に沿って放射状に、ディスク部17の面から張り出すように成形された複数の第1凸部22を備える。

    水田作業機用の車輪

  8. 【課題】カッターケースからの切断駆動軸や受刃回転軸の取り外し作業を簡便に行うことが可能な排ワラ切断装置を提供する。【解決手段】カッターケース50の左右両側壁部に、切断駆動軸又は受刃回転軸の少なくとも一方を挿通可能な切り欠き溝部57Lが、左右両側壁部50Lの側壁面に沿って形成され、切り欠き溝部57Lは、切断駆動軸又は受刃回転軸の軸支部材による軸支箇所から、側壁面の端縁に...

    排ワラ切断装置

  9. 【課題】排ワラ切断装置の開閉カバーを駆動する駆動用モータや駆動用モータから開閉カバーへの連係機構に対して、脱穀装置からの選別風に混在する塵埃が降りかかる虞を低減する。【解決手段】排ワラ切断装置5と、排ワラ搬送装置と、排ワラ切断装置5及び排ワラ搬送装置の上側を覆う上部カバー43とが備えられ、排ワラ切断装置5の開閉カバー52が、排ワラ搬送装置から落下供給される排ワラを受け...

    排ワラ処理装置

  10. 【課題】連結軸とシーブケース底面の間隔を短くして、シーブケースの下方側における空間を少なくし、揺動選別装置の小型化を図る。【解決手段】シーブケース駆動装置3に、側板に支持された揺動アーム32と、揺動アーム32に左右両端部を枢支された連結軸33と、側板に回転自在に支持されたクランク軸30と、クランク軸30と連結軸33を連動連結する連動リンク34と、が備えられ、シーブケー...

    揺動選別装置

  11. 技術 箱型船

    【課題】酸処理槽内に巻き取られた海苔網の酸処理の程度を均一にする。【解決手段】酸原液が希釈された酸処理液を貯留する酸処理槽と、酸処理槽内に設けられ、海苔が付着した海苔網を巻き取る巻取ロールとを備える箱型船であって、酸処理槽の複数の箇所に離散配置され、酸原液を酸処理液に向けて吐出する原液吐出部と、原液吐出部に酸原液を供給する原液供給部とを備える。

    箱型船

  12. 技術 収穫機

    【課題】操作レバーの操作に基づいて、作業装置の作業状態をアクチュエータにより変更する収穫機において、操作レバーの付近の省スペース化を図る。【解決手段】運転部の操作パネル17に配置され、横向きの揺動軸芯P1周りの揺動操作によって作業装置の作業状態の変更を指令する操作レバー14と、操作パネル17の内部に配置され、操作レバー14の回転角度を検出する回転角度検出センサー15と...

    収穫機

  13. 【課題】車輪を非接地状態とすることが可能な駆動輪及び台車を提供する。【解決手段】車輪3と、車輪3と離して配置された第1ギヤ1と、車輪3と第1ギヤ1とを連結する第2ギヤ2と、車輪3を回転させるモータ4と、第2ギヤ2を介して車輪3より伝達される第1ギヤ1の回転を制限し、第1ギヤ1の回転軸1cを中心に車輪3を回転移動させる第1アクチュエータ8と、を備える。また、車輪3に取り...

    駆動輪及び台車

  14. 技術 収穫機

    【課題】運転部が通常姿勢及びメンテナンス姿勢に姿勢変更自在な収穫機において、運転部の姿勢変更に対応した駐車ブレーキの操作構造を得る。【解決手段】ブレーキ操作具12と駐車ブレーキとを連係するリンク機構21に、ブレーキ操作具12側の操作具側部分17と駐車ブレーキ側のブレーキ側部分19とが備えられている。運転部がメンテナンス姿勢側に変更されると、操作具側部分17の第一部材1...

    収穫機

  15. 【課題】クローラベルトを緊張輪の近くで接地転輪によって支持させることができながら、クローラベルトを取り外し易くする。【解決手段】複数の接地転輪18に、緊張輪17に最も近い箇所に設けられ、使用位置に位置してクローラベルト20に作用する直近接地転輪18Rが備えられている。直近接地転輪18Rは、使用位置から位置変更可能である。

    クローラ走行装置

  16. 技術 モーア

    【課題】刈草排出用の排出口に設けた案内部材の倒伏姿勢を、付勢機構の付勢力のみに頼らず確実に姿勢維持することができ、かつ軽い操作力で起立姿勢にも操作可能にする。【解決手段】モーアデッキ20の内部に複数の回転ブレードが配設され、モーアデッキ20の横一側部に形成された排出口25の横外側に、放出刈草を横外方に案内する案内部材30が備えられ、案内部材30が、起立して排出口25を...

    モーア

  17. 【課題】 ディスクロータとキャリパとの間に小石や雑草などが入り込む可能性を低減できるようにした前輪側のディスクブレーキとして好適な作業車の制動装置を得る。【解決手段】 ディスクロータ30の両側面に対向する位置にブレーキパッドを備えたキャリパ31が設けられ、ディスクロータ30を挟んで車輪支持ハブ24が存在する側とは反対側の車体内方側位置に、ディスクロータ30の車体内...

    作業車の制動装置

  18. 技術 ギヤ金型

    【課題】歯形の損傷や製品精度が悪化することと金型の寿命が短くなることを防止して、特にヘリカルギヤやクラウニング付のギヤを安定して量産することが可能なギヤ金型を提供する。【解決手段】本発明のギヤ金型1は、計画するギヤGの歯谷Gvを成形するために中心方向に突出した歯谷成形部2vと、計画するギヤGの歯山Gmの頂面を周方向に2分割して成形するために歯谷成形部2vを中心とした周...

    ギヤ金型

  19. 【課題】整流子を設けた交流整流子電動機において、整流悪化の原因となる電機子反作用を低減し、整流性能を向上すると同時に、トルクの向上も実現する。【解決手段】交流整流子電動機において、固定子は中心軸に対称の形状を有しており、磁極部12の中心にスリット15が配置され、そのスリットは、該磁極部外周側は中心軸に対し対称の形状であるが、該スリットの増磁側12aのスリット辺は、該磁...

    交流整流子電動機

  20. 技術 作業車両

    【課題】適切な速度範囲内で変速すること。【解決手段】実施形態に係る作業車両1は、変速操作具の操作量に応じて油圧式無段変速装置のトラニオン軸角度を変更して変速制御を行う作業車両1において、アクチュエータ52と、制御部3とを備える。アクチュエータ52は、トラニオン軸角度を変更する。制御部3は、アクチュエータ52を駆動制御するとともに、変速操作具の操作量に対応するアクチュエ...

    作業車両

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 116